FC2ブログ


2014年12月24日 (水) | Edit |
海外テクノロジ業界の14の失敗--画像で振り返る2014年
http://japan.cnet.com/news/offtopic/35057188/
14. 「Google Barge」の唐突な幕切れ
13. 各社がスマートウォッチを発売するも、反応は冷ややか
12. 不運な名称のモバイル決済システム
11. 犠牲になったMicrosoftの「Kinect」
10. 見放されたAereo
9. 競争が激化する配車サービス業界
8. 登場が大幅に遅れている「Tizen」スマートフォン
7. Facebookの不気味な研究
6. 醜いGamerGate
5. 個人データは安全ではない
4. Appleの完ぺきなイメージに入ったわずかなヒビ
3. Satya Nadella氏の失言
2. 瞬く間に失速したAmazon初のスマートフォン
1. RadiumOneをめぐる騒動
Amazonのスマホは絶対入ってると思ったwww。Windows8が入っていてもいいのに。Tizenはほぼ失敗しているよね。同様にWebOSもダメ。Ubuntuは資金すら集められなかった。Ubuntuは開発責任者を変えるべきだ。ヤツは独善的すぎて危ない。まるでヒットラーだ。だから世界中の人たちがUbuntuを捨ててMintへ逃げ出した。
2014年12月24日 (水) | Edit |
最高時速100km--プロペラを前に向けて飛行可能なハイブリッドドローン「X PlusOne」
http://japan.cnet.com/news/service/35058237/
「X PlusOne」は、クアッドコプターとして垂直上昇およびホバリングが可能なだけでなく、機体をピッチ旋回することでプロペラを前に向けて飛行もできるハイブリッドドローンだ。X PlusOneは、機体の一部が翼の役割を果たすように設計されており、前方への飛行時における最高速度は100km/h。飛行時間は10~15分だ。オプションで固定マイクロDVカメラ、アクションカメラ「GoPro」用の2軸ブラシレスジンバルや固定マウントが用意されている。X PlusOneはKickstarterで資金集めをしており、1月14日までに5万ドルを集めることを目標としている。本稿執筆時点で1万ドル以上を集めている
昨年から今年にかけてブレーク中のドローンだが、早くも革新的な製品が登場しましたね。
2014年12月24日 (水) | Edit |
ついにベールを脱いだKDDIの「Firefox」スマホ--12月25日に発売へ
http://japan.cnet.com/mobile/35058264/
KDDIは12月23日、モバイルOS「Firefox OS」を搭載したスマートフォン「Fx0(エフエックスゼロ)」を、国内通信事業社として初めて発売することを発表した。12月23日よりauオンラインショップとKDDI直営店で発売し、2015年1月6日から全国のauショップや家電量販店でも販売する。同日の記者発表会で登壇したKDDI代表取締役社長の田中孝司氏は、「ギークの人だけのために作ったスマホ。まったくビジネスは考えていない」と語り、場内の笑いを誘った。Firefox OSは、ホーム画面や電話帳アプリなど、スマートフォンのすべての機能をHTML5アプリとして開発して動作させることのできるオープンソースのOS。iOSやAndroidに続く“第3のモバイルOS”と呼ばれている。Mozilla Japanは7月末に開発者向けFirefox OS端末「Flame」を約2万円で発売していた
これがどれだけ市場に浸透するのかは興味があるところだ。第三のOSとして注目されていたUbuntu、Tizen、そしてこのFirefox OSだが、実現したのはTizenとFirefox OSだけ。ただし、Tizenはサムチョンだけなので廃れていく可能性が極めて高い。Firefox OSはブラウザくらいのシェアが取れるだろうか。可能性は極めて低いだろう。
2014年12月24日 (水) | Edit |
スマートウォッチ本格普及なるか、専用OS「Android Wear」が登場
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/121700128/121700002/?top_tl1
「Android Wear」は、2014年6月にグーグルが開催した開発者向けカンファレンス「Google I/O 2014」で登場した、スマートウォッチをはじめとするウエアラブルデバイス向けのOSだ。それまで各メーカーが独自に作り込んでいたスマートウォッチのソフトウエアプラットフォームを統一し、アプリ開発やアプリストアの一元化した。この共通OSの登場により、スマートウォッチ市場が大きく拡大する兆しを見せている。特集第2回は、登場から半年が経過したAndroid Wearについて、これまでの動向を振り返っていく
昨年から今年にかけて発売されたスマートウォッチはすべてクソだ。本当の意味のスマートウォッチはアップルがApple Watchを発売してからスタートする。その意味ではこのAndroid Wearが大きく貢献することだろう。
2014年12月24日 (水) | Edit |
Apacheを超えるWebサーバー「Nginx」] 膨大なアクセスを効率的に処理
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/14/378464/121600004/?act01
大規模なWebサイトを中心に、世界でのシェアが急拡大しているオープンソースのWebサーバーソフト「Nginx(エンジンエックス)」。その導入のハードルが下がる。これまでは日本語の情報が少なかったが、日本語サポート付きの商用版「NGINX Plus」の販売開始や国内ユーザー会の発足で、解消に向かっている。WebサーバーソフトといえばApache HTTPサーバ(以下Apache)やMicrosoft IISなどが知られているが、最近世界的に勢いを増しているのがNginxだ。Nginxの特徴は、膨大なアクセスを効率的に処理できること。オーストリアQ-SuccessのWeb調査「W3Techs」によると、アクセス数が世界で上位1000および上位1万のサイトでNginxのシェアが特に高い(図1)。実際、海外では米Dropboxや米Facebookなど、国内ではクックパッドやヤフーなどの大手サイトが採用している
へー、DropboxやFacebookもこれを使ってるのか。今度使ってみよう。
2014年12月24日 (水) | Edit |
なぜあのデータベースは医師たちの支持を得たのか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/122100144/?top_pu
自分が何かできると想像したことは、ほぼ開発できる」――。岐阜県羽島郡にある松波総合病院副院長で診療局長の松波和寿氏は、データベースソフトの「ファイルメーカー(FileMaker)」を使う理由についてこう語った。Macintosh向けのデータベースソフトとして登場したFileMakerは現在、「様々な業種の“変化を必要とする部署”で、自分が意思決定をする人に多く使われている」(ファイルメーカー日本法人社長のビル・エプリング氏)という。特に日本では、教育や法務などのほか医療の現場に浸透しており、医師自身がFileMakerを駆使した業務アプリを開発し日ごろの業務を効率化しているという。実際にFileMakerでアプリを開発した医師の声から、なぜFileMakerが医師の心をつかんで離さないのかを探ってみた
FileMakerってまだあったのか・・・。私はAccess一択だ。PHPも手をつけたけど挫折した。
2014年12月24日 (水) | Edit |
北朝鮮のインターネットがダウン 外部から攻撃か
http://www.asahi.com/articles/ASGDR5GV3GDRUHBI01X.html?iref=comtop_list_int_n01
北朝鮮のインターネットが21~22日、約9時間半にわたって使用不能になったことが明らかになった。国際的にネットを監視している米企業によると、先週末から問題が発生し、その後完全にダウンしたという。米メディアも一斉に報じた。通信網はいったん復旧したが、不安定な状態が続いている模様だ。米ネット関連企業のダイン・リサーチは、外部からのハッカー攻撃の可能性を指摘している。同社の専門家は米ニューヨーク・タイムズ紙に、「北朝鮮の通信網のルーターがDDoS(ディードス)攻撃を受けた兆候がある」と語った。大量のデータを送り込んで通信網をまひさせる手法だという
アメリカの無慈悲な攻撃キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! これで北朝鮮も手も足も出まい。
2014年12月22日 (月) | Edit |
Ubuntu Coreの“Snappy”版をAmazonのAWS上でも使えるようになった
http://jp.techcrunch.com/2014/12/20/20141219canonicals-snappy-ubuntu-lands-on-aws/
Ubuntu Coreをぎりぎりまで痩身させた”Snappy“(軽量快速)エディションが、AmazonのクラウドコンピューティングプラットホームAWSでも利用できるようになった。ここ数週間の動きを見てきた方にとっては、それは意外ではない。Snappyは最初、今月初めにMicrosoft Azureの上でローンチし、今週初めにはGoogleのCompute Engineプラットホームにやってきた。その次がAWSのEC2であることは、むしろ当然だ。AWSを使っているデベロッパは今日から、Canonicalが提供しているUbuntu Coreのマシンイメージを使って、Snappyの新たなインスタンスを手早くローンチできる。なおSnappyの特性として、EC2のハードウェア仮想マシン(HVM)を必要とする
ということです。さて、私には使う予定がないけど一応貼り。
2014年12月22日 (月) | Edit |
来年はやるもの、トップは「格安スマホ」--ビジネスパーソン1,000人の予想
http://internetcom.jp/allnet/20141222/business-person-forecasts-next-year-vogue-is-cheap-smartphone.html
ビジネスパーソンが予想する2015年の流行として、最も多く挙がったのは「格安スマホ」。3人に1人以上がそう考えている。こんな調査結果を、英会話教室の GABA がまとめた。調査は11月27日~12月1日の期間、GABA のユーザー層であるビジネスパーソンの意識を知るため実施し、1,000人から回答を得た。それによると、2015年に流行ると思うモノとして最も多く挙がったのは「格安スマホ」で、38.6%の人がそう答えた。以下は「バーチャルリアリティ・ゲーム」(26.1%)、「シニア家電」(22.2%)、「軽自動車 SUV」(19.6%)、「第三の健康食品」(19.0%)と続いた。いわゆる格安スマ―トフォンは、さまざまな通信サービスを自由に選べる「SIM ロックフリー」の機種が多く、大手キャリアの回線を借りて格安の通信サービスを手掛ける MVNO の拡大とともに普及しつつある。この分野には大手企業の参入が相次いでいるのも目を引く。話題が先行しているが、実際のところは、どのくらいのビジネスパーソンが格安スマホに移行するだろうか。「今後の推移は興味深い」と、GABA はコメントしている
格安スマホは中華が席巻するだろう。軽自動車SUVはハスラーの人気から各社が追撃するとの読みだろう。私はそれより道交法が改正されれば、超小型EVが爆発的にヒットすると見る。ただし、法改正がいつになるのかさっぱり読めないのでどうにもならん。ドローンがさらに人気になるだろう。ソニーのHMDの新型が出たら買う。
2014年12月22日 (月) | Edit |
インフォグラフィックスで学ぶ、あらゆるモノの動く仕組み
http://www.gizmodo.jp/2014/12/post_16187.html
わかりやすいって大事。コレってどんな仕組みで動いているの? そんな疑問を解決してくれるインフォグラフィックスがコチラ。Jacob O'NealさんのサイトAnimagraffsでは、インフォグラフィックスを使って銃やスピーカーなどのあらゆるモノの内部構造やその中で使われている技術、仕組みを解説しています。アニメーションの特性を生かした説明はわかりやすいだけでなくなんだかカッコいい! 思わず読みふけってしまいますね
うはー、これはわかりやすい。ムーンウォークができそうだとはじめて思った。
2014年12月22日 (月) | Edit |
止まらない10代のFacebook離れ--全年代でも人気に衰え
http://japan.cnet.com/news/service/35058211/
新しい調査報告によれば、Facebookはもはや10代のユーザーが頻繁に利用するクールな場所ではないようだ。米国でFacebookを利用している13~17歳の割合が2014年は88%に減少したことが、調査会社Frank N. Magid Associatesの実施した調査から明らかになった。この数字は、2013年の94%、2012年の95%から減少している。しかし、Facebookの利用者数はこの調査で対象となったすべての年代でも減少している。全体でFacebookの人気は過去2年間の93%から今年は90%に減った。Frank N. Magid Associatesの調査を見ると、10代および一般のユーザーの間でFacebookの人気が衰えたと思えるのには理由がある。すべての調査対象者のうち、16%がFacebookは流行していると答え、18%が楽しい、16%が有益であると答えている。しかし、安全だと答えたのはわずか9%で、信頼に価すると答えたのも9%のみだ
私は最初からこのフェイスブックを評価していない。したがってザッカーバーグも評価しない。来年以降急速にその人気は降下するだろう。ツイッターはすでにその道にある。フェイスブックでまちおこしをしている自治体があるがナンセンスだと思う。
2014年12月22日 (月) | Edit |
2014年に消えた(またはいずれ消えそうな)10のテクノロジ
http://japan.zdnet.com/article/35058085/
「Android」の王座を奪う最有力候補の1つと見なされているサムスンの新しいモバイルOS「Tizen」は、まだほとんど日の目を見ていない。サムスンのハイエンドスマートフォンプラットフォームとなるとされたTizenは、いずれは同社が依存するAndroidに取って代わるはずだっただろう。数年にわたって開発されてきたが、このOSはサムスン製スマートウォッチで採用されているにすぎない。そして、推定値を信じるならば、売り上げは予想していたほど好調ではなかった
これは私が指摘したとおりだ。サムチョンがこれを完全につくり上げることはないだろう。Firefox OSは低価格スマホに搭載され生き延びているが、Tizenの未来はサムチョンが手にした時点ですでにない。あとのものは取り上げる気もしないものばかりだ。消えて当然だ。
2014年12月22日 (月) | Edit |
グーグルの自動車向け「Android」、スマートフォンの接続が不要に--Reuters報道
http://japan.cnet.com/news/service/35058190/
自動車のインターネット接続に向けて我先にと急ぐ業界の動きに、Googleも乗り遅れるつもりはないようだ。Reutersによると、AppleやMicrosoftの取り組みに続いて、Googleがインフォテインメント目的に適したカスタムOSの準備を進めているという。このOSは自動車に直接組み込まれ、ドライバーはスマートフォンを接続することなくインターネットの恩恵を受けられるという。Reutersの情報筋らによると、同社の新しい技術は、「Android Auto」ソフトウェアを大幅に改良したものになるという。標準のモバイルOSである「Android」をベースとするAndroid Autoの場合はスマートフォンが必要で、これをインフォテインメント画面を備えるAndroid Auto対応の自動車に接続する。Android Autoを使って、地図、音楽、天気などのアプリにアクセスすることができるが、Googleならば構築できるであろう合理化されたシームレスなサービスとはとてもいえない
スマートフォンの接続が不要だというが新たな通信の契約が必要になるのだろうか。今のところ通信料金はとても高額なのでおいそれと新しいサービスを追加契約することはごめんこうむりたい。やはりスマホを通じて通信してほしいものだ。
2014年12月22日 (月) | Edit |
2014年に急拡大した「ウエアラブル」、スマートウォッチも大きく躍進
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/121700128/121700001/?top_pu
2014年は、身体に装着するスマートデバイスとしての「ウエアラブル」市場が急速に拡大した。中でもスマートウォッチは、1月のCESを皮切りに、6月にはグーグルがAndroid Wearを発表、9月にはアップルが参入するなど、存在感を大きく伸ばした1年となった。国内キャリアも相次いでウエアラブル製品をリリースしており、スマートフォン、タブレットに続く新カテゴリーとして認知度は上がりつつある。この勢いを2015年に継続できるか、まずはこの1年を振り返ってみたい
アップルがスマートウォッチを出すらしい。そんな噂が一昨年くらいから出ていた。アップルよりも先に、と噂を聞きつけたサムチョンやLGなどのメーカーが競ってスマートウォッチを世に送り出したが、そのどれもが惨憺たる結果に終わっている。そのひどさからスマトーウォッチ離れを起こさせたほどのできだった。それはVer2になっても変わらない。アップルと違って、時計型である必然性をまったく考慮していないバカげた製品だからだ。スマートウォッチの競争は、アップルのそれが出てはじめてスタートする。
2014年12月22日 (月) | Edit |
東芝、サムスン追撃に中国の援軍
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/editors.aspx?g=DGXMZO8111203019122014000000
「中国のスマートフォン(スマホ)が需要の谷を埋めてくれている」。12月半ばの取材で前田恵造取締役はこう話した。NANDフラッシュの需要の波をつくり出しているのは米アップルだ。「iPhone」(アイフォーン)の新製品は毎年秋ごろに発売される。そのためスマホに搭載されるNANDフラッシュの出荷は毎年7~9月にピークを迎え、その後減速していくのが通例だ。ただ今年は中国のスマホメーカーの台頭で落ち込みが緩やかになっているという。NANDフラッシュは電源を切っても記憶がなくならない不揮発性メモリーの代表格。世界的なスマホの普及、搭載されるメモリーの大容量化、ビッグデータ時代の到来によるデータセンターでの採用増を追い風に、今後需要が大幅に増えるとみられている。NANDフラッシュはサムスンが世界シェア約3割でトップ。東芝は2位だが、5年前は10ポイント以上あった差は足元では縮小しているもようだ。半導体の生産や微細化には大規模投資が必須で、強い投資余力を持つサムスンなどの攻勢が日の丸半導体を衰退させた。サムスンの優位性が一段と強まってもおかしくないところだが、東芝は回路線幅を微細化して生産コストを下げる技術をテコに健闘を続ける
東芝もソニーもがんばれ。サムチョンなんかに負けるな。どうせサムチョンは来年以降没落する。
2014年12月22日 (月) | Edit |
ジョブズは「ネットをするために人々はコンピューターを買う」と1985年に予言していた
http://news.livedoor.com/article/detail/9600025/
人々はみな、全国規模のコミュニケーションネットワークに接続するためにコンピューターを買うことになるでしょう。我々はいま、多くの人たちにとって大きな前進となるブレイクスルーが起こる最初の段階にいます。その変化は、電話が発明された時と同じぐらい重要なものと言えます。(中略)未来になると、その本当の姿が明らかになるでしょう。現段階ではまだ姿も形もわからないものについて質問されているような状況です。100年前、発明家グラハム・ベルに「電話を使って、何ができるようになるんだ?」と尋ねても、当の本人ですら電話が世界に与える影響について語ることはできなかったでしょう。ベルにとっても、人々が電話を使って上映中の映画を問い合わせたり、商品を注文したり、地球の裏側に住んでいる親戚に電話をかけるような時代が来ることは思いもよらなかったはずです
私はジョブズがMacintishを世に送り出したときにリアルタイムで見ていたが「すごい」とは思わなかった。衝撃も受けなかった。当時私は、MS-DOSで十分だと思っていた。そのときはインターネットがこれほどの規模になることは想像すらしていなかった。そして、Windows95が発売され、誰もがネットワークを使える環境が整った。それでもインターネットには期待していなかったし、パソコンがネットワークでつながること(イントラネット)の方が重要に思えた。ジョブズはその先まで見ていたということだろう。すごいよね。1年先も見えないのに。
2014年12月22日 (月) | Edit |
マイクロソフトは今、大きな変化の渦中に--2015年に直面する5つの課題
http://japan.zdnet.com/article/35057945/
Microsoftは全社的に「Windows」プラットフォームに強く依存しているが、コンシューマー市場とエンタープライズ市場の両方で新しいWindowsリリースに対する関心は弱まっている。新リリースではユーザーインターフェースが多少変更され、少数の新機能が追加されるが、全体的に見ると、「Windows 8」にできて「Windows 7」にできないこと(もっと言えば「Windows XP」にできないこと)はほとんどない。これは、ユーザーにとってアップデートする動機がほとんどないということであり、PCの販売にも連鎖的な悪影響を及ぼす。Windows 10によって、Microsoftは状況を一変させる機会を得られる。手始めに、既存のWindows PCにアップグレードを無料で提供するのもいいだろう
Windows Premiumのようなバージョンを出すべきだ。アップグレード無料の。PCからタブレットへの移行は認めるがタブレットでは苦痛な作業は依然として存在する。PCが終わったとは思わない。市場が停滞したのはWindows8がクソだからだ。
2014年12月22日 (月) | Edit |
元AppleのエンジニアがiPadをMacのサブモニターに変えるすぐれものアプリ、Duetをリリース
http://jp.techcrunch.com/2014/12/19/20141218duet-makes-your-ipad-a-no-compromise-display-for-your-mac/
iPadをMacのサブモニターに使おうという試みはiPadの登場とほとんど同時に始まった。しかしそうしたアプリのほとんどは一度使ったら二度とは使われないようなものだった。Wi-Fi接続を利用しているのでビデオのパフォーマンスは耐えがたいほど悪く、アニメーションはガクガクし、長いタイムラグがあった。新しいiPadアプリ、Duetは元Appleのディスプレイ担当エンジニアが開発したもので、これまでとはまったく別物だ。iPadをMacのサブモニタとすることに初めて成功している。「リフレッシュ・レートは毎秒60フレーム、ゲームでさえタイムラグを感じさせないパフォーマンス」だというDuetのファウンダー、Rahul Dewanの主張に当初私は懐疑的だった。「おいおい、酔っ払ってるんじゃないのか?」と思ったものだ。しかしDuetのパフォーマンスはまさに主張のとおりだった。またインストールも簡単だ。ブレークスルーのカギはLightning 30ピン・ドックコネクターによる接続と、iPadをディスプレイとして認識させるMac用ドライバーの開発だ。 このDuet専用ドライバーのインストール後、1回だけMacの再起動が必要になるので、その点だけはやや煩わしく感じられるかもしれない。しかし再起動後はDuetはメニューバーのアプリケーションとして登録される。また最初の起動時には詳しいツールチップが表示されるので使い方で迷うことはないだろう
まだバグがあるみたいだけどよさげ。今度使ってみよう。
2014年12月22日 (月) | Edit |
快走PS4 魔法の言葉「399」、創造的破壊生む
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO80968340W4A211C1000000/
ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の最新ゲーム機「プレイステーション(PS)4」が快走している。世界販売台数の1000万台超えをPSシリーズ最速で達成。ライバルの米マイクロソフト(MS)の最新ゲーム機「Xbox One(エックスボックス ワン)」に大きく水をあける。しかも、発売初年度の黒字も達成する見通しだ。ピーク時に営業利益1127億円を稼ぎ出したPS2ですら実現しなかった快挙である。スマートフォン(スマホ)ゲームの台頭で市場環境が様変わりするなか、なぜ、PS4は消費者の心をつかむのか。ゲーム機作りの舞台裏をのぞくと、「創造的破壊」をいとわなかったSCEの挑戦があった。
ソニーは頑張ってほしいぞ。私もPS4ユーザーだ。PS4でやるRPGはグラフィックがすごい。本物に近くなってきた。
2014年12月22日 (月) | Edit |
エリアフリーがいよいよ本格化?! ラジオ番組は“ながら”で楽しめ
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/link/20141219_681035.html
日本でラジオ放送が始まったのは1925年(大正14年)。それから89年を経た今もなお、ラジオは少しずつ形を変えながら、人々にとって役立つメディアであり続けている。ラジオの魅力はいろいろあるが、テレビとの比較で考えるならば、“ながら”で楽しめることが挙げられる。通勤電車にゆられながら、運転しながら、キーボードを叩きながら、ゲームしながら──。枯れに枯れたオールドメディアのはずが、何かと忙しい現代に意外なほどフィットしたメディアなのだ。近年はラジオ局のネット対応も格段に進化した。その中でも2014年最大のトピックは「radiko.jpプレミアム」の誕生だろう。有料とはいえ、ついに全国のAMラジオを地域制限なく聴取できるようになったのだ。一方、無料コンテンツも相変わらずの充実ぶり。これを契機に、ぜひラジオの世界に触れてみてほしい
有料でエリアフリーができるのにどうして無料版では地域制限かけるのか意味がわからん。ラジオなんて斜陽産業なのに聞いてやるから無料でエリアフリーにしろ。
2014年12月22日 (月) | Edit |
ソニーのモンスタータブレット「Xperia Tablet Z4 Ultra」 情報がリーク?
http://www.gizmodo.jp/2014/12/xperia_tablet_z4_ultra.html
やっぱりソニーならハイエンドでしょう。噂のソニーの大型ハイエンドタブレットの続報です。中国語サイトのPadnewsは同社が開発中とされる「Xperia Tablet Z4 Ultra」のスペック情報を掲載しています。そのスペックは12.96インチ・4K解像度のディスプレイや最新プロセッサ、それに6GBのRAMなどとんでもない性能を秘めているようです。6GBのRAMって…ノートPCよりもハイスペックですね。高度な画像編集とか普通にできちゃいそうです
へー、ちょっと欲しいと思ったから困る。12インチiPadの先取りか。おいくら万円なんだろう。
2014年12月22日 (月) | Edit |
自転車が二輪駆動になる電動アシストホイール「Omni Wheel」
http://www.gizmodo.jp/2014/12/omni_wheel.html
ホイールいっちょポンづけでAWD自転車が作れるよ!前輪用のホイールにモーターを内蔵、ペダルを踏んで走り出すとアシストしてくれる電動ホイールがアメリカのEveloから2015年3月に登場です。ホイールサイズは26インチと700C、2サイズでそれぞれに大容量バッテリー搭載版を用意。999~1,299ドルでプレオーダー中です。定格出力は350w。後輪はいままでと同じように人力で回しますが、前輪も駆動輪となることで、ちょっとしたぬかるみ、雪解け道でも走れそう。登坂力も期待できるかも
いいかもと思ったけど10万円もするんじゃねーか。(゚⊿゚)イラネ
2014年12月22日 (月) | Edit |
日本の「ハイレゾ」ロゴ、世界へ。オーディオ協会と米国CEAが協力
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141218_681016.html
米国家電協会(CEA)と日本オーディオ協会(JAS)は17日(米国時間)、ハイレゾオーディオ(High-Resolution Audio/Hi-Res Audio or HRA)市場の拡大に向け、共同でデバイスやコンテンツのプロモーションを行なう新たな協力関係を結んだと発表した。これにより、JASが日本国内で会員企業に展開している「ハイレゾロゴ」をCEAの会員企業も利用することとなる。JASは、6月にハイレゾを定義。48kHz/24bitなど、サンプリング周波数と量子化bit数のいずれかがCDスペック(44.1kHz/16bit)を上回っているだけでなく、デジタル系では96kHz/24bit以上の信号処理性能、アナログ系ではスピーカー・ヘッドフォン高域再生性能:40kHz以上で、生産若しくは販売責任において聴感評価が確実に行なうことなどを義務付けている。それらの基準を満たした製品については、「ハイレゾ」ロゴを付与して販売可能としている
すばらしい。日本のロゴが世界へはばたくのか。胸熱だな。
2014年12月22日 (月) | Edit |
LG、直感操作&4K映像配信対応の「WebOS 2.0」をテレビに採用。起動時間60%短縮
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20141219_681031.html
韓国LG Electronicsは18日、最新のWebOS 2.0を同社のスマートテレビに採用することを発表。WebOS 2.0のスマートテレビ向けプラットフォームを搭載した新モデルを、'15年1月6日~9日に米国ラスベガスで開催される「2015 International CES」で披露する。同社は、テレビの操作などをシンプルにすることを目的に、これまでのモデルにもWebOSを採用しているが、最新バージョンのWebOS 2.0はシンプルで直感的な操作や利便性をさらに追求。WebOS 2.0により起動時間を従来に比べ最大60%短縮するほか、ホーム画面からYouTubeへの切り替えにかかる時間は最大70%短くなるという
WebOSってまだあったのか・・・。バ韓国企業が買い取っていたとは知らなかった。つーか記憶から消えていた。
2014年12月22日 (月) | Edit |
2015年の物欲はこの6ジャンルで満たす!
http://ascii.jp/elem/000/000/959/959392/
2014年はSIMフリー、スマートウォッチ、ハイレゾ、低価格SSD……など、物欲を刺激されるワードが飛び交う一年となった。そして2015年の幕開けも間近。年明けの物欲を満たす“買い初め”を何にしようかと今から思案している人も多いのではないだろうか? ここでは、今が買いどき&間もなく買い時がきそうな6ジャンルと、代表的な製品を紹介していく
欲しいものがない件。強いて言えばSSDかなー。
2014年12月22日 (月) | Edit |
本物のガラスに見える強化プラ製iPhone 6用フィルム
http://ascii.jp/elem/000/000/962/962057/
強化プラスチック素材を採用する、iPhone 6/6 Plus対応の液晶保護シート「強化プラスチック素材 iPhone6/6 Plus用 保護シート」(型番:DN-12095)が上海問屋で販売中だ。一見すると強化ガラスのようだが、その実強化プラスチック製という液晶保護シート。透明度の高さなど強化ガラス特有の性質を受け継ぎつつ、安価に買えるコストパフォーマンスの高さが魅力だ。ラインナップはiPhone 6とiPhone 6 Plus用の2タイプ。表面硬度8Hのハードコート加工が施されているほか、透過率も約93%と高品質な強化ガラス同等。ただし強化プラスチック製のため、曲げに強く破損した際も飛散しないというガラスにはないメリットがある
これはいいかも。使ってみようかな・・・。あ、iPhone6用か。
2014年12月22日 (月) | Edit |
LINE、米マイクロソフトの音楽配信事業を買収
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/ma.aspx?g=DGXLASDZ18I78_18122014I00000
無料対話アプリのLINE(東京・渋谷)は19日、米マイクロソフトからラジオ型音楽配信サービスを手掛ける英ミックスラジオを買収すると発表した。買収額は明らかにしていない。同社は利用者が専用のチャンネルをつくり、自分好みの音楽番組を再生できる無料サービスを手がける。世界31カ国で数百万人が利用している。買収手続きは2015年の早い時期に終える見通しだ。LINEは今月、エイベックス・デジタル、ソニー・ミュージックエンタテインメントと共同出資会社を設立。年明けにも日本国内でスマートフォン(スマホ)向けに音楽配信サービスを始める計画。海外でも同様のサービスを広げる考えで、ミックスラジオの買収を足がかりにする狙いがあるとみられる。LINEの対話アプリの月間利用者数は世界で1億7千万人。日本と東南アジアが半数以上を占め、欧米の普及が課題となっている。ミックスラジオはもともとフィンランドのノキアが手掛けていた事業。マイクロソフトが4月にノキアの携帯電話事業を買収したときにミックスラジオもマイクロソフト傘下となった。同社は相乗効果が薄いとみて売却先を探していた
LINEは景気がいいなー。音楽配信を買ってどうするつもりだろう。
2014年12月22日 (月) | Edit |
米政府、「ソニー攻撃に北朝鮮が関与」、対応を検討
http://www.cnn.co.jp/tech/35058129.html?tag=cbox;tech
映画会社ソニー・ピクチャーズエンタテインメントがサイバー攻撃を受けた事件で、米当局は北朝鮮が攻撃に関与したとの結論に達し、19日にも北朝鮮を名指しで非難する見通しとなった。複数の政府当局者がCNNに明らかにした。捜査状況について説明を受けた複数の当局者によると、米捜査当局は、何者かがシステム管理者のパスワードを盗んでソニー・ピクチャーズのコンピューターシステムに侵入した証拠をつかんでいるという。今回の攻撃では、同社のIT担当幹部のパスワードを使ってビル全体の中枢システムに侵入されていたことが判明。このため攻撃には内部関係者が関与しているとの見方もあった。しかし捜査の結果、米当局は北朝鮮につながる痕跡をつかんだとされる。19日の発表ではこの結論を出すに至った根拠の一部も示される見通し。ただ、攻撃に対してどう対応するかはまだ決まっていないという
それにしてもソニーもよく攻撃されるよなー。もう少し管理体制をきちんとした方がいいんじゃないのか。
2014年12月22日 (月) | Edit |
海外ネット配信に消費税課税へ…電子書籍など
http://www.yomiuri.co.jp/it/20141218-OYT1T50150.html?from=ytop_ylist
米アマゾンや楽天のカナダ子会社「コボ」など海外に本店を置くインターネット業者から日本国内に配信された電子書籍や音楽データの取引に、2015年10月から消費税が課税されることになった。現在は、海外業者からの電子データ配信には課税されておらず、国内の書店などから不公平だとの批判が出ていた。自民、公明両党が30日にまとめる15年度税制改正大綱に海外業者への課税を盛り込む。政府は年明けの通常国会に消費税法改正案を提出する方針だ。施行日は10月1日で、海外業者は日本の税務当局に消費税の納税義務を負う。消費税分は価格に転嫁される見通しだ
これは当然だと思う。どんどんやれ。
2014年12月22日 (月) | Edit |
車本体がスマホ化? グーグル、車用アンドロイド開発へ
http://www.asahi.com/articles/ASGDM2W44GDMUHBI00L.html?iref=comtop_6_04
米検索最大手グーグルが、スマートフォンなどで使われる基本ソフト(OS)「アンドロイド」を自動車向けにも開発すると、ロイター通信が18日報じた。スマホを車に接続することで一部の機能を車内で使う技術はすでに開発されており、来年初めにも製品が発表されると見られている。ロイター通信によれば、グーグルはこれをさらに進め、スマホをつながなくても車自体がスマホと同じような機能を持つようになる。スマホで使っている地図やナビゲーション、アプリなどがスマホなしでも車内で使えるようになると見られる
アップルとグーグルはここでも激突する。マイクロソフトは何をしているのだろうか。ここでも蚊帳の外だ。