FC2ブログ


2010年11月07日 (日) | Edit |
「犯人捜ししないで」8割…海保に電話100件
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101106-OYT1T00097.htm?from=main4
東京・霞が関の海上保安庁広報室には、ビデオ映像の流出が明らかになった5日、映像を見た国民からの意見や問い合わせの電話が、約100件相次いだ。同室によると、同日午後7時過ぎまでの間、「仮に流出させたのが海保の関係者であっても処分はしないでほしい」「犯人捜しはしないで」といった意見が計83件に及んだという
大多数の日本人は「よくやった」という思いのはず。その前に、こんな明白な事実をなぜ隠さなければならなかったのか、という今の民主党政権への憤りの方が大きいだろう。いったい日本政府はどこを向いているのか。政府が国民に公開したくない理由は、中国を刺激したくない、ただそれだけなのだ。中国様の顔色しか見ていない、国民不在の外交姿勢にはあきれてしまうのである。中国はそんな下手に出てくる相手にはどんどんと踏み込んでくるのは分かりきっていることなのに。仙谷は中国への日本売りをやめようとしない売国奴だ。戦後、これほど日本を貶めた人物を見たことはなかった。時代が時代なら銃殺だ。

     ▲中国の属国化を進める国賊仙谷
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2010年11月07日 (日) | Edit |
投稿者は「sengoku38」、25歳日本人
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101105-OYT1T00797.htm?from=main1
大手セキュリティー会社によると、海上保安庁が撮影したと見られる映像はユーチューブに4日午後4時過ぎに登録名(アカウント)「sengoku38」によって投稿された。アカウントの登録もこの日だったとみられる。ユーチューブ上に登録されたプロフィルでは25歳、日本人となっていた
ということです。25歳か、若いな。この若さなら再出発は可能だ。彼の勇気ある行動を讃えたい。君の内部告発は無駄ではないだろう。多くの日本人が共鳴するはずだ。逮捕されるのは時間の問題だが、逮捕のときは堂々としていてくれ。そして、「我々が命をかけて守っているこの国が、一部の政治家によって貶められているのが我慢できなかった。ニッポンのために皆さんも立ち上がってほしい」とでも言ってほしい。これはささやかではあるが憂国有志のクーデターだ。彼に続くものが出ることに期待すらしている。
 しかし、こんな情報統制のきかない日本政府がASEANを乗りきれるのだろうか?そんな諸外国の哀れみにも似たまなざしがチクチクと突き刺さるのである。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2010年11月07日 (日) | Edit |
液晶テレビが大幅値上がり中、すでに実質価格は12月のエコポイント半減後とほぼ同額またはそれ以上に
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101106_tv_price_ecopoint/
駆け込み需要を意識してか、なんと液晶テレビが全体的に値上がりしており、まだエコポイントが半減される前であるにもかかわらず、実質価格が半減後と変わらない額になっています
テレビなんてブラウン管のままで大丈夫。安物のチューナーさえ買えば見られます。というか、見る価値のある番組なんてないし。

     ▲液晶テレビが値上がり中
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2010年11月07日 (日) | Edit |
だんらん求め100万人 「ニコニコ動画」有料会員急増
http://www.asahi.com/culture/news_culture/TKY201011050382.html
一方、ニコ動はかつてのテレビではないか、と話すのはウェブサービスに詳しい批評家、濱野智史さんだ。映像を見ながらみんな一緒にいるようにわいわい、がやがや。これが、力道山や紅白歌合戦を見つめた戦後日本の家族のだんらんに通じる、というのだ。「現代でもみな、だんらんを求めているのです」
これはですね、テレビが生き残るただひとつの新機能として私がかねてから指摘していることなんです。私はこの記事で、
ひとつだけ有望な方法がある。それはニコニコをテレビに取り込む方法だ。前にも書いたことがあるが、これは全国がお茶の間状態になるのである。そうすればくだらないバラエティでも楽しいコンテンツになってしまうのである
と書いています。都会のコンクリートに囲まれた人々はかつて、リビングにあったテレビの前で家族団らんを求めているのです。ニートもネット上の団らんを求めているんです。人は一人では生きられないのです。もしテレビにこの機能が加われば、テレビは生き続けられるでしょう。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース