FC2ブログ


2014年06月09日 (月) | Edit |
Dropboxは企業のIT/CIOたちが持つネガティブイメージ“Dropbox問題”の払拭に躍起
http://jp.techcrunch.com/2014/06/07/20140606dropbox-looks-to-shed-dropbox-problem-image/
ユーザ数が3億を超えたDropboxは、文句なく人気サイトだが、しかしBYODやITの消費者化(とくに調達の安易化)の浸透に伴い同社は、社員が個人的に使っているサービスを会社に持ち込んだときに生じかねない問題を象徴する存在になってしまった。今では、“Dropbox問題”という言葉が、企業世界で流行しているほどだ。Dropboxのプロダクト担当兼企業担当兼モバイル担当の部長Ilya Fushmanによると、今同社は、このネガティブな企業イメージの払拭に努力している。昨日(米国時間6/5)同社は、ステルス状態だったメッセージングのスタートアップDroptalkを買収した。この小さな会社は、まだChromeのプラグインぐらいしかプロダクトはないが、Dropboxがこれから企業向けプロダクトを作っていくためには、メッセージングの機能が欠かせないのだ
確かにねー。DropBoxを使えば機密データだってすぐに持ち出せるからなー。便利な半面会社のセキュリティ敵にはかなりヤバい。それはスカイプだってそうだよね。
2014年06月09日 (月) | Edit |
AppleのiCloudに対する新しいアプローチは、全員を幸せにする
http://jp.techcrunch.com/2014/06/09/20140606apples-new-approach-to-icloud-is-good-news-for-everyone/
先週のWWDC基調講演で、AppleはCloudKitを発表した。これは、アプリ開発者がAppleのiCloudを「事実上フリー」に使える開発フレームワークで、これまで以上にモバイルアプリでの利用が簡単になる。今日(米国時間6/6)午前、QuartzのDan Frommerはこれを、ようやくAppleがクラウドを「モノにした」ことを示す兆候のひとつだと言った。しかしそれは、AppleがiOSおよびMacデベロッパーの懸念をこれまでになく真剣に受け止めている証しでもある。昨年、本誌のMatthew Panzarinoが、iCloudsは事実上2つあると書いた。一つは巨大で概ね信頼のおけるインフラストラクチャーで、Appleが自身のアプリを載せているもの、もう一つは、デベロッパーが最初のバージョンのiCloudで手渡された寄せ集めのネットワークや同期のプロトコルだ
ということのようです。幸せになれるかなー。
2014年06月09日 (月) | Edit |
7割弱が携帯/スマホ料金を「高い」と感じる、定額通話サービスは6割が「必要ない」
http://internetcom.jp/allnet/20140606/1.html
楽天リサーチは、携帯電話/スマートフォンの料金に関する消費者意識調査を実施した。それによると、月々の総支払金額を「高すぎる」「やや高い」と感じている人は7割弱で、「妥当」という人は3割にとどまった。支払金額を通話分に限ると「高すぎる」「やや高い」は4割強に下がり、「妥当」は過半数となった。月々定額で音声通話がある程度かけ放題になるサービスについては、6割が「必要ない」としている
スマホにする前は2千円台だったのが5千円超えだからなー。カミさんと子供たちの分合わせると月額2万円以上通信費にかかっている計算だ。高いなー。音声通話の定額制はまったく必要ない。
2014年06月09日 (月) | Edit |
カノニカルとミランティスが Ubuntu ベースのオープンスタックで協業
http://internetcom.jp/webtech/20140606/3.html
Ubuntu Linux ディストリビュータの Canonical が米国システムインテグレータ Mirantis と協業、「Mirantis OpenStack」と Ubuntu ベースのプライベートクラウドソリューションを販売するそうだ。両社が協業に合意したことで、ゲスト OS を ホストする Ubuntu が、Mirantis OpenStack ディストリビューションでサポートされるようになる。また Canonical は、Mirantis OpenStack と Ubuntu の互換性テストに継続的に投資し、Mirantis OpenStack と Ubuntu がシームレスに稼働できるようにする。Canonical と Mirantis の2社は、OpenStack Clouds 構築のオプションを顧客に供給する OpenStack エコシステムに、献身的にかかわってきている
すばらしい。
2014年06月09日 (月) | Edit |
Apple、アプリで仮想通貨の利用を許可
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/06/news061.html
米Appleはソフトウェア開発者がアプリに仮想通貨取引を含めることを許可する方針だ。Appleの「iPhone」や「iPad」でも新しい形態の通貨を利用できる道が開かれたことになる。Appleのアプリストア「App Store」の最新版レビューガイドラインには、次のように記されている。「アプリは承認された仮想通貨の取引を促進してもかまわない。ただし、そのアプリが使用される地域のあらゆる法律(州法、連邦法)を順守している必要がある」「承認された仮想通貨」が具体的にどのようなものを指すかについての説明はない。詳しい情報を求めてAppleの広報担当クリスティン・ユゲ氏にメールで問い合わせたが、すぐには返答を得られなかった。
今年あたりから仮想通貨がブレークしそうな気配だ。日本ではビットコインがコケたせいで印象が悪いが世界規模では激しく来ている感じ。
2014年06月09日 (月) | Edit |
サムスンの憂鬱 グーグルに譲り渡したスマホの魂
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO72142950S4A600C1000000/
デジタル製品の付加価値がハードからソフトへと大きく移る中、顧客を囲い込むためにその両者を統合してすり合わせるなどデザイン・設計の価値がますます高まっている。米アップルは、デザインの力によって創業者の死後もハードとソフトをバランスよく売り、いまだに強さを保ち続けている。一方でスマートフォン(スマホ)の世界シェアで米アップルを抜いた韓国サムスン電子は、ソフト市場が育たず苦悩している
サムチョンの端末は輝きを失った。その後リリースした腕時計型端末もソフトがタコなのでまったく魅力のないものになってしまっている。今年からサムチョンの没落が始まる。
2014年06月09日 (月) | Edit |
期限切れXP 実は官公庁や銀行で「延命中」
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK0202J_S4A600C1000000/
相次いで報道されたのが、各国政府の実態。それぞれ、マイクロソフトと有償のサポート契約を結んだようだ。英国政府の場合、XP、オフィス2003、エクスチェンジ2003を含む今後1年間のサポートのために、550万ポンド(約9億5000万円)を支払うことで合意。配下の国民保健サービス(NHS)だけでも、サポート終了時点で60万台以上のXPパソコンが稼働中という。このほか、オランダ政府、カナダ政府、米国政府の関係機関などが、マイクロソフトとカスタムサポートの契約を結んだもよう。契約によっては1000万ドル(約10億2000万円)を超えるケースもあるようだ。金融機関も、移行に苦慮している。全国にくまなく設置したATMが足を引っ張る格好だ。実は、全世界のATM機の95%が組み込み用のXPを搭載しているといわれており、その移行がなかなか進んでいない。このため、大手銀行も軒並みカスタムサポートを利用していると見られている。使用状況の調査などを見ると、順調にXPが減ってきていることがわかる(図2)。しかし、まだゼロではない。大きな組織ほど、残存するXPに頭を痛めているといえそうだ
まだまだXPは生き残るだろうね。
2014年06月09日 (月) | Edit |
iPhoneのナビを映す車載透過ディスプレイ
http://www.gizmodo.jp/2014/06/iphone_607.html
大事なことは、目の前に。ちょっと近未来的なヘッドアップ・ディスプレー(HUD)タイプのナビゲーションが登場します。「Garmin HUD日本版」は車のダッシュボードに設置するタイプの透過ディスプレイナビゲーションシステム。それ単体にナビ機能はありませんが、iPhoneにインストールされた「マップルナビ for HUD」の情報がBluetooth経由でディスプレイに表示されます。これまでもタコメーターなどを投影するタイプの製品はありましたが、ナビの表示端末としては初めてなのではないでしょうか
これはなかなかいいけど、本体が大きいなー。もう少しスリムになってVer3.0になったら検討しよう。
2014年06月09日 (月) | Edit |
デトロイトの「野生化した家」、Googleストリートビューで暴かれる凋落の姿
http://www.gizmodo.jp/2014/06/google_107.html
かつては自動車の街として栄華を誇っていたアメリカのデトロイト。今では人口が減り、廃墟化が進み犯罪も増え、アメリカでも最も危険な都市のひとつに衰退してしまいました。そんな街デトロイトを辛辣に、皮肉に描写するのが何を隠そうGoogle Map。LOVELANDのチーフプロダクトオフィサーであるAlex Asup氏は、ストリートビューのタイムマシン機能を用いて、デトロイトの7万8,000件以上の「野生化した家」を記録してきました
せつなすぎるなー・・・。日本の地方もこれと同じことが起こりつつあって、空き家が倒壊している。
2014年06月09日 (月) | Edit |
「mixi」約4万人に不正ログインの可能性--課金などの被害は未確認
http://japan.cnet.com/news/service/35049054/
ミクシィが運営するSNS「mixi」において、何者かにより、不特定多数を狙った不正なログインが試みられていることが取材により明らかとなった。ミクシィによると、5月31日から現在でも行われているとされ、不正ログインが行われた可能性のあるアカウントは約4万件。現時点で、課金やアカウント情報の変更などの被害を受けたという報告は受けていないという。なお、実際に不正にログインされた件数は調査中とのことだ。mixi運営事務局では、不正ログインが行われたアカウントに対し、mixi内のメッセージ機能を使って、登録メールアドレスとパスワードの再発行を促している。現在は不正ログインが試みられたユーザーにのみ通知しているが、今後、mixiトップページでも注意喚起する予定だという
ミクシィはゲームで息をしたものの本業SNSは壊滅状態だし、こんな泣き面に蜂みたいな事件が起こると大変だね。
2014年06月09日 (月) | Edit |
第11回:次のトレンド「DMP」って何?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/Active/20140526/559283/?act01
2013年の広告・デジタルマーケティング業界の先端トレンドとして大きく注目されているDMP(データ・マネージメント・プラットフォーム)。ビッグデータ、マーケティングROI、O2Oなど、旬なキーワードをすべて網羅するようなDMP。「これからはDMP時代だ!」といった声も聞かれるようになってきた。アドテクベンダーからは続々とソリューションがリリースされており、早々と導入に踏み出す企業も出てきている。本連載では、注目を集めるDMPを、One to Oneマーケティング、オムニチャネル、CRMなどとの関係性を含めて解説し、何が可能になるのか?何が課題となるのか?などを考察していきたい
またぞろ出てきたバズワード。DMP?なんだそれ。
2014年06月09日 (月) | Edit |
まるで爆弾! 球状のベアボーンがCOMPUTEXのZOATCブースに
http://ascii.jp/elem/000/000/902/902325/
ZOATCといえばビデオカードだけではなくベアボーンメーカーとしても有名だ。今回注目したいのが、CCOMPUTEXのZOTACブースで見かけた、まるで爆弾のような球体型のユニークなベアボーン「ZBOX Sphere OI520」シリーズだ。なんとも変わった形状のベアボーンだが、ZOATCによると日本での市場展開も予定しているとのこと。
どうせならあのゴミ箱Mac Proをコピーすればいいのに・・・。
2014年06月09日 (月) | Edit |
「開発者重視」を鮮明にしたアップルの新戦略
http://www.asahi.com/articles/ASG6465CWG64UEHF00Z.html?iref=comtop_list_sci_f02
アップルは毎年6月に、同社製品の開発者向け国際会議「Worldwide Developers Conference(WWDC)」を開きます。今年もサンフランシスコで、6月2日から5日間の予定ではじまりました(写真1)。WWDCはここ数年、「アップル関係の新しいハードウエアが発表される場」として注目されてきました。2010年には「iPhone 4」が発表されたことから、今年も「新しいiPhoneが出るのでは」といった期待をする人もいたようです
ある意味本来の姿に戻ったということだからいい兆候かもしれないね。新しい言語の発表なんかはすばらしいことだと思う。非常に地に足の着いたものだった。iPhoneやiPadを伸ばしたり縮めたりはもうどうでもいいことだから。