FC2ブログ


2015年03月03日 (火) | Edit |
「iOS」、法人モバイル市場でシェアを73%に拡大--2014年第4四半期
http://japan.zdnet.com/article/35061169/
Good Technologyが2014年第4四半期についてまとめた四半期調査レポート「Mobility Index Report」のデータによると、「iPhone」はエンタープライズ市場で最も人気の高いスマートフォンで、4分の3近いシェアを誇っているという。Fortune 100企業の半分を含む、世界中の6200の組織にモバイルデバイスサービスを提供するGood Technologyは毎四半期、市場シェアトレンドとアプリの利用統計について、広範な調査結果をまとめたレポートを発表している。同社のレポートによると、第4四半期にアクティベートされた全デバイスのうち、「iOS」のアクティベーションが占める割合は73%で、前四半期の69%から拡大したという。このシェア拡大は、第3四半期末に発売された「iPhone 6」が要因となっている可能性が高い。「Android」のアクティベーションの割合は29%から25%に縮小した。Appleが4ポイントシェアを伸ばしたのと見事に対照的だ。「Windows Phone」と「Microsoft Surface」のシェアはこの6四半期横ばいで、全アクティベーションに占める割合はわずか1%だ
Microsoft Surfaceがいかにコケているよくわかる数字ですね。Windows8が嫌われてるからね。マイクロソフトは早くWindows10を出すべきだ。
2015年03月03日 (火) | Edit |
物理的キーボードは素晴らしい
http://jp.techcrunch.com/2015/03/03/20150302physical-keyboards-are-awesome/
しかし、かなりの時間をタイピングに費す人にとって、おそらく次の3つが真実だと私は思う。  タイピングはクールである。 タイピングが速いともっとクールである。 タイピングが速くて正確なのが最もクールである。 故に、物理的キーボードである。本稿は、油田の火事より騒音の大きい大型メカニカルキーボードで書いている。しかし、感覚は驚くほど良くて私は快適な速さでタイプできる程度には配列を覚えている。私はiOSをこのキーボードより何年も前から使っているが、モバイルではおそらく半分の速度も出ない。私はこの巨大な代物と、私にとって史上最高のキーボードであるMacbook Airについてくる内蔵キーボードを交互に使っている。  このふたつを使って、2つのオペレーティングシステムや様々なクラウドサービスを渡り歩き、私は満足げにタイプしている。このキーそのものが、人とインターネットを結ぶゲートウェイなのだ
賛成だ。iPadやiPhoneではよっぽどでない限り文字入力はしない。この記事はトープレのキーボードで書いているのだが、もうこのキーボードを使ったら他のキーボードは使えない。

20150303-004
     ▲東プレ REALFORCE108UH-S 静音フルキーボード 静電容量無接点方式 押し下げ圧ALL45g USB ホワイト SA010S
2015年03月03日 (火) | Edit |
Apple、スイスにおける事業範囲に「車両」を追加。Tim Cookはクルマの噂を否定
http://jp.techcrunch.com/2015/03/03/20150302apple-adds-vehicles-to-its-list-of-activities-in-switzerland-tim-cook-demurs-on-car-rumors/
これに先立ち同社は、自動車のハードウェアと部品の製造に関する専門家を相当数雇用している。一部の報道によると、2020年がAppleカーの目標発売日であり、Appleの車への情熱は電気自動車メーカー、Teslaとの従業員引き抜き合戦を呼んでいるとも書いている。少なくとも1名、この噂を受けていれない人物がいる:Apple CEO Tim Cookだ。同社の最高経営責任者は、ドイツの新聞BILD紙のインタビューで、Appleの自動車計画について直接質問を受けた。Cookの答えは「噂は読んだ」そして「それについてコメントはできない」だけだった
どうなんでしょうね。クルマを開発してるんでしょうか。
2015年03月03日 (火) | Edit |
日本マイクロソフト社長交代 樋口氏から平野氏に
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/02/news093.html
日本マイクロソフトは3月2日、平野拓也代表執行役副社長が7月2日付けで代表執行役社長に昇格する人事を発表した。樋口泰行代表執行役社長は7月1日付けで代表執行役会長に就く。平野氏は1970年生まれの北海道出身。05年にマイクロソフトに入社し、エンタープライズビジネス担当執行役常務や、米Microsoftの東ヨーロッパ担当ゼネラルマネージャーなどを歴任した。平野氏は3月2日付けで執行役専務から代表執行役副社長に昇格。樋口氏とともに、7月1日にスタートする同社の新年度に向けた経営・事業計画の立案などを行う
ハーフなんですね。完全に白人の遺伝子が勝ってますな。
2015年03月03日 (火) | Edit |
中国の雄・小米 一流部品で高品質も「模倣」の域出ず
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83092170S5A210C1000000/
採用する電子部品については、従来の中国企業の「安かろう、悪かろう」とは明らかに一線を画している。Xiaomiは電子部品に潤沢な資金を投じている。新興の中華端末メーカーの中では、品質面で確かに抜きんでた存在と言えるだろう。Xiaomiの成功の秘訣は、前述したように成功企業の模倣にある。日本メーカー製を含め世界一流の部品を採用することで、高品質を実現しているが、Mi4にはオリジナリティーが正直見当たらない。模倣におおらかな中国市場では、Xiaomiの手法や製品を模倣して、さらに廉価で提供しようとする企業が現れるのは時間の問題。そのときユーザーに「Xiaomiでなければダメだ」と思わせる魅力がなければ、あっという間に熾烈な価格競争に巻き込まれてしまうだろう。 彗星のごとく登場したXiaomiだが、一歩間違えれば、彗星のごとく太陽系の彼方へ消え去ってしまう可能性もある
こういう企業は、あだ花ですよね。オリジナリティがなくイデオロギーもない、模倣品を作っているだけの企業に未来はないだろう。一時的には成功しても。
2015年03月03日 (火) | Edit |
ドコモも懸念 “聖域”踏み込むApple SIMの足音
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO83079680S5A210C1000000/?df=4
例えばApple SIMのモデルを考えてみよう(図3)。従来は各モバイル事業者が、自社のネットワークに対応したアップル製品をそれぞれ販売していた。モバイル事業者がアップル製品を売ることで、ユーザーとの接点を直接築いていたわけだ。それがApple SIMのモデルでは逆転する。ユーザーはアップル製品からモバイル事業者を選択する。すなわちアップルがモバイル事業者のネットワークを販売する形になる。ユーザーとの接点はアップルが握り、ネットワークは二義的な存在でしかなくなる。モバイル事業者の市場に対する影響力や主導権は薄れていく
それはいいことだ。今のスマホ料金は高すぎる。少しでも安くなればそっちの方がいい。
2015年03月03日 (火) | Edit |
発売間近アップルウオッチ 期待の裏で渦巻く懸念
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO83772400X20C15A2H56A00/
だが、ウオッチを取り囲むウエアラブル端末のトレンドは、発売を前に早くも幻滅期にさしかかっている。一例が、野心的な試みだった米グーグルの「グーグルグラス」。11年に開発計画が広く知られ、13年に試験販売にこぎ着けた。しかし成果を見せぬまま、今年1月に発売中止が決まった。健康分野で本命視されていた、スマホと連動する活動量計端末も数多く出てきたが、いずれも苦戦が伝えられる。米ナイキはリストバンド型端末「フューエルバンド」の開発継続を断念し、開発チームを解散した。当面はアプリ開発に専念するという。ウオッチ自体にも懸念材料が待ち受ける。先ごろ、ウオッチの機能を用いて皮膚の汗や脈拍の変化を感知し、ユーザーの状態を測定する健康状態監視アプリの搭載は見送られると報道された。腕にゆるい状態で装着するケースや、毛深さや乾燥肌など個人差によって精度が得られないなどが原因で、米政府当局の規制をクリアしそうにないとの理由からという。高度な健康監視機能の搭載が先送りされるとなると、期待されていたヘルスケア市場で当面は不発となる可能性が高い。
だから、まだ真のスマートウォッチ市場は花開いてもいないということだ。アップルが発売してからが本当のスタートだ。今市場に出ているスマートウォッチもどきは、アップルが時計型の端末を開発しているといううわさをききつけたメーカーがアップルより先に出してやろうと思いついて、くだらない時計型の端末を開発しただけだ。だから幻滅して当然なのだ。ただ、その本命のApple Watchだが、最大の売りであった健康管理機能を非搭載することが報じられているのは残念なことだ。
2015年03月03日 (火) | Edit |
まだまだ進化は続く? 2015年はムーアの法則50歳の誕生日
http://www.gizmodo.jp/2015/03/50_23.html
50歳の誕生日おめでとう!  「半導体の集積密度は約2年で倍増する」というムーアの法則が今年で50年をむかえました。この法則は米インテル社の共同創業者であるゴードン・ムーア氏が1965年に提唱した経験則です。ずーっと「いつかは終焉する」と言われながらも様々な技術発展に支えられて今日まで続いてきましたね。そんなムーアの法則をユニークなツイートとともに振り返りましょう。ゲームのキャラクターの変化をたどった図ですが、確かに小さいころのゲームと比べたらものすごく変化してます。ゲーム機の処理速度も目を見張るものがあります。単にデバイスが速くなっただけでなく大きさもどんどん小さくなりました。ムーアの法則で考えると携帯も何か新しいものに取ってかわられるんでしょうか
どんどん速く小さくなっていきますね。スーパーコンピューター京並みの性能のPCが現れるのもそんなに先の話ではなさそう。
2015年03月03日 (火) | Edit |
「Apple Watchがあれば車の鍵も不要に」とティム・クック氏が語る
http://www.gizmodo.jp/2015/03/applewatch.html
3月9日のスペシャルイベントも告知され、いよいよ秒読みと思われる「Apple Watch」。そんな期待値をさらに高めるかのように、先週末、英国テレグラフ紙のインタビューの中で、アップルCEOティム・クック氏が「Apple Watchは、既存の車の鍵の代わりになることも出来る」と語りました。実はアップル、以前より車の鍵に関しては色々と考えていたようで、iPhoneを使ってBluetooth経由で車の鍵を遠隔で操作できる特許も取得していました。それをベースに考えればApple Watchから車の鍵を開けられるようになるというのもかなり現実的な話なのかも知れません
ふーん、でも自動車側にも細工が必要だろうと思うのだが・・・。
2015年03月03日 (火) | Edit |
サムスンのモバイル支払サービスの答え、それはSamsung Pay
http://www.gizmodo.jp/2015/03/mwcsamsung_pay.html
名前が、Apple Payすぎませんかね…。アップルのApple Payが、米国モバイル支払サービス業界において大きな1歩を踏み出す中、サムスンは前から「うちもやりたい! 自社のモバイル支払サービスやりたいやりたい!」と意欲をみせてきました。アップルよりも上手く簡単にできるシステムがここにある、とサムスンから発表されたのがモバイル支払サービスSamsung Pay。  サムスンがGalaxy S6に搭載するモバイル支払対応オプションは2つ。NFCとMST (Magnetic Secure Transmission)。前者は、iPhone 6やAndroid端末で利用できるお馴染みのやつ。日本で言えば、おサイフケータイのイメージです
どこまでパクれば気がすむんだろ、この会社。チョンにお金の決済を託すってなんの罰ゲームだよ。絶対ヤダ。
2015年03月03日 (火) | Edit |
これ、売れるんじゃない? iPhone 6cのコンセプトイメージ
http://www.gizmodo.jp/2015/03/iphone_6c.html
今回3DFutureが公開したiPhone 6cのコンセプトは「これならイケるんじゃない?」と予感させる、高品質なデザインコンセプトとなっています。ほら、iPhone 6って本体がまるっこくなったじゃないですか。これをプラスチック製のポップなケースに変えても、ほとんど違和感はないと思うんです。ホームボタン周りのアクセントカラーもいい感じ。これ、売ってくれないかなぁ…。SIMフリースマートフォンがだんだん認知されだした日本なら、iPhone 6cには大きなビジネスチャンスはあると思いますよ!
確かに!これはクール。違和感まったくないですね。

20150303-003
     ▲秀逸なiPhone6cのコンセプト画像
2015年03月03日 (火) | Edit |
スイス国鉄の時計デザインで純正スマートウォッチを作るとこうなるぞ…
http://www.gizmodo.jp/2015/03/post_16640.html
やっと本当にはめたいスマートウォッチが出た!ウェアラブルのトップシェアを目指し、各メーカーからスマートウォッチやフィットネスバンドが続々と発売されていますけど、どうもあのデザインがね……。高級感とステータスを求められる腕時計にふさわしいモデルが、なかなか出そろっていないというのが現状ではないでしょうか。しかしながら、あの由緒あるスイスの時計メーカーのMONDAINE(モンディーン)から、初のスマートウォッチクラスの新モデル「Helvetica No. 1 Smart」が、今秋に発売されることが明らかになりましたよ。MONDAINEといえば、スイス国鉄が駅の時計のデザインとして採用した「スイス レイルウェイステーションクロック」をベースに、Helvetica(ヘルヴェチカ)フォントを採用する時計の発売で知られています
おお、クールですねー。LGやサムチョンのスマートウォッチより100倍クールです。さすがスイスの時計メーカーですね。スイス国鉄の時計といえば、アップルが無断でパクったアレですよね。これなら腕にはめても恥ずかしくないですね。

20150303-002
     ▲超クールなデサインMONDAINEの腕時計
2015年03月03日 (火) | Edit |
ヒト型ロボ「Pepper」、発売からわずか1分で完売--初回分300台
http://japan.cnet.com/sp/robot2014/35061067/
ソフトバンクロボティクスは、開発者向けに2月27日に発売した感情認識パーソナルロボット「Pepper(ペッパー)」の初回分の販売を終了したことを発表した。300台を用意していたが、ウェブサイトで約1分間で販売予定数を上回る申し込みがあり、受け付けを終了したという。予定数を上回ったため抽選による販売となる。開発者向けの次回生産分と、一般家庭向けの販売は夏頃を予定している。Pepperは、周囲の状況を把握しながら自律的に判断して行動し、人の表情と声のトーンを分析して人の感情を推定できる人型のロボット。人との会話以外にも、家族の写真を撮影したり、子どもと遊んだり、スマートフォンと連携して家族にメッセージを送ったりすることが可能。また、発売にあわせて「ロボアプリ」をダウンロードできるアプリストアを公開し、さまざまな機能を追加できるようになる。当初は100本のアプリを用意する予定だ
すげー、1分で完売か!裕福な人が多いんだなー。
2015年03月03日 (火) | Edit |
「Windows 365」はこうなる--気になるサブスクリプションを推測
http://japan.zdnet.com/article/35060999/
Microsoftが「Windows」OSをサブスクリプションモデルに切り替えようとしているといううわさや臆測が、「Office 365」の発売以降、広まっている。Microsoftが「Windows 10」の最新プレビュービルドを公開したとき、幹部らはそれを「Windows as a Service」(サービスとしてのWindows)と呼んでいた。今では、Microsoftは何らかのサブスクリプションモデルが登場することをほぼ認めている。というのも、同社が「Windows 365」を商標登録したからだ。一部の顧客は強く反発しているが、パニックに陥る前に一歩下がって、Windows 365のサブスクリプションモデルがどういうことを引き起こす可能性があるのか考えてみよう。まずは、筆者はWindowsにサブスクリプションモデルが登場するのはほぼ間違いないと考えているということを伝えたい。そう言ったところで、必ずしもノストラダムスの予言のようにはならないのは分かっている。筆者があえてそれを言う唯一の理由は、Windows OSを引き続き、従来の方法でも購入できるようになることもほぼ間違いないと考えているからだ
ふーむ、どういうことだろう。サブスクリプションモデルとは使用期間について対価を支払うビジネスモデルのこと。Office365みたいな感じなのだろうか。そんなのイヤだな。
2015年03月03日 (火) | Edit |
同時通訳「Skype Translator」は意外とイケそう、Microsoftの人工知能研究が実を結ぶ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/466140/022500030/?top_tl1
Skypeが音声通訳機能「Skype Translator」を公開し、SFの世界が現実になったと話題を呼んでいる。Skype Translatorは、人間の同時通訳のように、発言をほぼリアルタイムで相手の言語に翻訳する。国際会議のように、異なる言語間でコミュニケーションが可能となった。この背景には、Microsoftの人工知能基礎研究がある。Microsoftは、音声認識に人工知能を適用することで、認識率を大幅に向上することに成功した。Skype Translatorのリリースは、Microsoftの長年にわたる機械翻訳開発が結実したことを意味する
これはとてもクールですね。スカイプがMSに買収されたとき大きな落胆を覚えたものだが、これが搭載されたことでスカイプは再び光を取り戻しましたね。ホログラムとともにマイクロソフトの動きには目が離せなくなりました。バルマーの頃のMSとはまったく違った会社に変貌したようです。
2015年03月03日 (火) | Edit |
JavaScriptライブラリRactive.js、目指すはWebプログラミングの大衆化
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481709/030300070/?top_tl1
Ractive.jsが目指しているのは、Webプログラミングの敷居を低くすることではあるものの、現状ではプログラマー以外の人にはまだ手が届かないかもしれない。だが、HTMLとJavaScriptの基礎をかじったことがある人なら、直感的に扱えるものと考えられる。Ractive.jsを使うと、自力でコーディングするには膨大な時間と労力がかかる多彩な機能を簡単に実現できる。ユーザーに合わせてカスタマイズしたデータや、ユーザー自身が入力したデータを使って、自動で更新されるWebページを作成可能だ。また、ユーザーの設定に応じてWebページの一部分の表示/非表示を切り替えるといったように、Webページにビジネスロジックを組み込むこともできる
これは便利そう。今度使ってみよう。
2015年03月03日 (火) | Edit |
Windows 10、コンパネは継続、PC設定は扱いが変わった
http://ascii.jp/elem/000/000/984/984427/
Windows 7まで、OSをはじめ様々な設定はコントロールパネルから行っていた。しかし、Windows 8では、コントロールパネルに加え、「PC設定」という設定項目が別途用意された。ここでは、ネットワークやデバイス、アカウントなどの設定が行える。コントロールパネルの設定と重複している項目が多いものの、コントロールパネルもしくはPC設定のどちらかでしか設定できない項目もあった。Windows 10ではチャームが廃止されたので、「PC設定」という項目は消えた。しかし、その代わり、スタートメニューの「Places」に「Settings」という項目が表示されている。「Settings」を開くと、「システム」「デバイス」「パーソナル設定」「保守と管理」など「OneDrive」を除きPC設定と同じ項目が並んでいる。従来と同様、ショートカットのWin+Iキーでも「Settings」が開く。設定場所が重複しているのは不評だったが、マイクロソフトはコントロールパネルから「Settings」への移行を狙っているようだ。その証に、「Windows Update」がコントロールパネルからなくなり、「Settings」の「保守と管理」からアクセスするようになった
マイクロソフトは、アップルと違いユーザーエクスペリエンスの継承という最も大事な点を疎かにしている。XPまでは、きちんと継承していたのに。何がどこにあるのかさっぱりわからなくなった。
2015年03月03日 (火) | Edit |
HTC、3代目となる「HTC One」を発表! なんとVRデバイスも!
http://ascii.jp/elem/000/000/984/984798/
今回の主役だったHTC One M9のデザインは、これまでのHTC Oneシリーズに則っているので大きな変化は見られないが、前後で異なる色アレンジをしていたり、背面にはヘアライン処理をしたり、側面はミラー加工がされていたりと、かなり質感は上がっている。ディスプレーにはサファイヤガラスが採用された。本体サイズは約69.7×144.6×9.6mm、重さは157g。前モデルよりも軽量・コンパクトになった(微妙にだが)。スペックはディスプレーが5型(1080×1920ドット、441ppi)でCPUはSnapdragon 810(64bit、2Ghz動作のオクタコア)を搭載した。メモリーが3GB、内蔵ストレージが32GB、バッテリー容量が2840mAh、microSDスロットはmicroSDXC 128GBに対応、Androidは最新のロリポップ(5.0)と、まさしくフラッグシップのスペックを誇る
HTCはアップルのパクリなんかしない点は好感が持てますね。サムチョンとシャオミはアップルの丸パクリでひどい企業だ。
2015年03月03日 (火) | Edit |
サムスンがスマートフォン「Galaxy」の最新モデルを発表=米国ネット「サムスン・ファンの人々は…」「アップルを追いかけて負けた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150303-00000020-rcdc-cn
AP通信の報道によると、サムスン電子は1日、スマートフォンの最新モデル「Galaxy S6」と「Galaxy S6 edge」を発表した。報道によると、メタルとガラスを組み合わせたスタイリッシュなデザインとなっており、Galaxy S6 edgeはディスプレイの左右が湾曲した作りになっているという。また、両モデルとも、同社のモバイル決済サービス「サムスン・ペイ」も搭載しているという。この報道に、米国のネットユーザーがコメントを寄せている。  「サムスンはしくじったな。サムスン・ファンの人々は、GalaxyがiPhoneと違うから好んでいたんだ。今ではすっかり同じような製品になってしまっている」  「サムスンは行き詰まってしまった。アップルをまねするのはやめるべきだ。アップルを追いかけることで、負けたんだ」  「サムスンにアップルのアイデアを奪わせておけばいい。どうしようもない会社だ。創造力も発想力もないなんて」  「アップルのまねだね!」  「もう既にアップルとの“熾烈な戦い”などではない。アップルが勝ったんだ」  「4年の間に3つのモデルを発表している。今持っているスマートフォンを十分に楽しむ時間もないじゃないか」
本当にそうだ。この評価が正しい。企業としてのプライドを捨て去っている時点で最低。プライドのある企業なら丸パクリなんか絶対にしないはずだ。
2015年03月03日 (火) | Edit |
好調アップル、露骨なサムスン スマホ決戦、中国も猛追
http://www.asahi.com/articles/ASH324RH1H32ULFA00V.html?iref=comtop_6_03
スペイン・バルセロナで1日夜に開かれたサムスンのスマートフォンの新モデル発表会。会場を埋めた2千人超からひときわ大きな拍手がわいたのは、「iPhone6」との比較だった。「バッテリーのフル充電時間は半分」「この写真、まったく同じシーンを撮影したものです」   サムスン幹部は、身ぶり手ぶりを交えて性能の高さを強調した。巨大なスクリーンには、新スマホとiPhone6を左右に並べ、フル充電までの時間や、暗い場所で撮影した動画と写真の明るさの違いを映し出した。露骨なまでのiPhoneとの比較。サムスン幹部は「商品名を出してここまで比較したプレゼンは初めて」と明かす。なぜここまで、サムスンはiPhoneを意識するのか
しかしサムチョンの新しい端末はiPhone6そっくりですな。丸パクリだよね。恥ずかしい企業だ。プライドとかないんだろうか。「Galaxyが始めると世界がついてくる」とか言ってたが、パクってるのはいつもサムチョンだよね。最低の企業だ。

20150303-001
     ▲iPhone6丸パクリのGalaxy6s