FC2ブログ


2010年09月19日 (日) | Edit |
グーグル、音楽配信ストア立ち上げへ 米誌サイト
http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2756449/6188441
音楽チャート誌「ビルボード(Billboard)」のウェブサイトは、米グーグル(Google)が米アップル(Apple)のiTunesに対抗する音楽配信ストアの立ち上げに着手したと報じた
エイプリルフールじゃないのか?マジなのか?アップル顔面蒼白?

     ▲グーグルが音楽配信サービスをローンチ?
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2010年09月19日 (日) | Edit |
「Android」の市場シェア、さらに拡大--米調査
http://japan.cnet.com/news/service/story/0,3800104747,20420212,00.htm
Androidが競合製品のシェアを奪って急成長しているとの報告が出ている。GartnerとIDCの最近の報告はいずれも、2014年にはAndroidの市場シェアがAppleを上回ると予想している。Quantcastの調査でも、Appleに対するAndroidのシェア増加が指摘されている
ということでアンドロイドの躍進ぶりがすさまじいわけですが、気になるのが、
サムスンが1ポイント増の23.1%で首位を占め、第2位はLGで21.2%(0.6ポイント減)
ここでもバ韓国企業が1位、2位を独占。日本企業の姿はない。

     ▲マイクロソフトの減が目立つ
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2010年09月19日 (日) | Edit |
AET、5.4mでペア300万円の最高級スピーカーケーブル
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20100915_393891.html
今回のスピーカーケーブルも従来のハイエンドモデルであるSINシリーズを上回る品質を目指しており、「変化の付け難いスピーカーケーブルでも劇的に効果を発揮する」という
5.4mで300万円ということは、2chで600万円ということか。たかがスピーカーケーブルがである。頼むから千円のケーブルとブラインドテストをしてほしいものだ。げにハイエンドオーディオの世界は深淵なのであります。

     ▲Evidence SP

     ▲長岡先生推奨の富士電線VCT5.5SQ20m

     ▲こちらは富士電線VCT3.5SQ20m
私は細い方で十分だと思うぞ。長岡教の間では定評があるこのキャプタイヤケーブルだが、本当にいいのかもよくわからない。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2010年09月19日 (日) | Edit |
素質も努力も韓国アイドルが上 「少女時代」「KARA」が日本席巻
http://www.j-cast.com/2010/09/17076254.html
「韓流」の第一の黒船がペ・ヨンジュンとすれば、第二は「東方神起」、そして第三は「少女時代」。共通するのは日本の芸能人に比べ大柄で、才能に恵まれ、努力もし、学歴も高い。韓国のサムソンが家電でパナソニックやソニーを大きく引き離したような現象が芸能界でも起きつつある
果たしてそうだろうか。これは日本のテレビ局や芸能界、そしてそれらを影で操っている広告代理店がバ韓国から「輸入」して手っ取り早く稼ごうとしているからだろう。プロモーションのなせるワザであり、大衆はそれに踊らされているに過ぎない。テレビを見続けた国民は、自分で考えることを忘れテレビの論調に素直に従う国民総白痴状態になっているのではないか。電通の面目躍如である。

     ▲バ韓国のユニット「少女時代」
テーマ:雑記
ジャンル:ブログ
2010年09月19日 (日) | Edit |
エアロスミスのタイラーがヤマト主題歌
http://www.asahi.com/showbiz/nikkan/NIK201009170040.html
木村拓哉(37)主演映画「SPACE BATTLESHIP ヤマト」(山崎貴監督、12月1日公開)の主題歌を、米人気ロックバンド、エアロスミスのボーカル、スティーブン・タイラー(62)が担当することが16日、分かった。 タイラーが同映画のために書き下ろした新作で、楽曲タイトルは「LOVE LIVES」。距離、時間、肉体を超えて愛は生きているというメッセージが込められた。タイラーにとっては初のソロプロジェクト。日本から英訳した脚本やラストシーンなどの映像資料を取り寄せ、「ヤマト」の世界観を研究。「愛する人を守りたい」というコンセプトのもと、壮大なバラードに仕上げた
ということです。まだやっていたのか、という気がしないでもないこのキムタクのヤマト。主題歌は英語になるようだ。「さらば~地球よ~」ではないのですね。


     ▲キムタク実写版ヤマトの予告編
テーマ:雑記
ジャンル:ブログ