FC2ブログ


2015年02月17日 (火) | Edit |
人間とロボットが共存するために--日本のロボット新戦略を見る
http://japan.zdnet.com/article/35059862/
内閣官房は1月23日、「第6回ロボット革命実現会議」を開催し、初の「『ロボット新戦略』(ロボット革命実現会議とりまとめ)」を公表した。ロボット新戦略では、2020年までに政府と民間企業で1000億円をロボット開発に投資し、市場規模を現在の6000億円の4倍となる2兆4000億円まで成長させていく目標を掲げている。日本は、世界でも類をみないスピードで少子高齢化、生産年齢人口の減少、社会保障費が増大するなどの“課題先進国”だ。製造業の生産現場、医療や介護現場、農業や建設、インフラの作業現場などの幅広い分野において、人手不足の解消や過重な労働からの解放、生産性の向上などの社会課題を解決し、産業創出に寄与するロボットへの期待が高まっている
AIとロボットが今後のイノベーションのカギとなりそうですね。サイバーダインなどとAIがタッグを組めばたいへん有望ですね。
2015年02月17日 (火) | Edit |
「LINEバイト」は集客力でスマホアルバイト市場の勢力図を変える
http://jp.techcrunch.com/2015/02/16/jp20150216line-baito/
若年層ユーザーの高いアクティブ率を武器に、LINEがアルバイト求人サービスに参入する。LINEとインテリジェンスが設立した合弁会社「株式会社AUBE(オーブ)」が2月16日、アルバイト求人情報サービス「LINEバイト」を公開した。専用のアプリをインストールせずにLINEアプリ内からアルバイト情報を探せるのが特徴だ。インテリジェンスのアルバイト求人情報サイト「an」に掲載する10万件以上の求人を探せるほか、今後は独自の求人情報も掲載する。LINEならではの機能としては、求人情報をLINEの友人と共有したり、LINEバイト内の検索履歴に応じて、オススメの求人情報をプッシュ通知で受け取ることができる
LINEでアルバイトを変革する気なんでしょうか。
2015年02月17日 (火) | Edit |
どうした、Google?
http://jp.techcrunch.com/2015/02/16/20150215dont-be-google/
Googleよ、どうした?Androidの売上は落ちている。Chromeは肥大化した大食らいになった。アナリストは君たちのことを新たなMicrosoft、いやもっとひどく、新たなYahoo!とまで呼んでいる。そして何にもまして、君たちは我々の信頼を裏切った。今までGoogleは特別な存在だった。少なくともそう信じていた。しかし、今は日々ただの巨大企業になりつつある。厳しい言い方に聞こえるなら、Zoe Keatingの騒動を見て欲しい
この記事が何を言わんとしているのか私にはさっぱりわからない。
2015年02月17日 (火) | Edit |
IBMのスーパー人工知能Watsonに接続して子供たちと会話するスマートおもちゃ登場
http://jp.techcrunch.com/2015/02/17/20150216elemental-path-debuts-the-first-toys-powered-by-ibm-watson/
Elemental Pathというスタートアップがスーパー人工知能、IBM Watsonシステムを利用した子供向けスマートおもちゃを開発している。可愛らしい恐竜スタイルのおもちゃは子どもたち一人ひとりを記憶し、複雑な会話を交わすことができる。子どもたちが成長するのに合せて自らも変化する。CogniToysと名付けられたプロダクトは高度な音声認識能力を備え、子どもたちと会話しジョークを飛ばし、多種多様な「何?」、「誰?」、「なぜ?」、「どうやって?」などの質問に答えることができる。CogniToysは現在Kickstarterに登録され、量産開始のために5万ドルの資金を募っている。共同ファウンダーのDonald Coolidge、JP Benini(この2人元Majestyk Appsのエンジニア)とArthur TuはIBMが主催したWatsonを利用するプロジェクトのコンテストで優勝してWatsonテクノロジーへのアクセスを認められたたのを機にElemental Pathを創業した。共同ファウンダーはいずれもまだ子供がないが、「インターネットに接続したスマートおもちゃ」が子どもたちを楽しませると同時に有益な効果を挙げると信じている
これはおもしろそうですね。最終的にどんな感じになにるか楽しみです。しかし、ルックスが恐竜というのはイマイチなんじゃないか。

20150217-007
     ▲こんなおもちゃらしい
2015年02月17日 (火) | Edit |
LG、高級感備えた新スマートウォッチ「LG Watch Urbane」を発表--Android Wear搭載
http://japan.cnet.com/news/service/35060485/
韓国エレクトロニクス企業のLGは、「LG Watch Urbane」という製品でその名の通りラグジュアリー市場に参入したい考えだ。LGは、Googleの「Android Wear」OSを搭載し、同社初となるフルメタルボディのスマートウォッチを発表するにあたり、その上品で洗練されたデザインを大々的に押し出して、確実に消費者に伝えようとしている。同社は同製品を、2015年3月に開幕するMobile World Congressでさらに詳しく披露する予定だ。詳細な価格と提供地域はまだ発表されていない。LG Electronicsのモバイル部門最高経営責任者(CEO)を務めるJuno Cho氏は、「LG Watch Urbaneは、エレクトロニクス機器ではなく、毎日身に着けてアクセサリとして見られるようなウェアラブル機器を開発しようと取り組むわれわれの戦略の重要な要素である」と述べ
性懲りもなくまた出してきたな。こんなのはスマートウォッチではない。

20150217-005
     ▲クソなLGのスマートウォッチ
2015年02月17日 (火) | Edit |
インターネットの父、現在のデータが読めなくなる「デジタル暗黒時代」を懸念
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481709/021700066/?top_tl1
同氏が思い描いているのは、データが末永く残ることが当然という世界ではなく、「デジタル暗黒時代」の到来に対する懸念だ。テクノロジーの急速な進化によって、ストレージフォーマットがあっという間に廃れてしまう時代である。この時起きる現象を、同氏は「ビットの腐敗(bit rot)」と表現する。デジタル暗黒時代には、現代の我々が何の疑いもなく保存しているファイルを読み込むためのアプリケーションが、既に失われている可能性があると同氏は言う。その頃出現している新しいハードウエア技術との互換性がないためだ。この結果、現在のファイルの多くは役に立たなくなり、後世の人間はアクセスできないというのが同氏の主張だ
そうそう、この問題は常につきまとうよね。その典型例がデジカメで撮った家族の写真。昔の写真は紙で残っているのでかなり長い間残るけど、HDDやCDに保存している写真はどうだろう。IDEのHDDに記録している場合は、すでに閲覧できないかもしれないし(IDEのインターフェースを持つPCはすでにないだろうから)、CDが10年後読める保証はどこにもない。SCSIのHDDももうインターフェースが廃れて久しいしフロッピーディスクもそう。
2015年02月17日 (火) | Edit |
iPhoneを買ったら偽物だった
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/021200185/?top_pu
財布には2万円と200元が入っていた。ほらこれしかないよと見せると、仕方が無いからそれでいいと言う。海外に行く際に持って行くSIMフリー端末が欲しかったのは事実だったし、こちらも手を打った。現金を支払って品物を受け取ると、おまえはラッキーだとかなんとか言いながら去って行った。その間、ものの5分だった。ホームボタンを押すと、英語だが各種アプリが入っている。中国ではどんな曲が人気なのかなと思い、「iTunes Store」を起動した。変なキャラクターが傘を差したふざけたイラストが出てきた(写真2)。変なモノをつかまされたと気づいたのはそのときだ
いやいやいや、買わないだろ普通。
そして、はたと考えてしまった。ハードウエアだけにとどまらず、ソフトウエアでここまで完成度の高い模倣する技術力があれば、十分過ぎるほど競争力の高いスマートフォンが作れるだろうに、と。いや、実際に作っている
いやいや、感心するとこじゃないwww。まぁ、記事が一本書けたのでいいじゃないか。記事にして元取らないと気がすまなかったのかな。
2015年02月17日 (火) | Edit |
「VAIO Zは持てる全力で放り込んだ直球」――西田宗千佳氏
http://ascii.jp/elem/000/000/980/980748/
ニーズはあるがライバルが少ないところに、持てる全力で放り込んだ直球……。これが新VAIO Zシリーズの印象だ。ちょっと高めだが、このエリアの製品としては完成度が非常に高く、「はまる人にはとことんはまる、換えの効かない」製品。一方、剛速球だが「直球」なので、「とにかく小さく」「見たこともないものを」求める向きには優等生的に感じられたかも知れない。「自分はクリエイターじゃないし……」という人には、Windows 10世代で求められる「タッチとペン・HiDPIディスプレイ・InstantGo・パワフル」の全部入りでも「モバイルで長時間駆動」という見方がお勧めだ
久しぶりにWindows機で欲しいPCだ。すばらしいと思う。Macbook Airに似ている点が気になるけど。でもあれが究極のノートの姿だと思うからしかたないげとね。アップルの製品に負けない完成度だと思う。
2015年02月17日 (火) | Edit |
DP2本接続! デルの5K液晶「UP2715K」を試す
http://ascii.jp/elem/000/000/980/980555/
当然、映像を出力するPC側もDisplayPort2系統の出力に対応している必要がある。デルが動作を確認しているのはNVIDIAのCAD/CG向けGPU「Quadro K」シリーズのみで、NVIDIAのGeForceシリーズやAMDのRadeonシリーズなどでの動作は保証されていない。もしかしたら5K表示が可能かもしれないが、人柱的に試してみるよりもデルが動作を検証したGPUを使ったほうが賢明だろう。また5K環境でソフトやゲームをサクサク動作させるとなると、かなり高いGPUパワーが必要となる。プロ向けの超高性能GPUかハイエンドGPUを2-way以上のSLI構成で利用するのが現実的だろう。ちなみに今回試用したのはデルのハイエンド向けワークステーション「Precision T7910」で、CPUをXeon プロセッサー E5-2630 v3×2、メモリーを64GB、グラフィックス機能をQuadro K6000(12GB)にカスタマイズしたものだ
27インチRetina iMacよりこっちの方が安価だと思ったけどGPUとかいろんなもの買い足したら逆に高くなりそうだ。ハードル高いね。iMacにするかな・・・。

20150217-004
     ▲Dell Uシリーズ 27インチ 液晶ディスプレイ (5Kモニタ/5120x2880/60Hz/IPS非光沢液晶/8ms/ブラック) UP2715K
2015年02月17日 (火) | Edit |
ジョナサン・アイブ氏、「スマートウォッチをラウンドフェイスにする意味はない」──New Yorkerインタビュー
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150217-00000015-zdn_n-sci
「(スマートウォッチの)機能のほとんどは(連絡先や予定などの)一覧表示なのだから、ディスプレイをラウンドフェイス(円形)にすることには意味がない」──。米Appleのデザイン担当上級副社長、ジョナサン・アイブ氏はこう語った。これは、米The New Yorkerが2月16日(現地時間)に掲載したイアン・パーカー氏による長大なジョナサン・アイブ氏の人物評「The Shape of Things to Come」のインタビューでの言葉だ。エルトン・ジョンの人物評などで知られるパーカー氏によるこの記事には、アイブ氏やティム・クックCEOをはじめとする多数のApple関係者へのインタビューに基づく「Apple Watch」や2016年に完成予定のAppleの新キャンパスなどについてのエピソードが満載だ。この記事によると、Apple Watchのプロジェクトが本格化したのは2011年秋のことで、アイブ氏がプロジェクトの中心となり、当時はまだ従業員になっていなかったマーク・ニューソン氏は立ち上げ段階からこのプロジェクトに参加していたという。アイブ氏は、Apple Watchのベルト部分については実際にプロトタイプを既存の時計につけて1年近くテストして改良してきたが、ディスプレイの形については当初から角丸の四角に決めていたという
確かにね。時計が丸くなったのは針が回るから必然的なものだったわけだよね。Apple Watchは時計としても機能するけど他の機能の方がより重要だからね。
2015年02月17日 (火) | Edit |
「ロボット犬」でも蹴っちゃダメ? 倫理めぐる議論盛んに
http://www.cnn.co.jp/tech/35060457.html?tag=cbox;tech
米グーグルが2013年に買収したロボットメーカーのボストン・ダイナミクスがこのほど、ロボット犬「スポット」の動画を披露した。犬のように走ったり階段を上ったりすることができ、人間に足蹴にされても4本の足でバランスを保って姿勢を立て直す。しかしこの動画をきっかけに、ロボットを蹴ることの倫理問題についての論議が盛んになっている。ロボットの動作や外観が生き物に似れば似るほど、これが生き物ではないと思うことは難しくなる。短文投稿サイトのツイッターにはこんな投稿が相次いだ。「ロボットは素晴らしい! でもこれが蹴られるのは可哀想に思えた。本当に犬みたいだったから。気の毒なスポット!」「あの可哀想なロボットたちを蹴るのをやめてくれ。あいつらが何をしたっていうんだ」「犬を蹴るのは、たとえロボット犬だったとしても、間違ったことに思える」
あれは犬型ロボット(Spot)の安定性をアピールするためのものだろ。非難は当たらないのでは。

     ▲Spotを紹介する動画
2015年02月17日 (火) | Edit |
苦しむサムスン、Appleとの戦いを避け中国農村部での争いを選択か
http://news.livedoor.com/article/detail/9792080/
サムスンといえば、言わずと知れた韓国拠点のスマートフォンメーカーです。マーケットシェアは長く世界1位をキープし、Appleをはじめとしたライバルメーカーたちをリードしてきました。しかし、近年はXiaomiを中心に中国メーカーが著しくシェアを伸ばしたほか、iPhone6/6 Plusを発売したAppleが飛ぶ鳥を落とす勢いで成長を続けていることから、その地位が不動のものでなくなってきています。その危うさは、先日インド市場で販売量首位陥落のニュースがあったほか、日本市場撤退のニュースまで出てきているほどです。そんな同社ですが『証券日報』によると、どうやら今後はミッドレンジ、入門機の販売に舵を切り、中国農村部での販売に注力していくようです。農村部は、都市部と比較すれば収入面で劣るのは明らかなので、販売価格の安い中国メーカーが幅を効かせていますが、同社はAppleと争うよりも低価格スマホ市場で争うほうが勝ち目があると見たようですね。しかし、同市場も簡単に手中に収められるとも思えません。中国で急成長を続けるスマートフォンメーカーXiaomiは極限まで利益を削り、良い品を安く販売していることで知られていますが、巨大になりすぎたサムスンは本当にこの市場で勝てるのか、今後の展開が気になるところです
サムチョンはもう衰退の一途ですね。ざまーみろだ。今年はさらにこの傾向はひどくなるだろう。
2015年02月17日 (火) | Edit |
独立後、初の自社開発「VAIO」…液晶が回転
http://www.yomiuri.co.jp/it/20150216-OYT1T50121.html?from=ytop_ylist
ソニーのパソコン事業を引き継いだ「VAIO(バイオ)」(長野県安曇野あずみの市)が16日、独立してから初めてとなる自社開発したノートパソコンを発表した。ソニーのオンラインストアと直営店で、同日から注文の受け付けを始めた。新商品の「VAIO Z」(税別の市場想定価格・約19万円から)は液晶画面を回転させると、タブレット端末のように使えることなどが特長。ソニー時代に価格競争で苦しんだ経験を踏まえ、高性能で高価格のモデルに力を入れる。全工程を安曇野工場で手がける「メイド・イン・ジャパン」を売り物にしている
19万円か・・・。高いよ。でもすごく魅力的なパソコンですね。方向性は間違ってない。なんかMacbook Airにすごく似てる気が・・・。

20150217-003
     ▲Macbook Airを強く意識?しているVaio Z