--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017年12月13日 (水) | Edit |
JDIがVR専用の803ppi液晶、ボケない&酔わないVR実現へ。1,000ppi超も開発加速
https://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1096434.html

ジャパンディスプレイ(JDI)は12日、高精細な803ppiのVRヘッドマウントディスプレイ(HMD)専用の3.6型液晶「LTPS TFT-LCD」を開発したと発表した。量産は2018年内を予定している。さらに、2018年上期には1,000ppiを超えるディスプレイの開発を完了予定。開発されたディスプレイのサイズは3.6型で、解像度は1,920×2,160ドット。液晶モードはIPS。リフレッシュレートは90Hz、輝度はTyp.150cd/m2、応答速度は4.5ms(中間応答ワーストケース)、色域はTyp.70%(x,y)。コントラスト比はTyp.700:1。バックライト方式はグローバルブリンキング

PS4 VRを購入してしばらく遊んでみたいのだが、思ったよりVR酔いが激しいのには閉口した。最初無理してプレイしたときなんかは吐いた。バイオハザードは怖すぎてすぐにギブアップ。レーシングゲームは酔うのと汗をかくのですぐにリタイヤ。VRは解像度も低いし酔うしまだまだって感じですね。Ver3.0くらいになって酔わなくなったらまたやってみたい。
スポンサーサイト
2017年12月05日 (火) | Edit |
http://news.livedoor.com/article/detail/13984245/

AutoMLはNASNetの性能を査定してその情報をNASNetの改善に用います。この行程を何千回も繰り返します。研究者らはImageNet image classificationとCOCO object detectionという2つの巨大画像データベースサイトで実験を行いましたが、NASNetはこれまで人類が作り上げたどのコンピュータ視覚システムよりもよい成績を収めました。 NASNetの正答率は82.7%に及び、これまでで最も正答率の高かった人類作のAIよりも1.2%上回っています。また、平均適合率の平均は43.1%となり、4%能率的となっています

いやー、もうこんなレベルになってるんですね、AIの最先端は。恐るべし、AI。さらに、

NASNetはコンピュータ視覚システムという限定されたタスクを行うAIですが、10月にBUZZAP!が報じた「AlphaGo Zero」も「強化学習」を用いて囲碁の基本ルール以外を全く教えない白紙の状態からこれまでの人類の編み出した打ち手のデータを用いず、わずか3日間で従来型「AlphaGo」に100勝0敗で完勝したばかり

名人を打ち負かせたAlphaGoは今や新型に完敗しているようです。このスピードではシンギュラリティは来年にもやってきそうな勢いですね。アレクサくんもどんどん賢くなりそう。世の中どうなってしまうん?

でも、PCのIMEって依然バカですよね。グーグルはGoogle IMEにAI搭載すべきですよ、絶対。
2017年11月28日 (火) | Edit |
sudo apt-get update

sudo apt-get install linux-image-extra-$(uname -r) linux-image-extra-virtual

sudo apt-get install apt-transport-https ca-certificates curl software-properties-common

ドッカーの公式GPGキーを追加
curl -fsSL https://download.docker.com/linux/ubuntu/gpg | sudo apt-key add -

sudo apt-key fingerprint 0EBFCD88

sudo add-apt-repository "deb [arch=amd64] https://download.docker.com/linux/ubuntu $(lsb_release -cs) stable"

sudo apt-get update

sudo apt-get install docker-ce

使用可能なバージョンを一覧表示
apt-cache madison docker-ce

sudo docker run hello-world
docker: Cannot connect to the Docker daemon at unix:///var/run/docker.sock. Is the docker daemon running?.

sudo service docker status
Docker is not running

docker ps

sudo start docker
start: Unable to connect to Upstart: Failed to connect to socket /com/ubuntu/upstart: Connection refused

sudo systemctl start docker
Failed to connect to bus: No such file or directory

うーん、デーモンが動かないでつね・・・orz
Docker for Windows使えばいいじゃんってのは華麗にスルーでつ。
2017年11月28日 (火) | Edit |
https://japan.cnet.com/article/35111031/

少なくとも現時点では、Microsoftからの正式な発表はないが、同社はすべての「Chromebook」ユーザーが「Microsoft Office」を利用できるようにしたようだ。このことに気付いたのはChrome Unboxedだ。同ウェブサイトが米国時間11月22日に報じたところによと、さまざまなChromebookモデルのユーザーが、「Google Play」ストアからOfficeアプリをダウンロードしているという。Microsoftは2014年に、Officeアプリ(「Word」「Excel」「PowerPoint」「OneNote」)のウェブ版を、Chromebookユーザーも利用できるようにした。その後、同社は「Office」を「Android」で使えるようにしており、これらのOfficeアプリが「Chrome OS」デバイス上でも動作するということだ

これはすごいことですねー。だってOfficeさえ動けば、Windowsである必要はなくなるわけですから。Ubuntuに代わってChromeOSがタークホースになる可能性すらあります。びっくりですねー。というかですね、ChromeOSはもともとLinuxなんだし、Linux版Officeの登場だってありうることになりませんか?どうなってしまうん?
2017年11月28日 (火) | Edit |
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/16/110700001/112100053/?itp_pickup

提供する情報はできる限り絞る、スマホアプリとデータ連携させる、といった音声ユーザーインタフェース設計の定石がいくつか提唱されるようになっており、「今後急ピッチで成熟度が高まる」と幸田さんは見ている。  成熟度が高まったときどのようなものになるのかは、現時点では想定しにくい。意図解釈の精度が高まり、音声コマンドを知らなくても容易に意図が伝わるようになれば、今のEchoとは全く別物になるはずだ。  これからの進化をウオッチするため、筆者も幸田さんの真似をしてEchoを使っている。毎日使うのは、radikoが提供する「radiko.jp」というアプリ。選局も音量変更も音声で操作できるラジオとしてEchoを使っているだけだが、認識精度はそこそこで使い勝手は悪くない。ここからどう化けるか。楽しみである

まぁ、まだ発展途上のものだから今のレベルは期待しすぎてはいけないのだろう。ただ、ベゾスがその先に見据えているものはスマートホームのディファクトスタンダードになることであり、ひいてはマンマシンインターフェースを席巻することだろう。そうなれば、世界は彼の手中になると言っても過言ではあるまい。私たちは彼の手の平の上で踊るしかなくなるのだ。ここがビル・ゲイツとは次元の違うスケールであり、テッド・ファロを地で行っている所以である。
2017年11月27日 (月) | Edit |

Amazonのジェフ・ベゾスCEOは2017年3月に世界で上位100人の資産額をランキングにした「Bloombergビリオネア指数」で2位に浮上していましたが、6月27日付のBloombergビリオネア指数で、ベゾス氏がMicrosoftの創始者であるビル・ゲイツ氏を抜いて世界1位にランクインしました。しかし、Amazonはその数時間後に決算報告を行ったのですが、Amazonの株価が3%低下したため、ベゾス氏の「世界一の億万長者」の座がわずか数時間で崩れるという事態になりました

いやー、すごいですねー、ベゾス。ジョブズ亡き後、世界を牽引しているのは間違いなくアマゾンのベゾスです。クラウドしかりAIしかり。この2つの分野を勝ち得たかに見えるアマゾンに死角はありませんな。ビル・ゲイツを恒久的に抜き去るのは時間の問題であります。まぁ、目もくらむような資産額です。テッド・ファロを地で行ってるなー、と思うのは私だけでしょうか。アレックス搭載のエコーの招待メールをリクエストしたけどいつ来るんだろうか。
2017年11月27日 (月) | Edit |

今後のデスクトップに関する方針では、遅れている「Unity 8」への投資を終了し、2018年に予定されている「Ubuntu 18.04」から「GNOME」に回帰する予定になっている。 Shuttleworth氏は、今後スマートフォンに関する取り組みは終了するものの、引き続きデスクトップ用Ubuntuには高い優先順位が与えられると強調した。「数百万人が利用しているUbuntuデスクトップに対する情熱と投資、そして献身は今後も継続されると強調しておく。われわれは、今後も世界でもっとも使いやすいオープンソースデスクトップを作り続け、既存のLTSバージョンを維持し、デスクトップを配布する事業パートナーと連携し、Ubuntuを利用する法人顧客に対するサポートを提供し、それを使ってイノベーションを起こしているIoT分野やクラウド分野の開発者を喜ばせる」(Shuttleworth氏)

いやー、やっとですか。クソなインターフェースのUnityを諦めてくれて本当に嬉しいかぎりです。私はUnityが大キライでもっぱらMateばかり使っていました。ということはMateやMintの存在感がなくなってしまうことを意味しますな。これでLinuxのユーザーインターフェースはGnomeに収斂すると言っても過言ではありませんね。もっと言えば、長い目でみたらパソコンOSはUbuntuに収斂するかもしれません(WindowsやmacOSを押しのけて)。これは今年一番の朗報です。(って4月の記事なんですけどね)
2017年11月21日 (火) | Edit |
新しいiPhone8の画面が真っ暗になり何も受け付けなくなった、というか、電源が入っているのかどうかさえわからなくなった。どうやら故障したようだ。ということで久々にiPhone5sの手にとって電源を入れてみた。すごくしっくりくるサイズだということをしみじみ感じた。そして、速攻でApple StoreでSEを注文した。iPhone8を修理するかどうかは決めていないけど、たぶんもう使わない。4インチが私にとってはベストなサイズだと痛感した。さらば、iPhone8。ジョブズが生きていたら、たぶんiPhoneは4インチのままだったんじゃないか、と思うのである。
2017年11月16日 (木) | Edit |
chainerを使ってAI的なアルゴリズムで写真をゴッホ風の絵画にするっていうヤツがあるんですけど動かすまでに結構苦労しました。
まず、「caffe」っていうのをインストールしておく必要があります。このcaffeのコンパイルでまずつまづきます。コンパイラがエラーを吐くので一々対応しないといけない。caffeのソースをダウンロードします。
make clean
make all
make test
make runtest
で[PASS]と表示されるまでの道のりがハンパないです。ここまでたどり着いたらあとすこし。

make pycaffe
python
>>>import caffe
で何もエラーが出なければOKです。

これでやっとchainer-gogh.pyを実行できる環境が整いました。でもまだハードルがあります。

ダウンロードしたchainer-gogh.pyとmodels.pyは構文が古く、最新のpythonでは動いてくれません。
なので、chiner-gogh.pyの101行目と102行目の、「, volatile=Train」という文字列を削除し、その上の行に以下のセンテンスを書きます。
with chainer.using_config('enable_backprop', False):
で、これだけではまだエラーを吐きやがります。
次の行の頭にインデントをいれます(TABかスペース)。つまり次のようになります。

100 with chainer.using_config('enable_backprop', False):
101     mid_orig = nn.forward(Variable(img_orig))
102 with chainer.using_config('enable_backprop', False):
103    style_mats = [get_matrix(y) for y in nn.forward(Variable(img_style))]

で次にmodels.pyを修正します。
22行目の、「, train=True」を削除します。

あ、それと、「nin_imagenet.caffemodel」ってファイルをダウンロードして実行フォルダに置いておかないとエラー出します。

これで動きます。つーか、CPUのみでやる場合、時間がめちゃくちゃかかりますな。
時間を短縮する方法は、GPUの演算能力を使うことですが、CUDAの導入とかcaffeのコンパイルエラーへの対応とかさらにハードルが上がります。AIって言っても単なるアルゴリズムみたいな気がしなくもないですよね・・・。
2017年03月29日 (水) | Edit |
アマゾンの意外な稼ぎ頭 CIAも顧客の事業とは
http://www.asahi.com/articles/ASK3W52NVK3WULFA01H.html?iref=comtop_8_03
ネット通販の巨人、米アマゾン。稼ぎ頭は通販事業でなく、企業などにデータの保存、分析などの機能を提供するクラウド事業「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」であることはあまり知られていない。営業利益の7割超を稼ぐAWSのアンディ・ジャシー最高経営責任者(CEO)が朝日新聞の取材に応じ、「世界中の企業がAWSを使い、ひらめきを素早く実現させている」と語った。「きっかけは2000年代前半、米国や英国の流通大手にアマゾンの通販システムを提供したことだった」。当時、創業者ジェフ・ベゾス氏の「参謀トップ」だったというジャシー氏はそう振り返る。自社の急成長に対応するためアマゾンの技術陣が開発したシステムを、外部にも提供して稼ぐ。いわば一石二鳥でスタートしたAWSは通販分野以外にも広がり、現在はデータの保存、分析、画像解析など約100種類のサービスを提供しているという。アマゾンが2月2日に発表した16年12月期決算は、営業利益が41億8600万ドル(約4600億円)で過去最高。その74%にあたる31億800万ドル(約3400億円)をAWSが稼いだ。通販(10億7800万ドル)の3倍にあたり、今やAWSが主力事業だ
アマゾンがすごいのはクラウドを制していることですよね。小売だけじゃなくて。さらにアレクサというAIでこれまた世界を制しそうな勢いです。アップルはアマゾンの影に霞んで見えますね。もうすぐアップルを追い越すでしょう。
2017年03月28日 (火) | Edit |
インテル、AIの取り組み加速へ--新グループ立ち上げ
https://japan.zdnet.com/article/35098638/
Intelは米国時間3月23日、人工知能(AI)分野への取り組みをさらに加速させるために、「Artificial Intelligence Products Group」という新部門を設立すると発表した。同部門を率いるのはNaveen Rao氏だ。同氏は、Intelが2016年8月に買収した、深層学習を手がける新興企業Nervana Systemsの最高経営責任者(CEO)を務めていた人物だ。Intelは、IoTから自動運転車に至るまでのさまざまな分野に注力するため、企業買収を通じて自社の立ち位置を強化しようとしてきている。要するにIntelは、自社のプロセッサを武器にして、データセンターからIoTスタックまでのソリューションを作り上げようとしているのだ。Rao氏は同社のブログへの投稿で、この新たな部門がどのように他の複数の部門と連携していくのかを概説している。Intelは、AIのコストダウンや標準の確立を目指すという。Rao氏は、同部門がIntelのポートフォリオにおけるエンジニアリングや研究、ソフトウェア、ハードウェアを組み合わせることになると述べている。また、IntelはAI研究所も設立する予定だ
AIのハードウェアで一歩先を行ってるのがNVIDIA、ちょっと危機感を持ったんでしょうね。
2017年03月28日 (火) | Edit |
GPSで見守りツールとしても使える子供向けスマートウォッチ
https://www.rbbtoday.com/article/2017/03/24/150283.html
POMO Houseは、キッズ向けGPSスマートウォッチ「POMO WAFFLE」の販売を動画ショッピングサイト「DISCOVER」にて開始したことを発表した。同製品の特徴としては、メインユーザーである子供に楽しんでもらうための機能と、その保護者たちが安心できる見守り機能を盛り込んでいる点にあり、特に見守り機能に関しては、GPSによる位置情報の取得に加えて、端末側から「SOS」を発信することも可能だ。対応するアプリケーションの詳細に関しては、今後、随時開発を進めていくとのことだが、本体はOSがAndroid、メモリーは、RAM512MB&ROM 4GB、通信機能はもちろんのこと、GPS機能、3軸Gセンサー、光センサー、Bluetooth、Wi-Fi、スピーカー、マイク、バイブレーション機能を備えており、一般的なスマートウォッチと比べてもそん色のない基本性能となっている
これはいいかもですね。誘拐が気になる人は子どもにつけさせたら安心?つーか、徘徊老人の方が切実かも。
2017年03月28日 (火) | Edit |
iOSデバイスの操作を自動化できるアプリ「Workflow」がなんと無料化、その理由は
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1051046.html
iOSデバイスの操作を自動化できるアプリとして日本国内でも人気が高い「Workflow」が、無料化されることが発表された。これまでは700円と、有料アプリの中でもそこそこ高額な部類に入るアプリだっただけに驚きの一言だが、その理由は、開発会社であるDeskConnectがAppleによって買収されたため。いわば「ご祝儀による無料化」というわけだ。今後サービス内容が変化していく可能性は高いが、なにせこれまで700円だったものが無料で使え、アプリ自体の評価も高いだけにお得感がある。iPhone/iPadのユーザーは、ひとまずダウンロードだけはしておいて損はなさそうだ。ちなみに、買収にまつわる公式発表はいまのところなく、ソースとなったTechCrunchの報道を他媒体が後追いする格好になっている
これはよさげ。ダウンロードだけしとこうかな。
2017年03月28日 (火) | Edit |
ヤマハ、長期供給に備えISDN対応ブロードバンドルータ「NVR500」の価格を改定
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1051128.html
ヤマハ株式会社は24日、ISDN対応ブロードバンドルータ「NVR500」の希望小売価格を改定すると発表した。2017年8月1日受注分より、現在のオープン価格から5万4800円(税別)へ変更される。NVR500は、PPTP VPN機能やVoIP機能などを備えたブロードバンドルータ。ISDN対応のSOHO向けルータ「ネットボランチシリーズ」の最新機種(当時)として2010年10月に発売され、希望小売価格はオープン価格(市場想定価格は3万6800円前後)だった
ISDNってまだあったの?あー、あのトロさといったら・・・。64kbpsだもの。もう誰も使わない誰だろう。ちょっとぐぐったら2020年に廃止らしいですね。もうイラネ。何年前になるかなー、もう10年以上前だな。ISDNからヤフーのADSLに変えたら世界が変わって感動したことを今でも覚えています。それがいまや、我が家も100Mの時代。思えば遠くに来たもんだ(遠い目)。
2017年03月28日 (火) | Edit |
クラウドに移行してもコストは減らない
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/16/110700001/032200029/?itp_pickup&rt=nocnt
「パブリッククラウドサービスに既存システムをそのまま移行してコストが大きく下がるのは、オンプレミス(自社所有)環境のインフラに無駄があるケース。コスト削減に努めてきたなら、クラウド移行の目的には含めないほうがいい」。Amazon Web Services(AWS)やMicrosoft Azureなどのクラウドの導入支援を行うコンサルタントから聞いた言葉だ。1人ではない。過去に取材した複数のコンサルタントに、そう指摘された。クラウド移行でコスト削減を期待するユーザー企業は多いだろう。しかし実際には、クラウドを導入したユーザー企業の多くはコスト削減を目的としていない。総務省が2015年末に実施した「通信利用動向調査」では、クラウドサービスを利用している理由として「既存システムよりもコストが安いから」を挙げた割合は22.7%で全体の7位にとどまる。1位の「資産、保守体制を社内に持つ必要がないから」(42.3%)の約半分だ
クラウドを使う目的はコスト削減ではなく、可用性の向上ですよね。そしてサーバーのお守りをするシステム管理者が少なくて済むこともメリットかな。そのかわりバカ高い使用料を支払う必要が出て来るわけですよ。だからアマゾンが小売の売上よりクラウドの売上の方が大きいわけですね。しかもアマゾンはAIもクラウドのようにサービス化していますから手堅い商売というか、すごい先見の明というか、ベゾスは次のジョブズかとか言われる所以です。AIのアレクサはすでに家電の中ではデファクトスタンダードになりつつあり、スマホにもその波が押し寄せようとしています。次に世界を制するのはアップルではなく間違いなくアマゾンですね。
2017年03月28日 (火) | Edit |
Netflixが変える放送と映画の生態系。“時間”争奪戦に必要なオリジナル作品
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/1050880.html
ヘイスティングスCEO(以下敬称略):過去5,000年に渡り、我々は馬を個人の移動手段として用いてきた。しかし、自動車が誕生するすると、たった1世代でずっと使われてきた馬を自動車は追い抜いていった。そして今、テレビにおいて、これと同じようなドラマチックな変化が起きつつある。リニアな放送からオンデマンドなものへだ。だが考えて欲しい。我々の生活のほとんどは「オンデマンド」なのだ。本を読むのはオンデマンドだ。「第3章は9時からしか読めません、第4章は来月にならないと読めません」ということはない。音楽も好きな時にきける「オンデマンド」だ。「放送」という技術はテレビにおける第1世代技術の所産である。今や、ビデオコンテンツを消費する方法は、インターネットを使ったオンデマンドの世界に移行しつつあり、創造性の爆発を生み出している。まだ始まったばかりだが、私たちは世界中に向けて作品を制作している。競合他社も同様に、新しいやり方を模索している。過去には多額の資金を投じ、政府から電波の使用許可を得なければテレビ局になれなかった。だがいまは、モバイルアプリを1つ作れば、誰でもテレビ局になれる。参入障壁はきわめて低いものになった
これはテレビ革命ですよね、誰がどう見ても。こんな単純なことが日本のテレビ局のバカどもにはわからないのだ。総務省の役人もわかっていない。いや、わかっているが見ようとしないだけかもしれない。それは広告料という甘い汁を吸い続けてきて感覚が麻痺しているからだろう。総務省の役人にしたって所詮役人なのだから、猛烈な反発があることをわざわざやろうということは考えたくないのだろう。日本のテレビはすでに終わっている。そんな自分からは変われない日本に米国からNetflixという黒船がやってきたのだが誰もこの黒船を見ようとしていないかのようだ。
2017年03月28日 (火) | Edit |
時代遅れで動きの遅い「会社支給のPC」は、年間19日分の仕事時間を奪っている
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170324-00010000-wired-int
MonsterCloudによると、情報機器に関連する不具合は、いまも多くの企業で頻繁に話題となっている。そして、働く人にとってこれほどストレスフルなものはない。  紙詰まりするプリンターから、アップデートされていないソフトウェアまで、(壊れていないにしても)老朽化したテクノロジーはわたしたちの時間を奪っている。欧州を対象として行われた最近の調査によると、この「老朽化したテクノロジー」によって、1人あたり年間19日分の労働時間が失われているという。それだけではない。これは、生産性の観点、そして企業にとって重要なコストの観点から、著しい損失ももたらしている。  問題はほかにもある。従業員の大半は、この種の不都合を自分で解決しようとするのだ。  しかし、その成果は決して芳しいものではない。ITリテラシーのレヴェルによって起きる問題もあるが、調査によると、同僚がWordやPowerPointといったアプリケーションを使うのを手伝う時間として、日によっては13分以上を費やしているようだ
トータルコスト・オブ・オーナーシップ(TCO)のことですよね。さらに言うと、組織のセキュリティはバケツの穴に例えられるとおり、セキュリティの一番低い人と同じになってしまうのですよ。お金はかかってもトータル的に見ればシステムを更新していった方がいいわけです。ところが、ミッションクリティカルなものについては枯れたシステムが好まれる傾向にあります。だから銀行とかがいまだにメインフレームから脱却できないわけですね。
2017年03月28日 (火) | Edit |
ジョブズは「日本をなんとかしてくれ」と僕に言った
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/031300103/031400005/?ref=nbptrn_top_new&rt=nocnt
どうしてiPodは売れていなかったのか。当時はMD全盛の時代だったんですよ。パソコンに接続して使うiPodは、多くの人にとってピンと来ない商品でした。あるとき、打ち合わせのテーブルにiPodが置いてあったので、僕が「お、iPodじゃないですか」と言ったら、持ち主の女性があわててiPodを隠した。当時のiPodはオタク向けガジェットというイメージが強かったので、持っていることが恥ずかしかったみたいです。そこで僕が採った戦略は「iPodをファッションアイテムにする」こと。「便利なデジタルガジェット」ではなくてね。テレビCMにはiPod miniで音楽を楽しむ人のシルエットを映し、iPodで楽しむイメージと「Goodbye MD」のメッセージを前面に押し出しました。製品を映さない広告なんて、本来、メーカーはなかなか打てません。製品発表会にモデルを起用したのですが、それも当時はまだ珍しいことでしたね
このころのアップルは勢いがありましたねー。マイクロソフトもWindows95の頃が一番華やかでした。いまのアップルは、バルマーの頃のマイクロソフトと似ていると思うのは私だけでしょうか。iPodからiPhoneへ、iPhoneからiPadへ。世界が変わりました。アップルの発表会でジョブズが話すのを聴くとすごくワクワクしましたよね。あの頃の勢いはどこへ行ったのでしょう。やはりジョブズなんでしょうか。
2017年03月24日 (金) | Edit |
渇望された128GB登場。iPhone SEが容量倍増でお買い得ぅ!?
http://www.gizmodo.jp/2017/03/128gb-iphone-se.html
21日のメンテナンスで、iPhoneに(RED)が追加されたりiPadがリニューアルされたりといくつかの更新がありましたが、ひっそりとiPhone SEにも変化がありました。16GB、64GBモデルが無くなり、32GB、128GBモデルへと2倍に容量アップしたのです。価格は32GBは4万4800円(税抜)と旧16GBモデルとお値段据え置き。128GBは5万5800円(税抜)で旧64GBと比べると6,000円アップしていますが、どちらも素晴らしいお買い得感。特に128GBの安心感はステキすぎますよね!画面は4インチがジャスティスだ!という意見も多々あります。  実際片手で使うにはiPhone SEはいいサイズ。スペック的にも1200万画素メインカメラにパワフルなA9チップを搭載してiPhone 6s世代と変わりませ
SEは見た目が5sと同じというのがネックなんだよなー。それとApple Payに非対応というのもなー。8待ちかなー。
2017年03月24日 (金) | Edit |
NAND(SSD)より高速でメモリ(DRAM)より安い不揮発性高速メモリ「Intel Optane SSD DC P4800X」がいよいよ登場
http://gigazine.net/news/20170322-intel-optane-ssd-dc-p4800x/
ntelがMicronと共同で開発していた次世代のメモリ技術「3D XPoint」を用いた、DRAMよりも安価でNAND(SSD)よりもはるかに高速なストレージ「Intel Optane SSD DC P4800X」がいよいよ市場に登場します。3D XPointテクノロジーがなぜ生まれたのか、そしてコンピューティングにとって革新的だとIntelが言う意味は、以下のムービーを見ればよくわかります。(中略)DC P4800Xはランダムリード(4KB)が最大55万IOPS、ランダムライト(4KB)が最大50万IOPSとストレージとしては高速。さらにIOP(1秒あたりの入出力回数)が増えてもレイテンシーがほとんど変わらないという大きな特長があるとのこと。まずは容量375GBのモデルが2017年後半に1520ドル(約17万円)で発売され、その後、750GB、1.5TBモデルがPCI-ExpressとU.2で登場する予定です
17万円?だめだ、こりゃ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。