FC2ブログ


2014年08月25日 (月) | Edit |
Windows 9のプレビューには高速ビルドアップデートの機能がある
http://jp.techcrunch.com/2014/08/23/20140822windows-9-preview-could-feature-rapid-build-updates/
MicrosoftはWindowsのコードのリリースサイクルをこれまでよりも早める、とほのめかしたが、どうやらそれは本気だ。今度のWindows 9(コードネーム‘Threshold’)には、このソフトウェアをストレステストしているユーザの対象コードをつねに最新に保つための、高速アップグレード機能があるようだ。NeoWinのBrad Samsによると、今Microsoftの社内でWindows 9のテストをやってるテスターたちは、ビルドのアップデートをボタンクリック一つでできるそうだ。その機能が製品バージョンに残るのかは不明だが、それによってMicrosoftは従来よりもアジャイルに、最新のパッチやアップグレードをユーザに渡せるようになる。ということは、バグの発見と対策もこれまでよりも早い、ということだ
私のウィッシュリストは以下のとおり。
1.純粋なデスクトップに戻してくれ
 タッチ機能はデスクトップには必要ないからコードを削除してくれ。タイル表示するメトロだっけ?超ダサいからやめてくれ。
2.なおざりにされ続けていたフォント表示を手を付けてくれ
 アンチエイリアシングの美しいラスタライズフォントを表示できるようにしてくれ。MacのRetinaの画面を見たあとではWindowsの画面は心底がっかりする。
3.4Kディスプレイに対応できるよう画面のスケーリング機能を搭載してくれ
 4Kディスプレイで今のWindowsを表示すると文字が小さすぎて使い物にならない。Mac OSXのようにRetinaディスプレイにできるよう画面のスケーリング機能を搭載してくれ
4.HOMEとかPROとかバカげた製品設定をなくして一本化し、価格は100ドルを切ってくれ
以上だ。この4つさえあればいい。
2014年08月25日 (月) | Edit |
OpenBSD、BINDをデフォルトから廃止へ
http://news.mynavi.jp/news/2014/08/25/244/
OpenBSDプロジェクトは8月23日(オランダ時間)、「Heads Up: BIND Disabled in Base」において、これまでデフォルトのDNSサーバとして使っていたBINDを廃止するコミットを実施したことを伝えた。今後はNSD/Unboundを代替としてベースシステムに導入すると説明している。同様の決定はFreeBSDプロジェクトがFreeBSD 10.0-RELEASEですでに実施している。FreeBSDプロジェクトはBINDのリリースエンジニアリングがFreeBSDのリリースエンジニアリングと相性が良くないという観点から、ベースシステムからBINDを取り除く処理を実施。今後、BINDを使いたい場合はパッケージからインストールが必要となる。セキュリティアップデートにかかるFreeBSDプロジェクトの負荷を考慮すると、パッケージからの利用の方が適切といえる。FreeBSDではコマンドの代替候補としてUnboundを導入している
ということです。エンジニアリングの相性の問題というのもなんだかなー。
2014年08月25日 (月) | Edit |
Google、モジュール端末プロジェクト「Ara」のSoCで中国Rockchipと提携
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1408/25/news046.html
米Googleは8月23日(現地時間)、ARMベースのSoC設計を手掛ける中国Rockchip(Fuzhou Rockchip Electronics)と「Project Ara」向けSoCで提携すると発表した。2015年初旬に予定している第三フェーズのプロトタイプでカスタムチップのデモを行える見込みという。Project Araは、同社のAdvanced Technology & Projects(ATAP)チームが取り組む、ハードウェア開発者による各種モジュールをユーザーが選んで組み合わせてスマートフォンを組み立てられるようにするというプロジェクト。2013年10月に当時Google傘下にあったMotorola Mobilityが立ち上げた
アイディアは斬新だが、この一点において製品として無理。「シンプル・イズ・ベスト」。一部のマニア的なアーリーアダプタは飛びつくかもしれないが、一般ユーザーはこんなものを欲しがらない。私もいらない。iPhoneの完成されたとびきり美しい工業製品の前には、こんな不完全なシロモノは無力だ。
2014年08月25日 (月) | Edit |
「iPhone 6」、ディスプレイの製造に遅延か
http://japan.cnet.com/news/service/35052777/
Appleがまもなく発表するとされる「iPhone 6」の製造が、サプライチェーンの問題によって遅延し、サプライヤーは、予定されている同端末のリリースに向けた十分な数のディスプレイの製造に苦心しているという。Reutersが米国時間8月22日に報じた。Reutersはサプライチェーン関係者らの話として、同端末の画面に十分な明るさを確保するために、画面を照らすバックライトを変更する必要が生じたことで、iPhone 6用のディスプレイパネルの製造が中断されたと報じている。再設計によって、6月と7月に画面の組み立てが保留になった期間があったが、製造は現在再開されており、サプライヤーらは同スマートフォンのリリースに向けて十分な数の画面を確保するために、急ピッチで対応しているとReutersは伝えた
まぁ、初期ロットには手を出さないことだ。
2014年08月25日 (月) | Edit |
iPhone 6とWindows 9で9月が熱くなる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/509445/082200028/?top_tl1
9月は、目の離せないニュースが続きそうです。アップルによる新しいiPhone 6の発表はほぼ間違いないでしょうが、新版のWindowsが加わるかもしれません。Android陣営との戦いを続けるiPhone新製品の注目点は、これまでより大きい5.5インチの画面に対応するかでしょう。7インチクラスのタブレット市場、さらにはスマホに最適化したウェブサイトのデザインにも影響を与えそうです。世界でも日本はiPhoneのシェアが高い国です。オンラインメディアであるITpro編集長の筆者も興味を持っています。次のWindowsでマイクロソフトが示す方向にも強い関心が集まるでしょう。タブレットを意識したWindows 8は思ったような成果を上げられませんでした。スタートメニューの復活などが噂されているようですが、PCとタブレットの双方に最適化したOSの姿を見ることになるのでしょうか。今年に入って、タブレットの売り上げに陰りが見え始めています。iPhoneやWindowsの新版は、傾向に拍車をかけるかもしれません
タブレットの普及によるPC離れを指摘してきたメディアがいかに的外れだったか、来年にはよくわかるだろう。iPhoneのユーザーは微増だがシェアは相対的に減少する。それは中国メーカーの高性能で低価格の端末が市場を支配するからだ。これによってサムチョンはノキアの凋落を味わうことになる。Windowsが刷新され買い替えブームが到来する。これが来年の予想だ。この記事にあるように一番注目が熱いのはアップルの新しいハードと次期Windowsの姿だ。この2つの出来不出来によって来年の予想は大きく変わる。私はもちろんいい方を予想している。
2014年08月25日 (月) | Edit |
iPhone 5のバッテリに不具合。交換プログラムを8月29日から実施
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20140825_663360.html
アップルは22日、iPhone 5のバッテリ駆動時間が急に短くなったり、頻繁に充電が必要になったりする可能性があるとして、対象製品の交換プログラムを開始すると発表した。対象となるのは、2012年9月から2013年1月の間に販売され、シリアル番号が特定の範囲内にあるiPhone 5。アップルの専用ページにあるフォームにシリアル番号を入力することで確認できる。使用中のiPhone 5に同症状が見られ、対象製品に該当する場合は、iPhone 5のバッテリを無償で交換する。米国と中国では8月22日から交換手続きが開始され、日本を含むその他の国では8月29日から交換手続きを行なう。バッテリの交換手続きは、Apple正規サービスプロバイダ、もしくはApple Store(直営店)、Appleテクニカルサポートなどで検査し、iPhoneがプログラムの対象になるか、バッテリ以外には問題がないかどうかを確認してから行なう。詳細は専用ページで案内している。なお、通信キャリアでは対応しない
ということです。私は5Sにしたから関係ないが・・・。
2014年08月25日 (月) | Edit |
破壊か革命か、低価格PC「Chromebook」を知る
http://ascii.jp/elem/000/000/918/918730/
あらゆる操作をウェブブラウザー(Chrome)で実行し、データはクラウド上に保管する――これがChromebookの基本的な利用方法だ。
このこと自体がネックなのだ。パソコン単体では何もできない。ゲームすら。こんなハードを欲しいと思うだろうか。ある意味これはChrome Castの理念とよく似ている。一見画期的に見えて飛びついてみると実はまったくつまらない製品だということを知ることになるだろう。Chromebookが今注目されているのは、Windows8がクソでLinuxはと見るとUbuntuもクソになってて、第3のOSを探したいハードメーカーが飛びついているにすぎない。これを買ったユーザーは、タブレットの方がいいと思うだろう。
現在アメリカで提供されているChromebookは200~300ドル程度のものがほとんど。日本円にして約2~3万円で購入でき、ネットサーフィンやOfficeアプリを使った基本的なビジネス作業がこなせるのだから、人気が集まるのも当然だろう。特に法人や教育向けの導入が進んでおり、特定期間のみの集計だが、米国のビジネス環境ではすでにシェア20%以上を獲得、5台に1台のPCがChromebookになっているという(米NPDグループの調査2013年11月の法人向けPC・タブレットの出荷台数でChromebookは約9.6%に成長、ノートPCのカテゴリーでは約21%のシェアを占めた)
私はこの動きと重なって見えるのがドイツでLinuxの導入を進めたことだ。最近になって、ユーザーの不満が大きいため、Windows機に戻すことが検討されているという。今、デスクトップマシンをタブレットで置き換えるという企業も話題となっているが同じにおいがする。Windows8はクソだが、今でもWindowsはデスクトップマシンのOSとしては最適であるのは間違いない。そして、来年初頭にはWindows9が出荷される。そうすれば、ふたたびWindowsPCの需要は立ち直るはずだ。なぜか、Windows9はWindows8の反省からその欠陥をすべて破棄し、純粋なデスクトップへと回帰するからだ。
2014年08月25日 (月) | Edit |
日本のスタートアップはRubyがお好き? PHPと人気ほぼ互角に
http://jp.techcrunch.com/2014/08/25/jp20140825wantedly/
ソーシャルリクルーティングサイト「Wantedly」を運営するウォンテッドリーが25日、スタートアップ企業に人気のプログラミング言語に関する調査結果を発表した。それによれば、2009年に創業した企業の間ではPHPが最も人気だったが、2011年以降に創業しているスタートアップ企業の使用言語はPHPとRubyがほぼ半々であることが分かったという。詳しくグラフを見ると、2009年創業の企業のうち、PHPを使用していたのは38%、Rubyは15%と倍近くの差があったが、2011年に創業した企業ではPHPとRubyが24%で同率。2013年創業の企業ではPHPが32%、Rubyが27%と再び差が広がったが、2014年に創業した企業ではPHPが22%、Rubyが25%と、初めてRubyがPHPを上回っている
Rubyが台頭してきた感がありますね。Rubyは松本氏が開発した言語なので世界的に普及してほしいですな。
2014年08月25日 (月) | Edit |
PHP、かつてWebで人気だった言語が下火になりつつある
http://ascii.jp/elem/000/000/925/925838/
今日、PHPの最盛期は過ぎた。就活サイトのIndeed.comによると、PHPのオファー数は2011年にピークを迎えた後、下降線をたどっている。何が起こったのだろうか? PythonやRubyといった代替手段がある中で、PHPは人々のお気に入りで無くなってしまったのだ。
「PHPは時間と共に成長してきた」と開発者であるトム・ムーアはTwitterで答えた。「他の言語と比べると、PHPには多くの整合性が取れていない部分がある。例えばあるメソッド名はアンダーバーがあるが、あるメソッド名には無いなどだ。また関数の中には他と異なる順番で引数を取るものもある。基本的に当て推量のようなものだ」
PHPは素晴らしいとは言えないその出だしから言っても、とりわけややこしい部分がある。PythonやRubyが最初から関数型言語としてスタートを切ったのに対し、PHPは元々HTMLテンプレートを自動生成するためにデザインされたものであり、それが後ほど言語となったものだ。機能を後乗せした為、ムーアが「整合性が取れていない」部分が多く存在することとなった
とはいってもPHPで書かれたアプリケーションをサーバーで動かすのはそれほど難しくない。逆にRuby on Railsで書かれたプログラムはとても難解だ。動的WEBアプリケーションを作成するにはプログラマとしてのこだわりを排除すれば最も有効な手段であることは変わりない。我々ユーザーは美しいコードを見たいのではなく、「何ができるのか」なのだから。
2014年08月25日 (月) | Edit |
孫社長の“頭髪”に心配?の声相次ぐ アイス・バケット・チャレンジ
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140825/dms1408250851001-n1.htm
「次はむちゃなことを振らないで!」
勢いよく氷水をかぶると、身体をブルブルと震わせながらこう叫んだ。チャリティー参加への指名を受けた、台湾の電子機器受託製造(EMS)大手、鴻海精密工業の郭台銘会長に向けたひと言だ。鴻海はソフトバンクが来年発売する人型ロボット「ペッパー」の生産を請け負おう大事な取引先であるだけに、ビジネス面でも難題が突きつけられることを心配したとも言えそうだ。ところで孫氏がこの前夜、ツイッターで「頭から氷水バケツをかぶります」と予告すると、一部の利用者の間で、孫氏もしばしば自ら話題にする“頭髪問題”への懸念が浮上。孫氏のツイッターには、「髪に悪そう」「頭皮に幸運を」「ふさふさに生えるかもよ」といった声が寄せられた
いいよ、禿げたら(つーか、もう・・・)ジョブズみたいに全体を短くしたらいい。