FC2ブログ


2014年11月14日 (金) | Edit |
初心者でも4K空中撮影できるプロ仕様のドローン「DJI Inspire 1」が登場
http://gigazine.net/news/20141114-dji-inspire-1/
初心者でも簡単に飛ばすことができ空中から高画質ムービーを撮影できることで「Drone(ドローン)」という言葉を世間に知らしめたDJIのPhantomシリーズ。このPhantomシリーズの成功を受けて、DJIが初心者でも使える「プロ仕様」のモデルとして「Inspire 1(インスパイア・ワン)」を発売しました。(中略)DJIの新型ドローン「Inspire 1」は、シングルコントロール専用モデルが価格2899ドル(約33万6000円)、デュアルコントロール対応モデルが3399ドル(約39万3000円)、1.6キロメートル先からビデオストリーミングができる「Lightbridge」キットが1400ドル(約16万2000円)となっています
これは(・∀・)イイ!! けどやっぱり高い。
2014年11月14日 (金) | Edit |
秘密を守れるようになったマイクロソフト--過去に絶対に考えられなかった4つのミラクル
http://japan.zdnet.com/cio/analysis/35056332/
Satya Nadella氏は2014年、同社の最高経営責任者(CEO)に就任した。当時、Nadella氏にMicrosoftという動きの遅い巨獣を一変させる手腕があるかどうか、人々は少なからぬ疑念を抱いていた。しかし、Nadella氏の指揮の下、さまざまな変化が起きた。本記事では、新生Microsoftを従来と異なるものにしているさまざまな要因について、最新の情報を交えて解説する。Microsoftは先週、「iOS」向け「Office」を突然アップデートし、人々を驚かせた。秘密を守ることが得意になった同社が2014年に人々を驚かせたのは、これが初めてではない。以下の例を思い出してほしい。
いやー、最近のマイクロソフトについては驚かされっぱなしだ。ひょっとしたら本気で変わるつもりかもしれない。
2014年11月14日 (金) | Edit |
東プレ製スイッチ採用のコンパクトキーボードが2モデル誕生
http://ascii.jp/elem/000/000/952/952216/
マニアに人気の東プレ製静電容量無接点方式のスイッチを採用したアーキサイト製キーボード「LEOPOLD FC660C」シリーズの販売が今日13日からスタートした。東プレ製静電容量無接点方式のスイッチを採用したハイエンドキーボードの製品版が本日入荷。ラインナップはブラック「FC660C/EG」とホワイト「FC660C/EW」の2モデルで、パソコンショップアークやツクモパソコン本店では実機デモも行なっており、試し打ちが可能だ。なお、製品の詳細についてはこちらを参照のこと。価格はツクモパソコン本店で2万2999円、パソコンショップアークで2万4840円、東映ランドで2万5500円(予価)となっている
これはクール!! 頼むからMac版を作ってくれ。
2014年11月14日 (金) | Edit |
基板長170mmのGeForce GTX 970がGIGABYTEから
http://ascii.jp/elem/000/000/952/952238/
ハイエンドGPUのGeForce GTX 970を搭載しつつ、基板の長さが約170mmというビデオカード「GV-N970IXOC-4GD」がGIGABYTEから登場した。「GV-N970IXOC-4GD」は、基板サイズをMini-ITXマザーボード規格と同じ170mmに抑えたショートサイズが特徴のGeForce GTX 970搭載ビデオカード。採用VGAクーラーは、純銅ヒートパイプとGIGABYTE独自のトライアングルクール技術によって、静音性と優れた冷却性能を発揮するという。ショートサイズながら、コアクロックが1050MHz→1076MHz、ブーストクロックが1178MHz→1216MHにオーバークロックされているのもポイント
欲しいなー。4万6千円かー。むりぽ。
2014年11月14日 (金) | Edit |
スマホバブルがはじけた3つの理由
http://news.livedoor.com/article/detail/9463077/
なぜ、移行が急減速してしまったのか。理由は大きく3つある。
1つは今年春先まで行われていた、過度なキャッシュバック競争の反動だ。周知の通り、2013年から2014年の春商戦にかけて、キャリア各社がMNP(番号ポータビリティ)での乗り換えに対して、1ユーザーあたり4~5万円ほどのキャッシュバックを提供して拡販競争を繰り広げた。(中略)しかし2014年度に入ってから、総務省の指導やキャリア各社の自主的な販売方式見直しがあり、高額なキャッシュバック競争が下火になった。今までのように「高額キャッシュバックがもらえて、(フィーチャーフォンよりも)購入価格が安くなるから」という"目先のお得感"でスマートフォンが買われることがなくなった。(中略)2つ目の理由は、スマートフォンの維持費に対する割高感が払拭されないことである。スマートフォンはフィーチャーフォンに比べて大量かつ頻繁にパケット通信を行うことから、定額通信料の設定が元々“高め”。さらに今年度に入ってから導入された新料金プランで、基本料金に音声通話定額が組み込まれて値上がりし、パケット料金の設定も家族契約や複数台利用を前提にしたものに変更された(中略)そして、3つ目の理由。それは「スマートフォンらしいキラーコンテンツの不足」である
欲しい人に行き渡っているのが大きな原因だろう。私のようにそうそう新機種へアップグレードする必要もないと考える人も多いのではないか。そして、通信料金の問題。絶対的に高すぎる。親子4人で月々2万円以上かかるなんてありえない。
2014年11月14日 (金) | Edit |
Apple、iPhone6/6 Plusを値上げ! 円安の影響か?
http://news.livedoor.com/article/detail/9466464/
AppleがOnline Storeで販売するSIMフリー版のiPhone6/6 Plusの価格を値上げしています。値上げ幅は約10~12%となっており、iPhone6 Plusの128GBモデルは111,800円と10万円を超える価格になりました。この値上げには、ここ最近の円安が影響していると考えられます
ということです。当面買うことはないからいいけど。
2014年11月14日 (金) | Edit |
スティーブ・バルマー、全ツイートの3.8%を費してネット中立化を否定
http://jp.techcrunch.com/2014/11/13/20141111steve-ballmer-spends-3-8-of-his-total-tweets-dismissing-net-neutrality/
FCCによるネット中立化の監視について「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言っているIT幹部がいる。最近まで長年MicrosoftのCEOを務めていたSteve Ballmerは、FCCがインターネット競争にまで監視の手を広げる必要はない、と今日ツイートした。  Ballmerの25回目のツイート(全26回中)は以下の通り。[インターネットアクセスにおける競争はうまくいっている。投資は十分で価格へのプレッシャーもある。@FCCの監視を強める必要はない。私はネット中立化に反対だ] 果たしてBallmerの指しているのが、大統領から最近リリースされたネット中立化計画のことなのか、FCCの一般計画なのか、あるいは他の提案なのかは不明だ。Ballmerの立場は、IT業界の多数意見とは異なる。元幹部は現在テクノロジーを離れ、バスケットボールチーム、クリッパーズのオーナーになる等、他の趣味に熱中している
これはバルマーの言うことが正しい。ただ、バルマーにネットを語る資格があるのかというと・・・。
2014年11月14日 (金) | Edit |
iOS 8は歴史的失敗作になってしまうのか
http://www.gizmodo.jp/2014/11/ios_8_29.html
数字上はそうなっていますね...。アップルのiOSアップデートの頻度は、GoogleのOSに比べて遥かに早いですが、iOS 8の出来映えについては疑問視する声も少なくないです。アップルによるデータでは、ローンチ後3週間経ったにもかかわらずiOS 8の使用率は、ユーザーの半数にも満たないとのこと。Androidの新しいOS、KitKatの使用率が約25%なのでまだマシに思えますが、これまでのiOSからすると壊滅的と言えそうです。(昨年の今頃、iOS 7の割合は、70%近くもありました。)さらに悪いことに、iOS 8へのアップデートも伸び悩んでいます。 データでは、9月21日付けで46%でしたが、10月5日付けは47%となっており、シェアが伸びていないことが明らかです
いまだにiOSで動かないアプリがあるのは困ったものだ。そのひとつがドコデモFM。早く開発しろよ、ったく。料金払ってるのに聴けないとかどうなってんだよ。幸いiOS7のiPhone持ってるからいいようなものの、対応遅すぎだろう。
2014年11月14日 (金) | Edit |
12インチの大型iPad、発売日は来年の4月~6月以降に?
http://www.gizmodo.jp/2014/11/post_15903.html
モノづくりって難しい。12.9インチディスプレイを搭載した大型iPadは来年のアップルの目玉商品の一つになりそうですが、その登場時期はまだはっきりしません。KGI証券のアナリストの Ming-Chi Kuoさんによると、その量産時期は「来年の4月~6月以降」になるんだそうです。つまり、発売日も当然そのあとになるわけで…。大型iPadの登場まではまだ時間がかかりそうな予感です。なんでも大型iPadには「Oxide TFT(酸化半導体TFT)」が採用されるそうです。これは高解像度・高レスポンス・高い彩度を実現できる素晴らしい液晶なのですが、それを安定して生産できるようになるにはまだ時間がかかるとのこと
うーん、欲しいけど(゚⊿゚)イラネかな。きっと使わない。
2014年11月14日 (金) | Edit |
Microsoftが「.NET」をオープンソース化&クロスプラットフォーム化、さらに無料版「Visual Studio Community 2013」も公開
http://gigazine.net/news/20141113-microsoft-net-framework/
Microsoftはクロスプラットフォームで開発を行う人たちを支援すべく、「.NET Core Runtime」や「.NET Framework」など、.NETのサーバーサイドをオープンソース化し、LinuxやMac OS Xといったプラットフォームでもサーバーサイドの.NETアプリケーションをビルドしたり実行したりが可能になる「.NET server framework」のリリースを発表しました。さらに、Microsoft製の開発者向けツール「Visual Studio Community 2013」の無料版リリースも同時に明かされています。Microsoftがソースコードを公開したのは、「ASP.NET」「.NETコンパイラ」「.NET Core Runtime」「.NET Framework」「.NET Libraries」などの.NETのサーバーサイドを担う部分。さらに、LinuxやMac OS XといったWindows以外のOSでも使用できる「.NET server framework」と、「Visual Studio Community 2013」も一緒に公開されました。「Visual Studio Community 2013」は、フルバージョンのVisual Studioを大学関係者・非営利団体・オープンソース開発者・開発者5名以下の中小企業ならば無料で使用できるというもの
はぁ?マジかよ、気でも狂ったのか、マイクロソフト。というくらいびっくりな記事。あー、マイクロソフトは変わったなー。すげーよマジで。マイクロソフトの未来は明るくなったなー。たぶん、次期Windowsはバカ売れだよ。あー、バルマーの頃とは雲泥の差だなー。守銭奴企業のイメージから正反対のイメージへ。これは心底おどろいた。
2014年11月14日 (金) | Edit |
サムスン、NVIDIAを逆提訴--特許侵害、虚偽の宣伝などで
http://japan.cnet.com/news/business/35056509/
サムスンはグラフィックスチップメーカーNVIDIAに対して反撃に転じ、NVIDIAがサムスンの持つ6件の特許を侵害し、自社製プロセッサの速度について虚偽の主張をしたとして訴えた。今回の訴訟は米国時間11月4日にサムスンがバージニア州東部地区連邦地方裁判所で起こしたものだが、この2カ月前には、カリフォルニア州サンタクララに本拠を置くNVIDIAが、サムスンとチップメーカーのQualcommを訴えていた。この際、NVIDIAはこの2社が特許料を支払わずに同社のグラフィックス関連特許を使用していると主張していた。一方のサムスンは、NVIDIAのタブレット製品「SHIELD」が「世界最速のモバイルプロセッサ」(同社の「Tegra K1」を指す)を搭載しているとするNVIDIAの主張について、「虚偽であり、誤解を招くもの」だと主張している。サムスンによれば、複数のベンチマークで自社のプロセッサ「Exynos」の方が高速という結果が出たという。NVIDIAは、サムスン製品でも特に人気の高いスマートフォンやタブレットの一部がNVIDIAの特許を侵害しているとして、これらの製品の米国への出荷を停止するよう求めている。対象となっているのは、「GALAXY Note Edge」「GALAXY Note 4」「GALAXY S5」「GALAXY S4」などだ
サムチョンの盗人猛々しいのは今に始まったことではないが、それにしても厚顔だ。さすが朝鮮人のDNAだ。
2014年11月14日 (金) | Edit |
“ジョーカー”を上手に使いこなして、Macをお仕事マシンに!
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/110700107/?top_pu
多くの企業と同様、当社も業務用のメインマシンはWindowsだ。出版社なので制作部門では大量のMacが稼働しているが、編集部門や広告、販売、管理部門はWindowsが主体。そんな中で、筆者はあえて日々の業務にMacを愛用している。もともとアップル関連の企画や記事を多く担当しているという背景があるためだが、そうした事情を抜きにしても、Macを使った方が何かと便利で快適だと感じている。とりわけ、フォントを含むMacの画面表示の美しさを実感する機会は多い。小さな差異のようだが、コンピューターの前で過ごす時間が半端ではないだけに、これは無視できないポイントだ。会社で使用しているのは、iMac 27インチ(Late 2012)モデル。同じタイミングで、自宅のパソコンも同じものにそろえた。画面サイズや利用アプリケーションを共通にしているため、自宅で仕事の続きをする際にも違和感がない
期待して開いた記事だったがParallelsの礼賛記事だった・・・orz。
2014年11月14日 (金) | Edit |
Philips、40型で約9万円のPC向け4K液晶ディスプレイ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141113_675838.html
MMD Singaporeは、Philipsブランドのパソコン向け4K対応40型液晶ディスプレイ「BDM4065UC/11」を12月初旬に発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は89,800円前後。解像度3,840×2,160ドットのVA型4Kパネルを採用した40型液晶ディスプレイ。画面に表示されるコンテンツを分析して自動的に画質を調整する「SmartImage」テクノロジーを搭載する。視野角は上下176度、左右176度。明るさは300cd/m2。コントラスト比は5,000:1、SmartContrast利用時は5,000万:1。バックライトはLED。応答時間(GTG)は通常時で8.5ms、SmartResponse時で3ms。複数の入力映像を、PinP(子画面表示)や4画面表示する「MultiView」に対応。入力端子はDisplayPort 1.2×1、Mini DisplayPort 1.2×1、HDMI×2(1系統はMHL兼用)、アナログRGB。DisplayPort 1.2で接続した場合は、3,840×2,160ドット/60Hzまでのリフレッシュレートに対応する。USB 3.0×4や、ステレオミニの音声入力、ヘッドフォン出力を装備し、7W×2ch出力のスピーカーも搭載する
結構安くなったなー。もう1年もすれば手頃になるかもなー。
2014年11月14日 (金) | Edit |
“MySQLの5倍速い”AWSが新DBサービス「Amazon Aurora」発表
http://ascii.jp/elem/000/000/951/951815/
米Amazon Web Services(AWS)は米国時間11月12日、ラスベガスで開催中の「re:Invent 2014」において、リレーショナルデータベース(RDB)サービス「Amazon RDS」の新たなエンジンとなる「Amazon Aurora」を発表した。商用RDBに匹敵するスピードと可用性を「10分の1のコストで実現する」と述べている。Amazon Auroraは、Amazon RDS向けに開発されたMySQL互換データベースエンジン(技術)。「Amazon RDS for Aurora」サービスとしてフルマネージドで提供され、Amazon RDS for MySQLを利用している場合は、数クリックで簡単にマイグレーションができる。Amazon Auroraは、Amazon RDS向けに開発されたMySQL互換データベースエンジン(技術)。「Amazon RDS for Aurora」サービスとしてフルマネージドで提供され、Amazon RDS for MySQLを利用している場合は、数クリックで簡単にマイグレーションができる(中略)Amazon Auroraは本日からプレビュー版の提供を開始している。Auroraを稼働するインスタンスのサイズに応じて、時間当たりの料金設定となっている
なんだ有料なのか。オープンソースかと思った。がっかりだ。
2014年11月14日 (金) | Edit |
小米(シャオミ)に危険信号! 中国で精巧過ぎるニセモノが流通
http://ascii.jp/elem/000/000/951/951594/
機種別では、最もニセモノが多かったのは、1位が小米(シャオミ)の「紅米Note」だ。2位以下にも、10位以内に「小米3」や「紅米1S」など4機種がランクインし、実に最もニセモノが多い10機種のうちの半数が小米であるということが判明した。小米に続くのがサムスンで4機種、あと1機種はファーウェイの「栄耀3X」である。ちなみにファーウェイの栄耀3Xは、値段的にも性能的にも、小米のエントリーモデル「紅米」以上、フラッグシップモデル「小米」以下を狙ったもので、ニセモノの多さからいっても人気は高い
こんな足元に罠があったとはwww。シャオミはニセモノにやられるのか?でも今の勢いだとそんなもの関係なさげだけどね。
2014年11月14日 (金) | Edit |
サムスン・ソニー油断 スマホ、新興の台頭許す(ルポ迫真)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO79622470T11C14A1SHA000/?dg=1
「競争構造の急変に対応できなかった」 7~9月期の連結営業利益が前年同期比で6割減った韓国サムスン電子。10月30日に記者会見した専務の李明振(イ・ミョンジン、56)はスマートフォン(スマホ)事業が急減速した理由を説明した。「1年足らずでここまで落ち込むとは……」。関係者は衝撃を隠せない。年初の雰囲気は違った。1月、ソウルで開かれた恒例の「誇らしいサムスン人賞」授賞式。選ばれた1人が中国のスマホ販売を担当する李鎮仲(イ・ジンジュン、54)だ。サムスンは世界最大の中国市場で首位を快走。「中国での成功神話は『やればできる』という自信になった」と称賛された。変調は直後に起きた。米調査会社IDCによると4~6月期のシェアは10%と半年で9ポイント低下し、北京小米科技(シャオミ)などに抜かれ3位に沈んだ。小米の最先端モデル「小米4」は1999元(約3万7000円)から。サムスンの「ギャラクシーS5」のほぼ半額だ。基本ソフト(OS)が米グーグルの「アンドロイド」なら操作法はどの機種もほぼ同じで、消費者はメーカー変更をためらわない。サムスンはそれでも高級機路線を変えなかったため、雪崩を打って客離れが起きた
サムチョンの凋落は始まったばかりだ。今後、来年はさらに深刻度を増すだろう。それが引き金になりバ韓国経済は崩壊する。ソニーはここは耐えるときだ。アップルと同じ土俵で戦い続けるしかない。本当に質の高いスマホを作り続ければ活路は開けるだろう。ただ、NECやソニーがPCから撤退したように最後は中華勢が勝利するのかもしれない。シャオミの端末は安かろう悪かろうではないのが攻めにくいところだ。品質もそれなりにいい。ソニーの端末が圧倒的にすぐれているというわけではないからだ。