FC2ブログ


2015年02月09日 (月) | Edit |
[データは語る]今年の「iPad」出荷台数は30%減、昨年を上回る落ち込みとの予測
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/110601779/020900101/?top_tl1
米Appleのタブレット端末「iPad」の2015年における出荷台数は4400万~4500万台程度にとどまり、2014年に比べ約30%減少するとの予測を、複数の海外メディアが現地時間2015年2月6日に報じた。2014年のiPadの年間出荷台数は前年比で15%減少したが、2015年はそれを上回る落ち込みになるという。これはApple製品の市場動向に詳しい台湾KGI Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏が予測したもの。同氏が2月6日に顧客向けに出した調査ノートを、Apple関連情報サイト「9to5Mac」や「AppleInsider」が入手した。それによると、Kuo氏は2015年第1四半期(1~3月)のiPadの出荷台数が1010万台になると予測している。これは前年同期と比較すると52.7%減。同氏は、同年第2四半期(4~6月)の出荷台数が同30~40%減の700万~800万台になるとも予測している。これにより2015年は、上半期の出荷台数が前年同期比40%減の約1800万台、年間出荷台数が同30%減の4400万~4500万台になるとしている
タブレットがPCに取って代わるとさかんに言われたものだが、タブレット自体これほど減少していることは当時の記事を書いた記者どもはどう説明するんだろうか。需要が一巡したのとiPhoneが大型化したのがかなり影響していると思う。タブレットがPCを駆逐することはない。
2015年02月09日 (月) | Edit |
Apple、iPhotoに代わる画像ソフト「Photos for OS X」を今春リリースへ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/020600448/?top_nhl
米Appleは、新たなOS X向け画像管理ソフトウエア「Photos for OS X」を今春リリースする計画であることを明らかにした。同社サイトに開設したプレビューページで、「Coming This Spring(今春登場)」と示している。Apple関連の情報サイト「AppleInsider」によると、Appleは現地時間2015年2月5日に「OS X Yosemite」の次回アップデート「10.10.3」の初回ベータ版を開発者向けに提供を開始。これに画像管理ソフトウエアとして従来の「iPhoto」ではなくPhotos for OS Xが搭載されている。Photos for OS Xのアイコンやルック&フィールは同社がモバイルプラットフォーム「iOS 8」で提供している「Photos」と統一されており、デスクトップとモバイル間でのスムーズなやりとりの実現が図られている
ということです。Yosemiteの次期バージョンから提供されるようです。
2015年02月09日 (月) | Edit |
ため息が出るほど快適な、第3世代「ThinkPad X1 Carbon」
http://ascii.jp/elem/000/000/976/976412/
第3世代のThinkPad X1 Carbonは筐体はもちろんマザーボードをはじめとした基本的な設計も第2世代機と変更がないという。変更点としては、キーボードとCPUそしてSSDの3点に集約されている。しかし実際に使ってみると、ひとつひとつの作業をこなすたびに確固たる信頼感があり、かつ性能・バッテリー寿命ともに余裕を感じさせる。これには新CPUやPCIe x4接続のSSDなどの搭載だけでなく、それ以上に先代の第2世代機の時点ですでにパソコンとしての優れた素性を持っており、次世代を見すえた設計がなされていたということなのだろう。キーボードの変更によって、実際の売れ行きには影響が出なかったというが、それもうなづける話だ。そういう意味では、第3世代のThinkPad X1 Carbonはキーボードやタッチパッドだけが理由で、第2世代機を敬遠してしまった層にとっても導入がしやすい1台となった
ThinkPadは根強いファンが多いので有名だが、これで動くOSがWindows8であることはとても残念だ。
2015年02月09日 (月) | Edit |
数字で見る、デザイン業10年選手が愛用するウェブ制作ソフトの正体
http://ascii.jp/elem/000/000/973/973030/
「ホームページ制作歴」は、10年以上の人が最も多くて、5~10年未満という人が続いています。BiND・BiNDクラウドを使っている人に、ホームページ制作歴が長い人が多いということがわかります。BiNDの利用歴を見ると、7年以上という人が2割以上もいます。BiNDのバージョン1が発売されたのが7年前なので、多くの人がBiNDと同じ歩みを経てホームページを作っているということになりますね。一緒に成長してきたような(笑)
ということです。へー、BiNDはベテランに支持されているのか。このブログでも取り上げたことがあるけど有料というがね・・・。
2015年02月09日 (月) | Edit |
「アップルウオッチ」にヒットが期待できない理由
http://www.cnn.co.jp/tech/35060013.html?tag=cbox;tech
アップルウオッチが即座にヒットするとアップルが思っていない理由は以下の通り。350ドルという値段。わずかに利便性が高まるだけという製品に払う金額としては相当高い。アップルウオッチにiPhone以上の機能はほとんどない。ただiPhoneの一部機能が手首の上で使えるというだけだ。ウェアラブル端末がヒットしないのは、価格に見合うだけの機能がないという理由による。バッテリー持続時間は10時間といううわさが本当ならあまりにひどい。それでは仕事をして通勤している間にバッテリー切れになる。アップルウオッチの機能はあまりに多く、サイズはあまりに小さいので、バッテリー持続時間を延ばすためにできることはあまりなさそうだ。他社のスマートウオッチが機能を絞り込み、残りの機能をスマートフォンに肩代わりさせている理由はここにある。(中略)昨年秋にアップルウオッチを披露したクック最高経営責任者(CEO)は、そのデザインの美しさを絶賛した。しかしこの市場には、例えば「Moto 360」など、もっと見かけのいい製品が存在する。アップルウオッチはどう見てもごつごつして重たそうで、アップルのほかの製品に比べると見苦しい
このようなレビューは製品が出てから書くべきだろう。この筆者はMoto 360に比べて美しくないと書いているが私にはそうは思えない。Moto 360の文字盤の下が少し切れているところがものすごく残念だ。あれがなければすばらしいデザインなのに。確かにApple Watchの分厚い筐体はイマイチだが、電池の持ち時間を考えるとしかたがない選択なのだろう。それも次のバージョンからは薄くなったことを強調するプレゼンが出るはずだ。そして、未知のHealth Kitの機能が明らかになっていない今、必要ないと断言しているのは間違いだ。
2015年02月09日 (月) | Edit |
MacBookを購入すると印刷された画像が送られる詐欺が発生!
http://news.livedoor.com/article/detail/9764096/
いくら最新のMacBook Airが欲しいからと言って、安易にネットオークションを利用するのは考えものかも知れません。MacBookをeBayで買ったら、MacBookを印刷した紙切れを送りつけられた男性が話題となっています。イギリスに住むPaul Barringtonさんは、460ドル(54,300円)でMacBookを競り落とした時、これで新たにビジネスを始めることができると考えたそうです。結婚式で音楽を担当するDJになることが夢で、MacBookを使って必要なソフトウェアをダウンロードしようと計画していました。大切なサーフボードを売ってまでして資金を作り、MacBookが到着するのを楽しみにしていましたが、送られてきた商品はなんとMacBookがプリントアウトされた紙切れでした。しかもカラー印刷ですらありません
これはひどい。オークションは安いかわりにこういうリスクがつきまといますね。私はまだこういう被害にはあったことがありません。いままでいい人ばかりでラッキーでした。
2015年02月09日 (月) | Edit |
ツイッタースパム蔓延、広告にまで登場
http://www.yomiuri.co.jp/it/security/goshinjyutsu/20150206-OYT8T50174.html?from=ytop_ylist
Twitterのスパム(迷惑メッセージ)が止まらない。著名人などのアカウントで、不正な連携アプリによってアダルトサイトの宣伝がまき散らされている。Twitterの広告にまで登場しているので注意が必要だ。先週の記事「ツイッター乗っ取りスパム:実在の会社を利用」でTwitterアカウントがパスワードリスト攻撃で乗っ取られる事例を紹介した。さらに今度はTwitterの不正な連携アプリによる被害が広がっている。2月1日には「イスラム国」の後藤さん殺害ニュースに乗じた悪質なスパムが出回った。殺害映像が見られるとして誘導するもので、リンクをクリックして承認すると、連携アプリがTwitterに紐ひも付けられ、さらにスパムをまき散らすという被害が出る
いよいよ末期症状ですな、ツイッター。スパムという癌に蝕まれ始めました。ツイッターは昨年から利用者の伸び率がジリ貧し始めており、今年はよりいっそうミクシィ化が深刻になりそうです。

Twitter、2014年Q4の収支は予測以上、ユーザー数は伸び悩み
http://jp.techcrunch.com/2015/02/06/20150205twitter-reports-better-than-expected-q4-profit-weak-user-growth/
今日(米国時間2/5)の株式市場終了後、Twitterは第4四半期の決算を報告し、1株当たり利益は0.12ドル(調整後ベース)、売上は4.79億ドルだった。同社の1株当たり利益は、調整後純利益7900万ドルに基づく。ウォール街の予想は、1株当たり利益0.06ドル、売上4.53億ドルだった。時間外取引におけるTwitter株は、決算発表直後に下落したが、その後取り戻し現在3%以上の高値をつけている。同社は月間アクティブユーザー数が2.88億人となり、前四半期の2.84億人から増加したことも報告した。対前年比では20%増。Twitterは、上場以来財務状況は好調だが、サービスの中核である月間アクティブユーザー数は、一部投資家を満足させる速さでは伸びていない。同社は、様々な収益化チャネルによって、リーチを拡大していると主張している。しかしながらTwitterのユーザー数増加の鈍化は、様々な場面で株価に影響を与えている
それでもかなりの利益を出している模様。

このグラフでTwitterの成長減速が一目瞭然
http://jp.techcrunch.com/2015/02/06/20150205heres-twitters-slowing-user-growth-in-one-chart/
売上でも利益でもアナリストの予想を上回る好調な第4四半期決算を受けて、Twitterの株価は7%ほど上がった。しかし同時に成長が大きく減速していることもはっきりした。前四半期にTwitterはわずか400万人の新規月間アクティブ・ユーザーしか加えることができなかった(電話会見でさらに説明があるだろう)。この400万人を加えて、Twitterの月間アクティブ・ユーザー数は2億8400万人から2億8800万人となった。対前年同期比では20%のアップだが、直前の第3四半期からはわずか1.4%の増加にすぎない。ただ奇妙なことに、Twitterは第4四半期のユーザー数増加が目立って低い傾向がある。上のグラフでも分かるように2012年第4四半期を例外として、他の四半期はその前後の四半期より伸びが低い。この点を考慮に入れると、2014年第4四半期のユーザー数の伸びの低下も、Twitte特有の季節変動が一因となっているのかもしれない
成長はほぼ止まっていると見ていい。これからは衰退期に入る。

20150209-003
     ▲一目瞭然
2015年02月09日 (月) | Edit |
人工知能の開発、海外に遅れ…総務省が研究会
http://www.yomiuri.co.jp/it/20150207-OYT1T50012.html?from=ytop_ylist
総務省は6日、人工知能の研究開発の強化策などについて話し合う有識者による研究会の初会合を開いた。ロボットなどの頭脳にあたる人工知能の技術は、様々な分野での応用が可能で、先行した企業や国にとって大きな武器になる。一方で、2045年頃には人工知能が人類の能力を超えるとの予測がある。そうした事態にどう向き合うかも本格的に議論する。米国の未来学者レイ・カーツワイル氏は、45年には1台1000ドル(約12万円)程度のパソコンの情報処理能力が全人類の能力を超えると予測した。「2045年問題」と言われ、同氏は人工知能が人間の意思を介さずに仕事をしたり、自らを超える人工知能を作り出したりすると考えている
アップルやグーグル、マイクロソフトがこの人工知能の開発にしのぎを削っており、日本はロボット技術では一歩抜きん出ているが、頭脳に関しては後れを取っている。ただ、官が主導するプロジェクトは成功したためしがない。和製検索エンジンなんか巨額の血税を投入したのにどうなったのだろうか。
2015年02月09日 (月) | Edit |
初の「Ubuntu」搭載スマートフォン、欧州で発売へ
http://japan.cnet.com/news/service/35060136/?tag=as.latest
初の「Ubuntu」搭載スマートフォンが欧州でついに発売される。これが他と少し異なるのは、Ubuntuを搭載するということだけではない。この「BQ Aquaris E4.5 Ubuntu Edition」は、数量と期間を限定したフラッシュセールで提供される予定だ。BQが提供する「Aquaris E4.5」スマートフォンのこの新しいバージョンは、Ubuntu OSを搭載する初の商用スマートフォンだ。同端末は、一連のフラッシュセールで販売される予定で、各フラッシュセールは期間限定となる。最初の販売については2月10日に、UbuntuのTwitter、Google+、Facebookの各ページと、BQのTwitterアカウント「bqreaders」で詳細が発表される予定だ。「Windows」またはAppleの「Mac」を搭載しないPC用の代替OSとして最もよく知られるUbuntuは、オープンソースであり、開発者や機械いじりが好きなユーザーに愛用されている。同OSの開発元である英国企業Canonicalは、同OSの適用範囲をスマートフォン、タブレット、スマート端末、さらにはドローンにまで拡大することを計画している
第3のOSとして頓挫した感のあったUbuntu OSだがどうやらリリースにこぎつけたようですね。これでAbdroid、iOS、Windows10、Firefox OS、Ubuntu OSの5つが競争に入ることになります。バ韓国勢が擁するWeb OSとTizenは、黒歴史化するだろう。