--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年12月21日 (水) | Edit |
テレビの未来はアプリではない
http://jp.techcrunch.com/2016/12/19/20161218the-future-of-tv-isnt-apps/
あらゆる場面で、出版社のキュレーターという古い概念は死んでしまっている。私たちは、ニュースの混成物を集めてさまざまな内容の紙面を編成する役割を果たす物理的な新聞編集者は必要ないと考えている。私たちは自分が好きなものを決めたり、お金を払うアルバムやイベントにまとめたりするために、レコード会社を必要としていない。  同じことがテレビにも当てはまる。幾つかの例外を除いて、私たちはショーを観ているのであって、チャンネルを観ているのでないのだ。私たちは夜更かしをするためにAMCに頼っているわけではない、私たちが観たいのはブレイキング・バッドであって、それがどこで放映されようと関係ない。テレビチャンネルの役割は単に私たちが好きな番組のための資金調達を行うことだけで、キュレーションには全く無関係なのだ。時代錯誤なデバイスであるテレビチャンネルを取り出して、それらをアプリで置き換えることは、まったくもって馬鹿げたやり方だ。それはごく初期のソリューションだったに過ぎない。  まずApple TVを開き、50ものチャンネルに圧倒され、そしてCBSアプリを立ち上げて、やっと番組に辿り着くなんてことを一体誰が好んでやりたいだろう。それは画面上で50の音楽アプリの中からVirginを選んでからBastilleを聞くことと同じくらい愚かなことだ
そうですよねー。でも日本のテレビ局はいまだに県域免許なんですぜ。ネットでキー局の番組を見ることができたとしても、県内で放送されているものに限られる、というのだからバカバカしさはこの記事のレベルを大きく上回るのだ。ウォーキング・デッドが見たいわけでHuluを見たいわけではない、戦艦武蔵の最期 ~映像解析 知られざる“真実”~が見たいわけでNHKが見たいわけではない、というのはこの記事の言い分だけど、日本のテレビ環境はそれよりももっともっと前時代的なのである。NHKはまだオンデマンドがあるからまだいい方だけど。
スポンサーサイト
2016年02月10日 (水) | Edit |
郵政省はNHKの電波を止めようとした
http://agora-web.jp/archives/1669301.html
郵政省が実際に電波を止めたことはないが、そう脅したことはある。80年代後半にNHKの島桂次副会長は、週刊朝日のインタビューで「放送衛星の予算の半分以上をNHKが負担したが、離島対策にしか使えなかった。国産衛星を打ち上げたい郵政省のやつらにだまされた」などと、電波行政を激しく批判した。NHKの幹部が監督官庁を「やつら」と呼ぶのは職員も驚いたが、郵政省はもっと頭に来ただろう。それが運悪く、3年ごとの免許更新の直前だった。全国各地の中継局に郵政省の「特別検査」が入り、「**県の**局のアンテナの前に大木があって放送に支障があるので免許の更新を保留する」といった多くの通告がNHKに来た。島氏は、あわてて郵政省に行って謝罪した。だから高市総務相が「電波停止の可能性」に言及したのは、単なる脅しではない。そもそも放送に「政治的公平」を義務づけている国はほとんどない。アメリカでは地上波だけで1700局以上、ケーブルを入れると普通の家庭で300チャンネルぐらい見られるので、そのすべての局に政治的公平を求める必要はないからだ。ところが日本の場合は民放連が多局化を阻止し、郵政省がケーブルテレビを過剰に規制したため、地上波局の占有率が欧米よりはるかに高い。だから低俗な「反安倍」番組に、政府がピリピリするのだ。  この問題を解決する方法は簡単である。鬼木甫氏も提言するように、ガラ空きのVHF帯に既存局を戻して新しい局も参入させ、競争させればいいのだ。この帯域ではNOTTVもサービスを停止するので、新しい圧縮技術を使えば数百チャンネルが収容できる。同時に放送法も改正して免許を自由化し、買収・合併による参入も可能にすればいい。もちろん「政治的公平」を義務づける必要はない。インターネットと同じように、何が公平かは多くの選択肢の中から視聴者が決めればいいのだ
池田さんの記事なのだが、新規に地上波放送をこれ以上増やしても意味はなと私は思う。だって、もう地上波やBSでテレビを見る時代ではなくなると思うからだ。テレビ局はラジオと同じように、すでに斜陽メディアとなった。今さら、チャンネルを増やすのはナンセンスだ。地上波テレビの県域免許という制度はインターネットが主流になった現在においてはすでに制度破綻している。総務省の役人は既得権益にしばられこの制度を変えようとはしないのだろう。バカげた話だ。
2016年01月23日 (土) | Edit |
ベッキー、ゲス川谷とのLINE「再流出」の衝撃度 会見発言ぶち壊しで「芸能人生終了」?
http://www.j-cast.com/2016/01/21256260.html
「ベッキー終わったな」「ドン引き」――そんな声がネット上にこだましている。人気4人組バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん=27)さんとの不倫報道に揺れるタレント・ベッキーさん(31)が、謝罪会見の直前に川谷さんと交わしたとされるLINEトークが「週刊文春」によって再び公開された。ベッキーさんが「友達で押し通す予定!笑」と打ち明けると、「逆に堂々と(交際)できるキッカケになるかも」と川谷さん。さらに、「ありがとう文春!」とお互いにふざけ合う。取材を受けても反省の色を微塵も感じさせない2人の態度に、ネットユーザーは怒りを通り越して、あきれ果てている。不倫交際が報じられてからおよそ2週間。この間、双方が騒動について謝罪した。ベッキーさんは2016年1月7日の謝罪会見で、多くの報道陣がカメラを向ける中、深刻な表情で「あくまで友人」と強調。川谷さんも15日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で深々とお辞儀し、東京・代々木公園で実施された17日のフリーライブで謝罪した。しかし、21日発売の「文春」には、そんな2人の謝罪を一気に打ち消してしまいかねない生々しいLINEトークが掲載された。それは、ベッキーさんが謝罪会見を開く2日前のことだ
まさにゲス、外道ぶり。終わったな、ベッキー。いや、どうしてあんな男が好きなのかわからないのだが。
2014年03月31日 (月) | Edit |
“リモート視聴”で体験する新しいテレビの可能性
http://av.watch.impress.co.jp/docs/review/review/20140328_641669.html
3月25日、国内で初となるデジタル放送の「リモート視聴」対応機器が登場した。ソニーが2013年11月に発売したBlu-rayレコーダ「BDZ-ET2100」など5モデルが、ソフトウェア・アップデートを開始し、あわせてAndroidアプリ「TV SideView」も更新。リモート視聴可能となった。リモート視聴は、家庭内のテレビやレコーダで受信している番組や録画番組を外出先のスマートフォンやタブレットから、インターネット経由で視聴可能にするもの。これにより、海外旅行中でもインターネット接続環境さえ整っていれば、日本のテレビ番組の“生放送”もチェックできるようになるなど、テレビ番組をより積極的に活用する環境が整ったといえる
つーか、見るべき番組がないだろ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2014年03月28日 (金) | Edit |
福山雅治、タモリは「天才」……即興演奏の感激つづる
http://www.rbbtoday.com/article/2014/03/27/118248.html
同番組の人気コーナー「テレフォンショッキング」に出演した福山は、タモリとの思い出づくりのため、一緒にセッションすることに。アコースティックギターを抱える福山に、タモリも「せっかくだから、2人はバンドを組んでいる、ここはライブ会場」という設定にしようと提案するなど、すでにノリノリ。福山が「TMCというバンド、タモリ・ミュージック・クラブ」と即座にバンド名を決めると、タモリもすぐさまスイッチが入り、「こんにちは。僕ら、バンドを組んで10年くらいになるんだけど……あの頃は若かったよな。『俺たちが音楽に革命を起こすんだ』って……」と成り切り、「その頃の初期に作った歌を聴いてください。『TM(タモリ・マサハル)ブルース』」と自ら曲紹介をして即興のセッションをスタートさせた。福山のブルースギター演奏をバックに、「俺とお前が会ったのは~」と、2人が初めて出会った当時の思い出を即興の歌詞にのせて歌い上げるタモリ。福山もハモりながらコーラスに入るなど、とても即興とは思えない息の合った演奏を披露し、客席から喝采を浴びた。演奏後、「すごいっすね、すごいっすね。(曲は)ブルースでしたけど、詞はフォークでしたね(笑)」と感激した福山だったが、放送後の26日夜にTwitterで再び「それにしてもタモさんの即興生歌は凄すぎですね」と振り返り、「いつも隣で『天才』を感じています。今日のテレフォンは幸せな思い出になりました!」と感想をつづった
これマジですごい!タモリは天才だ。驚愕レベルだ。

     ▲これがその即興演奏
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年12月13日 (金) | Edit |
TV放送の3大改革 高精細、個人化で視聴者取り戻せ
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2903Q_Z21C13A1000000/
若者を中心とした「テレビ離れ」などが叫ばれるなか、テレビ放送の関係者が、視聴者をテレビに回帰させる三つの改革に取り組み始めた。第1は、「4K」「8K」といった映像のさらなる高精細化。第2は、通信の機能を放送に取り込んで視聴者個人の属性や好みなどに合わせたきめ細やかな情報サービスを実現する「個人(パーソナライズ)化」。第3は、放送と通信の伝送路のIP(Internet Protocol)統合だ
テレビ番組が数ある「テレビ」のコンテンツの中のひとつに成り下がる日がすぐそこに来ている。4Kテレビはインターネットのフロントエンドになる。ひとつはクロームキャストのようなHDMI端子に挿すタイプのコンテンツ、もうひとつはアップルのiTVのようなセットトップボックスのコンテンツ、さらにhuluのようなオンデマンドコンテンツだ。今のお笑い芸人が出てきて内輪ネタでわいわいやってるだけの地上波放送なんか誰も見なくなるだろう。そのときになってB-CAS外すから見てくださいと言っても遅い。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年10月07日 (月) | Edit |
CEATEC 2013に見た次世代映像。4K最新技術の現在
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/dg/20131004_618157.html
シャープブースにおける映像ネタの展示は、昨年発表されて一大センセーションを巻き起こした「IGZO」技術、そして新しい4原色パネルクアトロンにまつわる4K関連技術を中心にした展示を行なっていた。IGZO技術の「IGZO」はIn(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)により構成される酸化物半導体で、そのIGZO結晶がC軸方向(3軸直交座標系における第3軸。Z軸)に層状に配置された構造となっているためC-Axis Aligned Crystal(CAAC)構造と呼ばれる。技術的な詳細解説は筆者が以前別の企画で行なっているのでそちらを参照頂きたいが、大前提として述べておく必要があるのが「IGZO技術は半導体の技術」だということだ
IGZOで行くぞーというオヤジギャグが寒いが、シャープはIGZOで大画面レッティーナが現実になる。17インチレッティーナのMacbook Proも夢ではなくなった。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年08月23日 (金) | Edit |
NHK、ネットと放送を融合した新サービス「ハイブリッドキャスト」 を開始--9月2日11時から
http://japan.cnet.com/entertainment/35036223/
NHKは8月21日、放送と通信を融合した新サービス「NHK Hybridcast(ハイブリッドキャスト)」を9月2日の11時に総合テレビで開始すると発表した。ハイブリッドキャストサービスに対応するテレビをインターネットに接続することで、新サービスを受けることができる。ハイブリッドキャストとは放送と通信を連携させることで、番組を視聴しながらオンデマンド視聴に切り替えたり、ニュースや天気予報といった情報をリモコンのボタン一つで画面上に表示したりするサービスのこと。NHKでは「2013年中にスタートしたい」と発表していた
やっとという感じ。民放連はバカだから絶対にネットと融合なんかしない。自滅の道をたどるだろう。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年08月02日 (金) | Edit |
攻める「ネット配信」に守る「放送」 敵か共存か
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO57943300R30C13A7000000/
放送番組の楽しみ方を進化させる新型スマートビエラは、放送番組そのものを頭から否定しているクロームキャストやアップルTVとはアプローチがまったく異なる。若者たちの「テレビ離れ」に悩む放送局にとって、本来ならば大歓迎される存在のはずだ。だが、日本の放送局がとった反応は違った。電源を入れた直後から番組とインターネットのコンテンツを同時に表示する点が、電波産業会(ARIB)で決めた「放送番組とネットから取得した情報の同時表示を禁止」した放送運用規定に違反するとして新型スマートビエラのテレビCMの放送を拒否したのだ
民放連のお偉いさんの頭の硬直度合いはかなりのものだ。拒否しようが歓迎しようがいずれテレビ局の放送は数あるコンテンツの中のひとつにすぎなくなってくる。
放送局にとって、本当の驚異はスマートビエラではなく、ユーチューブやニコニコ動画だ。クロームキャストやアップルTVはそんなネット上の映像コンテンツを楽しむ人達をテレビというデバイスに呼び戻すかもしれない。だが、その人達が見るのはもはや従来型の「放送番組」ではない。放送番組の新しい楽しみ方を可能にするスマートビエラをたたくような無駄な抵抗をすると、逆に消費者はますます離れていくだけだ。放送革命という黒船は、もう目の前に迫っているのだ
やっとまともな記事が出始めたね。いい記事だ。そんな時代遅れの地上波にカギ(B-CAS)をかけている日本のテレビ局の勘違いぶりはすさまじい限りだ。そのうちカギを外すからどうか見てくださいと言っても誰も振り向かなくなるのにね。バカは死ななきゃ治らない。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年07月05日 (金) | Edit |
[あまちゃん]大ヒットにNHK会長も大喜び「明るさが受けている」
http://news.mynavi.jp/news/2013/07/04/142/index.html
NHKの松本正之会長は4日、東京・渋谷の同局で定例会見を行い、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」が視聴率20%以上を記録するなどヒットしていることについて「最初はタイトルを聞いて『ヒットするのかな?』と思った。一回一回、次を楽しんで待つような感じもある」と喜んでいた。また、話題となっているオープニングテーマや宮藤官九郎さんの脚本について「テーマソングが踊るような感じで、あれはいいなと感じますね。宮藤さんの脚本も軽快でクスッとさせるものが入っている。明るさが受けていると思う。役者のラインアップも好ましく受け止められているのではないでしょうか」と好調の理由を分析した
大ヒットだね。私の予言どおりだ。今年の賞総なめだろう。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年06月21日 (金) | Edit |
ソフトウェアCASで実現した“小型な地デジ”
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20130619_604221.html
日本のテレビ放送受信には必須のB-CASカード。だが近年B-CASカードの不正利用や改造といった情報がインターネットを中心に出回り、逮捕者も出たことから大きな社会問題となったのは記憶に新しいところだ。 この問題も睨みつつ、以前から総務省 情報通信審議会「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会」(通称デジコン委員会)では、B-CASの小型化やソフトウェア化の議論が進められていた。すでに答申もまとまったためにデジコン委員会は廃止されたが、小型化されたB-CASカードなどが登場し、テレビ受信機も大幅に小型化されてきた
バカは死ななきゃ治らねーんだよね。ソフトウェアCASなんかすぐにやぶられるだろう。その前に地上波テレビ放送にDRMをかけていることの間違いに気づけよ。これは国民の知る権利の重大な侵害だ。
テーマ:スポーツニュース
ジャンル:ニュース
2013年06月19日 (水) | Edit |
オールジャパンで4K/8K推進「次世代放送推進フォーラム」設立
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20130617_604026.html
スーパーハイビジョン(SHV)や4K放送の早期実現を目指し、国内の産学官が集結した 一般社団法人 次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は、設立発表会を17日に開催した。放送、通信事業者、機器メーカーなどが集結したほか、柴山昌彦総務副大臣も参加し、「オールジャパン」でのSHVや4K放送の実現に向けた取り組みが語られた。 同フォーラムは、総務省で5月末まで開催した「放送サービスの高度化に関する検討会」の報告をもとに設立された。同報告を受けて、安倍内閣におけるIT成長戦略には、4K/8K放送の実現と、国際社会における映像文化発展の牽引、放送関連産業の国際競争力強化が盛り込まれ、その実現へ向けた取り組みを担うのが次世代放送推進フォーラムとなる
今の地上波テレビ放送はテレビに乗っかるコンテンツとしてはオワコンだ。テレビ放送以外のものを映し出すテレビとしての再出発を目指すべきだ。たとえばHulu。その他アーティストのライブを流し続けるものとか・・・。
テーマ:スポーツニュース
ジャンル:ニュース
2013年05月31日 (金) | Edit |
「何が何でも嫌というわけではない」、NHKのインターネット同時再送信に民放連会長
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20130529/480581/?top_nhl
日本民間放送連盟(民放連)の会長である井上弘氏(TBSテレビ代表取締役会長)は2013年5月29日の会見において、日本放送協会(NHK)が検討課題としている放送番組のインターネット同時再送信についてコメントした。井上氏は2012年3月の会見では、「インターネットを活用しないでほしいと言うつもりはないが、インターネット同時再送信はやめてほしい」「仮にNHKの番組がインターネット経由で全国に配信されることになった場合、地方局の経営がかなり圧迫されるのではないか」という見方を示している
この時代錯誤の頭はどうにかしろよ。地上波に鍵をかけて、インターネットサイマル放送もイヤという。つける薬なしだな。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年05月06日 (月) | Edit |
NHK・民放番組、スマホでどこでも 専用テレビ経由
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS3002F_U3A500C1MM8000/?dg=1
NHKと在京民放5局は年内にも、テレビ放送をインターネット経由でスマートフォン(スマホ)などに無料で転送するサービスを始める。ネットにつながりさえすれば、どこにいても放送と同時に番組を視聴できる。放送と通信の融合を進め、テレビの視聴方法を広げる。ソニー、東芝、パナソニックは年内をメドに転送機能の付いた専用テレビを発売する
今さらかよ・・・。テレビのオワコン化が鮮明になってようやく重い腰を上げたんだろうけど、もう遅いよ。見る価値のないテレビをネットに乗せてもしょせんクソだ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年05月04日 (土) | Edit |
「放送丸ごと」全録画機対決 総合力でパナソニックに軍配
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK2300M_T20C13A4000000/
テレビ番組の録画スタイルの一つとして、放送を丸ごと録画する「全録」に対応したレコーダーが注目されている。デジタル放送の全録に初めて対応した機器は、東芝が2009年に発売した高級液晶テレビ「セルレグザ」。その後、同社の液晶テレビの普及モデルへの搭載を経て、2011年発売の全録レコーダー「レグザサーバー」がヒットした。それから約1年半の2013年2月、レコーダー市場でトップシェアを持つパナソニック…
つーかさ、録画したい番組なんてないだろ、今のテレビに。テレビ不況はメーカーのせいじゃない。テレビ局の怠慢のせい。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年03月27日 (水) | Edit |
どこでもテレビ「Slingbox 350」は今が買い!
http://ascii.jp/elem/000/000/772/772008/
ノマドなんて言葉もあるけれど、フリーライターはまさにその典型例。ノートパソコン片手に取材先と打ち合わせ先を行き来する毎日だ。でもちょっとした空き時間には、ほっと一息つきたいもの。カフェでスマホでもいじりながら、ゆったりと動画でも観る生活に憧れる。そんな僕が目を付けたのが、イーフロンティアの『Slingbox 350』。自宅の録画機やチューナーをインターネット経由で操作して、スマホやパソコンで簡単に番組を観られる製品だ。全世界で100万人以上が利用するSlingboxシリーズの最新作。3月から発売されるSlingbox 350では、画質が1080p対応となり、本体も大幅に小型化している。しかも価格が1万円も安くなったのだ!
うーん、いまさらテレビでもないと思うのだが・・・。トゲトゲの筐体が痛々しいな。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年03月07日 (木) | Edit |
身近になるスマートテレビ、小型端末が登場
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK25032_V20C13A2000000/
コモディティー(汎用品)化が進んだテレビは販売不振が続き、メーカー各社は次のヒット商品を生み出そうと模索しています。次世代テレビの本命と目されているのが、より高画質化を図った「4Kテレビ」と、多機能型の「スマートテレビ」です。4Kテレビは「フルハイビジョン」よりさらに高精細の映像を表示できるのが売り
4Kテレビはテレビ受像機としては必要ない。ゲーム機用またはパソコンのディスプレイ用にはRetinaディスプレイとして需要があるだろう。むしろそっちでいくべき。あとスマートテレビが意味するものは、テレビ番組がテレビの数あるコンテンツのなかのほんのひとつに成り下がってしまうことを意味するのだ。今までお茶の間の王座に君臨してきたテレビ(番組)が王座から転げ落ちる瞬間なのである。これはある意味テレビ業界への黒船だ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年02月22日 (金) | Edit |
BDレコーダー、止まらぬ価格下落 テレビより深刻
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1302/20/news027.html
ブルーレイディスク(BD)レコーダーの価格下落が続いている。地上デジタル放送への移行による駆け込み需要の反動減によるもので、「回復の兆しが出てきたテレビよりも深刻」(業界関係者)な状態だ。各メーカーはスマートフォン(高機能携帯電話)との連携などの新機能を搭載することなどで、需要喚起に取り組んでいる。BCNによると、全国の家電量販店2448店舗でのBDレコーダーの1月の平均単価は3万8600円。10年1月の6万2000円から4割近く下落した
そもそも録画したいテレビ番組なんてないからな。テレビはオワコン。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年01月29日 (火) | Edit |
視線争奪、タブー無し テレビ放送60歳の岐路
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD180QZ_R20C13A1X11000/
日本でテレビ放送が始まって2月で60年。メディアの主役が今、かつてない岐路に立っている。スマートフォン(スマホ)の普及、動画配信や多チャンネル化の加速――。環境の激変に加え、視聴者の楽しみ方まで変わり始めた。テレビ放送はこの難局を乗り越えられるのか
今のテレビ局では変われない。いや変わろうとしないだろう。世界広しといえども地上波に鍵(B-CAS)をかけているのは日本だけ。本来このB-CASはBSの有料放送の受信に利用されるはずだったのだが、この開発費を回収するために地デジ化のときにどさくさで民放連とNHKが地上波に導入してしまったのだ。これはビーエス・コンディショナルアクセスシステムズというわけのわからない会社が運営していて膨大な使用料が入る仕組みになっている。この会社にはNHKから役員が天下っているらしい。今でこそ個人情報を集めるのを廃止したが数年前までユーザー登録が必須だったこともあり膨大な国民の個人情報をこのわけのわからない胡散臭い会社が握るという恐ろしいことになっていた。その個人情報は裏でNHKに渡され、NHKBSの契約状況をの調査に利用されていたのは業界では有名な話だ。現在その個人情報がどのように管理されているのかさっぱりわかっていない。見る価値のない番組を垂れ流しながらお客様であるはずの視聴者には複製・編集する権利を禁じているバカ者どもの巣窟、それが今のテレビ局だ。その社員は平均収入たるや、1500万円を超える高給取り。自分たちの給料は下げず、制作費を切り詰めるのだからいい番組ができるはずがない。このように腐りきっている日本のテレビ局は一度解体した方がいいのだ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2013年01月08日 (火) | Edit |
[ATARU]中居正広主演の続編SPドラマ2部視聴率15.9% 映画化も決定
http://news.mynavi.jp/news/2013/01/07/019/index.html
人気グループ「SMAP」の中居正広さん主演で人気を博したドラマの続編正月スペシャル「ATARUスペシャル~ニューヨークからの挑戦状!!~」(TBS系)が6日、2部構成で放送され、平均視聴率は、第1部(午後7時~9時)が10.4%、第2部(午後9時~11時8分)が15.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。同ドラマの放送の最後には、映画化決定も発表された
マジかよ・・・。昨日夕食のとき見てたんだけどぜんぜんおもしろくなかった。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。