FC2ブログ


2015年01月27日 (火) | Edit |
サービスへの理解不足が弱点に--「この世の春を謳歌する」アップルへの懸念
http://japan.zdnet.com/article/35059511/
長年のApple製品愛好者を自称し、「John Scully時代のような経験はもうこりごり」と記すMalikがここで念頭においているのは、主にネットワーク/クラウド側のこと――たとえば、「Google Now」の背景にあるマシンインテリジェンス(AI)やデータ処理に関する能力のことで、Appleがそうした部分をもうちょっとなんとかしないと、ハードウェアの素晴らしさだけでは長くこの世の春を謳歌することは難しいのではないか、といった懸念を示している(たとえば、MacのiTunesで購入した楽曲をiPhoneで探し出すのに苦労した、といった経験のある方なら、このMalikの指摘の意味が感じ取れるかと思う)
iCloudはDropboxほど使いやすくない。さらに懸念されるのがラインナップの増加傾向だ。これはジョブズを追放したあとにアップルが陥った罠で倒産寸前にまでなってしまった。ジョブズが復帰後まず手を付けたのがこのラインナップをしぼり不良在庫を一掃したことだった。そして、Apple TVがずいぶん更新されていないこと。アップルがテレビを再定義するという希望はすでにユーザーから消え去ろうとしている。現にテレビにはAndroidやFirefox OSが入りつつありアップルの入る隙間はなくなりつつある。そして、iTunesは音楽業界を革新したが、いまやユーザーはストリーミングサービスに移行しつつあり、音楽をダウンロードして聴く時代は過ぎ去ろうとしている。ジョブズのような研ぎ澄まされた嗅覚をもつ人物がいなくなったことで、上級幹部が思いつきの発言をしてそれが製品に反映されている感のある今のアップル製品はどことなく心もとなくらふらしているように見える。ジョブズの残した遺産を食いつぶすことで、4年間は大丈夫だと過去に書いたことがある。そろそろアップルは真価が問われる頃にさしかかったと言っていい。
2015年01月27日 (火) | Edit |
テナントが去り続ける中国の電脳街--オンラインショップの台頭で窮地に
http://japan.zdnet.com/article/35059486/
中国語では数碼街、日本人向けには電脳街と呼ばれる中国各地のパソコンショップ街が、オンラインショップの台頭で窮地に貧している。特に中国のシリコンバレーと現在進行形で呼ばれている北京の「中関村(ジョングワンツゥン)」は酷い状況だ。中関村はハイテクパークの側面もあるものの、北京の中心からは遠いため、他の都市よりもフロアの空洞化が目立つ。パソコンだけでなく、スマートフォンフロアですらも、空きテナントがあり、状況は深刻だ。中国各都市の電脳街・数碼街は、無数のパソコンショップがテナントに入るビル「数碼城」数棟がランドマークとなっている。1階は有名メーカーのノートパソコンフロア、2階がデジタルカメラなどデジタル家電フロア、3階が自作パソコンフロア、4階がケーブルなどのアクセサリフロアとなっている
秋葉原が沈まないのはなぜなんだぜ。私なんかはもうアマゾンかヤフオクでしか買わなくなった。そこでないものは、サイトに行って直接購入する。それですべて購入できる。ただ、地元のホームセンターが撤退したらいけないのでなるべくそこでは買うようにしている。
2015年01月27日 (火) | Edit |
Windows 10のプレビュー版で新しい時計・カレンダーを有効にする方法を発見
http://jp.techcrunch.com/2015/01/27/20150125heres-how-to-turn-on-windows-10s-new-hidden-calendar-and-clock/
手持ちのパソコンのどれかにすでにWindows 10の最新プレビュー版(ビルド9926)をインストールしているTechCrunch読者も多いことだろう。そうであれば、右下隅の時計をちょっとクリックしてみて欲しい。私の感想を言わせてもらえば、がっかりするほど平凡だ。ところがちょっとしたハックで下のスクリーンショット(画像はBrad Sams)から)のように変身させることができる。(中略)ここでもういちど時計をクリックすると―ジャジャン!新しいおもちゃが登場する。Windows 10はまだまだバグ潰しの段階だが、この時計でもわかるようにいろいろと未発表の新機軸を隠しているようだ。Windows 10はまだ日常メインのマシンで使えるほど成熟してはいない。しかし、私のような長年のWindowsユーザーで、特にWindows 7のファンにとって、Windows 10のデザインは「クラシックなWindows」に感じられ、大いに快適だ。新機能も多いが、Windows 8とは異なり、邪魔にならない
まぁ、これをやってどうなんだという話なんだが・・・。スタートボタンが戻ったことはいいことだ。Windows8もスタートボタンさえあれば、これほどひどいことにはなっていなかったはずだ。
2015年01月27日 (火) | Edit |
SurfaceとLumiaがクリスマス商戦で健闘してMicrosoftの決算報告に新記録をもたらす
http://jp.techcrunch.com/2015/01/27/20150126surface-and-lumia-clock-record-numbers-for-microsoft-during-holiday-season/
Microsoftは昨年の10−12月期でLumiaのハンドセットを1050万台売り、Surface製品の売りげは11億ドルだった。どちらの数字も、新記録だ。電話機全体の売上額は23億ドルで前四半期の26億ドルより少ない。ただしこの数字には通常のケータイが大量に含まれているから、あまり評価の手がかりにはならない。(中略)Surfaceの売上は今期に2億ドルあまり伸びた(前年同期比)が、同時期にLumiaのハンドセットは120万ドルというささやかな伸びだ。Surfaceの売上は前期比で20%伸びているが、Lumiaは成長率13%とやや低い。同社は、新記録ではあっても目覚ましい成長ではないことに、気づいているのだろう。この四半期はクリスマス商戦が含まれるから、それがなければ、台数も売上も共に落ち込んだ可能性もある
MSはとっととSurfaceなど捨てて水平分業に戻るべきだ。今後Windows10がPCにもSurfaceにもXboxにも載ってくるわけだからそうした方がMSにとってもいいはずだ。水平分業が最後は垂直統合に勝利することはMS自身が一番よくわかっているはずなのに。
2015年01月27日 (火) | Edit |
有機ELにHDR、中国メーカーの躍進、そしてテレビ向けOSの行方――「2015 CES」を象徴する4つのトピック
http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1501/26/news089_4.html
ユーザーインタフェースやレスポンスの良さでテレビの使い勝手が大幅に変化するのは、昨年最初のwebOS TVを実際に触れて実感しているので、これは納得の方向性だ。実際、展示ブースでOS名を大々的に出していたのはLGの「webOS」くらいで、ソニーとシャープではAndroid TVの表記は小さく、パナソニックでもコンテンツ関連のコーナーで「Firefox OS」の表記がかろうじて発見できるくらいだ。サムスンにいたっては「Tizen」という表記そのものがなく、各社ともにOSのブランドを重視していないことが分かる。各社がばらばらのモバイルOSプラットフォームを採用したのは、政治的な事情が大きいと思われるが、OSの継続開発が行える限り、“Android TVがテレビ業界を制す”ようなことは当面発生しないだろう
Tizenを採用したサムチョンは、日進月歩で進化するインターネット系の技術をつねに自社でキャッチアップする必要がありここで労力を消費してしまうだろう。WebOSを採用したLGもそれは同じ。AndroidやFirefox OSなら開発されたものに手を加えるだけなので他の機能に時間と労力がさける。日本企業が有利になりそうなのはこのためだ。私は、AndroidとFirefox OSに収斂すると見ている。そこにアップルやMSが入ってくるかは不透明だ。逆にApple TVのようなガジェットは、今後急速に存在意義を失うだろう。
2015年01月27日 (火) | Edit |
「HAL9000」登場間近か 進化する人工知能
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82212740R20C15A1H56A00/
映画「2001年宇宙の旅」に出てくる「HAL9000」という人間の知能を持ったコンピューターは、設定上は1992年に完成しているはずだった。それほど人工知能(AI)の分野は予想よりも進歩しなかったといえるかもしれない。だが12年ごろから、人間の脳機能を模した「機械学習」が急速に進化し、中でも「ディープラーニング」と呼ばれる技術が注目されている。一例が米マイクロソフトのビデオチャットサービスのスカイプだ。「スカイプ・トランスレーター」というリアルタイム翻訳機能の試験運用をこのほど始めた。ついに人類積年の夢である自動翻訳の世界が登場しようとしているのだ。(中略)グーグルも現在、戦略的にAI研究には大きな力を注いでいる。検索結果の精度を劇的に向上させるとの期待だけではない。例えばスマートフォン(スマホ)向けに提供するサービス「グーグルナウ」。利用者が今必要としている情報を提供するこの仕組みは、まさにAIを活用する未来のためのサービスだ。利用者の日常的な行動パターンなどを学習し、行動を予測して事前に必要な情報を自動的に表示する。いずれ着ていく服や読んでおくべき本、交通ルートなどもお薦めを表示するようになるに違いない
スカイプの同時翻訳はすばらしい。日本語に対応してくれること切に願うばかりだ。このあたりにもMSの攻めの姿勢が出ていると思います。スカイプがMSに買収されたとき、誰もが失望したものだが、このような形で本当に人類に貢献できるツールに進化するとは思いもしなかった。MSはITのトップランナーに戻りつつありますね。アップル、グーグル、MSがしのぎをけずることで私たちはより良い製品を享受できるようになるのはとてもいいことです。願わくばそういう企業が日本からも出てくれればいいのだけど。
2015年01月27日 (火) | Edit |
いずれ人体もネット接続? IoTが問う利用者倫理
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82118270Z10C15A1X12000/
今年のハイテク業界も、恒例の米国ラスベガスで1月6日から9日に開催された、世界最大の家電世界の祭典「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)」で始動した。どこもかしこもテーマは「モノのインターネット(Internet of Things=IoT)」という、現在急激に拡大している現象だ。IoTの波により、今やパソコンや携帯電話だけでなく、自動車、家の鍵、冷蔵庫、犬の首輪と、ありとあらゆるモノが小型の無線機を通じてインターネットにつながり、すべての「モノ」がスマートフォン(スマホ)で操作でき、その状況がデータとしていつでも管理できる世の中になっている。弊社でも先日、ソニーと共同で、家の中でのIoTをテーマにした会社Qrio(キュリオ)を設立し、早速この大きな波の可能性を感じている。最初のテーマは、家の「鍵」を不要にすること。いまや誰もが持ち歩いている携帯電話を家の「鍵」と見立てれば、ネット経由でそれを一時的に貸与したり、入退室管理をしたりと、利便性は高まる。地元シリコンバレーでは、IoTの先を行って、いまやIoE(Internet of Everything)、IoU(Internet of Us)だという起業家もいる。自分の歯ブラシから靴下、じきに人体そのものにもセンサーが埋め込まれ、「我々自身(Us)」までも、実はインターネットという壮大なネットワークの一部になるということだ
昨年あたりからすごいことになっているIoTだが、今年はさらに広がりを見せそうですね。アップルやグーグルがさらに世界の中でますます重要性を増す企業になりそうです。この2つのトップ企業にMSも食い込んでいけるのかどうか、楽しみな展開になってきました。
2015年01月27日 (火) | Edit |
「ホロレンズ」を試す、MSが見せたコンピューティングの未来
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO82388240W5A120C1000000/
米マイクロソフトの新製品がこれほど注目を集めたのは、いつ以来だろうか。先週発表したヘッドマウント型コンピューター「ホロレンズ」は、世界中の「ギーク(コンピューター系のオタク)」の視線を文字通りくぎ付けにした。シアトル郊外の本社で記者が試したホロレンズは、試作機ながらコンピューティングの新時代の到来を強く感じさせた。(中略)パソコンからスマホやタブレットに情報端末の主役が代わる中、マイクロソフトはここ数年、守勢に立たされてきた。VRやARの分野でも、フェイスブックやグーグルが開発者向けの試作機の販売で先行していた。だが、マイクロソフトが計画通り今年後半にホロレンズを市販すれば、「スマホの次」のプラットフォームを巡るレースで、一気にトップに立つ可能性がある。ホロレンズを発表した翌日に売り出された今年のソフト開発者向け会議「ビルド」のチケットは、1枚2000ドル以上するにもかかわらず、発売から1時間以内に完売した。4月末にサンフランシスコで開かれる同会議では、ホロレンズの開発者向けキットなどが公開される見通し。世界中から5000人以上が集まる会議で、攻めに転じたマイクロソフトがどんなメッセージを発信するか。今年は例年以上に盛り上がることになりそうだ
そうですね、いままで防戦一方だったMSですが、今回の発表でコンピューティングの未来を提示してくれた。まるでアップルのお株を奪うかのようなエキサイティングなものだった。MSはナデラ氏のもとで確実に変わった。今までの守銭奴のようにユーザーから金を巻き上げることばかりに熱中していた企業とは思えない変身ぶりだ。このホロレンズだが、使い方で多くの分野に変革をもたらすだろう。すばらしい装置だ。
2015年01月27日 (火) | Edit |
F-18戦闘機コックピットからの風景を動画で体験
http://www.gizmodo.jp/2015/01/f-18_1.html
雪山と青い空のコントラストが美しい。戦闘機F/A-18Eからの眺めってどんなだろうと思ったことは、今のところ1度もありませんし、これから乗ることもきっとないのだろうと思います。だからこそGoProの、自分は足を踏み入れない場所の映像が好きなわけです。映像は、オレゴン州ポートランドから飛び立った戦闘機から撮影されたもの。雪山に砂漠、広大な川、空がとても美しいです。でも、戦闘機ですから、きっと美しい風景だけを見るわけじゃないものね
すげー、一度でいいから乗ってみたいなー。でもVRで疑似体験できる日もそう遠くなさげですね。楽しみだなー。
2015年01月27日 (火) | Edit |
新噂:Apple Watch発売は3月、新型MacBook Airも3月までには
http://www.gizmodo.jp/2015/01/apple_watch3macbook_air3.html
噂過渡期。その頃だろうとは思っていましたが、いよいよ噂も煮詰まって真実みを帯びてきました。アップルのApple Watch発売は今年3月が濃厚と前から噂されていましたが、同じ頃新型MacBook Air(12インチ)もきそうだという話があがっています。この説を唱えているのはKGI SecuritiesのアナリストMing Chi Kuo氏。アップルにとって、2015年第1四半期は大きな鍵となりそうです。Kuo氏の予想では、3月のApple Watch発売前に、バッテリー保ちなどを含む詳細スペックをアップルが明らかにし、予約受付を始めるだろうといいます。2015年第1四半期中に、2800万台のApple Watch出荷というのも氏の予想の1つです
アップルも最近はリークを止められなくなっていますね。唯一、Apple Watchだけはリークされませんでしたが。
2015年01月27日 (火) | Edit |
親が子どものスマホやPCを制限しないと罰金になる法律が施行される
http://gigazine.net/news/20150126-law-of-computer-for-kids/
スマートフォン・タブレット・PCなどの電子機器類はインターネットにアクセスすることで簡単に動画を見たり、ゲームをプレイすることができます。子どもにとって魅力的な道具であるため、「外で遊ばずにずっとスマホをいじっている」という問題が起きてしまうわけですが、18歳未満の子どもに長時間にわたってスマートフォン・タブレット・PCを使わせている親に対して、1600ドル(約18万8000円)の罰金を科す法律が台湾で施行されました。台湾で新しく施行された法律は、電子機器による過度の時間浪費を喫煙・飲酒・ドラッグ・性的または暴力的映像と同一視するもので、18歳未満の子どもたちに際限なくスマートフォン・タブレット・PCを使わせないようにするという内容になっています。法律を破った子どもが罰せられることはありませんが、子どもを肉体的・精神的に電化製品にさらした親は、1600ドル(約18万8000円)の罰金となります。しかし、法律には「何時間が不当であるか」という点は明記されていないとのこと
えー、法律で縛るのはいかがなものかなー。ドラッグとはまったく違うと思うのだが。
2015年01月27日 (火) | Edit |
ついに政府公認Bitcoin取引所が誕生、Bitcoinの本格普及にはずみ
http://gigazine.net/news/20150127-first-regulated-bitcoin-exchange/
仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」の大手取引所Coinbaseが、正式にアメリカの24州で認可を受けて、公認ビットコイン取引所「Coinbase Exchange」をオープンしました。大手ビットコイン取引所のCoinbaseは、ニューヨーク州、カリフォルニア州などを含むアメリカ合衆国の24州で正式に認可を受けたビットコイン取引所「Coinbase Exchange」のサービスをスタートさせました。Mt.GoxやBitstampなどの大手ビットコイン取引所がハッキング攻撃を受けるなど、ビットコインが集まる取引所はハッカーの格好のターゲットとなっていますが、CoinbaseによるとCoinbase Exchangeにおいては顧客のビットコインの98%はオフラインウォレット(コールドウォレット)に保管されているため安全面に万全の態勢が取られているとのこと。実際にCoinbaseもハッカーから攻撃を受けながらも、度重なるシステムのアップデートで攻撃をしのいできています
おおっ、一時はその未来を危ぶむ声も出ていたこのBitcoinだが、これで大きく羽ばたきそうな勢いですね。
2015年01月27日 (火) | Edit |
VRゴーグルOculus VR、仮想現実映画の制作に進出--スタジオ設立を発表
http://japan.cnet.com/news/business/35059531/
Oculus VRは米国時間1月26日、仮想現実(VR)映画の制作を手がける子会社Oculus Story Studioの設立をユタ州パークシティで開催のSundance Film Festivalで発表した。手始めにこの日の夜、同スタジオ初の作品となる5分間の短編アニメ『Lost』を披露する予定だ。Oculusのモバイル事業を率いるMax Cohen氏は、2014年の米CNETとのインタビューで、同社は「既存のコンテンツや映画を、優れたVR環境に移植する能力を市場にもたらすことが目標」だと述べていた。すなわち、あらゆるVRデバイスメーカーが抱える主な問題は、コンテンツを用意することだ。複数のハリウッドの映画会社がVR市場への参入を検討する様子をみせており、一部はすでに同技術の調査を開始している。しかし、自社の全作品をVRに移植する決断に踏み切ったところはまだない
このVR仮想現実が今年激しく来そうですね。RPGなんかの没入感がすごい気がする。
2015年01月27日 (火) | Edit |
サムスン、次期「iPhone」用チップの75%を供給予定か
http://japan.cnet.com/news/business/35059521/
Appleの次期「iPhone」で必要になるチップのうち、75%をサムスンが提供する予定であるという。韓国のMaeil Business Newspaperが現地時間1月26日、サムスンとAppleの計画に詳しい人々の話として報じた。サムスンはそれらのチップ(「A9」という名称になると考えられている)をテキサス州オースティンの同社工場で製造する予定だと同紙は報じている。サムスンは何年も前からAppleのスマートフォン向けプロセッサを提供している。Appleがこのことを明らかにすることはほとんどないが、ここ数年間、同社はライバルからプロセッサを購入することを快く思っておらず、ほかのチップメーカーを探していることを示唆する報道やうわさが絶えることはなかった。Appleから見ると、チップメーカーの選択肢はたくさんあるが、それらは魅力的ではないようだ。サムスンには、GLOBALFOUNDRIESやTaiwan Semiconductorなど、多くのライバルが存在する。しかし、これまでのところ、Appleは同社のチップの製造すべてをサムスン以外のチップメーカーに委託することはできていない
なんだよ、アップルは敵に塩を送るようなことをするんだろう。おもしろくもない。
2015年01月27日 (火) | Edit |
2015年にChromebookが台風の目となる4つの理由(前)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/15/011900006/011900001/?top_tl1
最初に告白しておきたいことがある。筆者はChrome OSの成功をずっと信じてきたわけではないということだ。今から1年前は、皆と同じように、Chromebookは失敗する運命にあると思っていた。ブラウザーしか動かないノートパソコンなんて、いったい誰が欲しいだろうか。だが、Googleはあきらめることなく機能強化を続け、荒削りだった部分に磨きをかけてきた。そして、それがついに実を結びつつある。Chromebookの利用は2014年に急増し、Chrome OSは猛烈な勢いで2015年に突入した。この記事では、その背景にある4つの要因を見ていきたいと思う。
1:学校向け導入が引き続き拡大
2:「モバイルファースト、クラウドファースト」の隆盛
確かにPhotishopとOfficeが使えれば教育現場などの分野では採用しやすいかもしれない。だが個人で導入しようとは思わない。
2015年01月27日 (火) | Edit |
4790K&GTX 980で最速! 水冷で安定! 最強ゲーミングPC「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」
http://ascii.jp/elem/000/000/971/971374/
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」を始め、重量級のPCゲームをしっかりと楽しむのなら、CPUもGPUも最速を選びたい。そんな方にお勧めなのが、日本ヒューレット・パッカードのゲーミングPCのなかでも最高性能を誇るデスクトップPC「ENVY Phoenix 810-480jp/CT」だ。「ENVY Phoenix 810-480jp/CT」のCPUは、クアッドコアのCore i7-4790(3.60GHz)または「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K(4.0GHz)に対応。グラフィックスは、エヌビディアGeForceシリーズ最速である「GeForce GTX 980」を筆頭に、GeForce GTX 760/770といったハイスペックなGPUを用意する。さらに大容量メモリーや高速なストレージ、高負荷状態でもダウンしないための冷却システムなど、高性能なパーツをふんだんに取り揃えており、最速を求めるゲームプレイヤーにピッタリの製品なのだ。「ENVY Phoenix 810-480jp/CT」の実力を測るべく、ベンチマーク結果などを紹介しよう
超弩級PCなんだが、デザインがね、なんとも残念・・・。どうしてWindowsパソコンはこんなにデザインが悪いんだろう。マウスのワークステーションはいい感じだけどね。

20150127-001
     ▲マウスコンピューターのこれはなかなかかっこいい
2015年01月27日 (火) | Edit |
ソニー「エクスペリア」を格安スマホに投入へ イオンから発売 高級モデル路線を変更
http://www.sankei.com/economy/news/150127/ecn1501270005-n1.html
ソニーが、流通大手イオンとタッグを組み、格安スマートフォン市場に参入する方向で最終調整していることが26日、分かった。早ければ今春にも、ソニー製の端末をイオンが販売する。携帯電話事業の不振で、構造改革を進めているソニーは高級モデルに特化する方針だったが、通信料金が安い格安スマホが国内で急速に普及しており、供給を決めた。国産でブランド力の高いソニーの参入で格安スマホ市場がさらに拡大する可能性がある。ソニーの「エクスペリア」シリーズの旧モデルをイオンの各店舗で販売。端末価格は最新モデルの半額程度の3万円台を想定している。月額料金は通信費と端末合わせて3千円程度
えー、そっちへ行くのか?ソニーはアップルと互角に戦えるだけの品質を備えていると思う。高級機市場で戦わないとアイデンティティーが失われる可能性が高い。
2015年01月27日 (火) | Edit |
マイクロソフト、第2四半期決算を発表--「Surface」やエンタープライズ分野など好調
http://japan.cnet.com/news/business/35059513/?tag=as.latest
Microsoftが第2四半期決算(米国時間12月31日締め)を発表した。エンタープライズ製品で好調な利益と売上高を計上した。また、「Surface」の売上高は11億ドルに達した。Microsoftの売上高は265億ドル、1株あたり利益は71セントだった。この結果には、Nokiaの買収および再編に伴う統合費用が含まれている。また、1株あたり4セントの法人所得税費用も含まれている。ウォール街の予測は、売上高263億3000万ドル、1株あたり利益71セントだった。Microsoftは今回の決算報告に先立ち、数日間にわたってさまざまな発表を行った。同社は先週、「Windows 10」の機能を詳しく説明し、主流の仮想現実(VR)分野における足掛かりを得るための2つの取り組みである「HoloLens」と「HoloStudio」を発表した。また、企業におけるコラボレーション向けに設計され、同社のクラウドサービスと連携する4Kディスプレイ「Surface Hub」も発表している。さらにMicrosoftは、Revolution Analyticsの買収を発表した。Revolution Analyticsは、プログラミング言語「R」を用いたビッグデータの処理を専門としている。またビッグデータ分野において、Microsoftは同社の社内用ビッグデータサービス「Cosmos」を、有償版としてリリースすると報じられている
Windows8の不調などどこふく風ですな。これでWindows10で回復すれば勢いがつきそうですね。