FC2ブログ


2015年03月06日 (金) | Edit |
日本マイクロソフト次期社長が語る「チャレンジャーの姿勢」
http://japan.zdnet.com/article/35061390/
発表内容や会見での発言の詳細については関連記事を参照いただくとして、ここでは平野氏が会見で語った次期社長としての経営姿勢についてのコメントを取り上げておきたい。「私の思いとしては、日本マイクロソフトを、さらにお客様から愛される会社、使いたくなる製品やサービスを提供し続ける会社、先変革にチャレンジする会社にしていきたい。ビジネスとしては、さまざまな分野でクラウドを中心にワクワクする提案をしていきたい」   こう語った平野氏は、さらに質疑応答でビジネス上の課題について聞かれると、「マイクロソフトは今、グローバルでクラウドおよびデバイスの事業に注力しているが、これらの分野については、グローバルと同様に日本でもチャレンジャーの姿勢でさらに強力に押し進めていく必要がある。具体的な施策については、社長就任時にあらためて発表したい」と答えた
さて、ナデラ氏に変わって変貌を遂げようとしているマイクロソフトの日本社長も変わることだし、ユーザーの方を向いてくれる会社に変革できるかどうか見守りたい。今年は、アップル同様マイクロソフトからも目が離せない。マイクロソフトが私にこう思わせてくれるようになるとは、昨年の今頃は夢にも思っていなかった。
2015年03月06日 (金) | Edit |
2画面スマートフォンのYotaPhone 2、アメリカデビューはIndiegogoでスタート
http://jp.techcrunch.com/2015/03/05/20150304dual-screen-yotaphone-2-comes-to-the-u-s-this-summer-via-indiegogo/
普通のフルカラーディスプレイに加えて、背面に省電力のe-ink画面を備えたYotaPhone 2が、今年の夏からいよいよアメリカ市場に進出するのだそうだ。まずはIndiegogoキャンペーンにてスタートするのだとのこと。キャンペーンは4月にも開始する予定で、初期割引などを設けて販売活動を行う。  YotaPhoneについては、TechCrunchでも何度も取り上げている。ロシアのYota製のスマートフォンで、e-inkディスプレイを搭載することで、いろいろと面白い使い方ができるようになっている。現在のプロダクトはYotaPhone 2となっているが、初期のものと比べるとソフトウェアおよびハードウェアデザインの双方の面で大いに進化してもいる
ふーむ、動画を見ても便利さがいまひとつ、というか、まったくというか理解できないのだが・・・。それでもサムチョンの湾曲ディスプレイよりは断然アイデンティティを感じますね。
2015年03月06日 (金) | Edit |
Apple Watchが成功しないわけがない―最初の1月で数百万台は売れる
http://jp.techcrunch.com/2015/03/06/20150305lets-face-it-the-apple-watch-will-sell-more-than-a-million-units-in-its-first-month/
そこで私の予想を述べよう。Apple Watchは失敗しない。成功する。Apple Watchはいくつもの業界を同時に変革し、既存勢力に根本的な戦略の立て直しを強制する。バーチャル・リアリティーがシームレスに実現するまでは、次世代の通知システムのフロンティアはスマートウォッチだ。この分野で大きな前進ができるプレイヤーはAppleをおいて他にない。Apple Watchはたちまち何百万台も売れだろう。(中略)Appleは持っていることが世界中でステータスになるラグジュアリー・ブランドだ。Apple Watchの場合もニセモノやそっくりコピー製品の大群が押し寄せるには間違いない。その中で本物のApple Watchを持っていることは本物のバーバリーやプラダを身に着け、シャネルのハンドバッグを持っているのと同じ満足感を与えるだろう。そして友人、知人を羨望させるだろう。こうしたファッション効果は無視できない
私の意見もこの筆者と同じだ。今までのスマートウォッチが失敗だからApple Watchも失敗する、という理屈はもうまるで間違っている。いままで登場したスマートウォッチはアップルが言うところのスマートウォッチではないからだ。一部健康管理機能が非搭載とされる点が残念なものの今まで登場したスマートウォッチもどきとは別格の存在感だろうことは間違いない。月曜日(我々日本人が知るのは10日の火曜日だが)が待ち遠しい。このわくわく感はアップル以外では味わえないものだ。ああ、ジョブズがいたならこのわくわく感は、10倍になっていたことだろう。
2015年03月06日 (金) | Edit |
Appleの音楽ストリーミングサービス、6月デビューか
http://jp.techcrunch.com/2015/03/06/20150305apples-streaming-music-service-will-debut-in-june/
Appleの音楽ストリーミングサービスは、Beatsを一から作り直してiTunesブランドを冠し、Appleのハード、ソフトとより密に統合されたものになると考えられているが、6月におそらくWWDCで正式デビューするらしい。同社の現状に詳しい情報筋がTechCrunchに語ったところによると、ターゲットは6月8日で、少なくとも正式発表はされるという。9to5MacのMark Gurmanは、Appleの年次デベロッパーカンファレンスでデビューすると予想している。日程は6月8日から12日の間になると言われているが正式な日付は決まっていない。Appleの音楽ストリーミングは、Beats方式のパーソナル化と推奨機能を一部残すがソフトウェア面ではほぼ一新される可能性が高く、かつBeatsブランドは外すだろうと本誌は昨年9月に報じた。Appleはウェブ、Androidを含むプラットフォーム横断サービスを提供する計画であり、公開が当初報じられた3月ではなく6月になる理由の一つは、Android版開発のためと考えられる
おおっ、ついにiTunesでストリーミングが始まるのか!
2015年03月06日 (金) | Edit |
ソースネクスト、Sony製ソフト12製品大安売り、14万2800円の映像・音楽編集ソフトが1万9800円など最大86%オフ
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150306_691510.html
ソースネクスト株式会社は6日、米Sony Creative Softwareとの協業により、SonyブランドのPC向けソフトウェア全12製品の国内販売・サポートを開始すると発表した。取り扱うのは、プロフェッショナル向け映像・音楽編集ソフト「Vegas Pro」の現行バージョンである「Vegas Pro 13」「Vegas Pro 13 Suite」や、ハイエンド音楽制作・編集ソフト「ACID Pro 7」「Sound Forge Pro 11」など。3月31日まで実施する期間限定キャンペーンでは、各ソフト限定3万本まで最大86%オフの特別価格で提供する
これは安い!編集ソフトを探していた人は今すぐGo!
2015年03月06日 (金) | Edit |
「Apple Watch」、2015年スマートウォッチ市場でシェア50%超に--Strategy Analytics予測
http://japan.cnet.com/news/service/35061393/
大きな注目を集めている「Apple Watch」は、すぐにスマートフォン市場を席巻するようになると、調査会社Strategy Analyticsは述べている。2015年のApple Watchの出荷台数は1540万台となる見込みで、Appleは世界のスマートウォッチ市場の54.8%を獲得するという。今回の調査によると、Appleを除くスマートウォッチメーカー全社を合わせた2015年の出荷台数は、1270万台にすぎないという。Strategy Analyticsは、Apple Watchがウェアラブル分野の起爆剤になるとの見方を示し、世界の全スマートウォッチ出荷台数が2014年の460万台から2015年の2810万台へと、511%増加するとしている。Strategy AnalyticsのエグゼクティブディレクターであるNeil Mawston氏は米国時間3月5日、声明の中で次のように述べた。「Apple Watchは世界のスマートウォッチ市場の起爆剤になる。Appleのブランド力、忠実なファン層、高いリテールプレゼンス、そして広範なアプリのエコシステムにより、Apple Watchの普及が順調に進むことは間違いないだろう」
50%超えどころか90%超えくらいいくんじゃないか。それくらい今世に出ているスマートウォッチもどきはひどいシロモノだ。
Mawston氏は、「第1世代のApple Watchは、まだ完ぺきなものではない」と述べている。「例えば、Apple Watchのハードウェアのデザインは、『Huawei Watch』などの一部の競合モデルと比べてあまり魅力的とは言えないものであり、バッテリ持続時間は、これまで多くの人々が慣れ親しんできた腕時計ほど長くはないかもしれない。また、Appleの高額な価格設定は、一般の消費者の手に届きにくいものになる可能性がある。Appleがライバル製品に先を越されないようにするために、2015年中に第2世代のWatchへアップグレードする必要があるのは明らかだ」
電池の持ちを考慮してかあの分厚いデザインはアイヴにしては妥協の産物だろう。そのうち「20%Thin」などというスライドで新しいWatchが登場するのは火を見るより明らかだ。
2015年03月06日 (金) | Edit |
「Office for Mac 2016」、パブリックプレビュー版が公開--Retinaを完全サポート
http://japan.cnet.com/news/service/35061382/
Microsoftは米国時間3月5日、「Office for Mac 2016」の初めてのパブリックプレビュー版を公開した。同製品は「Office for Mac 2011」が2011年にリリースされて以来5年ぶりの刷新となる。   Microsoftは既に、Mac向けの「OneNote」と「Outlook」を限定プレビューとして提供してきた。これら2つのアプリケーションのプレビュー版もアップデートされ、このたび公開された「Word 2016」「Excel 2016」「PowerPoint 2016」の初のパブリックプレビュー版とともにリリースされている。これらは「Mac OS 10.10」(「Yosemite」)を使用するすべてのユーザーを対象にしている。「Outlook for iOS」レビュー--機能が充実した優秀なメールクライアント  Office for Mac 2016のプレビュー版は、MicrosoftのOffice.comのプレビューサイトからダウンロードできる。Office for Mac 2011とともに使用可能だ
どうでしょう。私はOffice2000でいいな。
2015年03月06日 (金) | Edit |
Galaxy S6は今までにない美しさ、しかし指紋が目立つ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/030500801/?top_tl1
気になるのは、指紋が目立つ点だ。クロスで丁寧に磨いた状態では圧倒的な美しさを感じるが、ひとたび使い始めれば多数の指紋が付着し、廉価なメッキのように見えてしまう。ただ、ホワイトなら指紋はそれほど目立たない。本体全体が輝くような高級感が得られないという意味では地味なカラーだが、日常的な利用を想定すればホワイトが最も無難かもしれない
これはひどいね。
このようにGalaxy S6は、本体デザインを一新し、Galaxy史上最高ともいえる美しさを手に入れた。そのトレードオフとして、使い勝手の面で変化もみられる。もちろん、端末としての基本性能は圧倒的に高く、2015年の春から夏にかけて、世界のスマートフォン市場において目玉となる端末であることは間違いないだろう
これを美しいという記者の感覚が私にはわからない。Galaxy S6はiPhone 6のデザインの丸パクリだ。美しいのはそのせいだ。だがその美しさは、Galaxyのアイデンティティではない。iPhoneのものなのだから。したがってこの製品からは、なんの感動も伝わって来ない。非常にバカげた製品だ。これを買うくらいなら、とっととiPhoneを買った方が10倍いい。これがヒットすることは絶対にない。
2015年03月06日 (金) | Edit |
コンピュータからの脱却を図るApple Watch、心臓部「S1」が鍵を握る
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/110600091/030500011/?top_pu
こうした従来のコンピュータの常識を変える可能性があるとしたら、鍵を握るのはApple Watchに搭載される「S1」という部品だ。S1は、プロセッサー、メモリ、ストレージ、無線チップなどを一つのパッケージに収めている。一般にSiP(System-in-Package)と呼ばれる技術だ。韓国サムスン電子が製造し、「iPad 2」「iPhone 4s」に搭載されていた「A5プロセッサー」と同等の性能を持つようだ。だがこの性能は、半導体技術の進化ですぐに陳腐化してしまう。このとき、愛用中のケースはそのままにして、Apple WatchのS1とバッテリーを交換するサービスを、Apple Storeで展開してくれたらどうだろう。Apple Watchの内部構造がどのようになっているかは分からないが、もしも交換可能なように作られているとしたら、「Apple Storeに持ち込んで中身を刷新してもらう」というアフターサービスを期待したくなる。筆者は、2015年3月9日のイベントでこの点がどうなるかに注目している
私は交換は絶対にないと見る。だってそんなことしたら新しいヤツが売れないもの。アップルはそんなことはしない。それがアップルのビジネスモデルだから。新しい端末は旧製品よりもクールで買い換えたくなるもの、だからだ。
2015年03月06日 (金) | Edit |
PCが2極化する時代、マウスコンピューターは“人”を見る
http://ascii.jp/elem/000/000/981/981834/
畦田 「Time to Market」というキーワードを大事にしているので、やはり新しいテクノロジーが発表されると同時にしっかり製品を届けたいですね。それとは別に新しいコンセプトの製品も、ユーザーからのフィードバックを反映しながら作っていきたいと考えています。期待していてほしいですね。  杉澤 良いものをコストパフォーマンス高く、早く取り上げていくこと。これに関しては今まで以上にやる。そこに追加として「マウス/G-Tuneならでは」という機能を製品に反映させたい。どんなものをいつ出せるとかではなくて、これは2015年のテーマです。「あなた個人に向けたG-Tune」、これを実現できたら面白いんじゃないのかなと思っています。いま言えるのは、ここまで!
日本のメジャー企業がPC不況であえいでいる中でこのマウスだけはどこ吹く風。ひょっとして日本のアップルになるのはこの会社か?
2015年03月06日 (金) | Edit |
Apple Watchの発表を意識した「iOS 8.2」が3月9日にリリースか - 海外報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150306-00000069-mycomj-sci
米Appleが現地3月9日にiOS 8.2を提供するのではないかと複数の海外メディアが報じている。iOS 8.2ではヘルスケアアプリの機能強化、メールや音楽アプリの安定性の向上、そしてバグフィックスが行われるとしている。  元ネタとみられるブログメディアBGRによると、3月2日にiOS 8.2をリリースする予定だったが、正式版リリースを前に、従業員やテスターに向けてGM版を配布し、リリースを遅らせたという。そして、BGRではiOS 8.2の内容について報じており、ヘルスアプリの機能強化、安定性の向上、バグフィックスの主に3点を挙げている。ヘルスアプリでは、体温、体重、距離、血糖値の測定単位の選択、大量のデータを扱う際の安定性の向上、サードパーティアプリからのワークアウトセッションの可視化、メディカルIDに写真が追加できない不具合の修正、ビタミン、ミネラルの単位の修正、グラフ表示されない問題の修正、歩数、距離、階段の昇りをトラッキングをオフにするプライバシー設定の追加が行われるという。安定性の向上では、メールとミュージックアプリ、マップアプリのFlyover機能における改善が見込まれるとしている
ということです。でもApple Watchの発売は4月だからね。
2015年03月06日 (金) | Edit |
今年はWindowsPhoneに脚光?
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150306/ecn1503060830001-n1.htm
日本はもちろん、世界的にも大きなシェアがあるわけではないが、マイクロソフトもスマホ用のOSを持っている。それが、Windows Phoneだ。無視してもいいくらいのシェアしかないが、今年はこの状況がちょっと変わるかもしれない。というのも、今年はWindowsがバージョンアップされる年だからだ。現在、新しいパソコンを購入した場合のWindowsは、「8.1 Update」というバージョンが入った状態になっている。たぶん、今年の秋ごろには、これがWindows10となる。Windows9はどうしたという疑問はもっともだが、なぜか「9」はスキップされるのだ。さらにマイクロソフトは、Windows7以降に対して、Windows10を無償でアップグレード提供することを表明している。WindowsをOSとして使うスマホがWindows Phoneなのだが、Windows10世代ではスマホからタブレット、パソコンにいたるまで、すべての機器でWindows10が使われる。Windowsアプリも、各種の機器で共通のものが新世代アプリとして提供されるようになる
私もそう思う。Windows Phoneの不人気はWindows 8の不人気と連動しているといってもいい。Windows10が人気になれば、Windows Phoneも人気になるのはある意味当然だろう。
2015年03月06日 (金) | Edit |
Apple Watchが「三種の神器」を変えるかも
http://news.livedoor.com/article/detail/9856204/
妄想が止まりません…。いよいよ発表間近のApple Watch。はやく手に入れたい!とワクワクしている人も多いですよね。でも一方で、米国の約8割のiPhoneユーザーが「買わない」という冷ややかなアンケート結果も。というのも、MM総研の調査では、多くの人がスマートウォッチに期待している機能のトップは「天気予報がわかる」。天気を教えてくれる腕時計…ビミョー。たしかに、ものすごく欲しい!とはならないかも。それでもApple Watchが欲しい理由は、妄想が先行しているからです。いつしかApple Watchで、こんなことやあんなことができるんじゃないか…と日々ワクワクしているわけです。例えば、ちょこっと出かけるときに、財布・鍵・iPhoneの「三種の神器」をポケットにぎゅうぎゅう詰めていること、ありませんか? 人によってはiPodも加わるかも。これだってApple Watchがあれば、もっと身軽になれると思うんです
月曜日の発表次第だなー。
2015年03月06日 (金) | Edit |
Retina搭載12インチ「MacBook Air」、Q2にリリースか
http://japan.cnet.com/news/service/35061389/?tag=as.latest
Appleのサプライヤー各社が2015年に入り、より高解像度のディスプレイを搭載する12インチ「MacBook Air」の量産を開始したと、The Wall Street Journalが米国時間3月4日、「この件について詳しい人々」の話として報じた。この情報筋によると、サプライヤー各社は「大量」の新型MacBook Airを2015年第2四半期のいずれかの時点で出荷することを目指しているが、具体的な発売日はまだ決まっていないという。アップルの13インチ新「MacBook Air」レビュー--1.4GHz「Core i5」搭載で新価格  Appleはすでに、より高価格の「MacBook Pro」にRetinaディスプレイを搭載している。MacBook Proの解像度は、13インチモデルが2560×1600ピクセル、15インチモデルが2880×1800ピクセルだ。現在販売されているMacBook Airの解像度は、11インチモデルが1366×768ピクセル、13インチモデルが1440×900ピクセルにとどまっている
Retina MacBook Airが出るのか!月曜日に発表されるんだろうか。