FC2ブログ


2014年06月17日 (火) | Edit |
「ティム・クックCEOはデザインの重要性を理解している」とジョナサン・アイブ氏
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/16/news064.html
この中でアイブ氏は、ジョブズ氏はデザインに熱狂的に取り組んでいたが、クック氏は冷静に、時間をかけて注意深く考察するタイプだという。アイブ氏はこれは「クック氏がデザインの重要性を理解している証拠だ」と語った。「正直に言って、(ジョブズ氏の生前と)何も変わっていないと思う。iPhoneを開発していたころと同じように感じている」とも。ある匿名希望の従業員によると、クック氏はジョブズ氏ほど製品開発に深くかかわらず、年内に発表されるといううわさの「iWatch」と呼ばれるウェアラブル製品に関しても、アイブ氏をはじめとする幹部に任せているという
アイヴがデザインの中核なのは既知の事実だが、ベゼルを狭くしたiPad miniやiPad Air、それからゴミ箱Mac Proなどは彼が手がけたのか疑問だ。もし彼が手がけたとすれば私は彼の才能を買いかぶりすぎているのだろう。iPhoneのデザインは完璧だが・・・。
2014年06月17日 (火) | Edit |
Googleの“気球式インターネット網”、ブラジルでのLTE接続に成功
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/17/news046.html
米Googleは6月16日(現地時間)、同社の気球式インターネット網プロジェクト「Project Loon」の取り組みの一環として、ブラジルの辺境、アグアフリア上空に気球を打ち上げたと発表した。このテストでは地域の学校に受信アンテナを設置し、教室での無線接続に成功した。今回初めてLTEでの接続をテストしたという。この地域では厳しい自然環境のためにインターネットサービスも通信キャリアのサービスも届いておらず、ネットに接続するためには最寄りの街までバスを乗り継いで行くか、高い木に登って微弱な電波をキャッチするしかなかったという。Project LoonはGoogleが「Google X」のプロジェクトの1つとして2013年6月に立ち上げた取り組み。地形的条件や経済的要因でインターネットへの接続環境構築が難しい地域にインターネット接続を提供することが目的で、特殊なアンテナを搭載した複数の気球を上空18~27キロの成層圏に飛ばし、気球同士と地上に設置したアンテナとを接続することでインターネット網を構築する仕組みだ
ふーむ、気球の耐用年数ってどのくらいなのだろう。
2014年06月17日 (火) | Edit |
Windows 8やOfficeなどMicrosoftの製品を利用しない動き
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/m_china/20140617_653696.html
中国政府は、Windows 8はそれまでのOSよりもクラウド連携が強まり、情報の漏えいに不安があるとして、中国中央政府各省庁内でのWindows 8購入禁止を発表した。消費者や地方政府での購入や、現状最も普及していると思われるWindows 7の購入は禁止されていない。5月19日に米司法省が中国人民解放軍の将校5人をサイバースパイの容疑で起訴したので、その翌日にこの発表が行われたわけだ。国産OS待望論がニュースで報道されているが、今のところこれといった中国産OSはなく、Windows 7をしばらく利用していくと思われる
なんだ、中国の話か・・・。
2014年06月17日 (火) | Edit |
秘密主義のアップルのクックCEO、iWatchには大きな期待
http://www.gizmodo.jp/2014/06/ceoiwatch.html
一般社員の中には、クック氏の親しみやすさと知性を絶賛する人たちがいるそうです。一方で、前任者=ジョブズ氏と比較して、商品開発には積極的に参加してこないと語る者もいます。ここで言う商品とは、長いこと噂されているスマートウォッチ、iWatchのこと。クック氏は、商品の開発に対して、細々と各プロセスごとに関わるタイプではなく、アイヴ氏などの信頼できるスペシャリストに任せているのだそう。もちろん、商品そのものに興味がないという話ではありません。あくまで、仕事の仕方がジョブズ氏とは違うという話。クック氏は、iWatchの幅広い可能性にかなりの興味を持っているのは間違いないからです。この匿名社員は、iWatchの発表は今年の終わりごろになるとも語っています
iWatchはジョブズなきあとアップルにとって初めての革新的な製品になるはずだ。
彼は、ジョブズの代わりになるとは言わない。彼が言っているのは、私は他の5人と共に彼の代わりになれるよう努力する、ということだ。これを聞くと、Beatsの買収も納得だろ
そうなんだよね、彼はジョブズのように前に出るタイプではなく、アイヴやその他の人たちをうまく取りまとめる役柄に徹している印象だ。
2014年06月17日 (火) | Edit |
クアッドコプターPhantom 2にジンバルH3-3Dを装着、GoPro HERO3で空撮してみました
http://gigazine.net/news/20140616-phantom2-h3-3d-gopro/
安定性&操作性が抜群のクアッドコプター「Phantom 2」は、専用のジンバル「Zenmuse H3-3D Gimbal(H3-3D)」を使うことでアクションカメラ「GoPro HERO3」を取り付けて空中遊泳の様子を撮影することが可能です。初フライトを終えたGIGAZINE編集部のPhantom 2に、H3-3Dを取り付けてさっそくGoProでの空撮にチャレンジしてみました
すげー、グッジョブ!ぜひやってみたい!
2014年06月17日 (火) | Edit |
iOS 8が第3のゴールドラッシュを巻き起こす
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20140613/563902/
これだけのゴールドラッシュを同時に仕掛けてきたことで、これからiOS機器の生態系にどのような変化が及ぶのか、正直、全体像を予想するのは難しいが、今回のWWDCでの発表が、これから4~5年のスマートフォン/タブレット市場の大きなトレンドをつくることは明白だ。今回の発表は、一部で勝手に噂されていた新型iPhoneの発表やiWatchの発表よりも、我々の未来の暮らしぶりや社会に対してはるかに大きなインパクトを持つ内容で、ある意味、アップルから開発者に向けての「一緒に未来をつくっていこう」というラブコールだったとも言える。このような発表をする場所は、WWDCをおいて他にはない。そう考えると、実に素晴らしい発表内容だったのではないかと改めて思えてくる
そうだよね、新しいハードの発表がなかったことで肩透かしと落胆を感じた今回のWWDCだったけれども、よくよく考えたらお宝の山だったということだろう。そのあたりが極めて表面的で想像力のないバ韓国サムチョンなどとアップルが最も異なるところであり、底なしの可能性を感じさせる企業なのだ。
2014年06月17日 (火) | Edit |
Google、健康管理サービス「Google Fit」をGoogle I/Oで発表か
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20140616/564183/?top_nhl
米Googleが、利用者の健康関連情報を管理するサービスをまもなく開始すると複数の海外メディアが米Forbesの記事を引用し、現地時間2014年6月13日までに報じた。Forbesによると、これは人気のあるフィットネス機器や健康管理アプリからデータを集めるサービスだという。同誌は事情に詳しい関係者の話として、「Google Fit」というサービス名だと伝えている。Googleは現地時間6月25~26日に米サンフランシスコで開発者会議「Google I/O」を開催するが、その会場でGoogle Fitが発表されるという
アップルに先駆けて発表ということだろうか。
2014年06月17日 (火) | Edit |
ApacheとIISのシェア逆転!? nginxは? Webサーバの世界で今何が起きているのか
http://ascii.jp/elem/000/000/904/904816/?new
1995年のWeb黎明期に誕生したWebサーバの「Apache」は、当時の主要WebサーバだったNCSAを瞬く間に抜き去り、翌年には業界最大手のシェアを持つWebサーバソフトウェアとなった。20年近い年月を経てなおトップの座に居続けるApacheだが、この状況に最近になり変化が訪れつつある。Netcraftが今年6月6日に発表した「June 2014 Web Server Survey」によれば、世界のWebサイト全体に対する最新調査において、MicrosoftのIIS(Microsoft Internet Information Services)で稼働するWebサイトの数がApacheに肉迫し、ほぼ拮抗状態となっている
えっ?マジで?どうしてそんなことになってるの?
さて問題はここからだ。Netcraftでは別の視点から割り出したWebサイトシェアの推移も出している。図3はそのひとつで、図2で示されたアクティブサイト全体に対する各Webサーバのシェアを割り出したものだ。Apacheのシェアが減少傾向にあることは代わりないものの、一方でMicrosoft(IIS)のシェアがそれほど高くないどころか、nginxに負けている
は?どういうこと?
筆者の推測ではあるが、Netcraftによる前述アクティブサイトの定義を考えれば、自動生成サイトでのMicrosoft(IIS)利用率が高く、よりアクティブなサイトでは依然としてApacheの利用率が高く、中でもnginxの人気が日に日に高まっているといった傾向が見て取れる
ということのようです。どうしてApacheが減少しているのかまるでわからないのだが・・・。
2014年06月17日 (火) | Edit |
第3のOSを狙うUbuntuとFirefox OSの新モデルが上海で展示
http://ascii.jp/elem/000/000/904/904516/
6月11日から上海で開催していた「Mobile Asia Expo 2014」(MAE)では、ハードウェアやキャリアだけではなく、スマートフォン第3のOSの座を狙っている2つのOSベンダー、「Ubuntu」と「Mozilla」が出展していた。Ubuntuは展示ブースにて、Ubuntu搭載のタブレット2機種とスマホ2機種を展示。そのうちタブレット2機種とスマホ1機種に関しては、Nexusシリーズにインストールしたもの。残りのスマホ1機種が、Ubuntu搭載モデルをリリース予定の、中国メーカー「Meizu」のテスト端末だった
どうでもいいこの第3のOSたち。特にUbuntuなんか極悪インターフェースUnityじゃないか。それだけでげんなりだ。だれがこの第3のOSを欲しがると言うのだろうか。
2014年06月17日 (火) | Edit |
こんなに違うの!?ゲームをするならiPhoneとAndroidどちらが優れているのか、比較してみた結果…
http://labaq.com/archives/51828055.html
スマートフォンでは数多くのゲームがリリースされ、最近ではiPhoneとAndroidの両方に対応したゲームもかなり増えています。 では同じゲームをするなら、iPhoneとAndroid、どちらでプレイするのがいいのでしょう?そこで画質を基準にiPhoneとAndroidのゲームを比べてみたところ…わかりやすすぎる程に歴然とした差が出ていました
マジかよ・・・orz。iPhoneぜんぜんダメじゃん。こんなに差があるのか・・・、いやびっくりだ。これはスクープモノの記事だね。
2014年06月17日 (火) | Edit |
アップルの新プログラミング言語「Swift」--その目的と意味するところ
http://japan.cnet.com/news/commentary/35049422/?tag=as.latest
アプリの記述と同時に、すぐさま、かつ簡単にテストできるという能力によって、開発者らは複雑なアプリをより迅速に開発できる可能性を手にする。コンパイルやテストといったプロセスは、大規模アプリの場合にはとても手がかかる可能性もある。Swiftがこうしたプロセスに大きな改善をもたらせるのであれば(実際に大きな改善が期待できる)、開発者はより徹底的にテストしたアプリをより短期間でリリースできるようになるはずだ。さらに言えば、Swiftは非常に簡潔なプログラミング言語でもある。SwiftはPythonと同様に、複雑なことを実行する際でも多くのコードを記述しなくても済むようになっている。この点もアプリの開発速度の向上につながるはずだ
Swiftによって輝かしい未来がやってくることを切に願いたい。
2014年06月17日 (火) | Edit |
生活支援ロボットに触れられます 神奈川のモデルハウス
http://www.asahi.com/articles/ASG5Z5DJRG5ZULOB013.html?iref=comtop_list_nat_f02
生活支援ロボットに触れられる施設を神奈川県がつくった。厚木住宅公園(厚木市妻田西)、相模原住宅公園(相模原市中央区向陽町)、分譲団地「サンクタスシティ長津田みなみ台カーサ」(横浜市緑区長津田みなみ台)のモデルハウス。ロボットは、話しかけると反応したり、手の不自由な人の食事を支援したり、床下など狭くて暗い場所で点検作業をしたりする。各モデルハウスに3~4台用意され、入場無料だ
ロボットが激しく来そうだね。
2014年06月17日 (火) | Edit |
時代はWindows 8.xのはずなのにWin 7マシンが絶好調、Intelは売上予測を大きく上方修正
http://jp.techcrunch.com/2014/06/13/20140612intel-rises-5-5-after-hours-on-raised-q2-and-full-year-revenue-expectations/
別の言い方をすると、Windows XPの死の行進が今も続いているのだ。The Next WebのEmil Protalinskiが言うには、Windows 7のシェアがまた急増しており、50%のラインを超えた。Windows 8.xの世の中になってからかなり日にちが経つのに、今どきWindows 7がシェアを伸ばすとは、どういうこと? Windows XPマシンを山のように持っている企業は、8.xよりもWindows 7を選んでいるのだ。しかもMicrosoftは、Windows 7に流れていく企業に対して、その動きを奨励するお言葉を下されている。XPからの迅速な移行の方が、8.xの採用よりも優先するのだ、Microsoftにとっても。大企業におけるXPのマーケットシェアは10%未満まで下がった、とQualysが報じているから、この突然のWin 7人気もそろそろ下火になるのだろうが。XPの死の行進には、多くの企業がWindows 7マシンを買っていることが含まれる。Intelのチップがこれらのマシンの多くで使われているから、Intelの売上にも貢献する。WinTel時代は終わったとは言っても、まだまだ、PC市場の好調はMicrosoftとIntelの両方にとって恩恵だ。PCの死という説には、かなりの誇張が含まれていたのだろう
まともな企業ならWindows8を選ばないだろう。XPの「死の行進」という言葉はおかしな話だ。いままでだってサポート切れを起こしたWindowsはたくさんあったはずだ。XPをことさら強調するのはやめたらどうだ。
2014年06月17日 (火) | Edit |
なぜ? 「4K放送」受信できなくても売れる「4Kテレビ」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/16/news042.html
12日(日本時間13日朝)開幕したサッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会。2日に試験放送がスタートしたフルハイビジョンの4倍の画質の「4K」放送を見る絶好の機会となるはずだったが、専用チューナーの発売が遅れ、家庭向けでは開幕に間に合わなかった。だが4K対応テレビそのものの売れ行きは実は悪くない。現在のフルハイビジョン放送をさらに高画質にする機能が好評だからだ。放送コンテンツがそろわない中、テレビの性能の進化が視聴者を引きつけている。テレビ局は現在、4Kで撮った映像も含めフルハイビジョンの画質で放送している。国産の4K対応テレビは受信画像を高精彩化して映す機能がある。4K放送の7~9割程度の高画質を再現できるとされる
うーん、なぜ売れるのか?わからない。Mac用のRetinaディスプレイとして使うというのなら納得だが・・・。
2014年06月17日 (火) | Edit |
なぜGoogleで「ロリ」が検索できなくなったのか SEO専門家の見方
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/13/news136.html
3万近くのキーワードについて、検索結果の変遷を日々チェックしているSEO専門家の辻正浩さんは、「ロリ」関連ワードで「一部の有名サイト以外が徹底的に消された」と話す。背景にはGoogleがグローバルに行っている児童ポルノ対策があるとみている。辻さんによると、「ロリ」の検索結果が激変したのは6月5日~7日ごろ。このころを境に「ロリ」関連ワードの検索結果から、中小サイトや一部の投稿サイトが消え、有名サイトのみに変わったという
うーん、これってフィルタリングみたいだよね。やるべきじゃないと思う。グーグルが規制に屈するのなら別のエンジンを使うだけだ。
2014年06月17日 (火) | Edit |
Mac OS X Yosemiteの変更されたUIデザインを細かく見てみる
http://www.gizmodo.jp/2014/06/mada_9.html
新しいMac OS X Yosemite。より明るくフラットに、アイコンも一新、フォントも変わって、透明になったデザイン。Yosemiteのヴィジュアルデザインの変更点を細かくおさらいした米ギズモードによるファーストインプレッションをご紹介します。ちなみに以下のスクリーンショット画像はPixelapseにアップされているものです。Mac OS X Yosemiteのログイン画面がすっきりと滑らかな雰囲気になりました。 かすかにフェーディングするアニメーションも初めて新しいOSにログインするユーザーを優しく出迎えてくれているようです。
よくなったのか悪くなったのか私にはちょっとわからない。私は元のデザインの方が好きなのでずっとバージョンアップはしないでおこうかと思っている。
2014年06月17日 (火) | Edit |
驚異的な安定性と直感的な操作性を実現したクアッドコプター「Phantom 2」初フライトレビュー
http://gigazine.net/news/20140613-dji-phantom2-1st-flight/
ナイアガラの滝を空撮したり、溶岩の流れる活火山を激撮したりと、アクションカメラを搭載することで人間が従来不可能だった撮影さえも簡単に実現できるのがDJIのクアッドコプター「Phantom 2」です。安定性と操縦性に優れ、プロのカメラマンにも絶大な人気を誇るPhantom 2の性能がいかほどか確認するべく実際に飛行させてみました。
これにビデオカメラを装着してヘッドマウントディスプレイで映像を見ながら操縦する。絶対いいに違いない。
2014年06月17日 (火) | Edit |
インターネットの価値を改めて再定義したのが「IoT」--ABBALab 小笠原氏
http://japan.cnet.com/sp/iot2014/35049221/
この業界に長くいる人は、みな古い言葉だと感じるんじゃないでしょうか。IoTという言葉自体は、バズワードで終わるかどうかという議論もありますね。もっといい言葉があればいいんですが、私はもうあきらめてIoTと呼ぶことにしました(笑)。IoTに詳しい専門家とは異なる定義なのかもしれませんが、最近では短期的な定義として「世の中のすべてをクラウドに蓄積し、活用すること。そしてそれを実現するためのデバイスやテクノロジー」という狭い定義にフォーカスしたいと感じています。そこでは、「センシング(すべてのものをクラウドに蓄積する)」されたデータに「ロジック(解析・整理する)」を加えることによって、「フィードバック(私たちが活用できる状態になる)」が行われる。それによってどのようなインパクトがもたらされるか、どのような事業が生まれる可能性があるのかを考えていくのです。現在までに生まれているクラウド技術やビッグデータ解析技術といったテクノロジをまとめるキーワードがIoTだと言えるのではないでしょうか
Web2.0、クラウド、そしてIoT。インターネットの現象を語る上で過去には多くのバスワードが生まれてきた。何か新しい言葉を作って納得したようになっているのがこの業界の常である。くだらないことだ。
2014年06月17日 (火) | Edit |
「プレゼンの天才」ジョブズ氏も嫌ったスライド頼み
http://www.nikkei.com/article/DGXNZO72470990Z00C14A6X12000/
実は最先端のハイテク企業こそ、こうしたミーティングでは目と目を合わせ、相手のほとばしる情熱や感動、息づかいを感じさせる生の会話に近いプレゼンテーションを重んじている。プレゼンテーションの天才とたたえられ、(本人が書いたわけではないが)たくさんのプレゼンテーション入門本を生み出したスティーブ・ジョブズは、確かに新製品を外に向けて大々的に発表する時には、最大限にドラマチックな講演を演出していた。だが、それとは対照的に、社内の企画会議や提携しそうな他社の説明を受ける際は、演出の利いたスライドプレゼンテーションを嫌っていたと、元部下の友人らからよく聞く。社員がスライドプレゼンテーションを始めたと同時に、怒って部屋を出ていった、という逸話もたくさんあるようだ。何千人を相手にする講演ではドラマチックな演出が必要だが、多くても10人くらいの少人数の会議では、それよりも、製品についてどれだけ自分の言葉で説明できるかの方が重要、ということなのだろう
難しいことだよね。ジョブズには天性のものがあったのだと思う。みんながジョブズのようなプレゼンターになれるわけがない。
2014年06月17日 (火) | Edit |
「スマホ脳」が危ないのは子どもたちばかり?
http://www.asahi.com/and_M/interest/SDI2014061080621.html?iref=comtop_list_andm_n01
スマホに夢中で勉強がおろそかになり学校の成績が下がる――当たり前のように思えるが、どうやら「スマホの弊害」はそんなに単純なことではないらしい。「家でちゃんと勉強している生徒でも、スマホを使う時間が長ければ、家で勉強しない生徒よりも学力が下がっている傾向が統計的に表れたのです」こう語るのは、脳を鍛えるゲームソフト「脳トレ」の監修をした東北大学・川島隆太教授だ。川島教授らのグループは宮城・仙台市教育委員会と共同で市立中学校生徒約2万4000人について調べ、その意外な調査結果を『週刊文春』(6月12日号)が<「スマホ1日1時間以上」で子供の成績が下がる!>と伝えている
過去にもゲーム脳とかなにか新しいものが台頭しはじめるとそれを分析する人たちがよく使うレトリックだ。だからといってスマホやゲームを否定するのは間違っている。それを受け入れた上で対策を講じるべきであり、初めてのことなのでそれが追いついていないだけのこと。騒ぐ必要はさらさらない。
2014年06月17日 (火) | Edit |
アップルは「何も変わっていない」--アイブ氏が語る
http://japan.cnet.com/news/business/35049420/?tag=as.latest
Appleの共同創設者であるSteve Jobs氏が2011年に亡くなって以来、新しい最高経営責任者(CEO)となったTim Cook氏は必然的にJobs氏と比較され続けてきた。Cook氏は決して、Jobs氏のようにAppleの「よりどころ」としてみなされることはないだろうが、Appleのデザインを統括するJony Ive氏は、Appleが突然、年老いた鈍重なスターになったわけではないと主張している。
「率直に言って、何も変わっていないと私は思う」とIve氏は、米国時間6月15日にThe New York Times(NYT)に掲載されたCook氏に関する記事の中で、デザインプロセスと、イノベーションに対する絶え間ない追求について問われ、述べている。「Steve(Jobs氏)は一連の価値観を築き上げ、決して消えることのない関心と社風を確立した」(Ive氏)
多くの人がまったくそのとおりだと思うことだろう。Cook氏の主導の下で、Appleは神経質なアナリストらを満足させるためだけに、スマートウォッチや、ノートPCとタブレットのハイブリッド型端末を提供するような企業に急変してはいないようだ(ただしNYTの匿名情報筋らによると、「iWatch」は2014年後半にリリースされる可能性があるという)。世間は何か新しいものをとうるさくせがむかもしれないが、Appleは、求められるまま何の信念もなく提供するのではなく、同社が納得した時点で製品をリリースしたいと考えている
クックはジョブズのように確たるビジョンを持って突き進むような人ではない。アップルの中の多くの有用な資産をうまくまとめあげてひとつの製品にする、そういうまとめ役を担っているのだと思う。それゆえに、ジョブズがグイグイ引っ張っていた頃に比べるとユーザーに訴えかけるものがないし迫力もない。それはしかたのないことだろう。ただ、ゴミ箱Mac Proのようなクズな製品はごめんだ。