FC2ブログ


2014年09月04日 (木) | Edit |
3割超が「iPhone 6」購入に興味あり、その4割が「5.5インチ」を希望
http://internetcom.jp/allnet/20140903/over-30-percent-of-mobile-users-want-to-buy-new-iphone.html
MMD 研究所は、9月9日に発表されるとみられる新型 iPhone(俗称「iPhone 6」)に対する消費者の購入意向などを調査した。それによると、携帯電話/スマートフォン所有者の16.9%が「購入したい」、18.9%が「やや購入したい」と答え、合わせて35.7%の人が購入を希望していることが分かった。また、画面サイズが5インチ以上になるモデルの登場が噂されていることに関し、購入希望者の40.7%が「5.5インチ」、20.1%が「4.7インチ」に興味を示した。
ジョブズがいたら5.5インチ版なんか絶対に出さなかったはずだ。iPad miniでさえ拒否したくらいだ。iPhoneはタブレットじゃない、電話なんだ!とね。iPad miniを拒否した理由は、こうらしい。
iPhoneやiPodという小型サイズの製品が一方にあり、他方に10インチのタブレットであるiPadがある。その間に製品を作ると製品間の差異がわかりにくくなり、共食いしてしまう。スクリーンも十分な大きさがなく、迫力ある画像表現ができない
それでもやっぱり気になってしまう5.5インチ版なのでした。
2014年09月04日 (木) | Edit |
無料で試せる高品質デザインのホームページ作成サービス「BiNDクラウド」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/interview/20140903_664576.html
株式会社デジタルステージは8月19日、オンラインホームページ作成サービス「BiND Cloud(バインド・クラウド、以下BiNDクラウド)」の正式版の提供を開始した。BiNDクラウドは、ホームページ制作ソフトの最新版「BiND for WebLiFE* 7(バインド・フォー・ウェブライフ、以下BiND)」の機能をほぼクラウド化したオンラインサービス。jQueryベースのスライドショーが作れる「SHiFT2」やショッピングカート機能、日本語ウェブフォントなど、BiND7のほぼすべての機能がウェブブラウザーから利用できる
これはなかなかよさげ。今度使ってみよう。え?有料なのか・・・。
2014年09月04日 (木) | Edit |
ソニーのSmartBand TalkはE-Inkディスプレイにリニューアル
http://www.gizmodo.jp/2014/09/smartband_talke-ink.html
外でも見やすそう。ベルリンで開催中のIFAにて、ソニーが新型スマートリストバンドの「SmartBand Talk」を発表しました。前モデルのSmartBandからの大きな変更点はE-Inkのディスプレイを搭載していること。デザインもスマートリストバンドらしく、ゴツゴツしていなくて好印象です。SmartBand TalkはAndroid 4.4以降を搭載したスマートフォンと連携が可能です。本体にはマイクを搭載し、SmartBand Talkから直接電話をかけたり、連絡帳を閲覧したり、音楽のプレイリストをセットして再生することができます。低消費電力な288×128ドットのE-Inkディスプレイのおかげで3日間も動作することができ、また重量も26gと軽量です。カラーはブラックとホワイトの2色で、ストラップの交換も可能です
いいねー、スマートだねー。電池が3日間もつってのはいいね。ただ、2万円超えはないだろう。

20140904-004
     ▲SmartBand
2014年09月04日 (木) | Edit |
iPhoneのシェアが大幅に低下、販売奨励金見直しでスマホは2割減--IDC調査
http://japan.zdnet.com/mobile/analysis/35053211/
国内市場でも最大販売台数を記録しているiPhoneの出荷台数も前年割れの実績となっている。通常「夏モデル」として当四半期に発売されるスマートフォン新製品のラインアップ数が2013年よりも少なかったことや、プロモーションも積極性に欠けていたことなどにより、販売台数と出荷台数の双方で減少傾向になった。スマートフォンを含む携帯電話総出荷台数のメーカー別シェアでは、Appleが7四半期連続で首位だが、前四半期の48.0%から29.1%へと市場占有率は低下している。販売奨励金制度の見直しやiPhone需要の一巡化が原因とする。大手通信事業者3社に対し、従来型携帯電話と「AQUOSシリーズ」のスマートフォンを安定供給しているシャープは、16.6%で前四半期と同じく第2位だった。第3位はソニーで、前四半期から順位を1つ上げてトップ3入りを果たしている。スマートフォンのみの数字でもAppleが首位を維持しているが、前四半期の67.4%から当四半期は43.6%へと20ポイント以上シェアを低下させた。第2位には、NTTドコモ向けを中心に「Xperiaシリーズ」の販売が好調なソニーが18.3%を獲得してランクインしている
やっぱりソニーの端末が好調ですね。あのクオリティはなかなか到達できない。iPhoneは次の機種が発表されるからね。買い控えだろう。シャープはIGZOのおかげで好調だ。
2014年09月04日 (木) | Edit |
ソニーがXperiaのフラッグシップ「Z3シリーズ」3モデルを一挙に発表
http://gigazine.net/news/20140904-sony-xperia-z3-series/
2014年9月5日からドイツ・ベルリンで開幕する国際コンシューマ・エレクトロニクスショー(IFA 2014)に先だって開催されたプレスカンファレンスで、ソニーはスマートフォン2機種・タブレット端末1機種を含むモバイル端末のフラッグシップモデル「Xperia Z3」シリーズを一挙に発表しました(中略)5.2/4.6インチのXperia Z3/Z3 compactが2014年9月9日に発表されるとみられる画面サイズの拡大したiPhone 6を意識しているのは明らか。ソニーは渾身のフラッグシップモデル「Xperia Z3シリーズ」でiPhone 6を迎え撃つ構えです
ということです。すばらしい。バ韓国製品にはない質感ですな。日本製品らしいクオリティの高い製品だね。これはサムチョンの製品より売れるだろう。防水という点ではiPhoneにも勝ってるよね。

20140904-002
     ▲「Xperia Z3」シリーズ
2014年09月04日 (木) | Edit |
新型iPhone 9月9日発表、過去最大規模のリリースになるか--松村太郎のAppleニュース一気読み
http://japan.cnet.com/digital_sp/apple_weekly/35053241/
筆者は、Android Wearを搭載するLG G WatchやSamsung GALAXY Gearなどに触れているが、このカテゴリの製品で最も重要なことは、機能性以上に、腕時計として成立している利にかなったデザインと、その質感だと考えている。普段メタルとサファイアガラスで精巧に作られた高級時計をし、それに負けじと精密に削り出されたiPhone 5sを使っている人が、腕にプラスティックとゴムバンドの質感を巻き付けたいだろうか?
そうなんだよね、まず腕につけてもいいと思わせる完成度の高い「クール」なデザインであることが最初のハードル、そして次に腕につけることへの必然性である。時計はシンプルで時間を知るためだ。スマートウォッチというからにはそれ以上の価値が必要だ。腕につけることで可能になるもの、それは健康に関する情報を取得することだ。そしてクラウドに蓄積して分析し、それをフィードバックすることで健康の維持をサポートしてくれる。それなら腕にする必然性が生まれてくると思う。ただ、メールの着信を知らせたりするだけでは何ら必然性にはならない。今巷で発売されているスマートウォッチは全部クソだというのはそれが理由だ。アップルのスマートウォッチが出てはじめて「あー、そうか」と思うはずである。
SamsungによるAppleの知的財産の侵害が常に争点となっている一連の争いだが、また新たな火種となりそうな事案が「GALAXY ALPHA」と呼ばれるメタルボディのスマートフォンだ。Samsungのスマートフォンの欠点として、プラスティックの質感が安っぽい点が挙げられるが、GALAXY ALPHAはこれを克服すべくリリースされた。しかし金属を利用しているAppleのiPhoneに似ているとの声が上がり、Samsungはこの誤解を解くべく、説明を行っている
これは一流企業の製品とは思えないほどのパクリだ。まぁ、だから技術はあっても三流企業だと言われるのはそのためだが。企業理念がないに等しい。中国とバ韓国の企業は「パクる」ことを恥ずかしいことだと思わないのだ。
2014年09月04日 (木) | Edit |
radiko.jpで30数年越しに解消した元ラジオ少年の悩み
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/090100040/?top_pu
4月に始めたプレミアムサービスは開始後3カ月強の7月11日で、登録会員数が10万を超えた。無料が当たり前のラジオ放送でもエリアを超えられることに価値があり、利用者がこれだけの規模いたということだ。青木氏は「配信エリアの枠を超えてラジオを聴きたいというユーザーから支持を得られた」という。実際、小学生だった当時の筆者がこのサービスを利用できたなら、間違いなく親に契約をねだっていただろう。筆者の家族も、夏休み中にインターネットのホームページでお気に入りのバンドが出演する番組をチェックして、出演する各地の放送局につないでいたようだ
斜陽化しているラジオを有料で配信するとか何考えてるんだ、と私は思う。radikoのせいではないのかもしれない。放送局の頭が硬すぎるのだ。というか、県域免許という仕組みそのものが時代遅れなのである。これはテレビも同じことだ。これほどインターネットが発展して国境さえなくなっているというのに、「県域」でしばりのあるラジオやテレビの免許制度は撤廃すべきだ。
2014年09月04日 (木) | Edit |
HDDはもう不要! 512GB SSD搭載PCが最大2万円オフ-マウスコンピューター
http://ascii.jp/elem/000/000/929/929230/
マウスコンピューターは9月16日まで、SSDを搭載する計16モデルのデスクトップPCおよびノートPCを対象に「SSD搭載パソコン大特価セール」を開催している。主なセール対象機種は以下のとおり。すべての機種でWindows 8.1 UpdateかWindows 7からOSを選択できる。高いコストパフォーマンスを誇る「LM-iH301S-SSD512」は、CPUがCore i5-4590、メモリーが8GBで、ストレージに512GB SSDを搭載するデスクトップPCだ。価格は8万9800円(税別、以下同)のところ、1万円引きの7万9800円となっている
安くなったよなー。自作と変わらないくらいだな。
2014年09月04日 (木) | Edit |
サムスン、「GALAXY Note 4」を発表--曲面ディスプレイ搭載「GALAXY Note Edge」も登場
http://japan.cnet.com/news/service/35053286/?tag=as.latest
一方、Note Edgeについては、タッチ画面がスマートフォンの右端に沿って曲がっており、アプリショートカット、通知、カメラや動画再生のコントロール用に独立した曲面画面をユーザーに提供する形になっている。 サムスンは、新しいGALAXY Note 4をメインディスプレイとして使用する仮想現実ヘッドセットGear VRも披露した。Oculus VRと共同開発された同ヘッドセットは、3D動画を360度から視聴することができ、ソニーの「Project Morpheus」やGoogleのVRプロジェクトといった仮想現実分野における他社の取り組みに対抗することになる
こんな湾曲ディスプレイってなんなの?痛い製品だな。まったくマスターベーションのかたまりみたいなものだ。反吐が出そうだ。さすがのバ韓国クオリティの炸裂だ。以前にも書いたが、「曲がっていることの必然性」がまったく感じられない。先に技術ありきで、こんなこともできちゃいます的な匂いがぷんぷんして辟易だ。ギャラクシーショックはもうどうしようもないところに来ているね。

20140904-001
     ▲こんなバカげた製品を出す民度はほとほとあきれる