FC2ブログ


2015年01月16日 (金) | Edit |
中国スマホ「お手頃」脱皮に挑む 各社、高級機種に力
http://www.asahi.com/articles/ASH1H5G3NH1HUHBI01C.html?iref=comtop_list_biz_n01
低価格を売りに世界シェアを伸ばしてきた中国のスマートフォン(スマホ)メーカーが、高級分野にも力を入れ始めた。中国市場でもスマホの販売が頭打ちになり、米アップルなどに太刀打ちできなかった高級機種の市場が、今後の成長のカギを握ると見込んでいる。新興スマホメーカーの小米科技(シャオミー)は15日、北京市内で開いた発表会で、5・7インチの大画面が特色の新製品「小米Note」を発表した。このうち、半導体の性能を高め、メモリー容量を増やした「頂配(最高級)版」の価格は3299元(約6万2千円)で、1999元の「お手頃価格」が人気だった同社の主力スマホよりも6割以上も高い。シャオミーは創業5年の若いメーカーだが、2014年はスマホ販売台数が約6100万台に達し、韓国サムスン電子やアップルを追う存在に躍り出た
低価格機から高級機までラインナップを揃える作戦なのか。どっちつかずのバ韓国機は存亡の危機だろう。ソニーもうかうかしていられない。がんばれ、ニッポン。