FC2ブログ


2009年03月06日 (金) | Edit |
「青少年インターネット保護法」に関係省庁が大規模な普及キャンペーン
http://japan.cnet.com/mobile/story/0,3800078151,20389389,00.htm

改正法が施行されると、18歳未満の児童が携帯電話やインターネットを使用する際、民間事業者によるフィルタリングの提供などが義務付けられる


ということのようだ。ネットの危険に対してフィルタリングという技術に頼る危うさが見え隠れするのだが。私はそんなことはナンセンスであり、フィルタリングソフト会社を儲けさせるだけだと思うのであります。まぁ、ないよりはいいし、やってダメなことがわかる方が後の世のためであります。本来は、現実社会と同じように「夜遅く繁華街を歩いちゃダメよ」なんてことを同じようにネットについても教えなければならないのです。しかし、教えるべき大人がネットについて疎いのだから今の混乱があるんだろうと思うのですよ。で、一番怖いのが、この人たち、キャンペーンが成功しないと見るや、ネットに規制をかけるんじゃないかということです。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年03月06日 (金) | Edit |
マスコミ業界は「格差社会」の典型だ
http://www.j-cast.com/kaisha/2009/03/05037144.html

広告収入の減少による苦境は様々に伝えられている。そんな中、万難を排して労働者の賃金を守ったわけだ


そのうち赤字になりますが給料はたぶんそのまま。そんなことで経営努力をしているとでも言うのだろうか。今年の決算が見ものです。そんな中、こんなふざけたうわさがあるそうです。

マスコミに公的資金の噂
http://shadow-city.blogzine.jp/net/2009/03/post_c1c9.html#more
ソースがアレなので話半分以下なのだが、もしそんなことをして給料が今までのままだったら暴動が起きるでしょう。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年03月06日 (金) | Edit |
マスメディア再生の教訓は音楽業界にあり
http://diamond.jp/series/kishi/10030/
この人っていつもレコード会社の視点でしか考えていないんですよね。音楽文化の発展とかそっちのけ。そしてネットの台頭によってCDが売れなくなったという発想。実はもっとも不要の存在なのがこの人たちがいるレコード業界ですよ。本来ならアーティストは消費者と直接音楽を売買できればいいわけですから。ネットを使えば近い将来それが可能になるのではないでしょうか。そうなればこんな人たち不要になります。

いつかネット企業がそうしたプラットフォームを確立してくれるでしょう


この人たちって自分たちでどうにかしようとか全然思わないのですかね。そもそも誰かが作ってくれるまでネットでは販売しないよ、なんて態度がもうアウトなんじゃないでしょうか。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース