FC2ブログ


2015年02月24日 (火) | Edit |
Galaxy S6はどうやらフルメタルボディ+曲面ディスプレイとなるらしい
http://jp.techcrunch.com/2015/02/23/20150222samsung-galaxy-s6-teaser/
Samsungがついに、これまでのプラスチックや合成皮革を用いたボディデザインを脱却しようとしているらしい。これはティーザー画像に基づく推測であり、T-Mobileが取り上げ、Vergeでも記事にされている。もちろん、間もなくバルセロナで開催されるMobile World Congressでお披露目予定と目されているGalaxy S6の話だ。Samsungは最近、Galaxy A3およびGalaxy A5というフルメタルボディのデバイスをリリースしている。その点から考えても、フラッグシップモデルであるSシリーズの素材変更は十分ありえるものとは言えるだろう。そもそもこれまでに採用してきたプラスチック素材は、安物に見えてしまうとして不人気でもあった。また、SamsungはS6が曲面ディスプレイを持つものであることもほのめかしている。Galaxy Note Edgeと同様の曲面ディスプレイを、両サイドに配したものとなるようだ。Note 4/Note Edgeのケースと同様に平面ディスプレイ版と曲面ディスプレイ版の両方が用意されるのか、それとも曲面版のみとなるのかはまだわからない。曲面版のみという可能性もありそうに思える
あの曲面ディスプレイはナンセンスなのにそれが両側につくなんて、どんな罰ゲームだよ・・・。断言する、これが売れることはない。朝鮮人のセンスってこの程度なんだよね。

20150224-004
     ▲ナンセンスなサムチョンの端末
2015年02月24日 (火) | Edit |
Sambaの脆弱性(CVE-2015-0240)について
http://news.mynavi.jp/news/2015/02/24/111/
Samba のバージョン 3.5.0 から 4.2.0rc4 までの間にて、悪意のある samba クライアントより特殊に細工をしたパケットを送信することで、認証を回避してアクセスができてしまいます。Samba サーバーはフロントで利用されることは少ないサービスですが、内部に悪意のある者からの攻撃を受けてしまった場合に、重要なデータが閲覧、コピーされて持ち出されてしまうなどの影響がでてしまいます。機密情報の漏えいは重大な問題につながるケースもございますので、脆弱性に対応したアップデートパッケージの提供をご検討ください
ファイル共有機能であるSambaを使っている人はすぐにアップデートしましょう。
2015年02月24日 (火) | Edit |
ファイル共有ソフトユーザーを一斉取り締まり 3日間で40人摘発
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1502/23/news126.html
警察庁は2月17日~20日の3日間、ファイル共有ソフトを使用した著作権法違反事件の一斉取り締まりを実施し、40人を摘発したと発表した。38府県で警察が取り締まりを行い、アニメや楽曲、映画などを違法にアップロードした著作権(公衆送信権)侵害などの疑いで133カ所を捜索し、40人を検挙したという。日本音楽著作権協会(JASRAC)などによると、「Share」を使っていた東京都の会社員の男(30)や和歌山県の無職の男(65)などが逮捕されたほか、「μTorrent」を使用していた大阪府の大学生の男(21)、「Cabos」を使用していた三重県の会社員の男(29)などが送検されたとい
どんどんやるべし!こういうヤツらがトラフィックを占有してるんだよね。いい迷惑だ。
2015年02月24日 (火) | Edit |
Appleの自動車発売時期を業界関係者が激白、勝算はあるのか?
http://gigazine.net/news/20150223-apple-car-production-2020/
Appleは過去にもさまざまな新規参入で成功を収めてきた実績があるのは周知の事実。さまざまなメーカーが乱立していたMP3音楽プレイヤーの世界にiPodを投入して市場を制したことや、「まさか」と考えられていた携帯電話の業界にiPhoneをデビューさせて非常に大きな地位を築いているのがその典型的な例といえます。この自動車業界への「黒船到来」のうわさについて、既存の自動車業界では静観の構えを見せているのが大半の状況。自動車テクノロジーを専門に扱う「Kelley Blue Book」のアナリストであるマット・デロレンツォ氏は「Appleはテクノロジー開発に長けているとは思いますが、自動車業界は基本的に昔ながら(bricks-and-mortar)の世界であり、今後もそうあり続けるでしょう」と、新規参入の難しさを語っています。また、自動車大手のフォルクスワーゲンのマルチン・ヴインターコルンCEOは「新しい競争相手のことはそれほど恐れていません。逆に、彼らの取り組みそのものが、我々にデジタル世界へ注力することを後押ししてくれることになります」と語っています。これまでAppleは既存の技術を活用して次々に革新的な製品を登場させてきましたが、果たして自動車の世界でも同様の状況を作ることができるのか、さまざまな方面から注目が集まりそうです
アップルが提案するクルマとはどんなものか。早く見てみたいですね。でも私はいまだにアップルがクルマを開発するということがしっくり来ないでいます。
2015年02月24日 (火) | Edit |
次期Linuxカーネルは「4.0」--トーバルズ氏がオンライン調査で決定
http://japan.zdnet.com/article/35060811/
通常、ソフトウェアのリリース番号におけるドットの前の数が新しい数になる場合は大型リリースだ。Linus Torvalds氏は今回Linuxカーネルの番号を3.2系から4系に移行するが、これは開発者を満足させるためだ。「Linuxの父」Torvalds氏はGoogle+アカウントで、以前から考えていた4.0への移行についてコミュニティーの意見を聞くオンライン投票を行った。選択肢は「長大なバージョン番号が好きだし、嘘はつけない」「よく混乱してしまうから、v4.0がよい」のどちらか。この「科学的」な調査の結果、回答者の56%が4.0を選んだ。そこでTorvalds氏はそうすることにした。その前に行ったテストでは、「オンライン投票が好き」か「へへへ、私は羊だ」で尋ねたところ(Torvalds氏はこのオンライン投票は無視してよいとしていた)、「羊」の方が多く、5796人の投票者のうち62%がこれに投票した
ということです。長い目で見た場合、LinuxがWindowsに勝利すると私は思います。でもそれはこの10年の話ではないけど。
2015年02月24日 (火) | Edit |
新「Mac mini」レビュー--「OS X」が利用できる最も低価格な小型マシン
http://japan.cnet.com/news/commentary/35060753/
Mac mini(Late 2014)モデルでのアップグレードはホビイストやパワーユーザーが望んでいたような高性能を追求したものとはなっていないかもしれない。とは言うものの、いくつかの条件があるとはいえ、Mac miniはOS Xコンピュータを手に入れる最も低価格な手段であることに変わりはない。最近の小型デスクトップを探している人で、ゲームに興味があるのであれば、Alienware Alphaを検討してみてほしい。また、本格的なホームシアターを作るために十分なストレージを搭載したPCを探しているが、ハードディスクのアップグレードで250ドルを支払いたくないのであれば、HP Pavilion Miniの449.99ドルのモデルを検討してほしい。それ以外の人々、特にOS Xを既に使用している人々にとって、Mac miniは日々の作業に十分応えてくれ、目立たない見た目のデスクトップやホームシアター用機器として機能し、旅行の際にもショルダーバッグに入れて簡単に持ち運べるコンピュータと言えるだろう
OS X Serverを動かすには最適なマシンでしょうね。ゲームマシンには向かない。
2015年02月24日 (火) | Edit |
品川区立京陽小学校、授業でのRaspberry Pi/Scratch利用に関する成果を報告
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/022300656/?top_nhl
品川区立京陽小学校は2015年2月23日、国語・算数・理科・社会・図工・音楽などの授業へプログラミングを取り入れる試みに関する成果報告を行った。同校では2014年度から、全校児童に1人1台のRaspberry Piを配布。プログラミング言語「Scratch」を使い、教科学習の理解を深めるための手段としてプログラミングを活用してきた。同日に一般公開された2年生の国語の授業では、「主語と述語の関係」や「時制による語尾変化」の学習で、Scratchを利用した。児童たちは、まず主語と述語を使った例文を作り、その動きをプログラミングによって視覚化した。その後、述語が時制によって語尾変化することを学び、始動・継続・完了などの動きがプログラミングされたキャラクターの状況を文で表現した
Raspberry Piを使った授業なんて楽しそう。

20150218-004
     ▲Raspberry Pi 2 Model B
2015年02月24日 (火) | Edit |
「昭和なPC」を自作するイベントが実施 バブルに団地、黒電話………
http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/docs/news/news/20150223_689508.html
「“昭和”をテーマに自由な自作PCを作ろう」という変わったコンセプトの自作PCイベント「DIYパーツ 自由研究発表します! in ツクモパソコン本店」が、21日(土)に実施された。会場はツクモパソコン本店の4F。会場では、一般参加の参加者4名やメーカー/代理店が作成した「昭和なPC」が合計9台展示。バブルなイメージから団地、黒電話、Macintoshまで、ユニークなコンセプトなどをアピールした。以下、会場の模様やそれぞれのPCをフォトギャラリー形式で紹介しよう。ちなみにこのイベント、次回も別のテーマで実施予定。ユーザー参加も公募するとのこと。詳細については、決まり次第、ツクモから告知される見込みだ
これは楽しい企画だな。旧Mac Proの筐体でPC組みたいなー。

20150224-003
     ▲ピンク電話PC
2015年02月24日 (火) | Edit |
4790K&GTX 980で最速! 水冷で安定! 最強ゲーミングPC「HP ENVY Phoenix 810-480jp/CT」
http://ascii.jp/elem/000/000/971/971374/
「ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア」を始め、重量級のPCゲームをしっかりと楽しむのなら、CPUもGPUも最速を選びたい。そんな方にお勧めなのが、日本ヒューレット・パッカードのゲーミングPCのなかでも最高性能を誇るデスクトップPC「ENVY Phoenix 810-480jp/CT」だ。「ENVY Phoenix 810-480jp/CT」のCPUは、クアッドコアのCore i7-4790(3.60GHz)または「Devil's Canyon」ことCore i7-4790K(4.0GHz)に対応。グラフィックスは、エヌビディアGeForceシリーズ最速である「GeForce GTX 980」を筆頭に、GeForce GTX 760/770といったハイスペックなGPUを用意する。さらに大容量メモリーや高速なストレージ、高負荷状態でもダウンしないための冷却システムなど、高性能なパーツをふんだんに取り揃えており、最速を求めるゲームプレイヤーにピッタリの製品なのだ。「ENVY Phoenix 810-480jp/CT」の実力を測るべく、ベンチマーク結果などを紹介しよう
ひどいデザインだなー。どうしてWindowsパソコンってこんなにデザインがひどいんだろう。

20150224-002
     ▲ひどいデザインの筐体
2015年02月24日 (火) | Edit |
コンピューティングのあらゆる場面に入ってゆくインテル
http://ascii.jp/elem/000/000/981/981246/
米インテルが発表した2014年通期の実績は、売上高が前年比6%増の559億円、営業利益は25%増の153億円、純利益は22%増の117億円となった。インテルの江田麻季子社長は、「過去最高の売上高を達成した。ひとことで、どこの国がいい、あるいはどこの分野がいいのかとはいえない。新興国も成熟国も、コマーシャルもコンシューマも、すべての価格帯の製品においてもよかった」と前置きし、「描いたゲームプランがうまくいっている。データセンタービジネスも、IoTビジネスも、予想通りの結果になっている。チームワークの強さが原動力になっている」と総括する。2in1のデタッチャブル型PCを含むタブレット向けの出荷台数は、当初見込みの4000万個を大きく上回り、4600万個を出荷。さらに、PCクライアント事業本部は出荷数量が8%増加、データセンター事業本部は売上高が18%増加。そして、IoT事業本部も売上高は19%増加した。インテルの宗像義恵副社長は、「いままで以上に、プロダクトの市場競争力が高まっている。Edison、Galileoといった開発プラットフォームに対しても評価が集まっている。いまのインテルには、エンジン全開といった表現が当てはまる」と語る
今年は、Windows10が出荷されるのでPC市場は活況を呈するでしょう。インテルの勢いは今後も止まりませんね。
2015年02月24日 (火) | Edit |
サムスン、スマホの世界売り上げシェア10%台に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150224-00000004-cnippou-kr
アップルが昨年第4四半期に世界のスマートフォン市場で判定勝ちを収めたという資料がまた出された。アップル初の大画面スマートフォン「iPhone6」の効果だ。これに対しサムスンは3年ぶりに四半期当たりのスマートフォン売り上げシェアが10%台に落ちた。米市場調査会社のストラテジーアナリティクス(SA)は23日、昨年第4四半期を基準としたスマートフォンシェア現況を発表した。これによるとサムスンの売り上げシェアは17.2%で、2011年第4四半期の19%以来3年ぶりとなる10%台を記録した。サムスンは昨年第2四半期まで30%台のシェアを維持していたが、第3四半期に24.8%となり、第4四半期も下落が続いた。これに対しアップルの売り上げシェアは48.9%に達した。世界のスマートフォン売り上げの半分近くをアップルが持っていったという話だ。高価なiPhoneの販売が急増し売り上げシェアが第3四半期の32.3%より16.6ポイント上昇した。SAの資料基準で中国でiPhone6が1340万台売れる大ヒットとなったおかげだ。販売台数基準で昨年第4四半期にアップルは中国のスマートフォン市場でサムスンの1210万台を押さえ2位になった
iPhone6 Plusはサムチョン封じの色合いが濃いと書いたことがあるが、まさに効果絶大ですね。サムチョンざまー。
2015年02月24日 (火) | Edit |
アップル、欧州に新データセンター 節税批判かわす狙いも
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H0W_U5A220C1EAF000/?n_cid=TPRN0005
米アップルは23日、約17億ユーロ(約2300億円)を投じアイルランドとデンマークにデータセンターをつくると発表した。2017年の稼働を見込む。地元で数百人規模の雇用を創出する見通しだ。アップルは欧州に資産を集める節税手法で批判を浴びた。欧州で過去最大の事業投資を実行することは節税批判をかわす狙いもありそうだ。新データセンターは音楽配信「iTunes」やアプリ配信「アップストア」、メッセージサービス「iメッセージ」などの欧州全域の情報を処理する。欧州域内の顧客情報を処理し、米政府による個人情報収集の懸念にも対応する。電力はすべて再生エネルギーで賄うという。アップルは米国でも約20億ドルを投じ、アリゾナ州にデータセンターを新設する予定。この1年間に欧州で2000人を新たに雇用したうえに、14年は欧州企業と78億ユーロの取引があったと説明している
クラウドを制するものが世界を制するからね。日本企業がアップルやグーグル、アマゾンに勝てないのはクラウドを持たないからだ。かつて検索エンジンが日本で開発できないのは、サーバーのキャッシュが著作権法違反になるからだったが、こういうバカげた規制も日本企業がイノベーションを起こせない一因だ。
2015年02月24日 (火) | Edit |
アップルの天才、ジョナサン・アイブは2ミリの妥協もしない
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/021800190/?top_tl1
つまりジョナサン・アイブは、たった2ミリ筐体を小さくするために、コストを犠牲にした。普通のメーカーだったら、たった2ミリなら、筐体を大きくするほうを選んだだろう。数万台、数十万台をつくったら、コストの違いは莫大な金額になる。それでもアイブは、2ミリ小さくするほうを選んだ。それは、ユーザーが使うときに最高の印象を持ってもらうためには必要だったからだ
この考え方をアップルの中心に据えたのがジョブズの次の考え方だ。
「たいていの人は、デザインをお化粧と勘違いしている」。アップル復帰の直後、ジョブズはフォーチュン誌にこう語っていた。「だが私にとって、デザインはその対極にある。デザインとは人間の創造物の中心にある魂のようなものだ
こうあるべき、ということを最初に決めて、とことんテクニカルな面を追求していくというのがアップル流。他の企業はコストのためならデザインを簡単に変更する。そこが違うところだろう。トヨタのクルマがつまらないのは、そういうことだ。没個性ということでフロントグリルを変なカタチにしてしまったが、本来デザインとはそういうことじゃないんだよね。
2015年02月24日 (火) | Edit |
なぜ日本メーカーはアップルになれないのか
http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20150216/277530/?n_cid=nbpnbo_top_rcmd
そんな日本企業も、アップルなどにならって、少しは変わろうとしているのだろうか。「変わらないですよ。非常に保守的です。逆に言えば、そういうしがらみや決められたシステムがあるから、デザイナーにそんな力がなくても、システムに乗ってしまえば、ある程度の仕事ができる。そういう環境の中で、突出したものを作ろうとすると、まずはそのシステムを捨て去ることから始めなければならないのです」 既に述べたが、このインタビューが行われたのはiPodがデジタル時代のウォークマンと呼ばれ注目を集め始めたばかりの2004年だ。その後、このiPodの勢いはいよいよ止まらなくなり、2007年にはアップルはiPhoneを発表し、「アップルコンピュータ」という社名から「コンピュータ」の文字を取り、ほかの企業が追い付けないほどの地位を築き始める。そのアップルの成功するものづくりの最大の特徴はデザイン主導であったわけだが、それから10年たった今、日本のメーカーにおけるデザイナーの役割は果たしてどの程度変化したのだろうか
アップルの製品はいまでこそ非常に完成度の高いデザインに落ち着いているが、かつてはひどいデザインのものもたくさんあった。スケルトンiMacやキューブのようなMac、バタフライのようなノートブックなど、ひどいものだった。さらに現Mac Proはゴミ箱そっくりでぜんぜんクールじゃないし、あれはどう見ても失敗だ。新しいVAIO Zは、日本製品で唯一アップル製品に対抗できるものだろう。アップル(ジョブズ)のすごいところは見えないところも決して手を抜いていないところだ。たとえば、旧Mac Proは、筐体を開けたときにも感動を覚えるほど中身が美しいし、ネジひとつとっても非常にこだわっている。それに比べてWindowsマシンは、筐体のデザインもひどいが中身も非常に醜い。製品に対する哲学が180度違うからしかたのないことだけどね。ジョブズが亡くなってアイヴを評価する声が大きくなったが、過大評価すぎるきらいがある。