FC2ブログ


2015年01月29日 (木) | Edit |
アップル、またもやバーバリーから大物引き抜き
http://www.gizmodo.jp/2015/01/post_16476.html
Apple Watchに備えて?このところアップルは、ファッション業界から大物を引き抜いて、次々と貴重な人材に加えています。すでにルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)からはJacob Jordan氏を、タグ・ホイヤー(Tag Heur)からはPatrick Pruniaux氏を採用したことなどが知られていますけど、新たに今月からは、バーバリー(Burberry)のデジタル&インタラクティブデザイン部門で副社長を務めていたChester Chipperfield氏を、謎の「スペシャルプロジェクト(複数形)」に抜擢したことが明らかになっていますよ
Spple Watchの販促のためですかね。アップルの中にファッション部門でも作る気だろうか。
2015年01月29日 (木) | Edit |
自動運転カーが走り出すと交通渋滞が劇的に悪化する
http://gigazine.net/news/20150127-driverless-cars-traffic/
Googleは無人運転カーの開発を進めており、実際に道路を走らせるテストも成功させています。道路が自動運転カーだけになるのはまだまだ先ですが、自動運転カーが全体のうち25%導入されると「交通渋滞が劇的に悪化する」というシミュレーション結果が発表されています。(中略)バイン氏の研究チームは、4種類の都市の交差点を走る車両全体のうち、25%が自動運転カーを導入した想定を標準的シナリオとして作成。バイン氏はこのベースラインに沿って16種類の異なるシナリオを使って、各1時間ずつのシミュレーションを100回ずつ行い、交通状況の遅れや交通容量の平均値を計算しています。その結果、あらゆるシナリオにおいて交通状況の悪化が見られたとのこと
ということです。なんか逆のような気がしないでもないですけどね。まぁ、当分自動運転カーが実用化されることはないだろうから。
2015年01月29日 (木) | Edit |
スマホ・ノートPCなどのリチウムバッテリーの寿命を延ばす方法
http://gigazine.net/news/20150127-prolong-li-battery/
以上の調査結果に基づくと、リチウムバッテリーは充電・放電を繰り替えすうちに性能が低下していくのは仕方がないものの、「バッテリーはこまめに充電して、空になるまで使い切るのを避ける」「高温条件下での利用を避ける」「バッテリーを保管する場合も低温の場所を選ぶ」「無理な電圧での充電を避ける」ということに注意すればバッテリー寿命を大幅に伸ばすことができそうです。具体的な方法としては、「高温条件になりやすい自動車での放置を避けること」や「長期間保管するときは40%程度、充電すること」「涼しく乾燥した場所で使うこと」が効果的で、充電電圧については管理すること自体が難しいので付属の充電アダプターを使用していれば特に注意する必要はないとのこと。また、急速充電器を使う場合でも1C(1.5A)以上の電流をかけるのは避けるべきで、最も適切なのは0.7C(約1A)程度の電流値だそうです。なお、スマートフォンの無線給電の場合、エネルギーの20%から30%が「熱」として解放されており、この熱によってバッテリーが高温になることが多いため冷却に気を配る必要があるとのこと。また、ノートPCの場合、充電完了後にすぐに充電器をコンセントから抜く必要があるかについては、充電が完了したら自動的に充電がストップするのでアダプタを抜く必要はないそうです
へー、そうなんだ。細かく充電すると電池のメモリー効果で容量が減るんじゃないかと思ってた。あれってニカドの場合だけか。
2015年01月29日 (木) | Edit |
YouTubeがFlashではなくHTML5でのムービー再生を初期設定にすることを発表
http://gigazine.net/news/20150128-youtube-defaults-html5/
YouTube上でムービーを再生する場合、ユーザーの視聴環境に適したプレーヤーが自動で選択されるようになっており、これまではユーザーがFlashに対応している場合はFlashプレーヤーが優先される仕様になっていました。しかし、これからはFlashではなくHTML5でのムービー再生が初期設定で実行されることをYouTubeが発表しています。YouTubeがHTML5でのムービー再生をサポートし始めたのは2010年からで、当時はFlashの方がHTML5でのムービー再生よりもユーザー側から支持されていたとのこと。これは、ムービーをストリーミング再生する際に視聴者側の通信環境に応じて自動でコンテンツのサイズを変更する「ABR(アダプティブビットレート)」にHTML5が対応していなかった、という点が大きかったそうです
ついにFlashが不要になるのか。すばらしい。ジョブズが大嫌いだったFlash、もうインストールしなくていいように全サイトが対応してくれるといいですけどね。でもまだしばらくは残りそうです。
2015年01月29日 (木) | Edit |
アップル、「OS X Yosemite 10.10.2」をリリース--「Thunderstrike」脆弱性にも対応
http://japan.cnet.com/news/service/35059592/
Appleが「OS X Yosemite」搭載「Mac」向けに「OS X Yosemite 10.10.2」をリリースした。Appleによると、このアップデートを適用することで、以下の問題が修正されるという。
Wi-Fi接続が解除される問題を修正
ウェブページの読み込みが遅くなる問題を修正
「Mail」の設定でリモートコンテンツの読み込みを無効にしても、「Spotlight」でメールのリモートコンテンツが読み込まれてしまう問題を修正
Bluetoothヘッドホン使用時のオーディオとビデオの同期を改善
「Time Machine」で「iCloud Drive」を閲覧できる機能を追加
「VoiceOver」の読み上げ性能を改善
ウェブページでのテキスト入力時にVoiceOverが文字をエコーする問題を修正
入力プログラムの言語が突然切り替わる問題を修正
「Safari」の安定性とセキュリティを改善
今回のアップデートには、マルウェアが「Thunderbolt」ポート経由でMacに注入される「Thunderstrike」脆弱性のパッチなど、複数のセキュリティフィックスも含まれる。Googleの「Project Zero」研究プログラムが発見したほかの3つの脆弱性を修復するフィックスも含まれる
うー、また全Macでのアップデートが必要になるなー・・・orz。
2015年01月29日 (木) | Edit |
新ブラウザ「Spartan」に拡張機能--マイクロソフトが明言
http://japan.cnet.com/news/service/35059591/
Microsoftが発表した「Windows 10」向け最新のWebブラウザ「Spartan」(開発コード)で拡張機能を提供する予定という。同社の担当者が米国時間1月27日、Twitterでのチャットで明らかにした。Twitterの#AskIEチャットに応じたIEチームのメンバーは、うわさのあったIE向けの拡張について認めた。「その通りだ。Project Spartanで将来的に拡張を可能にする計画に取り組んでいるところだ」と@IEDevChatチームはTwitterで述べた。Microsoftが「Google Chrome」の拡張をSpartanで利用できるようにする方法を模索しているという情報は、(私の情報筋も含めて) さまざまな情報筋で言われていた。27日、@IEDevChatチームは「まだ、拡張に向けた計画を構築しているところだ」とした。Spartanは、デスクトップ版と“Modern”スタイルのWindows Store版「Internet Explorer」を置き換えるものとなる。Windows 10 Desktopおよび同Mobileで動き、タッチ、キーボード、マウスによる操作が可能だ
ということです。ちょっと意味がわからない。Chrome向けのアドインが使えるようになるってこと?
2015年01月29日 (木) | Edit |
何が変わった?Windows 10 Technical Preview最新版を早速触ってみた (7/8)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/446781/012600003/?P=7&ST=system
ここからは、Windows 10 Technical Previewの概要を紹介する。Windows 8/8.1と比べて、Windows 10 Technical Previewのデスクトップ画面でまず目に付くのは、「スタートボタン+スタートメニュー」の存在である(画面21)。全画面表示の「スタート画面」がなくなり(ただし、実際は少々違う形で存在する。後述)、Windows 7までのユーザーがより親しみやすいインタフェースが復活した格好だ。ただし、スタートメニュー右側部分にストアアプリがずらっとタイル表示されていたり、左側部分ではデスクトップアプリも含む全てのアプリが索引形式で表示されていたりするなど、呼び方は同じでもWindows 7のスタートメニューとは異なっている部分も多い。ひと言で表すと、「8.1のスタート画面を小さく縮め、横方向から縦方向へのスクロール表示へと変更したもの」という印象だ。使いやすいかどうかは“慣れ”が大きく関係すると思われる。表示方法も含め、このあたりのインタフェースは製品発売までに変わる可能性がある
スタートボタンが戻ってきたとはいえ、7とはずいぶん違いますね。コントロールパネルはどこにあるんだろう。プリンターとネットワークは?どうやら過去のWindowsの所作とはずいぶんと違っているようなのでまたしても辟易だ。
2015年01月29日 (木) | Edit |
Windows、Mac、Android対応!ブラウザーだけでダイレクトにファイル交換できるサービス
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/538255/012100014/?top_tl1
ネットワークでつながった複数のデバイスでファイルをやりとりする方法はいろいろある。今回紹介するShareDropは、その中でも最も簡単な方法の1つだろう。同一OSのデバイス間はもちろん、Windows、Mac、Androidのデバイス間でファイルをやりとりできる。しかも、必要なものはWebブラウザーだけという、とてもユニークかつシンプルな無料のファイル共有サービスなのである。異なるデバイスでファイルをやりとりするには、Dropboxのようなクラウドストレージ、USBメモリ、ネットワーク共有など、いくつかの方法がある。今回紹介するShareDropも、こうした方法の1つだ
これは便利そう。今度使ってみよう。
2015年01月29日 (木) | Edit |
2015年、再びSaaSが脚光を浴びる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/012300169/?top_pu
大騒ぎしながらも、実際に世に受け入れられたサービスはあまり多くなかった。しかし、この状況が変化していきそうな気配があると感じている。年始というにはいくぶん時間がたちすぎたが、筆者の2015年の予測は「再びSaaSが脚光を浴びる」に賭けてみたい。Google AppsやMicrosoft Office 365、Salesforce.comのSales Cloudといった定番SaaSだけでなく、多様なSaaSが登場してユーザー企業で使われていく――というシナリオだ。筆者は日経SYSTEMS2月号の特集「先駆者ユーザーが語る クラウドの選択」で、多数のIaaS/PaaSユーザー企業に取材に伺った。取材の場でちょくちょく耳にしたのがSaaSへの期待だ。「自社の業務に合致したSaaSがあれば使ってみたいのだが、何か知らないか」といった話になることも多かった。こうした傾向は徐々に強まっていると感じる
SaaSというよりクラウドによるサービスへと怒涛のように流れているという感じですね。クラウドストレージやクラウドメールはもう一般的になった。あとはいろんなサービスがクラウドへ載ってくるんだと思う、IoTと相まって。今年はそれが加速する。クルマや家電をネットが飲み込み、健康データがクラウドに保存される。健康管理が革新される元年になる。
2015年01月29日 (木) | Edit |
アップル、iOS 8.1.3提供開始。アップデート時のストレージ容量低減など
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150128_685654.html
アップルは28日、iOSの最新バージョン「iOS 8.1.3」を提供開始した。ソフトウェア・アップデートの実行に必要なストレージ容量低減など、バグ修正やパフォーマンス改善が行なわれる。更新内容は以下のとおり。
ソフトウェア・アップデートの実行に必要なストレージ容量を低減
一部のユーザが「メッセージ」および「FaceTime」のApple IDパスワードを入力できない問題を修正
SpotlightでAppの結果が表示されない問題に対処
iPadでマルチタスク用ジェスチャが機能しない問題を修正
統一学力テスト(education standardized testing)用の構成オプションを追加
iOS 8.1.3の対応デバイスは、iPhone 4S以降とiPad 2以降、iPad mini以降、第5世代iPod touch
さっそくアップデートだ。
2015年01月29日 (木) | Edit |
まるで別次元。“5K iMac”を試す。27型Retinaディスプレイの強烈な表現力
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20150128_685592.html
一方Mac OSの場合、ソフトウェアのメニューはウインドウ内になく、OSが提供するメニューバー部分に現われる。したがってどのソフトでも、メニューはOSが認識しているディスプレイ解像度どおりのフォントサイズで表示される。従って、面積は同じで密度だけ4倍といった今回のようなディスプレイで表示しても、メニューの文字サイズが1/4になるという事はない。もちろんフォントだけでなく、画像のサムネイルやアイコンもサイズは同じで高解像度となる
この部分がWindowsには欠けている部分で、いわゆるスケーリングと呼ばれる技術だ。これからは4Kディスプレイが標準化しそうだから、Windows10ではぜひ搭載してほしい機能のひとつだ。
5Kディスプレイを搭載したとは言え、MacProのようなパフォーマンスは望めないだろと思っていたのだが、予想に反して結構なパフォーマンスで4K動画が編集できる事がわかった。4KともなるとMacPro以外無理だと決め込むのは、ちょっと早いようだ。その反面、5K解像度は綺麗だということに異論はないが、じゃあ作業画面として27型というサイズはどうかと聞かれれば、決して広くはない。なるべく動画表示エリアを広く取ると、ツールやライブラリウィンドウが狭くなり、現実的ではなくなる。かといってFinal Cut Pro Xの画面はパーツを取り外してセカンダリモニタに持っていくこともできないので、どうしてもこの27型画面内で作業を完結させることになる。5Kのディスプレイを使っていながら、画面内の大半が数字やツールなどを表示しているだけという状態は、正直もったいない
贅沢な悩みだな。あー、ホスイ。欲しすぎる。アップルストアに近づかないようにしないとポチりそうで怖い。
2015年01月29日 (木) | Edit |
拡張性を重視したアビー製Mini-ITXケース「acubic CS03」
http://ascii.jp/elem/000/000/973/973748/
拡張性を重視したアビー製のMini-ITX対応PCケース「acubic CS03」が発売中だ。カラーラインナップはシルバーとブラックの2色。「acubic CS03」は、本体サイズが199(W)×356(D)×374(H)mm、重量約5.9kgと、Mini-ITX対応ケースとしては大柄な部類ながら、最長約320mmのビデオカードや高さ170mmのCPUクーラー、奥行き150mmを超える電源ユニットを搭載可能など拡張性を重視したモデル。ベイ数は、5インチ×1、3.5インチシャドウ×2、2.5インチシャドウ×2。フロントとリアそれぞれに120mm径の「NANO TEK FAN」(約1000rpm)を標準装備なほか、フロント下部には120mmクラスのラジエーターを装着できる。価格はTSUKUMO eX.で3万2980円(税抜)だ
結構な値段だがアビーのケースはデザインもなかなかいい。だが、電源ボタンがチープ。Mac Pro並の電源ボタンにしてほしい。
2015年01月28日 (水) | Edit |
マイクロソフト、グーグルが言語の壁に挑む
http://ascii.jp/elem/000/000/971/971073/
かつてはSFの専門領域であった同時通訳が、まもなく世界中の人々が使う現実のコミュニケーションツールとなるだろう。先月、マイクロソフトの通話サービスSkypeで英語とスペイン語間の同時通訳が始まった。両言語の話し手が自分の母語で話すと、その内容がすぐに聞き手の言語に翻訳されるというものだ。それに応えるように、グーグルは自社の翻訳アプリがまもなくアップデートされ、類似の機能を持つようになると発表した。同時音声通訳は、テクノロジーの追求において、コミュニケーションの障壁を取り除く最も高度なステップだ。あなたは既にChromeの自動翻訳機能を使って、例えばロシア語のページを英語に翻訳したことがあるかもしれない。マイクロソフトのBing Translationは、TwitterやFacebookに同様の翻訳機能を提供している

今年は同時音声通訳元年ですね。これからどんどんかしこくなっていくものと思われます。すばらしい時代になったものです。これで日本人も世界に羽ばたける?
2015年01月28日 (水) | Edit |
韓国で“ポッキー”めぐる甘くない対決…グリコがロッテを提訴
http://www.sankei.com/west/news/150128/wst1501280005-n1.html
韓国でついに江崎グリコの堪忍袋の緒が切れた。グリコが、人気菓子のポッキー、プリッツの高級版「バトンドール」の箱の形を模倣したような商品を韓国ロッテグループが販売したとして、韓国の裁判所に販売の差し止めを求める訴訟を起こしたのだ。そもそもポッキーはグリコが昭和41(1966)年に日本で発売したが、ロッテは、その17年後に韓国で同様の棒状チョコレート菓子「ペペロ」を発売し、今や人気菓子として定着してしまっている。問題の商品もペペロの高級版で、元祖の主張が敵地で認められるか-。
盗んだ仏像を返さない判決を出すなど法治国家としてアウトの国。グリコに勝算はありません。
2015年01月28日 (水) | Edit |
任天堂バーチャルボーイに並ぶ黒歴史…グーグルグラス、安らかに眠れ 「世界を変える」「夢のIT」が抹殺された理由
http://www.sankei.com/west/news/150128/wst1501280001-n1.html
そして、個人的にはこれが最大の理由だと思うのですが、この機器で個人のプライバシーが著しく侵害されるということです。実際、自分の眼前の光景が音声操作で録画できるとあって、米では盗撮防止を理由に着用を禁止する飲食店などが続出したほか、着用中の自動車運転も交通違反との指摘が。英国でも昨年、開発者向けに1000ポンド(約17万8000円)で発売されたのですが、映画館では英米とも館内での着用を一斉に禁止しましたさらに、以前の本コラムでご紹介しましたが、昨年10月には、グーグルグラスを毎日長時間使い続けて心身に異常をきたし、遂には「依存症」となった男性まで登場し、物議を醸しました。そのため、米調査会社フォレスター・リサーチの最近の調査では、米国の成人の50%が、実物を見ていないにも関わらず、プライバシーを侵害する機器だと認識しているとの結果も出ています。実際、米ネットオークションのeBay(イーベイ)では定価の半額で出品されており、多くの消費者は関心を失っています
そうですね、私もたびたびこのブログで指摘しましたが、最大の原因はこれです。つまりグーグル・グラスは社会から拒否られたのです。今ではMSの出したホログラムの方がよっぽど画期的です。
2015年01月28日 (水) | Edit |
アップル最高益、中国で売り上げ7割増 10~12月
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H1V_Y5A120C1MM0000/?dg=1
米アップルが27日発表した2014年10~12月期決算は、売上高が前年同期比30%増の745億9900万ドル(約8兆8千億円)、純利益は38%増の180億2400万ドルとなり、ともに四半期としては過去最高を更新した。スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を中心に中国での売上高が7割増え、好業績をけん引した。増収増益は4四半期連続で、最高益更新は12年10~12月期以来、2年ぶり。実質的な1株あたり利益は3.06ドル(前年同期は2.07ドル)と市場の事前予想(2.6ドル程度)を大幅に上回った。27日の時間外取引でアップルの株価は通常取引の終値に比べて6%近く上昇する場面もあった。昨年9月に発売したiPhoneの大画面版の新モデルが好調で、販売台数は46%増の7446万台と過去最高を更新した。ドル高は海外事業の採算の逆風になったが、単価の高い大画面版の販売増加で利益率は改善した。パソコン「Mac」の販売も14%増の551万台。端末の普及でアプリ市場の売上高は41%増となった
絶好調のアップル、我が世の春ですね。この好調はいつまで続くのでしょうか。iPhoneの大画面化でiPadが煽りを食らっているということでしょうか。iPadは一度買ったらiPhoneのように買い換えることはないからね。それにしてもiPadでの検索はつらい。
年初の販売を予定していた腕時計型端末「アップルウオッチ」は、電池の改良などで発売がずれ込んでいる。クックCEOは「4月に出荷する」と明言した
3月だと言われていたApple Watchは4月になる模様。やはり電池が課題なんですね。
2015年01月28日 (水) | Edit |
最近の「音声認識技術」の進歩は目覚ましい
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150128/ecn1501280830002-n1.htm
最近のパソコンやスマートフォンの「音声認識技術」の進歩は目覚ましい。皆さんもGoogleのウェブや地図の検索、ワープロソフトの文書作成などで音声入力を使ったことがあるのではないだろうか。音声入力は特にスマートフォンで便利。私は各種の検索、アプリの起動、メールの作成、電話の発信、スケジュール管理等々で日常的に使っていて、実はこのコラムの原稿も昨年の秋頃から音声入力で書いている。ほんの2年くらい前までは、単語単位でも「わかりません、もう一度」的な再度の発声の要求や誤認識・誤変換が多くて、周りから見たらスマホに向かって何度も同じ言葉をつぶやく変なヒトに見られそうで、とても使い物にならなかった。それが現在では文章全体を読み上げても、逐次、認識・変換・表示・入力がなされ、スピードも変換の正確さもほとんどストレスのない状態にまで進歩している
今年は同時翻訳元年になりそうですね。昨年ベータ版が出たスカイプだが、今年はいろんなソフトが出そうだ。
2015年01月28日 (水) | Edit |
ソニー:スマホで1000人追加削減 海外中心に
http://mainichi.jp/select/news/20150128k0000e020182000c.html
ソニーがスマートフォン事業で、海外を中心に1000人程度の追加の人員削減を検討していることが28日分かった。すでに中国で約1000人を減らす方針を発表しており、今回の削減が加わると、スマートフォン事業の人員は5000人程度になる。 スマートフォン事業は低価格が武器の中国メーカーの台頭によって競争が激しい。ソニーは世界販売台数見通しを4300万台から4100万台に引き下げている。 ソニーは商品の種類を絞り込み、高性能の機種に開発の資金や人員を集中させる。2017年3月期のスマートフォン事業の黒字化を目指す
ソニーも低価格路線へ、ということらしいがハイエンドで勝負してほしかった。だれだよ、こんなミスジャッジするのは。
2015年01月28日 (水) | Edit |
サムスンは復活できるか・・・「反転攻勢に出る可能性あり」とカナダ紙=中国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/9719813/
さらに記事は、サムスンがスマホ市場で輝きを失ったと主張し、その原因は「大型ディスプレイで潮流を生み出したものの、『iPhone 6』と『iPhone 6 Plus』によって強みが失われてしまったこと」をあげた。iPhone 6シリーズの発売以降、日本や中国でアップルのシェアは大きく上昇し、韓国ですらサムスンの「生存空間は縮小を続けている」と論じた。また、サムスンのスマホは「常にデザインが変わらない」とし、プラスチック製の筐体は「チープだと批判されており、少なくともハイエンドスマホのポジションとしては似つかわしくない」と論じる一方、同社のハイエンドスマホである「Galaxy」の最新版を見る限り、デザインやスペックの向上が見られるとし、サムスンは15年に反転攻勢に出る可能性があると紹介した
デザインが陳腐だし性能でも差別化できなくなったのが最大の原因だ。デザインについては、アイヴの元事務所からデザイナーを入れていることから改善されるかもしれない。それでもシェアは減り続けるだろう。この記事では26.6%としているがもっと下がると思う。
2015年01月28日 (水) | Edit |
iPhone7はワイヤレス充電に?コンセプトデザインが公開
http://news.livedoor.com/article/detail/9721882/
iPhone7はiPhone6よりもさらに薄く、ベゼルは狭く、ワイヤレス充電に―そんな新しいコンセプトデザインが公開されました。米メディアCult of Macが、オランダのデザイナーYasser Farahi氏が作成した、iPhone7のコンセプトデザインを紹介しています。スペックによれば、iPhone7は厚さ6.1ミリと、現行のiPhone6(6.9ミリ)よりも薄くなっており、画像からはベゼルの幅もさらに狭くなっているのがわかります。そして最大の特徴はワイヤレス充電です。iPhone6もリリース前にはワイヤレス充電になるのではという噂がありましたが、実現しませんでした。Farahi氏は自分のデザインで、iPhone7をワイヤレス充電対応にしています。同氏がCult of Macに語ったところによると、iPhone6の背面の目立つアンテナ線、飛び出したカメラについては、デザイン的に不満であることから、iPhone7のコンセプトデザインではアンテナ線をなくし、カメラレンズも使用時のみ飛び出すという設定にしています
私の予想はこうだ。薄さについてはこれ以上薄くする必要はない。工業製品には一定の丈夫さが求められる。これ以上薄くすることは、「曲がる」可能性が高くなる。カメラの出っ張りは6sからなくなる。アンテナ線については6sではまだなくならないだろう。7ではなくなるかもしれない。iPhoneについてはもうほぼやることがないほどの完成度だ。今後は性能の向上くらいになるのではないか。VRがブレークするからVR用の撮影機能が載ってくる可能性はある。
2015年01月27日 (火) | Edit |
サービスへの理解不足が弱点に--「この世の春を謳歌する」アップルへの懸念
http://japan.zdnet.com/article/35059511/
長年のApple製品愛好者を自称し、「John Scully時代のような経験はもうこりごり」と記すMalikがここで念頭においているのは、主にネットワーク/クラウド側のこと――たとえば、「Google Now」の背景にあるマシンインテリジェンス(AI)やデータ処理に関する能力のことで、Appleがそうした部分をもうちょっとなんとかしないと、ハードウェアの素晴らしさだけでは長くこの世の春を謳歌することは難しいのではないか、といった懸念を示している(たとえば、MacのiTunesで購入した楽曲をiPhoneで探し出すのに苦労した、といった経験のある方なら、このMalikの指摘の意味が感じ取れるかと思う)
iCloudはDropboxほど使いやすくない。さらに懸念されるのがラインナップの増加傾向だ。これはジョブズを追放したあとにアップルが陥った罠で倒産寸前にまでなってしまった。ジョブズが復帰後まず手を付けたのがこのラインナップをしぼり不良在庫を一掃したことだった。そして、Apple TVがずいぶん更新されていないこと。アップルがテレビを再定義するという希望はすでにユーザーから消え去ろうとしている。現にテレビにはAndroidやFirefox OSが入りつつありアップルの入る隙間はなくなりつつある。そして、iTunesは音楽業界を革新したが、いまやユーザーはストリーミングサービスに移行しつつあり、音楽をダウンロードして聴く時代は過ぎ去ろうとしている。ジョブズのような研ぎ澄まされた嗅覚をもつ人物がいなくなったことで、上級幹部が思いつきの発言をしてそれが製品に反映されている感のある今のアップル製品はどことなく心もとなくらふらしているように見える。ジョブズの残した遺産を食いつぶすことで、4年間は大丈夫だと過去に書いたことがある。そろそろアップルは真価が問われる頃にさしかかったと言っていい。
2015年01月27日 (火) | Edit |
テナントが去り続ける中国の電脳街--オンラインショップの台頭で窮地に
http://japan.zdnet.com/article/35059486/
中国語では数碼街、日本人向けには電脳街と呼ばれる中国各地のパソコンショップ街が、オンラインショップの台頭で窮地に貧している。特に中国のシリコンバレーと現在進行形で呼ばれている北京の「中関村(ジョングワンツゥン)」は酷い状況だ。中関村はハイテクパークの側面もあるものの、北京の中心からは遠いため、他の都市よりもフロアの空洞化が目立つ。パソコンだけでなく、スマートフォンフロアですらも、空きテナントがあり、状況は深刻だ。中国各都市の電脳街・数碼街は、無数のパソコンショップがテナントに入るビル「数碼城」数棟がランドマークとなっている。1階は有名メーカーのノートパソコンフロア、2階がデジタルカメラなどデジタル家電フロア、3階が自作パソコンフロア、4階がケーブルなどのアクセサリフロアとなっている
秋葉原が沈まないのはなぜなんだぜ。私なんかはもうアマゾンかヤフオクでしか買わなくなった。そこでないものは、サイトに行って直接購入する。それですべて購入できる。ただ、地元のホームセンターが撤退したらいけないのでなるべくそこでは買うようにしている。
2015年01月27日 (火) | Edit |
Windows 10のプレビュー版で新しい時計・カレンダーを有効にする方法を発見
http://jp.techcrunch.com/2015/01/27/20150125heres-how-to-turn-on-windows-10s-new-hidden-calendar-and-clock/
手持ちのパソコンのどれかにすでにWindows 10の最新プレビュー版(ビルド9926)をインストールしているTechCrunch読者も多いことだろう。そうであれば、右下隅の時計をちょっとクリックしてみて欲しい。私の感想を言わせてもらえば、がっかりするほど平凡だ。ところがちょっとしたハックで下のスクリーンショット(画像はBrad Sams)から)のように変身させることができる。(中略)ここでもういちど時計をクリックすると―ジャジャン!新しいおもちゃが登場する。Windows 10はまだまだバグ潰しの段階だが、この時計でもわかるようにいろいろと未発表の新機軸を隠しているようだ。Windows 10はまだ日常メインのマシンで使えるほど成熟してはいない。しかし、私のような長年のWindowsユーザーで、特にWindows 7のファンにとって、Windows 10のデザインは「クラシックなWindows」に感じられ、大いに快適だ。新機能も多いが、Windows 8とは異なり、邪魔にならない
まぁ、これをやってどうなんだという話なんだが・・・。スタートボタンが戻ったことはいいことだ。Windows8もスタートボタンさえあれば、これほどひどいことにはなっていなかったはずだ。
2015年01月27日 (火) | Edit |
SurfaceとLumiaがクリスマス商戦で健闘してMicrosoftの決算報告に新記録をもたらす
http://jp.techcrunch.com/2015/01/27/20150126surface-and-lumia-clock-record-numbers-for-microsoft-during-holiday-season/
Microsoftは昨年の10−12月期でLumiaのハンドセットを1050万台売り、Surface製品の売りげは11億ドルだった。どちらの数字も、新記録だ。電話機全体の売上額は23億ドルで前四半期の26億ドルより少ない。ただしこの数字には通常のケータイが大量に含まれているから、あまり評価の手がかりにはならない。(中略)Surfaceの売上は今期に2億ドルあまり伸びた(前年同期比)が、同時期にLumiaのハンドセットは120万ドルというささやかな伸びだ。Surfaceの売上は前期比で20%伸びているが、Lumiaは成長率13%とやや低い。同社は、新記録ではあっても目覚ましい成長ではないことに、気づいているのだろう。この四半期はクリスマス商戦が含まれるから、それがなければ、台数も売上も共に落ち込んだ可能性もある
MSはとっととSurfaceなど捨てて水平分業に戻るべきだ。今後Windows10がPCにもSurfaceにもXboxにも載ってくるわけだからそうした方がMSにとってもいいはずだ。水平分業が最後は垂直統合に勝利することはMS自身が一番よくわかっているはずなのに。
2015年01月27日 (火) | Edit |
有機ELにHDR、中国メーカーの躍進、そしてテレビ向けOSの行方――「2015 CES」を象徴する4つのトピック
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1501/26/news089_4.html
ユーザーインタフェースやレスポンスの良さでテレビの使い勝手が大幅に変化するのは、昨年最初のwebOS TVを実際に触れて実感しているので、これは納得の方向性だ。実際、展示ブースでOS名を大々的に出していたのはLGの「webOS」くらいで、ソニーとシャープではAndroid TVの表記は小さく、パナソニックでもコンテンツ関連のコーナーで「Firefox OS」の表記がかろうじて発見できるくらいだ。サムスンにいたっては「Tizen」という表記そのものがなく、各社ともにOSのブランドを重視していないことが分かる。各社がばらばらのモバイルOSプラットフォームを採用したのは、政治的な事情が大きいと思われるが、OSの継続開発が行える限り、“Android TVがテレビ業界を制す”ようなことは当面発生しないだろう
Tizenを採用したサムチョンは、日進月歩で進化するインターネット系の技術をつねに自社でキャッチアップする必要がありここで労力を消費してしまうだろう。WebOSを採用したLGもそれは同じ。AndroidやFirefox OSなら開発されたものに手を加えるだけなので他の機能に時間と労力がさける。日本企業が有利になりそうなのはこのためだ。私は、AndroidとFirefox OSに収斂すると見ている。そこにアップルやMSが入ってくるかは不透明だ。逆にApple TVのようなガジェットは、今後急速に存在意義を失うだろう。
2015年01月27日 (火) | Edit |
「HAL9000」登場間近か 進化する人工知能
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82212740R20C15A1H56A00/
映画「2001年宇宙の旅」に出てくる「HAL9000」という人間の知能を持ったコンピューターは、設定上は1992年に完成しているはずだった。それほど人工知能(AI)の分野は予想よりも進歩しなかったといえるかもしれない。だが12年ごろから、人間の脳機能を模した「機械学習」が急速に進化し、中でも「ディープラーニング」と呼ばれる技術が注目されている。一例が米マイクロソフトのビデオチャットサービスのスカイプだ。「スカイプ・トランスレーター」というリアルタイム翻訳機能の試験運用をこのほど始めた。ついに人類積年の夢である自動翻訳の世界が登場しようとしているのだ。(中略)グーグルも現在、戦略的にAI研究には大きな力を注いでいる。検索結果の精度を劇的に向上させるとの期待だけではない。例えばスマートフォン(スマホ)向けに提供するサービス「グーグルナウ」。利用者が今必要としている情報を提供するこの仕組みは、まさにAIを活用する未来のためのサービスだ。利用者の日常的な行動パターンなどを学習し、行動を予測して事前に必要な情報を自動的に表示する。いずれ着ていく服や読んでおくべき本、交通ルートなどもお薦めを表示するようになるに違いない
スカイプの同時翻訳はすばらしい。日本語に対応してくれること切に願うばかりだ。このあたりにもMSの攻めの姿勢が出ていると思います。スカイプがMSに買収されたとき、誰もが失望したものだが、このような形で本当に人類に貢献できるツールに進化するとは思いもしなかった。MSはITのトップランナーに戻りつつありますね。アップル、グーグル、MSがしのぎをけずることで私たちはより良い製品を享受できるようになるのはとてもいいことです。願わくばそういう企業が日本からも出てくれればいいのだけど。
2015年01月27日 (火) | Edit |
いずれ人体もネット接続? IoTが問う利用者倫理
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82118270Z10C15A1X12000/
今年のハイテク業界も、恒例の米国ラスベガスで1月6日から9日に開催された、世界最大の家電世界の祭典「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で始動した。どこもかしこもテーマは「モノのインターネット(Internet of Things=IoT)」という、現在急激に拡大している現象だ。IoTの波により、今やパソコンや携帯電話だけでなく、自動車、家の鍵、冷蔵庫、犬の首輪と、ありとあらゆるモノが小型の無線機を通じてインターネットにつながり、すべての「モノ」がスマートフォン(スマホ)で操作でき、その状況がデータとしていつでも管理できる世の中になっている。弊社でも先日、ソニーと共同で、家の中でのIoTをテーマにした会社Qrio(キュリオ)を設立し、早速この大きな波の可能性を感じている。最初のテーマは、家の「鍵」を不要にすること。いまや誰もが持ち歩いている携帯電話を家の「鍵」と見立てれば、ネット経由でそれを一時的に貸与したり、入退室管理をしたりと、利便性は高まる。地元シリコンバレーでは、IoTの先を行って、いまやIoE(Internet of Everything)、IoU(Internet of Us)だという起業家もいる。自分の歯ブラシから靴下、じきに人体そのものにもセンサーが埋め込まれ、「我々自身(Us)」までも、実はインターネットという壮大なネットワークの一部になるということだ
昨年あたりからすごいことになっているIoTだが、今年はさらに広がりを見せそうですね。アップルやグーグルがさらに世界の中でますます重要性を増す企業になりそうです。この2つのトップ企業にMSも食い込んでいけるのかどうか、楽しみな展開になってきました。
2015年01月27日 (火) | Edit |
「ホロレンズ」を試す、MSが見せたコンピューティングの未来
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82388240W5A120C1000000/
米マイクロソフトの新製品がこれほど注目を集めたのは、いつ以来だろうか。先週発表したヘッドマウント型コンピューター「ホロレンズ」は、世界中の「ギーク(コンピューター系のオタク)」の視線を文字通りくぎ付けにした。シアトル郊外の本社で記者が試したホロレンズは、試作機ながらコンピューティングの新時代の到来を強く感じさせた。(中略)パソコンからスマホやタブレットに情報端末の主役が代わる中、マイクロソフトはここ数年、守勢に立たされてきた。VRやARの分野でも、フェイスブックやグーグルが開発者向けの試作機の販売で先行していた。だが、マイクロソフトが計画通り今年後半にホロレンズを市販すれば、「スマホの次」のプラットフォームを巡るレースで、一気にトップに立つ可能性がある。ホロレンズを発表した翌日に売り出された今年のソフト開発者向け会議「ビルド」のチケットは、1枚2000ドル以上するにもかかわらず、発売から1時間以内に完売した。4月末にサンフランシスコで開かれる同会議では、ホロレンズの開発者向けキットなどが公開される見通し。世界中から5000人以上が集まる会議で、攻めに転じたマイクロソフトがどんなメッセージを発信するか。今年は例年以上に盛り上がることになりそうだ
そうですね、いままで防戦一方だったMSですが、今回の発表でコンピューティングの未来を提示してくれた。まるでアップルのお株を奪うかのようなエキサイティングなものだった。MSはナデラ氏のもとで確実に変わった。今までの守銭奴のようにユーザーから金を巻き上げることばかりに熱中していた企業とは思えない変身ぶりだ。このホロレンズだが、使い方で多くの分野に変革をもたらすだろう。すばらしい装置だ。
2015年01月27日 (火) | Edit |
F-18戦闘機コックピットからの風景を動画で体験
http://www.gizmodo.jp/2015/01/f-18_1.html
雪山と青い空のコントラストが美しい。戦闘機F/A-18Eからの眺めってどんなだろうと思ったことは、今のところ1度もありませんし、これから乗ることもきっとないのだろうと思います。だからこそGoProの、自分は足を踏み入れない場所の映像が好きなわけです。映像は、オレゴン州ポートランドから飛び立った戦闘機から撮影されたもの。雪山に砂漠、広大な川、空がとても美しいです。でも、戦闘機ですから、きっと美しい風景だけを見るわけじゃないものね
すげー、一度でいいから乗ってみたいなー。でもVRで疑似体験できる日もそう遠くなさげですね。楽しみだなー。
2015年01月27日 (火) | Edit |
新噂:Apple Watch発売は3月、新型MacBook Airも3月までには
http://www.gizmodo.jp/2015/01/apple_watch3macbook_air3.html
噂過渡期。その頃だろうとは思っていましたが、いよいよ噂も煮詰まって真実みを帯びてきました。アップルのApple Watch発売は今年3月が濃厚と前から噂されていましたが、同じ頃新型MacBook Air(12インチ)もきそうだという話があがっています。この説を唱えているのはKGI SecuritiesのアナリストMing Chi Kuo氏。アップルにとって、2015年第1四半期は大きな鍵となりそうです。Kuo氏の予想では、3月のApple Watch発売前に、バッテリー保ちなどを含む詳細スペックをアップルが明らかにし、予約受付を始めるだろうといいます。2015年第1四半期中に、2800万台のApple Watch出荷というのも氏の予想の1つです
アップルも最近はリークを止められなくなっていますね。唯一、Apple Watchだけはリークされませんでしたが。