FC2ブログ


2014年12月19日 (金) | Edit |
格安スマホが差別化競争へ
http://www.asahi.com/articles/ASGD84DKJGD8UEHF00F.html?iref=comtop_list_sci_f02
端末の価格や通信費用が携帯電話事業者より割安な「格安スマホ(スマートフォン)」の裾野が広がっています。参入企業が増え、一般の認知度も向上。知られたメーカーの端末が採用されることも増えてきました。一方で、サービス内容や価格体系が似通ってしまい、差別化を図る動きも出始めています。そんな格安スマホの最新事情をまとめました。通信費や端末価格を低く抑えた「格安スマホ」が、いろいろなところで売られています。たとえば、大手スーパーのイオンや家電量販店のビックカメラといった小売業、ビッグローブなどのインターネット接続事業者(プロバイダー)などが「自社ブランド」の格安スマホを提供しています
うーん、これを選択するシチュエーションが私には思い浮かばない。