FC2ブログ


2015年02月16日 (月) | Edit |
SonyがGoogle Glassの自滅を待っていたかのように独自の電脳眼鏡を再デビュー
http://jp.techcrunch.com/2015/02/14/20150213google-glass-may-be-on-shaky-ground-but-sonys-showing-off-its-new-smart-eyeware/
SonyのSmartEyeglass Attach!は今年のConsumer Electronics Show(CES)でデビューし、既存の眼鏡やゴーグルなどに装着して使う点がユニークなスマートアイウェア(smart eyeware)だ。コンセプトとしてはGoogle Glassと同じ物だが、Google Glassがこけた今となって、上のようなデモビデオをしっかりと発表するSonyの根性がおもしろい。でもスマートグラス(電脳眼鏡)は、Googleよりも本来デバイスメーカーであるSonyが出す方が似合っている。同社は、特殊なスポーツファン向けのアクションカメラや、企業のニーズに対応したVAIOシリーズなど、ニッチ的な製品も少なくない。このSmartEyeglass Attach!は、これまでのGoogle Glass的なSmartEyeglassをモジュール化してユーザの自由度を高め、産業用としても、あるいはアクションスポーツ用としても、高価な専用デバイスの必要性をなくし、いろいろな実際的ニーズにより簡易に対応しようとしている
だいぶかっこよくなりましたね。録画機能がないのなら社会に受け入れられるでしょう。ただ、私はこういうガジェットについては懐疑的です。マイクロソフトのホログラムグラスを見た後ではイマイチ感が大きいですね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
Windows 10のCortanaがデジタル生活を変える
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/16/188/
もちろん従来のデスクトップPCでCortanaが常に動作していても利便性は大きくない。ポイントはWindows 10がPCやタブレットだけではなく、スマートフォンでも動作する点だ。2015年2月12日(米国時間)に「Windows 10テクニカルプレビュー for Phones」がリリースされたが、Windows 10はPC/タブレット/スマートフォンという異なるデバイスで同じコアプラットフォーム化を目指している。そのため、Windows 10を搭載したPCとスマートフォン両者があれば、Cortanaの情報カードが示した通勤情報をWindowsストアアプリの「地図」で確認し、その情報をスマートフォン上でナビゲーションするようなシナリオも実現可能。たとえばオフィスのWindows 10搭載PCで取引先などへの外出予定を登録し、外出時に所持するWindows 10 for Phones搭載スマートフォンで目的地までの移動を確認するといった具合だ。このシナリオからCortanaの存在が、Windows Phoneの訴求性を高めると同時に、日本再上陸の可能性を押し上げることにつながると述べても構わないだろう
音声認識で遅れていたWindows環境が一気に追いつく可能性を秘めたアプリですね。期待しないで待っていましょう。
2015年02月16日 (月) | Edit |
「Apple Pay」を米連邦政府が採用 サイバーセキュリティの官民連携の一環で
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/16/news042.html
米連邦政府は同日発表したファクトシートで、Apple、Intel、Box、SquareなどのIT企業、SymantecやIntelが参加するCyber Threat Alliance、さらにBank of America、Visa、MasterCard、AIGなどの金融・保険企業による連邦政府への協力を紹介した。Appleは、自社のネットワークに政府の「Cybersecurity Framework」を採用し、VisaやMasterCardなどと協力して生活保護や退役軍人手当などの受給をはじめとする連邦政府の各種サービスで同社のモバイル決済システム「Apple Pay」を使えるようにする。Appleのティム・クックCEOは同サミットで登壇(リンク先は非公式のYouTube動画)し、9月にApple Payが多数の国立公園など多数のサービスで利用できるようになることと、連邦政府の職員のカードをApple Pay対応にする計画を語った。同氏は「Apple Payは今日のカードシステムで最も安全だ」と自信を見せた
これは、「NFC」が世界規模のおサイフケータイのディファクトスタンダードになったことを意味していますね。日本はFeliCa規格にこだわっている限り、ガラパゴス化するでしょう。日本は東京オリンピックを控えています。FeliCaにこだわるあまりNFCが使えなければ、ホスピタリティで大きく劣ってしまうことになるでしょう。いまこそ日本もNFCに舵を切るときです。
2015年02月16日 (月) | Edit |
スマホも「10」が便利 アプリ、PCと共通に
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83094090S5A210C1000000/
この辺も8では、デスクトップアプリとストアアプリでまったく異なる作法が要求されていた部分だ。「モバイルOS用のアプリを無理やりパソコンで使わされている」という違和感は、10になってかなり解消されているように思う。ここまでして「ストアアプリの食わず嫌い」を解消する最大の目的は、10ではより広い環境でストアアプリを利用できるようにするもくろみにある。マイクロソフトは、パソコンやタブレットだけでなく、スマートフォンや8型以下の小型タブレットにもウィンドウズ10を導入する予定だ。そして10向けのストアアプリは、そのいずれの環境でも動作するようになる。パソコンと、タブレットやスマートフォンといったモバイルデバイスで、同じ名前のアプリが動作し、同じようなユーザーインターフェースで利用できるようになるのだ。アプリの購入も、基本的にはいずれかのデバイス上で1回課金すればよい。こうしたアプリのあり方をマイクロソフトは「ユニバーサルアプリ」と呼ぶ。パソコン用の「OS X」と、スマートフォンやタブレット用の「iOS」で断絶しているアップルや、基本的にモバイルデバイス用の「アンドロイド」しか持たないグーグルにはない利点である
確かにiOSアプリがOS Xで動いたら便利かも。とは思うがデスクトップにはデスクトップアプリの方がいいことは自明である。私はアップルのアプローチの方がいいように思える。
2015年02月16日 (月) | Edit |
ドラマの連続再生がやめられないけれど、大丈夫?
http://www.gizmodo.jp/2015/02/post_16380.html
見過ぎにご注意...なのかな?今年秋に日本へ上陸することが発表されたNetflix。アメリカでは国内のインターネットトラフィックの3割以上を占めるとされ、絶大な人気を誇っています。しかし、長時間かけて人気テレビ番組を"一気見"する人たちの依存性やメンタルヘルスへの影響を心理学者たちは懸念しているようです。オンラインストリーミングの出現は、テレビの視聴方法を変えました。これまでのテレビとは常に「何も面白いものがやってない」場合は消されるものでした。ときどきお気に入りの番組が連続放送されることはありましたけれど。皆さんも経験あるかと思いますが、「ブレイキング・バッド」や「ハウス・オブ・カード 野望の階段」などシリーズものを何話も連続再生して視聴すること、ありませんか? この行動は現在、「binge-watching(ビンジウォッチング)」と呼ばれています。「binge eating(過食)」や「binge drinking(アルコールの過飲)」など実在する病状を示す言葉を連想させ、ある研究チームに至ってはこれらと同じような症状をNetflixに夢中になっている人たちから見出そうとしています
私はもう地上波なんか見ないでもっぱらHuluばかり見ています。Prison Breakeから始まってHerosやLOST、THE Walking Deadなど見まくりました。おもしろいですね、アメリカのドラマ。最近はUnder The Domeが面白かったな。Arrowも見たよ。NetflixがサービスインしたらHuluから移行したい。
2015年02月16日 (月) | Edit |
Gmailからそのままファイル添付。Dropbox for Gmail
http://www.gizmodo.jp/2015/02/dropboxdropbox_for_gmail_beta.html
Dropbox + メールがますます便利に。GoogleのChromeストアで「Dropbox for Gmail(beta)」が公開されています。Dropbox公式のChrome拡張機能で、GmailからそのままDropboxのファイルやリンクを貼付できるようになりました。これまでGmailユーザーにとってDropboxを使うとなると、ファイルを選択してコピー&ペーストなど煩わしい操作が必要だったため、とても簡単になります。Google DriveよりもDropboxを使っていたユーザーにも嬉しい人は多いはず。Dropboxは2013年にはYahoo Mailと連携したりMailboxを買収したりとメールサービスに力を入れているようですが、まさかGmailでもスムーズに使えるようになるとは。仕事関連のメールの添付もDropbox一つに集中させていいかも
これは便利そう。その手があったとは!
2015年02月16日 (月) | Edit |
さよならChrome。私、Firefoxに戻ります。
http://www.gizmodo.jp/2015/02/chromefirefox.html
みなさん、ブラウザなに使ってます? Chromeですよね。ではその前はなに使ってました? Firefoxですよね。Chromeは、機能を最小限に絞った、その分恐ろしく速いブラウザでした。初めて試した時は、まるでコンピューターを買い替えた時のような感覚を味わったものです。しかし最近のChromeは、太りすぎて、遅くて、少なくとも私の環境では、しょっちゅうクラッシュするようになりました。もう、我慢の限界なんです。その予兆は、数年前からありました。グーグルは2011年頃から、肥大化するChromeのファイルサイズを下げようと四苦八苦していたんです。インストール時のサイズは問題ありません。ただ、ちょっと検索しただけでも、ここ数年のChromeに対する不満はゴロゴロ出てきます。とりあえず、タスクマネージャーを起動してみてくださいよ
私はもう何年もOperaを使ってきました。あの悪夢のバージョンアップまで。私の中ではOperaは12.17で止まっています。でもそれではいろいろと不具合も出てきて仕方なくChromeに引っ越しました。今のところ快適です。本当にOperaはバカなことをしてくれたものです。
2015年02月16日 (月) | Edit |
クレジットカードなどあらゆるカードを1枚にまとめられる最強のカードSWYPが登場
http://gigazine.net/news/20150214-swyp/
シチュエーションに応じてクレジットカードを使い分ける人は多いものですが、複数枚のカードを持ち歩くのは不便です。また、クレジットカード以外にも銀行のキャッシュカードなど支払い用のカードがかさばってサイフがパンパンになるということもよくあるもの。そんなときに便利なのが、クレジットカード・デビットカード・ギフトカードなどをすべて1枚のカードにまとめられる決済用カード「SWYP(スワイプ)」です。(中略)カードリーダーにさっと通すだけでカードの登録が完了。登録可能なカードの枚数は25枚と十分なので、手持ちのカードをすべて登録しておけばSWYP1枚であらゆる決済に対応できるというわけです。なお、専用アプリはiOS・Android 4.4以上に対応しています
おーっ、これは画期的!25枚のカードが一枚のカードに!ありそうでなかったこんな魔法のようなカード、欲しいぞ、すぐ欲しい。これでおさいふがカードでパンパン、なんてことがなくなりそうですよね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
マテル、グーグルのVR技術を搭載した「View-Master」を発表
http://japan.cnet.com/news/service/35060437/
ニューヨーク市発--玩具メーカーMattelの「View-Master」は何十年も前から子供たちに親しまれてきた。しかしMattelは、75年前に「New York World's Fair」で初めて発表されたこの立体眼鏡に新世代の息吹を吹き込み、手頃な価格の仮想現実ヘッドセットとして新たに提供しようとしている。採用するのは、Googleの仮想現実(VR)技術である「Cardboard」だ。仮想現実は、まだ実験段階とはいえ急速に成長している分野であり、Facebookやサムスンといった大手企業の注目を集めている。Mattelもこの流行に便乗したいと考える多数の企業の1社にすぎない。MattelとGoogleは米国時間2月13日、ニューヨーク市で毎年開かれるNorth American International Toy Fairに合わせて当地で開催されたイベントで、この新しいView-Masterを発表した。このプラスチック製品は、クリスマスシーズン直前の10月に発売される予定だ。価格は30ドルだが、スマートフォンを内部に配置してディスプレイとして使用しなければ、動作しない。Mattelによると、「iPhone」と「Android」搭載スマートフォンの両方に対応させるつもりだという
今年こそこれがブレークしそうですね。私も先週オキュラスを体験してきましたが、長く見ていると酔いますね。RPGをこれでやる場合、「酔い」をどう克服するかが重要になるのかも。ゲームに3Dが必要ないようにゲームにVRは必要ないのかもしれませんが。でも一度はやってみたいですね。没入感がハンパなさそうですもんね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
Appleの自動車R&Dチームは総勢1000名、フォードやベンツからも指導的人材を確保
http://jp.techcrunch.com/2015/02/14/20150213apple-car/
Appleは今本当に、自動車を開発している。Wall Street Journalの記事によると、それはミニバンタイプの電動車で、CEOのTim Cookがプロジェクトのゴーサインを出したのは1年近く前だ。今現在開発チームは“数百名”の陣容で、チームリーダーはAppleのVPでFord Motor出身のSteve Zadesky、車本体だけではなく、バッテリーの技術、ロボット工学、金属の製造技術、などの分野も対象とする研究開発が行われているという。最初にAppleの自動車開発を特ダネしたのはFinancial Timesだが、その前にBusiness Insiderが、Appleの社員から聞いた、とする話を載せている。WSJの記事はFTの記事の数時間後だが、内容は詳しい。テクノロジ業界は今全般的にカーテク指向になっているから、Appleが車に手を出しても不思議ではないという記事を、ぼくも数時間前に本誌TechCrunchに書いた。今はWSJの記事からさらに半日近く経っているが、出回っている最新の報道によると、Appleはそのプロジェクトに約1000名を投入、チームにはかつてMercedez-BenzのR&DのトップだったJohann Jungwirthがいる。Appleのターゲットは電動車だから、初期の報道が、Teslaから人材をスカウト、と書いていたのもうなずける。同時にTeslaも、Appleから社員を引き抜こうとしているのだけど
ということです。1000人も携わってるんですね。アップルがどうクルマを料理するのか楽しみですね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
Appleが電気自動車の秘密プロジェクト、FordやMercedesの元幹部が参加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/021600536/?top_tl1
米Appleが秘密の研究施設で電気自動車の開発に取り組んでいると、複数の海外メディア(米Wall Street Journal、英Financial Times、英Reutersなど)が現地時間2015年2月14日までに報じた。それによると、同社はコードネームで「Titan」と言う、Appleブランドの電気自動車を開発するプロジェクトを推進している。数百人の従業員が同プロジェクトに携わっており、第一段階としてミニバンに似た自動車の設計に取り組んでいるという。ただ、Appleは最終的にこのプロジェクトの中止を決める可能性がある。これまでもプロトタイプを作るまで研究開発を続けたが、製品化に至らなかったというプロジェクトはいくつもあるという。だが最先端のバッテリー技術や車載エレクトロニクス技術など、ここで研究される関連技術は、iPhoneやiPadなど同社既存製品に役立つだろうとWall Street Journalは伝えてい
アップルがクルマを創る。アップルがクルマを変革するんだろうか。日本の自動車メーカーは、既存の技術の枠から飛び出すことを恐れているように見えます。だからテスラを見ようとしない。民放連がネットを恐れているのと同じように見えます。アップルがクルマを創るとこうなる、というのを見てみたいですね。ただ、ハンドルがない、なんてのはかんべんして欲しいですが。
2015年02月16日 (月) | Edit |
2015年にブレークする技術はこれだ!
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atclact/active/15/020500009/020500001/?act01
日経BP社は2014年12月22日、ITインフラを対象とした新たなアワード「ITインフラテクノロジーAWARD」の受賞技術・製品・サービスを選出、発表した。本アワードは、クラウドサービスやビッグデータ基盤など、ITインフラの急速な進歩を受け、日経SYSTEMSが中心となって今後注目すべき技術・製品・サービスを選出するものだ。今回が初めての選出で、翌年企業への導入が急速に進む(ブレークする)と見られる「グランプリ」と「準グランプリ」を選出。また、急速な普及は不透明なものの、インパクトが特に強い技術・製品・サービスについて「特別賞」を選出した。ITインフラテクノロジーAWARDの初代グランプリに輝いたのは、コンテナー型仮想化基盤「Docker」である。(中略)準グランプリに輝いたのは、分散データ処理エンジン「Apache Spark」だ。(中略)特別賞には、高速フラッシュメモリー「ULLtraDIMM SSD」が選ばれた
Dockerはもう昨年から弾けそうな気配がありましたから今年はブレークしそうですね。おもしろいのがねDIMM SSDという発想の「ULLtraDIMM SSD」ですが、
審査員によって多少意見が分かれたが、最終的に決まったのはULLtraDIMM SSDだ。DIMMスロットにフラッシュストレージ(SSD)を挿入するという着眼点が、審査員の心をつかんだ。ITインフラの構築経験が豊富な野村総合研究所の石田氏は「システムのI/Oを考えた場合、遅延時間と帯域幅が常にボトルネックになる。これを何とかするのがITアーキテクトだが、PCIeスロットでなく、DIMMスロットにSSDを挿入するという従来にはない発想を与えてくれた」と、ULLtraDIMM SSDによる大きな技術革新を歓迎する
これだと主記憶と同等のI/Oスピードが得られるのでPCIスロットのスピードがボトルネックになることがありませんので超ハイスピード補助記憶としてすごいことになりそうですね。主記憶は16GB程度あれば十分なのであとの空きスロットは、ULLtraDIMM SSDにすればいいですよね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
ビッグデータは人工知能に任せた![1] 人工知能を制する者が勝つ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/021000025/021200001/?top_pu
いま脚光を浴びている人工知能。グーグルやマイクロソフト、フェイスブック、バイドゥ(百度)といった米中の大手IT企業が、この分野への投資を加速している。人工知能を使えば、人間には扱いきれない膨大なデータの中からビジネスに役立つ「意味」や「知識」を引き出せるからだ。今まで使い道がなかった「眠れる情報」を宝の山へと変えることができる——。そのことに気付いた先進企業が人工知能開発に猛烈な勢いで突き進んでいる。米中企業だけではない。日本企業も走り始めた。人間の脳を模倣した新技術「ディープラーニング」によって急速に実力を増した人工知能技術の最前線に迫る
今年になって同時通訳などのAI的なアプリケーションが実用になってきます。それと同時にPepperみたいな会話ロボットもちらほら出始めています。AIは実用にはまだまだですが、活躍するのもそう遠い未来ではないでしょう。すぐれたAIを持つ企業が今後生き残っていくのかもしれません。
2015年02月16日 (月) | Edit |
2015年もユニットコムはユーザーが欲しいPCを模索し投入し続ける
http://ascii.jp/elem/000/000/976/976113/
2015年になりパソコンも続々と新製品を市場に投入している中、今後のパソコン市場はどうなっていくかをメーカー各社に取材しようという今回の企画。第2回はユニットコムに取材させていただいた。取材ではパソコン企画担当の新庄良章氏に、2015年をどう見据え、どのようなパソコンで勝負に挑むのかを伺った。
── まず、現在ユニットコムがイチオシのパソコンを教えてください。
新庄 「今イチオシなのが、2014年12月に販売開始した“和”をコンセプトとしたデスクトップ「雅」です(関連記事)。今後まだまだ新しいパソコンケースの企画などは考えていますが、今のところは雅です」
うーん、なかなかいいデザインなんだが、Mac Pro(ゴミ箱じゃないよ)の筐体にはかなわないね。でもひどいデザインばかりのWindows機としては頑張っている方ですよね。

20150216-003
     ▲「雅」
2015年02月16日 (月) | Edit |
【記者手帳】品格のかけらもないサムスンとLG
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150216-00000697-chosun-kr
洗濯機破損事件で法廷闘争に突入したサムスン電子とLG電子には、世界的企業の品格はかけらも見えない。 LG電子はライバル社の展示ブースで触れた洗濯機が壊れても、製品が弱かったからだと主張した。サムスン電子はLG電子社長の失敗を海外メディアに広め、至る所で騒ぎ立て、結局は司法機関に論争を持ち込んだ。両社はいずれも企業イメージだけでなく、国のイメージを失墜させる泥仕合を演じ、批判的な世論には目を背けている。両社は紛争が起きるたびに検察の起訴事実など客観的な事実まで相手を攻撃し、自分たちが正しいと主張するためにネガティブキャンペーンまで行う。サムスン電子とLG電子は誰の目にも電子業界で世界の一二を争う企業だ。同時にメードインコリアを代表する企業でもある。消費者は商品を購入する際、商品に対するイメージだけでなく、ブランドに対するイメージ、国家に対するイメージも考慮する。今の両社の行動がブランドイメージだけでなく、国家イメージまでも自ら低下させる結果を招くことは明らかだ
いや、バ韓国人に「品格」を求めてもどだい無理な注文だ。だって壊れたDNAがそうさせるんだからね。顔から歴史からすべて捏造してはばからないお国柄。最低民族だよね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
【台湾】ASUS、今年はモバイルとPCの出荷2桁増へ
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150216-00000010-nna_kyodo-nb
パソコン(PC)ブランド世界大手の華碩電脳(ASUS)は13日、今年第1四半期と通年の出荷量見通しを発表した。現在主力のPC製品(ノートとデスクトップ合計)は、世界で成長が伸び悩む中で前年比15%増えると予測。スマートフォンとタブレット端末を合わせたモバイル製品の出荷量は前年比50%以上増えると見込んでいる。ASUSのノートとデスクトップを合わせた2014年のPC出荷量は2,250万台だった。今年第1四半期は、需要期だった14年第4四半期と比べ約11%減の560万台と予測。今後も、「ZenBook(ゼンブック)」シリーズなど各種ノートPCのほか、ハイエンドのゲーミングPC、デスクトップPC、オールインワン(AIO)PCなどの幅広い製品ラインアップで全体の出荷量を押し上げるとし、2017年には13年比の2倍に増やす目標を示している。昨年、「ZenFone」シリーズで参入したスマホの14年出荷量は850万台、タブレットは940万台だった。スマホとタブレットを合わせたモバイル製品の今年第1四半期の出荷量は前期比約31%減の500万台とみる。モバイル製品の出荷量は17年にPC製品を上回ると予想している
今年はなんといってもWindows10の発売がある秋からPC市場が活況を呈するでしょうね。Windows8がイヤでWindows7機をずっと使っていた人たちが大量に新しい機種を買い求めるでしょう。私もMac Proの筐体でひとつPCを組みたいと思っています。
2015年02月16日 (月) | Edit |
今月発売の「ガラホ」って?
http://www.sankei.com/economy/news/150216/ecn1502160008-n1.html
ガラホはガラケーの発展形で、テンキー部分をなぞることで画面をタッチしているのと同じような操作が可能だ。さらに、ガラケーでは文字化けしてしまうウェブページをスマホと同じように閲覧できる。また、LINE(ライン)など専用にカスタマイズされた一部のアプリを使える。調査会社、MM総研によると、26年のガラケー出荷台数は7年ぶりに前年を上回った。電話機能に特化した端末は人気だが、利用できるページやアプリなどの違いにより、スマホとの間に「情報格差」が生まれる恐れもある。両方の特徴を併せ持つガラホはスマホに乗り換えないガラケーユーザーに受け入れられるかもしれない
昨年からスマホからガラケーへの回帰がちらほら見られていましたが、今年はさらにこれが進みそうですね。スマホは、通信料がありえないほど高すぎます。私はiPhoneが手放せないのでガラケーに戻ることなど考えられませんが、電話とメールができればいいという人はガラケーで十分です。
2015年02月16日 (月) | Edit |
ついに、YouTubeで360度動画のアップロード・視聴が可能に!マーケティング面でも活用に期待。
http://news.livedoor.com/article/detail/9788612/
YouTubeが近日中に360度の動画をネイティブサポートすることを発表しました。世界最大の家電展示会「CES 2015(2015 International CES)」で、仏Giropticが同社の360度フルHDカメラ「360cam」をYouTubeがネイティブサポートすると発表しました。YouTube側も360度全方位をカバーする動画のサポートに取り組んでいるといくつかのメディアに明かしています。360度ムービーは、全方位を1度に撮影できる全天球カメラを使って撮影された動画で、視聴者は動画が再生されている間、視点を上下左右に移動させて、360度すべての景色を動画で見ることができます。自分の視点を中心に映像を見回すことができるので、より臨場感が得られることは間違いありません
これをさらに進めるとHMDで見ればさらに臨場感が増すはず。すばらしい世界がもうすぐそこに来ていますね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
AndroidとChrome OSを両方搭載したChromebookをGoogleが開発中との噂
http://news.livedoor.com/article/detail/9788191/
ネット専用パソコンとしての利用や、教育市場からの人気が高い、「Chrome OS」搭載の「Chromebook」ですが、Googleは「Android OS」も搭載した「デュアルOS Chromebook」を開発中のようだ、と海外メディアのDigiTimesが報じています。サプライチェーンからの情報によれば、2015年に開催されるGoogle I/O 2015で発表予定のようです。DigiTimesによれば、Googleが開発中とされる「Chrome OS」と「Android OS」の双方を搭載した「デュアルOS Chromebook」は、販売中の「Microsoft Surface」のような2 in 1デバイス(キーボードを取り付け、取り外しのできるデバイス)になるようです。キーボードを付属してPCとして使用する際は、「Chrome OS」が駆動し、キーボードを外してタブレットとしての利用をする際は「Android OS」が駆動するようです
私はこれが王道だと思います。マイクロソフトのようにひとつのOSで複数のデバイスに対応するのはあまりいい方法ではないと思う、コードが複雑になるからね。アップルも12インチiPadではこのような方法を採用するのではないだろうか。キーボードとマウスがつながっている環境ではMac OS Xが、タブレットのみならiOSが起動するようになっていれば最高ですよね。
2015年02月16日 (月) | Edit |
「Apple Watch」「Apple Pay」中国市場--クックCEOが語った現状と展望
http://japan.cnet.com/news/commentary/35060322/?tag=as.latest
Apple Watchユーザーは健康関連の機能だけでなく、Appleのデジタル音声アシスタント「Siri」も利用できる。また、Apple Payでのアイテム購入に使用することも可能だ。アプリ開発者はほかにも多種多様な用途を作り出そうとしている。Cook氏は2月10日、それが実現すれば「もうApple Watchなしでは生きていけない」と思ってしまうだろう、と述べた。同氏はまた、市販のスマートウォッチが消費者の本当に求めているものを実現できていないことを批判した。「スマートウォッチと呼ばれるものがいくつか売られているが、製品名を挙げられる人はいるだろうか」(Cook氏)しかしCook氏は、Apple WatchはiPhoneとiPadが過去に成し遂げたこと、つまり、「人々の日々の生活を変える」ことを実現できると考えている。「Apple Watchを使ったときの最も大きな驚きの1つは、機能の幅広さになるはずだ」(Cook氏)
今世に出ているスマートウォッチは真の意味でのスマートウォッチではない。Apple Watch以降がスマートウォッチの本当の始まりだ。今まで発売されているスマートウォッチもどきは、それが生活の中で必要となるようなものを提供できていない。スマートフォンがあれば必要ないものばかりだ。