FC2ブログ


2009年11月17日 (火) | Edit |
デル、Androidベースのスマートフォン「Mini 3」を発表
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20403645,00.htm
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!Windows Mobileなんかに未来はありません。

米デルがスマートフォン市場参入を正式発表---まずはOPhoneから
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20091116/340596/
かっこいいですね。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年11月17日 (火) | Edit |
ゲイツ氏:「アップルは世のため人のためになる企業」--CNBCの番組で発言
http://japan.cnet.com/clip/global/story/0,3800097347,20403652,00.htm
ふむ、私もそう思います。ジョブズがいなくなった後のアップルは悲惨でしたから。と同時に思うのがビル・ゲイツのいなくなった後の、というか、バルマーが社長になってからのマイクロソフトはクソだ。

こよなくマック信者を愛するジョブズ、非紳士的行為を毛嫌いする潔癖性だった!
http://www.gizmodo.jp/2009/11/post_6388.html
ボクは常に紳士でありたいんだ。今でもアップルを見捨てず、Macintoshを愛して使い続けてくれている世界中のユーザーの反感を買うようなことも絶対にしたくない
こういうところがマカーを惹きつけ、しまいにはMacが大嫌いな私でさえファンにしてしまう所以なのでしょうね。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年11月17日 (火) | Edit |
中国、毎秒1千兆回の演算達成 スパコン「天河1号」
http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009102901000458.html
日本は予算がなくなってしまいました。いいことか悪いことか判断に苦しみます。ホリエモンはダメ出しをしていますけど、彼の場合はちょっと特殊ですから。

スパコンランキング、新興国が躍進 日本勢は後退
http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20091116AT1D1609U16112009.html
政府の無策のせいでどんどんスパコン後進国になりつつあります。

【主張】次世代スパコン 戦略なき開発凍結に異議
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091117/stt0911170312003-n1.htm
戦略のないまま進められる事業仕分けは危うい。国家戦略の欠落が問題なのだ
そのとおりであります。まず国家戦略を描け。その国家がスパコンを必要としないのならしょうがない、そんな国を思い描くのならもうその時点で終了だ。

【事業仕分け】文科省が仕分け結果の“反論”募集 川端文科相が指示

http://sankei.jp.msn.com/economy/finance/091117/fnc0911170000000-n1.htm
文部科学省がネットの声を味方につけようとしています。文化庁はあれほどパブリックコンメントを無視しているのに、こういうときだけ味方にしようってのは虫がいいな。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年11月17日 (火) | Edit |
「ヤクザのみかじめと同じ」人気ドラマー・ファンキー末吉がJASRACに激怒!
http://news.livedoor.com/article/detail/4451419/
なんという正論、グッジョブ。
ファンキーは「いつでも著作権料はお払い出来ます。ただそれをどこに分配するのかちゃんと説明して下さい」と分配の明確化を求めて、JASRAC側と直接交渉を行っており、次のように続ける。「3万円払ったとして1円もらったとして、あとの29999円はどこにどのように払われたかを知らせる義務もないというもの。こんなんで払えるか? 絶対に中身を見せないブラックボックスに金を入れ、それがどう分配されているかも一切知らせず、都市伝説のように例えその金が天下りの官僚に流れていたとしてもこちらは知る由もない」
そういうことなんですよ、テレビ局が支払う包括契約にしたってどのアーティストの曲を何回かけたとかは一切関係なく支払うわけですよ。ですから、どうやって再配分しているのかまったく不明なわけです。そこのところが問題なんです。我々ユーザーだって本当に著作者に再配分されるのならよろこんで払います。でも実際それは絶対不可能なわけですから(だってデータがないんだもの)。大部分は天下り官僚の私腹を肥やしているに違いないのです。

電子ブック戦争 日本の敗北
http://ikedanobuo.livedoor.biz/archives/51312798.html
日本の一部の権利者が「文化を滅ぼす」などと難癖をつけ、和解から離脱するなど騒いだため、日本の読者は書籍の電子化の世界的な流れから取り残される結果になった。文化を支えてきたのは読者であり、それを忘れた「供給側の論理」は自分の首を絞める結果に終わるだろう
ま さにこのことが、日本での著作権にからんだ問題のすべてにおいて言えることなんですよね。文化を支えてきたのはすべて著作者である、ユーザーは違法コピー をする泥棒だ、というのが著作者というよりも著作権利権で潤っている人たち(カスラックやレコード会社など)が言ってることです。だから一歩も議論が先へ 進みません。カルチャー・ファーストというフレーズからもその傲慢さが透けて見えます。そんなバカな著作者の論理に嫌気がさしたユーザーは、音楽からもテ レビからも離れていきます。日本は文化が低迷する国になるでしょう。そうなって権利者も自分の首を絞めていたことにやっと気づくかもしれません。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年11月17日 (火) | Edit |
オバマ大統領の両陛下への「お辞儀」、米で波紋
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20091116-OYT1T00480.htm
保守系メディアは米大統領の外交儀典上、不適切だと批判し、大統領の際立った低姿勢ぶりに疑問を投げかけている
当然アメリカ人としてはおもしろくないでしょうね。日本人としても大統領としてあそこまで礼はちょっと違和感があったのでは?だからメディアがあの写真を取り上げたんだと思います。

陛下にオバマ「90度おじぎ」 日本への気遣い戦略なのか
http://www.j-cast.com/2009/11/16054034.html
j-castなのに(失礼)いい記事です。
オバマさんが、日米関係と批判とをてんびんにかけたということでしょう。批判されるのは分かっていながらも、リスクを背負っても日米関係の利益を取ったというわけです。鳩山首相へのおじぎなら低姿勢になるかもしれませんが、天皇陛下になら低姿勢ということではありません。王室の伝統のないアメリカ人にとっては、天皇は特別の存在になるからです。オバマさんなりに合理的に考えて、日本への気遣いを示したということだと思います
それはいささか深読みしすぎと思うが。いずれにしても日本人の心はたったこのことだけでずいぶん和みましたね。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年11月17日 (火) | Edit |
鳩山首相「日本を魅力的な国に」
http://www.afpbb.com/article/politics/2664228/4910218
低出生率と人口高齢化を抱える日本について語り、移民にとってもっと魅力的な国にするよう取り組むべきと語った
ひえ~、ひどいな。移民政策でしか日本を維持できないということが言いたいのか?さすが、前の「日本列島は日本人だけのものではない」とかと通じる発言ですね。こいつにまかせておくと日本はとんでもないことになりそうだ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年11月17日 (火) | Edit |

コエンザイムQ10で老人性難聴予防?東大などメカ解明

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20091114-OYT1T00926.htm
これはすごい発見じゃまいか?オーディオマニア諸氏は数万円のケーブルに凝るよりこれを飲んだ方がよほどいい結果が出そうだと思うのだが。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2009年11月17日 (火) | Edit |

内閣支持率62%、ムダ削減「評価」76% 世論調査

http://www.asahi.com/politics/update/1115/TKY200911150288.html
表向き「無駄削減」だから表面しか見ない国民はすぐだまされるんですよね。削られたものの中に将来の日本にとって絶対必要なものもあるのに。

仙谷大臣が仕分け作業を「政治の文化大革命」と「自画自賛」?
http://www.news.janjan.jp/government/0911/0911143154/1.php
janjanのしかもオムニバスの記事なのだが、
「本家」である中国共産党は文革について、あまりの惨憺たる結果に「重大な災難をもたらした内乱」「わが党が犯した最大の過ち」と総括している。無駄遣い削減のメインイベントである仕分け作業を、大失敗と大損失に終わった文革にたとえるとは、仙谷大臣の歴史的教養を疑うべきか、むしろ慧眼の持ち主と評価すべきか迷うところだ
たぶん前者だろうが、国家の存亡をかけるにはあまりに拙速な論議だ。

鳴り物入り「事業仕分け」ここが大問題
http://news.livedoor.com/article/detail/4451514/
よく分からない人たちが短時間で廃止を決めるのは相当に無理がある。どうしても予算全般を仕切る財務省のお膳立て通りにやるしかなくなります
ということのようだ。ますますパフォーマンスだ。というか頭いいよな、こんなことで支持率回復したんだから。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース