FC2ブログ


2015年02月23日 (月) | Edit |
誰がLinuxを開発しているのか--数字で見る実態
http://japan.zdnet.com/article/35060653/
Linuxは両親と暮らすモテない人々が自宅の地下室で書いているもの、と思っている人がこの地球上にまだいるのだとすれば、Linux Foundationの最新報告書「Linux Kernel Development: How Fast It is Going, Who is Doing It, What They Are Doing and Who is Sponsoring It」は、そうした思い込みを払拭してくれるはずだ。確かに、2013年9月以降に行われたLinuxカーネル開発の19.4%は、個人開発者によるもののようだが、残りは全て、企業や組織のプログラマーによって作成されている。最も多いのはIntel社員で、Linuxコードの10.5%は彼らの業績だ。2位以下は、Red Hat(8.4%)、Linaro(5.6%)、サムスン(4.4%)、IBM(3.2%)、SUSE(3%)と続く。要するに、Linux Foundationの報告書が指摘している通り、「全カーネル開発の80%以上が、仕事に対して報酬を得ている開発者によって行われていることが実証された」のである
ということです。主に企業の開発者だったんですね。日々の開発ありがとうございます。
2015年02月23日 (月) | Edit |
試してみたい? 新しいiOSのベータ版が誰でも入手可能に!
http://www.gizmodo.jp/2015/02/ios_public_beta.html
iOSのベータ版はこれまで参加費を支払った開発者にだけ配布されてきました。でも今年は一般人でも参加できるiOSのパブリックベータ版が配布されるかもしれないんです。パブリックベータとは少し耳慣れない言葉かもしれませんが、たとえばMac用最新OSの「OS X Yosemite」はパブリックベータ版が正式リリース前から公開されました。パブリックベータには「より多くの人からバグのレポートが集められる」「最新のOSをいち早く体験できる」なんてメリットがあります。もちろん、パブリックベータの利用は一般的に自己責任なことはお忘れなく。万が一に備え、バックアップはきちんと取っておく必要があります。ネタ元の9to5Macによると、3月中旬にはiOS 8.3のパブリックベータの配布が開始され、さらに夏にはiOS 9のパブリックベータが配信されるとのこと
私はベータを試すほど熱心なアップル信者ではないのでごめんこうむりたい。試してみたい人はどうぞ。
2015年02月23日 (月) | Edit |
「Apple Car」とテスラの改めて気になる関係--バッテリとインフラをめぐる話題
http://japan.zdnet.com/article/35060702/
SolarCityは、基本的に既存の電力、ガス会社と顧客を奪い合う競合関係にある。SolarCityのビジネスを「分散型の発電所」とする見方・評価の仕方も目にした覚えがある。その点を考えると、Teslaが電力、ガス会社に据置型蓄電装置を供給するというのは、かなり大きな方向転換にも思われる。また、20億〜30億ドルともいわれる莫大な投資をして「GigaFactory」を実現させるとなれば、それくらいの柔軟性も持ち合わせていなくてはならない、という解釈もできるかもしれない。そうした思い切った方向転換(「ピボット」)をTeslaが自動車の分野でもする可能性がはたしてあるのか。もう少し具体的にいうと、Teslaが最終製品(電気自動車)ビジネスでの犠牲をある程度覚悟してでも、GigaFactoryへの投資を生かそうとするような判断を下す局面がくるのか……。Apple Carの可能性を考える上で、そのあたりのTeslaの動きは注目点の1つとなるかもしれない(今のAppleの資金力があれば、わざわざTeslaの手を借りる必要もない、という見方も勿論あろうが)
Apple Carは先週急に現実味を帯びたわけだが、いまだに私はアップルが電気自動車を作りたがっているということが咀嚼できていない。いったい何のために・・・。
2015年02月23日 (月) | Edit |
YouTube、子供向けアプリ「YouTube Kids」を提供へ
http://japan.cnet.com/news/service/35060754/
ビデオストリーミングといえば、現在の最大のターゲットは子供たちだ。世界最大のオンライン動画サービスであるYouTubeは、「YouTube Kids」という新しい無料アプリを米国時間2月23日に提供開始することを明らかにした。同アプリはまず、Googleの「Android」OSを搭載する端末のみを対象に提供される。「Thomas the Tank Engine」「National Geographic Kids」「Reading Rainbow」といった特に子供を対象とする動画、チャンネル、プレイリストが提供され、ユーザーコメントや露骨な動画など、子供に対してあまり適切ではなかったり注意の妨げになったりするYouTube上の要素が排除される
YouTubeは子どもにとってはよくない映像が多々あるからね。これはいい施策ですね。
2015年02月23日 (月) | Edit |
スマホを自分で組み立てる「Project Ara」とは--見えてきたグーグルのモジュール式端末
http://japan.cnet.com/news/commentary/35060675/
Project Araはカスタマイズの究極の形だ。ユーザーがすべてのモジュールを選び、装着位置を決め、カラーと視覚デザインを選択する。そのため、希望するスペックの入手という点でも、コストの点でも、スマートフォンユーザーは非常に高い柔軟性を得られる。ハイエンドのパーツは高価だが、予算が限られている人も、希望のスペックを自由に選ぶことができるので、どのパーツにお金をかけて、どこでお金を節約するのかを自分で決めることができる。高解像度スクリーンは欲しいが写真撮影にはあまり興味がない、という人もいるだろう。その場合、ハイエンドのパーツだけで構成されるオールラウンドタイプのスマートフォンを買うよりお金を節約できるかもしれない。   Araスマートフォンの可能性の中で最も刺激的なことの1つは、小型望遠レンズや心拍数モニタといった専門的なコンポーネントの装着だ。こうした交換可能なパーツは一時的に使用するものなので、装着するモジュールを活動に応じて変えることも可能になるかもしれない
この手のスマホがメジャーになることはないだろうがギークにとってはおもしろいスマホでしょうね。
2015年02月23日 (月) | Edit |
富士通、デスクトップパソコンの累計出荷2000万台に到達
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/022000636/?top_tl1
福島県伊達市で富士通のパソコンやサーバーを製造する富士通アイソテックは2015年2月20日、デスクトップパソコンの累計出荷台数が2000万台に到達したと発表した。デスクトップパソコンの製造を開始してから20年。他社が海外生産へとシフトする中で独自のコスト削減を進め、台数を積み上げた。2011年3月11日の東日本大震災の被害も乗り越えた。カスタマイズの要請に柔軟に対応するなど強みを生かしつつ、国内生産を守り続ける。同社は1994年12月にデスクトップパソコンの製造を開始。それから20年後となる2015年1月16日に2000万の大台に到達した。簡単に達成できたわけではない。国内パソコンの90%以上が中国製となる中で、「日本で作り続けることは本当に大変だった。一時期は中国での労働者コストが日本の10分の1と言われた。それに対抗するため、毎年10%のコストダウンを進めた」と、記念式典で富士通執行役員常務ユビキタスプロダクトビジネスグループグループ長の齋藤邦彰氏は振り返った
パソコン創生期にはNECのPC8801とFM8でつばぜり合いをしていたのがなつかしいですが、いまやNECは自社生産から撤退し、ソニーはVAIOを分社化してしまいました。その中で、富士通は頑張っていますよね。
2015年02月23日 (月) | Edit |
Appleの電気自動車、2020年の生産開始目指す、海外メディア報道
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/022300639/?top_nhl
電気自動車(EV)の開発を進めている米Appleは、2020年にも生産を開始したい考えだと、米Bloombergや英Reuters、米New York Times、米CNETなどの海外メディアが現地時間2015年2月20日までに伝えた。それによると、Appleはここ数カ月の間に「自動車チーム」の従業員数を急速に増やしており、すでに約200人がこの部門にいる。これにはバッテリーやロボット工学のエンジニアなどが含まれるという。今後このEV計画が白紙になったり、延期されたりする可能性があるものの、Appleは早ければ2020年までに生産準備を整えたいと考えという
あのアップルが参入してくるとなればトヨタなどの既存メーカーもうかうかしていられないでしょうね。クルマを変えてしまう可能性が大ですからね。特許のカタマリでもある現在の内燃機関の自動車ですが、EVなら比較的シンプルなのでアップルが付け入る隙もあるのでしょう。あと5年後ですか、待ち遠しいですな。でも私はエンジンで走る自動車がいいな。
2015年02月23日 (月) | Edit |
第1回 HTML5による業務システム開発に踏み出そう
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/121100125/020200002/?top_pu
これまでWebシステムを開発した経験がある人なら、バージョンアップに伴って追加されたタグやスタイルシートの記法、追加されたAPIの差分などを習得するだけで、従来のWebシステムの延長としてすぐに開発を進められます。企業がこれまで作りためてきたWeb資産を(ブラウザー互換性の考慮やテストは必要となりますが)引き続き利用できる点も、技術投資や成果物を分散させないという観点でのHTML5の利点となります。さらに、HTML5特有の機能を使うことで、静的な情報表示とページ遷移により業務を進めることに終始していた従来型Webシステムに、ビジュアルなチャートやグラフの表示機能を追加したり、サーバーとのリアルタイム通信に基づく高度な操作性を付加したり、動画や音声など様々なメディアコンテンツを使った分かりやすい表現を加えたりすることができるようになります
C++なんかで作成されていたカスタムアプリケーションの動きに近いものがWEBアプリケーションでも可能になるということでしょうか。すばらしいですね。
2015年02月23日 (月) | Edit |
国内最安値、1万2980円のWindowsタブレットを試してわかったこと
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/020400179/?top_pu
ここまでの作業を終えてストレージの空き容量を確認すると、残り2.2GB程度だった。既にほぼ満タンで、今後大規模なWindows Updateなどがあると、さらに残余量が減る可能性もある。対応策をあれこれ考えてみたが、いいアイデアが浮かばない。そのうち吹っ切れてしまい、「ストレージが不足したらOfficeを削除して、また考えればよい」という結論に達した。試しに10MB程度のPDFファイルをOS標準のPDFビューアで開いてみると、滑らかにスクロールでき快適に見られた。3MB程度のPowerPointファイルを開いて、スライドを進めていっても、表示に時間がかかることはなかった。やはり、課題はメモリーよりストレージにあるという印象だ。WDP-71は、ストレージ容量が少ない関係で、多くのソフトをインストールすることはできない。つまり、ユーザーができることも限られる。メインマシンとするのは適切ではなく、「この作業さえできればよい」と割り切って使うサブマシンに向いているのではないか。加えて、「Windowsタブレットを一度使ってみたい」といったユーザーの、お試し需要にも合っているかもしれない
うーん、オフィスを入れて残り2.2GBとか全然使えないですね。まぁ、価格を考えたらしかたないけど、高くてもちゃんとしたものを買わないと「安物買いの銭失い」になってしまいかねません。そもそも私はWindowsタブレットなんか買わないですが。
2015年02月23日 (月) | Edit |
マイクロソフト、スマホ映像をテレビに表示するスティック型Miracastアダプタ
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150220_689290.html
マイクロソフトは、AndroidスマートフォンやPCの画面をワイヤレスでテレビなどに表示できるMiracast対応のHDMI端末「Wireless Display Adapter」を3月6日に発売する。価格は6,980円。ワイヤレス接続可能な機器は、Miracastに対応したWindows 8.1搭載PCやタブレット、Android 4.2.1以降のスマートフォン/タブレット。ワイヤレスディスプレイ規格のMiracastに対応したアダプタ。テレビなどディスプレイのHDMI入力とUSBに接続することで、対応スマートフォン/タブレット/PCの画面を、専用アプリ不要でワイヤレス受信して、テレビへのミラーリング表示や画面拡張に利用可能。家のテレビでスマホの動画や写真などを楽しめるほか、会議室のプロジェクタを使ったプレゼンテーションなどの利用も想定している
ワイヤレスなんですね。Miracastに対応した機器でないとダメというところがミソですね。iPhone等iOS機器では利用できないようなので注意が必要です。
2015年02月23日 (月) | Edit |
Windows 10、使いやすくなったタスクビュー
http://ascii.jp/elem/000/000/982/982103/
Windows 10ではアプリ切り替えのためにタスクビューが搭載された。ショートカットのWin+Tabキーを押すとアプリビューが開くので、WinキーやTabキーからは手を放していい。その後カーソルキーでアプリを選択し、Enterキーを押す。すると選択したアプリがウィンドウサイズは変わらず最前面に表示され、すぐに利用できるようになる。マウスで操作する場合、マウスポインターをサムネイルに乗せると「閉じる」ボタンが表示されるので、アプリを終了させることも可能だ。従来通り、Alt+Tabキーでのアプリ切り替えも可能だが、こちらはAltキーから手を離さずにTabキーを押してアプリの選択を移動させる。キーを離したところで、選択しているアプリが最前面に表示される
このスクリーンショットはすごくクールですね。Windows10は売れると確信。

20150223-002
     ▲クールなスクリーンショット
2015年02月23日 (月) | Edit |
国産Windows Phoneが出る!? マウスコンピューターが開発中
http://ascii.jp/elem/000/000/982/982206/
マウスコンピューターは2月23日、Windows Phoneデバイスの開発に着手していると発表した。開発の着手にあたり、Windows Phoneベースのデバイス開発契約を締結した。今回の発表に合わせ、開発中という試作機のイメージも公開している。また、現時点ではLTE対応のSIMフリー端末となる予定だが、製品の詳細や販売時期は後日改めて発表する。マウスコンピューターは「一つのWindowsで幅広いデバイスをサポートするマイクロソフトの取り組みを強く支持している」とし、Windows Phone需要が今後拡大することを見込んでいるという
マウスコンピューターって最近攻めてますよね。スティック型のPC出したり、ワークステーションがかっこよかったり。大手がPC事業から撤退しているのとは真逆で元気がいい。


20150127-001
     ▲マウスコンピューターのワークしテーションはかっこいい
2015年02月23日 (月) | Edit |
マウスコンピューター、Oculus Rift常設コーナーに新コンテンツ追加決定アイドル「OS☆U」に囲まれる「OS☆Uが、あなただけに超絶接近!?」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000001-impress-game
マウスコンピューターは、G-Tune:Garageと名古屋ダイレクトショップにあるOculus Rift常設コーナーにおいて、体験できる新コンテンツを2月24日より追加する。今回追加されるコンテンツは、360度全天周カメラを利用したOculus Rift DK2用動画「OS☆Uが、あなただけに超絶接近!?」。東海地区最大の商店街「大須」で誕生したアイドル「OS☆U」に囲まれる体験が可能となっている
HMDが普及したらこういうブルーレイが出そうですよね。BABYMETALのコンサートが見たいぞ。臨場感ハンパなさそう。
2015年02月23日 (月) | Edit |
【海外ITトピックス】 AppleがVR参入? ヘッドセットの特許を取得
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150223-00000010-impress-sci
Appleが次にどんな製品を出すかは、ユーザーやライバル、メディアの関心の的だ。その秘密主義もあって、公開されている情報に手がかりを求めることになる。その一つである特許に注目が集まっている。Appleが仮想現実(VR)ヘッドセットの特許を取得したことが明らかになり、複数のメディアが取り上げた。Facebookの「Oculus」で脚光を浴びたVRにAppleも参入するのだろうか?Apple情報サイトのApple Insiderなどが2月17日、Appleがヘッドマウント型のディスプレイの特許を取得したことを一斉に報じた。米国特許商標庁(USPTO)の特許番号は8,957,835。「Head-Mounted Display Apparatus for Retaining a Portable Electronic Device with Display(持ち運びできる画面付き電子デバイス向けのヘッドマウント型装置)」という特許名だ
HMDは今年ブレークしそうなガジェットのひとつですが、アップルも遅まきながら参入するのでしょうか。
2015年02月23日 (月) | Edit |
サムスン 栄華の象徴だった六本木自社ビルから飯田橋に移転
http://news.livedoor.com/article/detail/9813406/
「六本木ティーキューブは、サムスンの日本進出50年を記念して建てられたビルです。日本メーカーを次々と追い抜いていった同社の勢いを象徴する存在でした。売却情報が事実であれば、現在のサムスンの苦境が反映されてのことだと考えられます。サムスンの経営は信賞必罰で、 からなければその部門のトップは厳しく責任を問われる。日本市場でスマホ事業が不振に陥り、コスト削減からビル売却の方針が決められた可能性があります」サムスン電子ジャパンの広報担当者は取材に対し、「六本木のビルを出て3月に飯田橋に移転する予定なのは事実」と、移転情報を認めた。ただし、「ビルを所有するのはグループ内の別会社。所有分を売却するかどうかは答えられない」とも語った。その上で、今回の移転は後ろ向きな理由によるものではないと説明する
サムチョンの凋落はまだ始まったばかりだ。ざまーみろ。