FC2ブログ


2012年12月22日 (土) | Edit |
2012年・冬 自分に贈りたいガジェット決定版!
http://www.gizmodo.jp/2012/12/2012_17.html
年の瀬ですねー! 一年間がんばった自分へのご褒美にガジェットなんてどうでしょ?クリスマスはプレゼントを贈り合うものだけど、ガジェットだけは自分で選びたいっていう人も多い気がします。しかも、12月はボーナスの支給月。欲しかったものを買うにはいいタイミングです。そこで、ギズのライターと編集部員が「自分ならこれを買う!」という一品をまとめてみました。「欲しいもの、特にないなぁ」という人、あなたの琴線に触れるなにかが見つかるかもしれませんよ
わー、物欲が止まらねーwwww。どれもホスイwwww。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2012年12月22日 (土) | Edit |
が音あのリアル過ぎる軍用四足歩行ロボット「LS3」声認識によって指示を理解するように
http://gigazine.net/news/20121220-ls3/
まるで生き物のような滑らかな動きで四足歩行をするのが軍用ロボットLS3。傾斜のある場所でも難なく移動できる優れた移動性能が特徴でしたが、今回さらなる改良が加えられ、音声認識によっていくつかの命令を実行できるようになったとのこと。人間の「ついてこい」という命令に従って、足場の悪い森の中を横転しながらも健気について行っています
すげー、ビッグドッグが進化してるwwww。まるで生きてるみたいだな。
     ▲軍用ロボットLS3
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2012年12月22日 (土) | Edit |

iPhone・iPad用のガイガーカウンターが孫正義の「やりましょう」がきっかけでソフトバンクから新登場

http://gigazine.net/news/20121220-sb-geiger/
Twitter上で「iPhone用の放射線測定デバイスあったらいいですね」という声に対してソフトバンクグループ代表の孫 正義(@masason)例によって例のごとく「やりましょう」と答えたことがきっかけで実現したのが今回のiPhone・iPad用のガイガーカウンター、「Pocket Geiger Type4」と「iMetry」です
SUGEEEEEEE!! これは画期的!これでネットの地図にプロットしていけばりっぱな放射能分布図ができあがるな。これはガチですごい。

121221-11
     ▲Pocket Geiger Type4
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2012年12月22日 (土) | Edit |

任天堂「TVii」、米国とカナダでようやく登場へ

http://japan.cnet.com/news/service/35026017/
「Nintendo TVii」が米国時間12月20日、任天堂の新しいゲームコンソール「Wii U」向けに登場することになった。 任天堂の12月19日の発表によると、TViiが今回提供されるのは米国とカナダになるという。ユーザーは、TViiを使うことで、ケーブルまたは衛星放送局が提供するコンテンツを含め、ホームエンターテインメント機器にある番組にアクセスし、どれを視聴するかをWii Uの「GamePad」から決定できるようになる。さらにGamePadをリモコンとしても使えるようになり、音量の調節やチャンネルの変更などが可能となる
なんだこれ、ちょっと期待。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2012年12月22日 (土) | Edit |

SBM、書店でも電子書籍を購入できる「スマートブックストア」

http://japan.cnet.com/news/service/35026054/
ソフトバンクモバイルは12月20日、スマートフォン向け総合電子書籍サービス「スマートブックストア」を12月22日から提供すると発表した。電子書籍取次事業者メディアドゥが提供する電子書籍配信ソリューションを利用している
ソフトバンクが電子書籍に参入ということか。つーか、日本の電子書籍は抵抗勢力である「出版業界」を駆逐しないと真の夜明けは来ないよ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース
2012年12月22日 (土) | Edit |

アップルの2013年はどうなる--5つの予想

http://japan.cnet.com/news/commentary/35025918/
Appleは次に何をするのだろうか。この疑問は、大きな成功を収めているいくつかの製品とともに、同社を興味深い存在に保ち続ける秘伝のソースである。Appleがかつてないほどに大きな注目を集める1年になるであろう2013年に突入しようとしている今、同社が2013年に行うかもしれない5つのことを予想してみた
ジョブズなきあとのアップルが独り立ちできるのかの試金石となる一年だよね。来年、これというものが出せなかったら2年後のアップルはヤバい。さて、5つの予想とは、

    1. Apple製テレビ、4度目
    2. ライバルとの和解の増加
    3. 「iRadio」
    4. 「Maps」の小さな改善と大きな投資
    5. 「Siri」がベータを卒業

ということなんだけど、この中でアップルの将来を見極める大きなトレンドが「テレビ」と「ラジオ」だ。今の日本のラジオはクソだよね。せっかく「radiko」でラジオが復活するかに見えたのに、ここでも「県域」を持ち込んでダメにしてしまった。テレビもいまだに県域。これほどインターネットがメジャーになって国境すら意味がなくなりつつあるのに、いまだに「県域」なんて失笑もいいところだ。しかもテレビはカギ(B-CAS)つきだし。やい総務省、いいかげんに目を覚ませ。テレビやラジオの「県域免許」を撤廃しろ。そしてテレビを見る権利を不当に侵害しているB-CASを廃止しろ。つーか、アップルによってこのどうしようもない日本のテレビとラジオの現状を変えて欲しい。いやマジで。DRMのない地上波テレビ放送、県域のないテレビやラジオ、これだけでテレビやラジオがまだまだ魅力的なメディアになりうるのだ。アップルのMapsやSiriはどうでもいい。テレビとラジオを変えてくれ。
テーマ:今日のニュース
ジャンル:ニュース