FC2ブログ


2014年06月27日 (金) | Edit |
Moto 360に触ってみた。初の丸形Android Wearスマートウォッチ
http://jp.techcrunch.com/2014/06/27/20140626hands-on-with-the-moto-360-the-first-round-faced-android-wear-smartwatch/
MotorolaのMoto 360は、皮肉なことにおそらく今年のGoogle I/Oでいちばん誰もが欲しがるスマートウォッチだった。注目されながらも手に入らない唯一の製品だからでもある。カンファレンス参加者全員に送られるのは、この夏に一般販売される時だ。しかし、本誌は使ってみる機会を得、Motorola自身による紹介ビデオも手に入れた。このスマートウォッチは、Android Wearの円形デザインを使った最初の製品で、Motorolaが文字盤をカスタマイズしている。文字盤と他のUI要素でが円形画面全体を占めている。即ち、Motorolaいわく、角型画面でなくてもそこに無駄なスペースはない。形状以外は、SamsungとLGのAndroid Wearスマートウォッチ2機種と機能に変わりはなく、スマートフォンからのプッシュ通知、Google Nowからのコンテキストに合った情報が送られてくる他、内蔵マイクによるボイス制御も可能だ
これがアップルの「iWatch」だ、と言われたら信じてしまいそうなほどにクールで洗練されている。他の既存のスマートウォッチ(特にサムチョンやLGの)が超ダサく見えてしまう。iWatchがこれを超えるのはなかなか至難の業だろう。

20140626-002
      ▲どこからどう見てもクール
2014年06月27日 (金) | Edit |
Chrome OSにAndroidアプリがやってくる…スマホとの連続性機能も
http://jp.techcrunch.com/2014/06/26/20140625google-will-soon-bring-android-apps-to-chrome-os/
これは前から噂があるので意外感はないが、Googleの今日の発表によれば、AndroidのアプリがChrome OSのアプリケーションとして提供される。そのやり方は、Chrome OSのデスクトップ上でAndroidエミュレータが動き、そのアプリケーションをランチャに置くこともできる。Sundar Pichaiが行ったデモでは、スマホのアプリよりもタブレットのアプリの方が、このやり方に合っているようだ。でもGoogleが、ChromeとAndroidを接近させようとしていることは確か。一般ユーザへの提供がいつになるのか、よくわからないが、Pichaiは日程等に関しては何も述べなかった
へー、そうなんだ。つーか、いっそのことアンドロイドのデスクトップバージョンを出せばいいのに・・・。その方が断然インパクトがあっただろうになー。え?同じこと?
2014年06月27日 (金) | Edit |
GoProが株式公開 約4億ドル調達
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1406/27/news052.html
ウェアラブルカメラと付属アクセサリのメーカーである米GoProは6月26日(現地時間)、NASDAQ市場に上場した。一時は公募価格の24ドルを37%上回り、終値は31.34ドル。時価総額は約40億ドルに達した。このIPOでGoProは1780万株を売り出し、4億2720万ドルを調達した。ティッカーシンボルは「GPRO」。2004年に創業されたGoProはカリフォルニア州サンマテオ郡に拠点を置き、サーフィンやスキー、モータースポーツなどの愛好家を対象とする専門小売店を介して製品を販売している。
今後、こういうカメラ分野は京劇に伸びる予感がする。それは、ドローンの進化だ。ドローンがカメラを積んで世界中を空撮する日は近い(すでにたくさんの動画がアップされている)。極小動画カメラとドローンが今後急成長する。
2014年06月27日 (金) | Edit |
グーグル対アップル スマホの「次」で開発者争奪戦
http://www.nikkei.com/article/DGXBZO73357340W4A620C1000000/
スマートフォン(スマホ)の「次」を巡る争いが本格化してきた。現地時間25日に米サンフランシスコで開幕したソフト開発者向けの年次会議「グーグルI/O」の基調講演で、米グーグルはスマートフォン(スマホ)向け基本ソフト(OS)「Android(アンドロイド)」をテレビ・クルマ・時計などに幅広く展開していく戦略を披露。スマホで激しい競争を繰り広げてきた米アップルも同様の未来図を描いており、誰が第2ラウン…
確かに開発者をいかに獲得するかが今後の勝負のポイントだよなー。アップルはスイフトという新しい画期的(アップルの言うとおりならば)な言語で開発者を獲得しようとしているし、これらは至極まっとうなアプローチだよね。
2014年06月27日 (金) | Edit |
自転車乗りの強い味方。1分でパンク修理できるツール
http://www.gizmodo.jp/2014/06/1_182.html
パンクなんかにもう絶望しない。通勤や通学に毎日自転車を使うという方、少なくないと思います。最近では道路も水はけがよいコンクリートを使っていたり、デコボコが少なくなるよう補整されていることもあって、不測の事態に陥ることも少なくなってきました。しかし忘れた頃にやってくるのがパンクってもんなんですよ。そんな時、自転車乗りの強い味方となってくれるのが「patchnride」、パッチンライドと読みます。可愛らしい名前とは反して、60秒でパンクを修理するというデキるアクセサリです。使い方は簡単。パンクした部分に針を差し込んでGOを押すだけで、Air Seal Patchと呼ばれる素材が内部で展開されて、内側から穴を塞いでくれます。その後は空気を入れたらもう元通り、すぐに再出発できますね。ついでにその針から空気も出てくるようになっていいたらもっと便利なのになぁ
これは(・∀・)イイ!! ホスイ。ちなみに2014年9月発売開始、価格は30ドルの予定だそうです。
2014年06月27日 (金) | Edit |
電動ハーレー・ダビッドソンに見るアメリカの未来とは
http://www.gizmodo.jp/2014/06/post_14881.html
時代の波は、ハーレーをも飲み込むのか。上の写真は、2016年発売予定のハーレー・ダビッドソン初の電動バイク「LiveWire」です。アメリカを象徴してきたハーレーが、電動バイクを開発。そこにはどのような意味が隠されているのでしょうか。まず、こちらに見える「Project LiveWire」は、製品版のバイクではありません。これは技術のテストではなく、消費者の反応をうかがい、少しずつ電動ハーレーのコンセプトに理解を求めるためのものです。しかし、電動バイクの開発は最早避けては通れません。電動モータのパフォーマンスにおけるアドヴァンテージは、ハーレーすら見過ごす事ができない程に内燃機関を上回っているからです。バイク業界における情報やレヴューの権威的サイト、Motorcycle.comは、2016年ではLiveWireの製品版が発売されると見ています
クルマもバイクもモーターの時代になるのかなー。いいような楽しくないような・・・。
2014年06月27日 (金) | Edit |
12インチ版MacBook Airは7月〜9月に量産開始?
http://www.gizmodo.jp/2014/06/12macbook_air79.html
12インチはラップトップPCの最適サイズだと思うんです。台湾ニュースサイトのDigiTimesによると、12インチ版のMacBook Airが今年のQ3(7月〜9月)に量産されるそうです。一方、11および13インチ版のMacBook Airは特にアップデート等の情報はないそうです。12インチモデルが登場した後もしばらく11インチ版と13インチ版の販売は続くということなんでしょうか?今回の報道では、11インチ版のMacBook Airは9.7インチディスプレイを搭載したiPad Airとサイズが似ていることも指摘されています。曰く、iPad Airの好調な売れ行きはMacBook Airに少なからず影響を与えているのではないか?とのこと。アップルは自社製品との差別化を図りたいとみているようです。iPadとMacBook Airって全然違うものだと思うんですけどね…。
ということです。私は13インチ狙いだ。もう歳だし小さな画面はイヤだ。
2014年06月27日 (金) | Edit |
半導体に取って代わられた真空管に復権の兆し、超高速のモバイル通信&CPU実現の切り札となり得るわけとは?
http://gigazine.net/news/20140626-nasa-vacuum-transistor/
しかし、その過去の遺物と思われていた真空管の技術を用いた「真空チャネルトランジスタ」を、現在、NASAが開発中で、これによって数百Gbpsの超高速無線通信が実現したり、高速化に限界の見えるCPU性能のブレイクスルーを起こしたりできると期待されています。真空チャンネルトランジスタは真空管の原理を利用して、エミッタ・コレクタの間隔を150ナノメートルにした真空ギャップを作ることで物理的な接触なしにゲート間に電子が流れるように改良されおりMOSFETを代替するものです。従来の真空管ではミリメートルスケールだった電極間のギャップをナノメートルスケールに変更することで、電子が真空ギャップ内に存在する気体分子と衝突する頻度を大きく減少させられるため減圧処置が不要になるとのこと
へー、すげー。5GHzでひぃひぃ言ってる今のCPUだが、一気に500GHzとかになるのかなー。すごすぎる。スーパーコンピューターがデスクトップにやってくる日も近い?
2014年06月27日 (金) | Edit |
滑らかなムービーを簡単な調整で撮影できるスタビライザー「StayblCam」
http://gigazine.net/news/20140627-stayblcam/
GoProやスマートフォン、コンパクトデジカメなどを装着し、揺れを抑えて滑らかな映像を撮影できるようにするカメラスタビライザー「StayblCam」がクラウドファンディングサイトのKickstarterで出資を募集しています。StayblCamがどのような製品なのかは、以下のムービーなどを見るとわかるようになっています。スマートフォンやコンパクトデジカメ(コンデジ)、そしてGoProのようなアクションカメラで撮影したムービーを後で再生してみると、場面が気持ち悪いぐらい揺れたり、角度が傾いたりして満足に見ることができないことがあります。StayblCamを使うと、そのような手ブレなどの問題が軽減され、滑らかな映像を撮影できるようになります。StayblCamは少し太めなスティック状のカメラスタビライザーで、標準的な1/4インチのネジにカメラを直接取り付けられるほか、スマートフォンなどを装着する専用のマウントに付け替えて使用することが可能です。
これいいなー、すぐにでも欲しい!
2014年06月27日 (金) | Edit |
Googleドライブに対応! 新しくなったPDFビューワー「GoodReader 4」を徹底解説
http://ascii.jp/elem/000/000/908/908029/
本連載の第1回で取り上げた「GoodReader」が別アプリとしてバージョンアップした。PDF編集機能が強化され、新規ファイルの作成も可能になった。プレビュー機能も改善されており、使い勝手も向上。今回は、定番PDFビューワー「GoodReader 4」の使い方を紹介しよう。iPhoneのキラーアプリの一つ「GoodReader」がバージョンアップした。PDFを管理・閲覧でき、最新バージョンではPDFの編集機能が強化されており、Googleドライブの同期にも対応した。現在最強のPDFビューワーと言っていいだろう
これは(・∀・)イイ!!
2014年06月27日 (金) | Edit |
在庫処分で1万5000円引き!奥行き18cmの一体型PC「HP 18-5040jp」がお得
http://ascii.jp/elem/000/000/907/907972/
日本ヒューレット・パッカードは直販サイト「HP Directplus」にて、PCを最大1万5000円値引きして提供する「在庫処分!通常より最大1万5000円お得!」キャンペーンを実施中だ。各モデル先着200台限定のキャンペーンとなっている。奥行約13.5mmのコンパクトな一体型PC「HP 18-5040jp(特別価格モデル)」のスペックは、CPUがAMD E1-2500APU、メモリーが4GBで、ストレージは500GB HDD。18.5型の非光沢ディスプレーを搭載する。価格は1万5000円引きの3万9800円(税抜、以下同)
ちょっと欲しいと思ったから困る。でも(゚⊿゚)イラネ
2014年06月27日 (金) | Edit |
目指せ5GHz! ASUSが“Devil's Canyon”のOCイベントを開催
http://ascii.jp/elem/000/000/908/908570/
“Devil's Canyon”こと「Core i7-4790K」と「Core i5-4690K」の発売を記念したイベント「ASUS R.O.G. OCイベント in ツクモパソコン本店」が開催された。「Core i7-4790K」を使ったデモでは、RAIJINTEK製CPUクーラー「NEMESIS」と、CRYORIG製CPUクーラー「R1 Universal」を使って、オーバークロックの限界に挑んだ。デモと平行して“Devil's Canyon”とASUS R.O.G.シリーズマザーボードの機能を紹介するトークセッションも開かれた。オーバークロックデモでは、最終的に倍率46倍の4.8GHzでCINEBENCHが完走した。ただし思うようにオーバークロックが成功せず、5GHzに到達できなかったため、7月5日に開催されるTSUKUMO eX.のイベントで再挑戦するという。ASUSのマザーボードと“Devil's Canyon”のオーバークロック耐性に興味がある人は次週訪れるといいだろう
たとえ5GHzで走ったとしても実用性は薄いよね。つーか、ゲーム感覚なんだろうな。