FC2ブログ


2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple Watch、ファーストインプレッション
http://jp.techcrunch.com/2015/03/10/20150309apple-watch-hands-on/
Apple Watchのソフトはまったく新しいものだが、期待どおり直感的に操作できる。全タッチ方式のデバイスにあまりに慣れてしまったためデジタル竜頭の操作は最初にやや慣れが必要だった。しかしすぐに狭いディスプレイを有効活用するには巧妙なナビゲーション方法だと分かった。多少iPodのクリックホイールを思わせた。Appleが「タプティック」と呼ぶデバイスを振動させてコミュニケーションに用いるテクノロジーは(新しいMacBookにも採用されているが)、スマートウォッチのようなウェアラブルデバイスには非常に適合している。振動はごく穏やかで、きわめてデリケートに調整されており、これまでのAndroidウェアラブルによく見られた粗野な振動フィードバックとはレベルが違うと感じた。タプティックの振動は人間が手首に触れるような独特の感触で、タッチは軽いのにはっきりと気がつく
まだよくわからないなー。でもよく作り込まれていますよね、Ver1.0にしては。欲しいとは思うけど、絶対必要かと言われると微妙・・・。

さて、アップルの発表した記事をひととおり読んでの率直な感想は、「がっかり」の一言だ。Apple Watchの全容はまだよくわからないが、これが革新的であるとは私には思えない。「MacBook」にしても、より軽くより薄くという従来路線から逸脱しておらず、革新的な要素はあまりない。12インチのiPadとして見たら納得はするが、私にはこの非力なノートパソコンは必要ない。そして、最大のがっかりがApple TVだ。長らくステップアップされて来なかったApple TVだが、アップルがテレビを変革してくれるという期待を大きく裏切ったことだ。まぁ、そうそう変革を起こせるはずもないのまだが、「あぁ、やっぱりジョブズがいないということはこういうことなんだな」と強く思わされた。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple、噂のレティナMacBook Airを発表。1299ドルから
http://jp.techcrunch.com/2015/03/10/20150309apple-introduces-a-reinvented-macbook-air/
今日(米国時間3/9)サンフランシスコで行われたイベントで、Appleは長らく続いて1月に再浮上した噂を肯定した。MacBookの次の主要製品ラインは、12インチのレティナスクリーンで、Appleのこれまでの最先端デザインよりも薄くて軽い。今日Appleがステージ上で披露したノートパソコンは、今年報じられた噂とほぼ一致していた。画面まわりのベゼルは細くキーボードは本体の両端に届く。トラックパッドは、従来の意味でのクリックをしない ― 代わりに、Apple Watchで使われるのと同じ”Taptic Engine”がクリックの感覚をシミュレートしてフィードバックする。さらに、通常より強く押すことによって別のシェスチャーとして解釈させることができる。Watchと同じように。  初代MacBook Airが従来のポートやDVDドライブを取り払って拡張に対する概念を変えたのと同じように、新しい12インチMacBook Airは、主要なコンピューティング機器はノートパソコンではなく、スマートフォンであることを前提に作られている
この記事間違ってない?これは「MacBook Air」じゃなく「MacBook」だよね。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple、全ポートに死亡宣告
http://jp.techcrunch.com/2015/03/10/20150309apple-decries-death-to-all-the-portsky8k6vw29y/
つい先ほどAppleは最新のMacBookを発表した。それはそれは小さく、今のMacBook Airが2002年頃のDell Inspiron に見えるほどだ。しかし、あなたがパソコンの横についているあのポート類を実際に使っているヘンな奴でないことを願う。このMacBookにはUSB-Cポートが1つ付いているだけで、充電からビデオ出力、データ転送まですべてをこなす。  これが唯一のポートということは、パソコンとiPhoneを同時には充電できないことを意味している。外部モニターにビデオ出力しながら外部ドライブのデータを入力することも不可能だ ― 少なくともハブなしには。(中略)Appleが業界標準を捨てたのはこれが初めてではない。1998年、AppleはiMac G3にフロッピードライブもシリアルポートも付けず業界を震憾させた。代わりにAppleはCD-ROMとUSBポート2基を塔載した。2008年、Appleは自ら作った標準であるFirewireポートの使用を中止してビデオ制作者を大きく失望させた。AppleはCD-ROMも早々に捨て、Blu-rayは完全に無視している。しかしAppleは行き過ぎたのではないか? シングルポートで充電から他のことまですることによって、ユーザーはこれまでの使い方をするために別のデバイスに頼る必要がある。 Appleは、コンピュータに何を付けるべきかに関して業界の支配を受けない。消費者も大変だ
これはたぶん12インチのiPadなんだ、と考えればポートの不満もキーボードの不満もスッキリと解決すると思うんです。「MacBook」という名称に惑わされているだけなんだと思う。現に、新しいMacBook AirやProには依然として多くのポートが残っているしね。これによってこれからのアップル製品が、USB Type-Cポートひとつになると考えるのは早計だと思う。ただ、LightnigケーブルがUSB Type-Cに取って代わるのかもしれませんね。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple Watchは「オート・オルロジュリー」の世界に入った
http://jp.techcrunch.com/2015/03/10/20150309the-apple-watch-enters-the-world-of-haute-horology/
Appleが “Edition” モデルに1万ドルを越える法外な値を付けたことに不満を漏らす前に、なぜこの数字が成り立つかを理解する必要がある。第一に、1万ドルのモデルはわれわれのためにない。これは、腕時計偏執狂または驚くべき金持ちのためにある。彼らにとって1万ドルはローエンドだ。(中略)腕時計や身繕いに興味のない人は、安心してEditionモデルは存在しないことにしてよい。あれはAppleがウェアラブルに参入することによってプレイを強制されたゲームへの答であり、いずれ巻き返しをはかるメーカーから高級Android Wearや豪華Pebbleが出てくる。それはアクセサリーが車より高くなる世界における必要悪であり、買い手は5万ドルの携帯電話には目もくれないのである
ふーむ、つまり大金持ちの性癖を満足させるためということだろうか。わからなくはないけど冷静に考えたらバカげているよね。1年後には陳腐化するシリコン製品が100万円とか200万円するなんて。精密時計は時間がたっても陳腐化しないから価値があるんだよね。私には、Apple Watchが必要かどうかすらまだよくわからない。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Appleは、右クリックをたった今キャンセルした
http://jp.techcrunch.com/2015/03/10/20150309apple-just-canceled-the-right-click/
Phil SchillerによるForce Touchの説明は、少々間が抜けていた。要するに、クリックのオンオフを検知する代わりに、Appleはトラックパッドを押す強さの違いを認識するシステムを作った。こうしてユーザーは、タップする代わりに強く押すことによって、通常右クリックで得られる機能を使うことかできる。Force Touchが実際にControlクリックメニューを表示するかどうかは不明だが、これはMacBook神話にとって重要な追加である。このセンサーに加えて、触覚フィードバックによってクリックするプロセスにおける新しい人間とコンピュータのやりとりが生まれるたろう。Macファン以外にとってはさほど興味を引かれる話ではないだろうが、「ジョブズ・ミッション」が今もAppleの最優先課題であることは明らかだ。次の10年に移ろうとする会社にとって重要な考えだ
うーん、それってスマートなやり方なのだろうか?私はMacを使うときはアップルのキーボードとマウスは使わない。キーボードはトープレのRealfoceだし、マウスはロジクールのレーザーマウスだ。これらの方がよっぽど快適だ。「ジョブズは、バカな一般人はボタンは1つしか使いこなせないと勝手に思ってるからマウスのボタンを1つにした」んだそうです。極端ですよね、彼の哲学は。
2015年03月10日 (火) | Edit |
アップル一人勝ち--四半期業績に見るIT業界の勢力交代
http://japan.zdnet.com/article/35061368/
IT企業は会計年度の期間がそれぞれ異なり、四半期決算の発表日も異なっていることが多い。そのため、たとえ超人的な記憶力があっても、複数の企業の決算を比較するのは難しい。しかし、シンプルな棒グラフを作ってみると、明らかな点が分かる。古い秩序は変化したのだ。IBMはもはや、他のあらゆるIT企業を圧倒する存在ではない。その役割はAppleに取って代わられている。Appleの利益(下図)を見ると、同社がかなりの大差を付けていることがわかる。同社の直近四半期の利益は、IBMの年間の利益よりも大きい。Appleに挑む企業で最も注目すべき存在はサムスンだが、同社は複合企業なので、サムスン電子の利益が実際にどの程度なのかを知るのは難しい
圧倒的だな、アップル。でも今回の発表はがっかりでしたね。サプライズがまったくと言っていいほどありません。唯一のサプライズは、Apple Watchの値段が200万円を超えるということだけ。機能的にも革新的と呼べるものはありませんでした。Apple TVもひさびさにアップグレード(?)されたというのに新機能はありませんでした。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple Watchの価格も発売日も決定! サプライズが続いたアップルイベントまとめ
http://www.gizmodo.jp/2015/03/apple_watch_57.html
Apple WatchもMacBookも素晴らしい! 無事、今夜のイベントも終了ということで世界中のアップルファンをワクワクさせたであろうかずかずの情報をひとつの記事にまとめてお届け! まさにファンの心もSpring forwardへ移行するホットなイベントだったのではないでしょうか。最初に発表されたのは、Apple TVの値下げです。なんと69ドル! 今の日本円でだいたい8,400円くらいですか。なかなかお安くなりました。一家に一台、Apple TVになるかも?新MacBookの紹介です。重さたったの907g。史上最軽量。キーボードは、エッジぎりぎりまでフルサイズ。新キーボードです。今までは、シザーメカニズムというものが使われていましたが、新たに開発されたバタフライメカニズムを使うことで、キーを押す体験が新しく。画面サイズは12インチ。Watchのモデルは、3タイプ。まず最初は、Apple Watch Sport。カラバリはシルバーとスペースグレー。Sportモデルは、約4万2000円(38ミリ)、約4万8000円(42ミリ)
サプライズは唯一、「MacBook Air」じゃなかった「MacBook」でした。これはサプライズというより意外といった方がいいかも。なんとも期待が大きかった分、落胆も大きいですねー。まぁ、Apple Watchの機能についてはこれからどんどん記事が出るだろうから、それ見て買うかどうか決めたい。中途半端な「MacBook」はいらない。Apple WatchもVer1.0はスルーかなー。なんといっても高すぎるよね。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple Watchと連携する「iOS 8.2」提供開始。ヘルスケアの強化なども
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150310_691932.html
・距離、体温、身長、体重、および血糖値の単位を選択できる機能を追加; ・大量のデータを処理する際の安定性が向上 ・他社製Appでのワークアウトセッションを追加して視覚化できる新機能・ユーザがメディカルIDに写真を追加できないことがある問題に対処・ビタミンとミネラルの単位を修正 ・データソースの順序の変更後にヘルスケアデータが更新されない問題を修正 ・一部のグラフにデータ値が表示されない問題を修正; ・歩数、距離、および上った階段の追跡をオフにできるプライバシー設定を追加
ということです。アップデートしよう。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple TVが値下げ。 99ドルから「66ドル」に!
http://ascii.jp/elem/000/000/987/987462/
米アップルが3月10日、メディアイベント「Spring Forward」にて、Apple TVの値下げを発表した。Apple TVは、本来99ドルだったが、60ドルまで値下げされる。また、アメリカのケーブルテレビ局「HBO」のドラマなどがストリーミングで視聴できる「HBO NOW」も発表。4月初旬より開始予定
機能的なアップグレードはなさげ。なんかがっかりですね。
2015年03月10日 (火) | Edit |
Apple Watch、最高額はなんと税別218万円!
http://ascii.jp/elem/000/000/987/987503/
38mm 18Kローズゴールドケースとホワイトスポーツバンド 128万円 42mm 18Kローズゴールドケースとホワイトスポーツバンド 148万円 38mm 18Kイエローゴールドケースとブラックスポーツバンド 128万円 42mm 18Kイエローゴールドケースとブラックスポーツバンド 148万円 38mm 18Kローズゴールドケースとローズグレイモダンバックル 218万円 42mm 18Kイエローゴールドケースとブラッククラシックバックル 188万円 38mm 18Kイエローゴールドケースとブライトレッドモダンバックル 218万円 42mm 18Kイエローゴールドケースとミッドナイトブルークラシックバックル 188万円  いずれも4月10日より予約を開始し、4月24日に発売予定
アップル何考えてるんでしょうね・・・。まぁ、世界中には大金持ちがいるからそういう人向けなんでしょう。興味ないね。
2015年03月10日 (火) | Edit |
新MacBook、期待していた程のものでは無いかも
http://www.gizmodo.jp/2015/03/macbook_44.html
アップルは単純に黒魔術か何かでMacBook Airのサイズを絞ったわけではありませんCore Mが搭載されているということは、MacBookのラインナップの中でも最弱を意味しています。高解像度のスクリーンについても触れておくと、新MacBookはRetinaディスプレイを搭載。でも似たようなラップトップとしてはYoga Pro 3(Core Mプロセッサー、若干の高解像度スクリーンを搭載)が、期待よりずっとずっとかけ離れたマシーンだったということもありました。新MacBookはiPadにキーボードついただけのモノ、とまでは言いませんが方向性としてはそんな感じなのでしょう。でも悪いことだけではありません。新MacBookに採用されたCore Mのおかげで熱を抑えるファンが省かれ、小さなボディと軽さを実現しています。基板が67%縮小したそうですからね。省電力のプロセッサーなので、バッテリーの持ちも改善されました。バッテリーは発売後にテストする必要がありますが、その軽さと同時に、驚くほど有能なバッテリー寿命です。  そしてキーボードも素晴らしいし、軽すぎるので片手で持つこともできちゃう。パワーが必要な重い作業をしないなら、これはとっても素晴らしいマシンになりそうです
そうか、パワーがないのか・・・。だから「Pro」がついていないんですね。あっ、12インチのiPadという噂ってこれだったのか?キーボードが貧弱なのも「iPad」にキーボードがついたものと考えればしっくりくるよね。これでガンガン仕事をするってマシンじゃないんですね、そもそものコンセプトが。
2015年03月10日 (火) | Edit |
新MacBookハンズオン:羽のように軽くてゴージャス、でも不安要素あり #AppleLive
http://www.gizmodo.jp/2015/03/macbook.html
ここ7年間、MacBook Airが展開してきたラインを、今回の新型MacBookが新たな成功者として塗り替えた感じ。美しく、羽のように軽いコンピューター。が、同時に実用的じゃないパソコンに逆戻りしたのでは、という不安もよぎる。Airの1,300ドルよりも高いのに、プロセッサーは遅い。驚異的に薄いけれど、キーボードには違和感がある。ポートも、新たに揃えるかアダプターがいる…。MacBook Airに比べ、実用的なパッケージとは言い難い。  が、Airというモデルが消えたわけではないので、言ってしまえば新MacBookが実用的じゃなくてもそれはそれでいいのかもとも思う。これはなかなか、辛口と言えるハンズオン。ハンズオン頭のテンションと比べ、最後のまとめではものすごく現実的なところをついてます。あとは色だけなんて迷っていましたが、買うかどうかはもうちょっと考えようかな…。一回落ち着こうっと
やっぱりそうですね。「MacBook」という新しいラインナップが増えたということですね。キーボードが違和感があるってのはイマイチですね。薄くなくていいからしっかりしたキーボードが欲しかったところです。ただ、これが登場したら「MacBook Air」の存在価値ってあるんだろうか?あれですよね、最近のアップルはラインナップが増えすぎだと思う。「Air」も「Pro」もCPUがアップグレードしてるので依然としてラインナップにはあるみたい。ジョブズがいたらこんなにラインナップは増やしていないと思う。
2015年03月10日 (火) | Edit |
重さおよそ920g、最も軽くコンパクトなMacBookが誕生
http://ascii.jp/elem/000/000/987/987507/
米アップルが「Spring Forward」で発表した新しいMacBookは、12型のRetinaディスプレーを採用し、厚さおよそ13.1mm、重さおよそ920gとこれまでで最も軽く最もコンパクトなノートブックに進化した。そのほかにも、新しい技術が多数盛り込まれている。新MacBookは、新技術「バタフライ構造」を採用するフルサイズのキーボードを搭載する。バタフライ構造は、従来使用されていたシザー構造より幅が広くより硬い素材で、一組の部品だけで構成されている。これにより、従来より17%広い面積で40%深い湾曲を持ち、薄く安定した反応の良いキーを実現したという。また、従来キーボード全体に光を配分していたLEDの列とライトガイドパネルを取り除き、それぞれのキーの下に個別のLEDを設置。LEDの明るさは一定になるように調整されており、1つ1つのキーの文字がくっきりと浮かび上がるとしている
これは9to5 Macがリークしていたものと完全に一致していますね。サプライズぱありません。ネーミングは「MacBook」なんでしょうか。「Air」はつかないんですかね。あ、違う。MacBook Proが超薄型になったってことみたい。9to5 Macがリークしたのは、「Air」じゃなくて「MacBook」だったということか?ってことは「Air」はRetinaじゃないってこと?うーん、よくわからん。「Pro」じゃない「MacBook」というラインナップが加わったってことか。12インチの「MacBook Air」という噂は、実は「MacBook」だったということですね。
2015年03月10日 (火) | Edit |
アップル、医学研究を支援する新ツール「ResearchKit」を発表
http://japan.cnet.com/news/service/35061519/?tag=as.latest
Appleが医学研究の分野で新たな提携を結んでいる。同社は米国時間3月9日に開催したイベント「Spring Forward」で、医学専門家らによるアプリ構築を支援する「ResearchKit」という新しいソフトウェアを開発したと述べた。Appleによると、既にオックスフォード大学やスタンフォード大学のグループと連携して、さまざまな種類の研究を支えるアプリや技術の構築を支援しているという。Appleのオペレーションを統括するJeff Williams氏は、「研究者らが抱える最大の課題の1つに、協力者の募集がある」と述べた。同氏によると、研究者らは、患者から定期的で一貫したデータを取得するのが難しいという問題を抱えているという。Appleは1例として、患者がパーキンソン病であるかどうかを診断するアプリについて説明した。患者の会話を聞き、歩行を計測し、画面にタッチするときの震えを検知するという
アップルの健康へのフォーカスの本気度が垣間見えますね。
2015年03月10日 (火) | Edit |
アップルウオッチ、4月24日発売 最安4万2800円
http://www.asahi.com/articles/ASH3B1VN6H3BUEHF004.html?iref=comtop_6_02
アップルは9日午前10時(日本時間10日午前2時)から米サンフランシスコ市内で発表会を開き、腕時計型の「アップルウォッチ」について、日米など9カ国・地域で4月24日から発売すると発表した。4月10日から予約を受け付け、この日からアップルストアの店頭で試すことができる。最も安い「スポーツ」が4万2800円(税別)からで、最高級モデルの「エディション」は128万円から(同)。決済システムの「アップルペイ」と連動させ、時計をかざすだけでクレジットカード支払いができたり、ホテルの部屋の鍵を開けたり、飛行機のチケットなどを表示させたりもできる。電話やメールの着信ができるほか、音声認識の機能を使って文字を入力したり、録音で返事ができる。懸案とみられていた電池の持ち時間は18時間
128万円www。もうジュエリーの世界ですな。