FC2ブログ


2015年03月11日 (水) | Edit |
大きなiPadを念じてたら、軽~~いMacBookが出た、うれしい。Apple Watchはビミョ~~
http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/NPC/15/262622/031100013/
Tim Cook CEO(最高経営責任者)が言う通り、Apple Watchはこの分野に新しいカテゴリー、領域を創造するものだ。小さなデバイスに100万~200万円の価格を付けるという、コンシューマー路線とは全く別の道筋も付いた。顧客一人一人に丁寧に対応するプレタポルテや宝飾店のビジネススタイルを自ら取り組むと宣言してしまったのだ。これまで全くやったことのない世界に突入して行くことになる。これまでは、ユーザー一人一人の満足度を上げるとはしながらも、個別の顧客に対して一対一対応はしてこなかったビジネスを、一部変えざるを得ない状況も出て来るだろう。「竜頭を回してもあたしの心拍計が出てこないわよ」と直接Timに電話をしてくるようなセレブとも向き合わなければならなくなるかも知れない。かつて、「スティーブからもらったMacなのよ、直しに来ていただけないかしら」とアップルに申し入れたセレブがいらっしゃって、断るのに苦労したと聞いたことがあるが、それを上回るお客さんもたくさん出て来ることだろう。そうしたお客から直接貴重な意見を聞き、自らも成長して行く、そんなアップルになって行くのだろうか? もしそうなら、それはそれで、素晴らしいと感ずる、新製品発表だった
いいレポートですね。わがままなセレブにどう対応するか、本当にそんなことをするつもりなのだろうか。4万円のApple Watchも200万円のApple Watchも中身は同じなんですね。だったら違うのは側だけってことになるんだけど、側にそれだけの差が出るものなのだろうか。なんか納得できない気がする。ステータスシンボル的価値しかないよなー。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Apple Watchのバッテリーは劣化時に交換可能であるらしい
http://jp.techcrunch.com/2015/03/11/20150310the-apple-watch-battery-is-replaceable/
昨日、ついにApple Watchが発表された。詳細はこちらの記事にまとめてあるので、ぜひご覧頂きたい。発表以前から大いに話題になっているわけだが、価格が公にされから、デバイスの老朽化について心配する声も聞こえ始めている。Apple Watchの価格は、SPORT版が42,800円からで、EDITIONの最も高額なモデルは218万円となっている。最高級モデルは18Kゴールドのボディとなっている。外見はもちろん立派なものだが、他のモバイルデバイスと同様に、2年ほどで老朽化してしまうようならば価格はあまりに高額であるとも言えよう。ただ、少なくともバッテリーについては老朽化の心配をする必要はないようだ。Appleのスポークスマンによれば「バッテリーは交換可能」であるとのこと。Appleに送ってバッテリーを交換してもらうのにいくらかかるのかはわからない。しかし、ともかく劣化したバッテリーは交換できることになっているようだ(バッテリーは3年ほどで劣化する)
交換可能みたいですね。でも2年ほどで新しい端末が出るのは明らかだからなー。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Appleの新たな裏切り
http://jp.techcrunch.com/2015/03/11/20150310apples-latest-betrayal/
新しいMacBookは、MacBook Air、MacBook Proに加わる。いずれの代替でもない ― 少なくともまだ。しかし、MacBookというかつて引退した名前が付けられている。Airでもなく、Proでもなく。ただのMacBook、これはAppleのMicrosoftに対する強いメッセージだった。今後1~2世代のうちにAppleがMacBookの価格を1000ドル以下に下げる可能性は極めて低い。MacBook Airは生き残るのか? 恐らくそれはない。AppleはMacBook Proを小さくし続けている。将来MacBookが唯一の低価格ノートパソコンになり、わずかにスリムになったMacBook Proが もう一つの(複数のUSBポートやSDカードやMagSafeアダプター等のヘんな物が欲しい人のための)選択肢になることは容易に想像できる。それまでの間は、13インチMacBook Airの方が、新MacBookよりも賢い買い物だ。バッテリー持続時間はほぼ同じで、よりパワフルでポートも十分にある。そして何よりも、自分のMacBook Airがもう少し薄ければよかった、と言った人などいないのだから
私もそう思う。私からMacBook Air 13インチを買う。MacBook Airは私には十分薄いし、十分に軽い。それていてパワフルだ。将来的には、MacBook Airはなくなってしまうのだろうか。確かに存在意義はなくなってしまったように感じる。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Operaのクロスプラットホームなブックマークシンクが戻ってきた
http://jp.techcrunch.com/2015/03/11/20150310opera-brings-back-cross-platform-bookmark-syncing/
数か月前にOperaは、デスクトップとAndroidのブラウザのベータバージョンに、ブックマークのクロスプラットホームな同期化機能を導入、というか再導入したが、今日(米国時間3/10)からそれはデスクトップとAndroidとiOSの正規安定バージョンで使えるようになった。  2013年にOperaがWebKitに移行したとき、新しい機能もいくつか獲得したが、失ったものの方が多かった。しかし同社は、それらのほとんどを取り戻す、と口癖のように言っていた。2013年に、黙っていなくなった者の一人が、ブックマークの同期機能だ。それは当時、OperaがOpera Linkと呼んでいたサービスの一環として提供されていた。今回蘇ったOperaのブックマーク同期化ツールに、とくに意外な点はない。設定のメニューへ行ってOperaのアカウント情報を入力する(または新規にアカウントを作成)だけで、すぐに使えるようになる
ブックマークサイドバーが戻ってきたのか、と思ったらシンクか。頼むからサイドバーを復活してくれ。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Apple Watchは買いか!? ハンズオンイベントで体験してきた!
http://www.rbbtoday.com/article/2015/03/10/129265_4.html
Apple Watchの「18時間」というバッテリー性能は、朝から職場に出かけて、一日仕事をして帰宅した頃に充電すれば大丈夫という計算により導かれたものなのかもしれないが、寝る前にスマートウォッチを充電し忘れることも当然起こり得るだろう。そうなった場合、職場や外出先で充電することになるが、そのデバイス固有の充電機しか使えない場合、microUSBケーブル以外に持ち歩くアイテムが増えてしまい、万一自宅に置き忘れて出かけてしまった場合は、外出先で時計がシャットダウンして、不便を強いられることになる。MagSafeテクノロジーはMacBookシリーズを使っているユーザーであれば、おそらく多くの方々がその画期的な発想と使い勝手の良さを実感されていると思うが、スマートウォッチのユーザーにも同じ快適さを提供できるものであるかは疑問だ。これはある程度の期間使ってみて判断するしかなさそうに思う。(中略)スマホとの連携によるコミュニケーション機能、エンターテインメントツール、アクティビティトラッキングなど、現在商品化されているスマートウォッチと比べて、Apple Watchは何か劇的に新しく画期的な機能を搭載しているデバイスではないが、本体の高い質感やシンプルなUIの出来映えを体感してしまうと、やはり購買意欲が湧いてきた。価格からして、すぐに購入できるのは「Apple Watch Sport」になると思うが、実際に使ってみながら、色々と新しい発見があることを期待したい
そうなんですよね、当初、健康を変革するんだとばかり思っていたので、そのあたりの機能が断念された分、魅力は半減してしまった。「実際に使ってみながら、色々と新しい発見があることを期待したい」、これが今大方の人たちが思っていることだと思う。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Apple Watch使ってみた 機能はスマホと重複 “遊び心”満載
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/11/news055.html
デジタルクラウンやボタンのほか、スマホでおなじみのスワイプ(指先をスライドさせる)やタップなどでも操作できる。こうした操作感は独特で楽しいが、電話やメッセージのやり取りはスマホの方が便利だし、運動に関する計測も多くのウエアラブル端末で可能で、驚くような新機能は感じられなかった。もっとも、iPhoneとの連携や、時計型の端末であることを最大限生かすアプリが出てくれば、印象は大きく変わるだろう。この日は体験できなかったが、アップルウオッチの画面で確認しながらスマホで写真を撮ることなどもできるという。スタート時の機能は限定的でも、秘めている可能性は大きいと言えそうだ
どのレビュー記事も似たり寄ったりですね。レポーターも「これはいい!」っていう反応は少ないですね。微妙な書き方が多い。短時間の使用ではこれがあったら絶対便利だ、とは感じられないのでしょうね。長時間使ってみないとわからないことが多すぎる、ということでしょう。
2015年03月11日 (水) | Edit |
新iPhoneはピンクも登場? タッチ圧力感知センサー搭載の可能性も
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/11/news080.html
今年後半に登場するとみられる新iPhoneには新色として「ピンク」も検討されている──米Wall Street Journal(WSJ)が3月10日付けでこう報じた。Apple Watchが採用したタッチ圧力感知センサーを搭載する可能性もあるという。WSJは事情に詳しい関係者の話として香港発で伝えている。今年後半に登場するとみられる新iPhoneは、2年ごとに大幅なチェンジを行うこれまでのサイクルを維持し、現行のiPhone 6とiPhone 6 Plusから大きな変更はなく、画面サイズ(4.7インチと5.5インチ)は同じで解像度もほぼ同じになりそうだという。 ピンクは新色として現在のカラーに追加される形だが、あくまでテスト段階という。iPhoneは当初ブラックのみだったが、iPhone 4でホワイト(シルバー)が追加され、iPhone 5sからゴールドが加わった。現行のiPhone 6はシルバー、ゴールド、スペースグレイの3色。Apple Watchの高級モデル「Edition」には赤みを帯びた18金「ローズゴールド」を採用したモデルがある
今年の秋には、iPhone 6sが出ますね。私はそれ狙いで今はまだ5sのままです。ローズゴールドが出る確率はかなり高そうですね。女性が飛びつきそう。私はスペースグレイ一択だ。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Apple Watchはヒットするか 分かれる見方
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/10/news118.html
米Appleは3月9日、待望のスマートウォッチ「Apple Watch」の詳細を発表した。3つのラインアップで展開され、表面にサファイアガラスを採用したイエローゴールドもしくはローズゴールドの最上位モデルは最高価格が1万7000ドルとなる。だが投資家は、ティム・クック氏がAppleのCEOに就任して以来初めての本格的な新製品となるこの製品が圧倒的なヒットを記録できるかどうかについては懐疑的だ。(中略)「Appleには、Appleを愛し、Appleが発売するものは何でも購入するという人たちのニッチな市場がある。だがApple Watchが、誰もが欲しがる魅力的な製品となるかは疑問だ」。そう語るのは、証券会社Synovus Trust Companyの上級ポートフォリオマネジャー、ダニエル・モーガン氏だ。「ウォール街は今ごろ困惑しているだろう」と、同氏は語る。シャネル、ジバンシー、エルメスなど、フランスの高級ファッションブランドの大半はApple Watchをガジェットとして捉え、今シーズンの必携アイテムとはみなしていないようだ
ウォール街も私が感じたような落胆を味わったのだろう。iPhoneやiPadで感じたワクワク感はApple Watchには感じなかった。あの発表からはこれが何かを変えるとは思えなかったからだ。株価が上がりも下がりもしなかったのはどの程度成功するか「わからなかった」からだろう。私もわからない。でも、あれば少なくとも何か便利になるだろうことは想像できる。でもそれは実際に生活の中で使ってみなければわからない。その後、改めて評価したい。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Apple Watch発表、警戒か反撃か……国内時計メーカーの反応は?
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/11/news054.html
アップルウオッチの発表を受けて、国内時計メーカーの反応はさまざまだ。中長期的には、「時計に関心がない層が腕に時計をする文化ができることは、腕時計メーカーにとってプラス」(戸倉敏夫・シチズンホールディングス社長)と歓迎する声がある一方で、「発売直後はデジタル時計やカジュアル時計で影響を受けるとみている」(梅本宏彦・セイコーウオッチ副社長)などと警戒する動きもある。ただ、時計メーカーも手をこまねいているわけではなく、各社とも、高効率ソーラー電池の搭載などで充電が不要な点をアピールする戦略をとる。また、カシオ計算機は昨秋、スマートフォンと連携し、世界中の時刻を取得できる腕時計を発売した。「先行する他社と同じものを出すつもりはないが、スマートウオッチの技術開発は進めている」(増田裕一・カシオ計算機専務)と話す
サムチョンやLGなら恐れるに足りないが、相手があのアップルとなると相当の覚悟が必要だろう。音楽業界をひっくり返した実績があるし、スマートフォンで世界を変えてしまったメーカーだからだ。今度は、時計業界をひっくり返しかねない。Apple Watchを購入した人たちは、既存メーカーの時計は机にしまってしまうわけで、それはユーザーの喪失につながる。スイスの高級時計は影響を受けないだろうが、中級機以下は大きな影響を受けるのではないだろうか。
2015年03月11日 (水) | Edit |
アップル40年 クック船長はエルメスの夢を見る
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84192110Q5A310C1000000/
創業から約40年。3年前には「リベラルアーツ(教養のための学問)とテクノロジーが交差するところに立つ」ことを標榜したジョブズ氏がこの世を去ったが、「王国」の繁栄は続くどころかさらに華やぐ。その後を次いだ現最高経営責任者(CEO)のティム・クック「船長」はサプライズこそ仕掛けないが、堅実な手腕で経営のかじをとり続けたおかげなのは間違いない。そんな彼が今立とうとしている場所こそが、ジョブズの交差点にファッションも加えた三差路だ。向かう先は、伝統を重んじつつ最新の素材や縫製技術でモードを先導する21世紀型のエルメス――。例えるなら、こんな企業の姿なのかもしれない。アップルウオッチとマックブックは200年王国へと歩み出した記念すべき第一歩。後世の歴史家がそう評することになるのかもしれない

世界中には、お金がありあまっている人たちがたくさんいる。そうした人たちがゴールドのApple Watchをすごい勢いで買い付けることは想像に難くない。中国の富裕層もそれに含まれる。そういう人たちはゴールドがすごく好きだ。アップルは200万円するApple Watchでまたがっぽり儲けることができそうだ。
2015年03月11日 (水) | Edit |
iPhone 7のディスプレイはメイド・イン・ジャパン?
http://www.gizmodo.jp/2015/03/iphone_7_2.html
がんばれ、日本のモノづくり。iPhoneはアメリカのアップルで開発され、中国で製造されていますが、その内部には日本製品が多く使われています。それにはディスプレイ部品も含まれるのですが、2016年モデルのiPhoneにもジャパンディスプレイ製のディスプレイが採用されると、ロイターが報じているんです。2016年ということは、モデルナンバーが例年通りならiPhone 7が登場するはず。一体どんな素晴らしいディスプレイが搭載されるんでしょう?  報道によると、ジャパンディスプレイは石川県に第6世代の液晶工場を設立すると発表。その工場への投資資金の多くをアップルが負担し、ラインの一部からディスプレイがiPhoneへと供給されるそうです。アップルはいつものごとく複数のサプライヤーを用意するそうですが、ジャパンディスプレイは最大の供給元になるそうですよ
がんばれニッポン!バ韓国なんかに負けるな。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Apple Watchハンズオン。時間かけてみないと判断難しいね
http://www.gizmodo.jp/2015/03/apple_watch_61.html
発表当日会場で15,000ドル(約182万円)のApple Watchはめてみました。少しいじって、普段使ってるとこイメージしようとしたのだけど、アップルの人にショールームから(ものすごく丁寧に!)追い出されるまでいじっても結論は出ませんでした。いや、182万円のものを買うかどうかで迷ってるんじゃないですよ。もちろん買いません。  でも、これで生活がラクになるってアップルが実証できるんなら、一番安い350ドル(日本は4万2800円から)の買って、今の信頼できるAndroidからiPhoneに乗り換えていいとさえ思っていたんです。でもイベントの会場で触ってみても納得感がなくて。きっとみんなもそう感じると思います
そうなんですよね、まるでわからないのですよ、どんなに便利になるかが。だから結局使ってみて結論を出すしかないと思うんです。ただ、今回は見送られた健康機能が今後搭載されて劇的によくなるかもしれませんけど。ただ、今まで登場したどのスマートウォッチよりいいことは確かですけどね。
2015年03月11日 (水) | Edit |
ロジャー・フェデラー、Apple Watchに懐疑的な姿勢
http://www.gizmodo.jp/2015/03/apple_watch_62.html
フェデラー選手曰く「まだ触ってないし試してもないけれど、どんなものなのか、本当に時計業界において革命となるのかどうか興味はある。(…)ただ、スイスウォッチ業界にはさして大きな影響ないと思うけどね」と、期待は高くない様子。また、「そもそも、カロリー消費量とか、どれだけボールにスピンかけたかとか、そんな細かい話をみんなどんだけ知る必要があるのかわからない」とも話しており、数字のデータが逆に人を悩ますのではと考えているそうです。努力あるのみと語るフェデラー選手は、一流アスリートのストイックさがゆえでしょう。一般人にしたら、やっぱり数字やグラフが継続の励みになるのですけれどね。Apple Watchは、実用的なガジェット以前に嗜好品だという見方もありますし、まぁこれからです
まだ使っていない段階で批評するのは早計だ。でもフェデラークラスのスポーツ選手にとっては数字なんてどうでもいいんだろう。
2015年03月11日 (水) | Edit |
iPhone 7ではスマホの側面にディスプレイを搭載する可能性が浮上
http://gigazine.net/news/20150311-apple-sidewall-display-patent/
Appleがスマートフォンなどのデバイスの側面部分に搭載するディスプレイに関する特許を取得しました。これで、次期iPhone 7には側面まで含めたディスプレイが採用されるのではないかとの予想が一部で上がっています。米国特許商標庁は2015年3月9日に、Appleが申請していた合計41件の特許を付与したと発表しました。この中に、スマートフォンの側面に搭載する「Sidewall Display」が含まれています。なお、Sidewall Displayに関するデザインがはここから閲覧可能です。  これがSidewall Displayの模式図。スマートフォンの側面にまで搭載される横長のディスプレイで、タッチ操作が可能なためカメラ用のボタンなどを割り当てられます。さらにSidewall Displayはボリュームボタンなどスマートフォンの側面にある物理ボタンを代替することも可能。Sidewall Displayによってさらにデザイン性を突き詰められると考えられます
ねーよ、またサムチョンが騒ぐぞ、「Galaxyが始めると世界がついてくる。彼らがまた追いかけてきた」と。iPhoneのデザインをパクっているくせに言うことだけは大層なんだから困ったもんだ。
2015年03月11日 (水) | Edit |
写真で見る新MacBook--日本でもお披露目、バタフライ構造のフルサイズキーボード
http://japan.cnet.com/news/service/35061573/16/
アップルは3月10日、「Apple Special Event」を開催し、新しいMacBookを発表した。価格は14万8800円から。発売は4月10日を予定している。日本でも記者向けに製品に触れられる「ハンズオン」が行われたので、写真とともにお伝えしたい。長らく噂されてきた12インチのRetinaディスプレイを搭載した新Macは、MacBook Airではなく新たに設計されたMacBookシリーズとして登場した。まず、iPhone/iPadとおそろいのカラーバリエーションに驚く。特にゴールドは圧巻だ。実際に開いてみると、ディスプレイの美しさとキーボードが目を引く。新しいキーボードは従来型よりも34%薄い。Appleがデザインした「バタフライ構造」は従来型キーボードの「シザー構造」より40%薄型化を実現。さらに安定性は4倍となり、どのキーを叩いてもより正確なタイピングを実現するとしている。実際に触ってみたが、大きなキーは打ちやすい一方で、あまりキーが沈み込まないので、好みが分かれるかもしれないと感じた
ゴールドはなかなかいいですね。デザインはちょっとどうかと思う。キーボードのストロークが短いのってイマイチだよね。Mac Proについてくるキーボードがおしゃれだけど使いにくいのと同じ。
2015年03月11日 (水) | Edit |
「Apple Watch」のストレージは8GB、使用可能な容量は2GB
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/031100876/?top_tl1
米Appleの腕時計型ウエアラブル端末「Apple Watch」はストレージ容量が8Gバイトであることを確認したと、Apple関連の情報サイト「9to5Mac」が現地時間2015年3月10日に報じた(写真)。9to5Macは先週、Apple Watchが8Gバイトのストレージを内蔵するとの情報を伝えていたが、このたびAppleから確認を得たという。しかし8Gバイトすべてをユーザーが使えるのではなく、最大2Gバイトの音楽、最大75Mバイトの写真の保存に制限されている。ローカルに保存されたコンテンツは、「iPhone」と接続しなくても再生や閲覧が可能。iPhoneを家に置いて、Apple Watchを腕にはめて音楽を聞きながらランニングするといった使い方ができる(中略)なお8Gバイトのストレージ容量は、スタンダードなApple Watchのほか、アルミニウムの「Apple Watch Sport」、18Kゴールドの「Apple Watch Edition」いずれも同じだという
これにしたところで、来年出るモデルは32GBくらいにはなるだろう。だから最も安価な「Sport」でさえ私は高いと思う。2万円台ならリーズナブルだと思うが・・・。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Apple Watchは高くない
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/509445/031000166/
4万円台のApple Watch Sportはともかく、最低価格が128万円からでものによっては200万円を超すApple Watch Editonについては高いとお感じの方も多いでしょう。あえてApple Watchは高くないと書きます。筆者の頭に、アップルの最初のノートPCであるMacintosh Portableが浮かんだからです。1989年の発売当時、価格は100万円を超していました。アップルファンだった知人から「PCのフェラーリ」という言葉を聞いたのを覚えています。スパルタカスというコードネームで呼ばれていた、Macintoshの20周年モデルも80万円を超していたのではないでしょうか。時代の差はありますが、Macintosh PortableやスパルタカスよりもApple Watchの方が機能は高いはずです。しかもApple Watchには宝飾品としての側面があります
私が最も高いPC関連での買い物は、PC98XLという機種で90万円以上した。それを考えれば、というか、それと比較するのはナンセンスではないだろうか。私は今の時代にシリコン製品に10万円以上かけるのは抵抗がある。ましてや1年で陳腐化するApple Watchに100万円以上払うなんて考えもしない。
2015年03月11日 (水) | Edit |
ミズノが「スカウター」開発。ランニング用にマップやゴーストランナー表示
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20150310_692033.html
ミズノは、ソニーが開発しているアイウエア装着型片眼用ディスプレイモジュール活用し、ランニングをサポートする機能を盛り込んだスポーツ用ウェアラブルグラス「SCOUTER(スカウター)」を開発していると発表した。2015年度内の発売を目指し、安全性の検証を進めているほか、3月13日から始まる「横浜マラソンEXPO 2015」のミズノブースでデザインコンセプトモデルも展示する。ランニングをする際に装着すると、ランニングコースマップや走行距離、走行時間、消費カロリーなどの情報を表示。それらの情報を視線を落とすことなく確認できるのが特徴。マラソン大会などでタイムや順位、SNSのメッセージも表示するといった使い方も想定している。ミズノが開発するアイウェアに、ソニー製のウェアラブル端末向けモジュールを搭載。小型高精細なカラー有機ELディスプレイと、超小型光学ユニット、スマートフォン相当の演算処理能力を持つ制御基板も備えている
ミズノがグーグル・グラス(もどき)を発売するのだろうか?もう少しスマートになるといいんだけどね。
2015年03月11日 (水) | Edit |
海上忍氏――「Apple Watchアプリ開発は初期のiPhone並み」
http://ascii.jp/elem/000/000/987/987883/
現時点でApple Watchの開発キット(WatchKit)にはいくつもの制約があり、たとえばセンサー値の直接取得やDigital Crownを扱うことができない。Extensionを利用したiPhoneと連携するアプリは開発できるが、Apple Watch単独で動作するアプリは開発できない。今回のイベントにはWatchKitが一気に充実する新情報を期待していたが、目をむくほどのものはなかった。なにかできそうと期待させてくれたとしても、開発キット/リソースが出揃わないかぎり、Apple Watchの「真の姿」は見えないままだ。価格も気になる。最安のSportsモデルですら4万円超えという水準では、よほどウェアラブル端末と相性がいい消費者かコアなAppleファン以外は手を出しにくい。初速はともかく、数ヶ月後には"それなりの勢い"に落ち着くのではないだろうか
iPhoneほどの初速は出ないでしょうね。それでも数百万台は売れそうです。少なくとも私のような可能性を確かめたい人たちやメディアの人たち、そしてアーリーアダプタは飛びつくでしょうけど。
2015年03月11日 (水) | Edit |
200万円超のめちゃ高モデルも!「アップル・ウォッチ」の価格戦略を読む
http://newsbiz.yahoo.co.jp/detail?a=20150311-00068214-diamond-nb
価格の他に、さらに3つ気になる点がある。ひとつは、ウェアラブルウォッチは数年すれば陳腐化する製品なのか、それともソフトウェアをアップデートしていくことで、時計というハードウェア自体はもっと長い時間を生き抜く製品なのか、という点。スマートフォンが出始めた際にも、高価なメタルや宝石をあしらった高級なモデルが売り出されていたことがある。だが、そうした商品は一部ではもてはやされたかもしれないが、大きなヒットにはならなかった。そして、スマートフォンのトレンドがどんどん変化していくのにはついていけなかった。アップル・ウォッチのデザインを見ると、「エターニティー(永遠性)」が意識されていることは明らかに感じられる。われわれが時計というものに対して持っている原型の姿をハードウェアであらわにさせているのだ。それでいてソフトウェアが制御するスクリーン・デザインは、現代的でポップ。優れた棲み分けが行われている。   だが、今後ウェアラブルにふさわしい新たなセンサー技術などが出てくれば、現在のアップル・ウォッチは陳腐化してしまうだろう。もちろん、新モデルが出るたびに買い替えるという特徴のある購買パターンを確立してきたアップル・ファンにとっては、そうした世代の交替は歓迎すべきことなのかもしれない。アップルが、このウォッチに対してどのくらいのライフサイクルを想定しているのかは、実に興味深いところだ
たぶん来年にはより洗練されたApple Watch 2が出るだろう。それはiPhoneやiPadと同じ運命である。電池はより長く持ち、かなり分厚いものがより薄くなって「つけているのを忘れるほどだ」などのコメントとともに記事が氾濫することになるのは目に見えている。だからといって今回これをスルーするのはなかなか難しい。ただ私が購入するのは最も安いバージョンだ。
2015年03月11日 (水) | Edit |
“生活革新”再現なるか 「アップルウオッチ」来月24日発売 腕時計型端末、競争激化
http://www.sankei.com/economy/news/150311/ecn1503110013-n1.html
同様のスマートウオッチでは、韓国のサムスン電子やソニーが先行する。だが、いずれもスマホの補助的な機能にとどまり、販売は苦戦している。アップルウオッチが、この壁をどう打ち破るかがスマートウオッチ普及の大きなカギとなる。調査会社ガートナージャパンの蒔田佳苗主席アナリストは「アップルはハイエンドの時計愛好家をターゲットとして狙っている」と指摘する。アップルウオッチの最上位機種は、高級腕時計に匹敵する高額商品だ。アップルは、ファッション誌「ヴォーグ」3月号に12ページの広告を掲載し、国内外の高級百貨店で販売するなど自社のブランド力を前面に押し出す戦略を打ち出した。ただ、こうした戦略が一般のアイフォーン利用者にどれだけ受け入れられるかは未知数だ。スマホを上回る利便性や独自の機能を取り込むには、今後のアプリ開発が重要となる
期待が大きかっただけに落胆も大きかった今回の発表。私はそれでもかなりの販売台数になると思う。少なくともiPhoneユーザーの3割程度は購入するのではないだろうか。私も可能性を確かめるために購入すると思う。使わないで批判だけするのはフェアじゃないからね。初代iPod Toutchを触った時の衝撃は今でも忘れない。あのとき未来はこの手のひらにあると確信した。そのきのブログ記事を見てみると、
iPod touchが届いた。無線LANでインターネットに接続できる。想像以上にオペレーションが華麗である。縮めたり伸ばしたりリンクをタッチしたり。日本語入力もできる。googleの検索テキストボックスでは日本語が入力できない、などできるところとできないところがあるみたい。縦にも横にもなる。ボタンがないのにすべて液晶画面でコントロールできる。これですよこれ。まったくすばらしい。これが世に出た最初のバージョンとは思えない完成度です。けしからんほどよくできている。こんなイノベーションが今まであっただろうか。Skypeのときにも少し感じた。ネットワークでコンピュータがつながったとき、無線でネットにつながったとき、何かがブレークスルーするときに感じるアレ。これはiPodなんだけど究極のモバイルコンピュータだ。たぶん未来はここにある。とにかくすごいデバイスだ
2007年10月6日の記事です。興奮が伝わってきますね。これほどの興奮は、今回のApple Watchには感じないけど、時計をイノベーションするということは達成していると思います。
2015年03月11日 (水) | Edit |
偽アップルウオッチ、中国ですでに登場
http://www.cnn.co.jp/tech/35061589.html?tag=top;mainStory
米アップルが9日のイベントで発表した腕時計型のウエアラブル端末「アップルウオッチ」。発売は4月24日と1カ月半も先の話だが、中国ではすでによく似たコピー商品が売り出されている。 深センの電子街「華強北」やオンラインショップに並ぶアップルウオッチの模倣品は、側面のつまみ「デジタルクラウン」まで本物をまねたデザインだ。「アイウオッチ」「Dウオッチ」などと名付けられ、250~500人民元(約4900~9700円)で売られている。 アップルウオッチの価格は最も安いモデルでも4万2800円だ。 基本ソフト(OS)は大半が米グーグルの「アンドロイド」だが、ホーム画面に表示するアイコンなど、外見や操作をアップル製品に似せてある。 本物が発売さえされないうちにコピー商品を開発、発売するスピードには、専門家も驚きを隠せない
早っ。その情熱を製品開発に向ければいいものを。中韓はパクリ大国ですな。
2015年03月11日 (水) | Edit |
PS4日本で普及しないのはなぜ?
http://news.livedoor.com/article/detail/9870700/
2013年11月15日に北米で発売され、同29日に欧州・オーストラリア・南米などで発売されたPS4。発売から約1年4カ月での2000万台突破は、歴代のPlayStationシリーズのハードウェアとしては、最速のペースだという。しかし、日本では北米での発売から約3カ月後となる2014年2月22日に発売されたということもあり、必ずしも普及しているというわけでもなさそう。発売から1年後となる2015年2月の段階で、日本国内の販売台数は約100万台。9カ月で100万台を達成したPS3よりも、遅いペースとなっている。全世界で2000万台突破のニュースについても、ツイッターでは、「PS4が2000万台売れたとか言うけど国内だと全く実感がないw」 「ほんとに爆速でps4が2000万台いってるなんて日本からは想像つかないよ…日本生まれのプレステのはずが」 と、日本国内のネットユーザーにしてみれば、あまりリアリティーが感じられないようだ。また、海外での人気と日本での人気に差がついていることについて分析するネットユーザーも。 「PS4の出荷台数が2000万台突破か。日本だと今はモバイルゲームが主流だし、PC用ゲームも手軽なブラウザゲームが主流になりつつあるけど、世界から見ればどちらも少数派だからなあ。ゲームの世界もガラパゴス化しつつありますな」 と、日本のゲーム人気が世界の潮流と異なっていることや、「10畳くらいの自分の部屋に47インチくらいの液晶テレビがあって自分の時間がもてる外国のライフスタイルがないとPS4は宝の持ち腐れ」  と、ライフスタイルの違いが原因ではないかという意見があった
私は38インチのテレビでゲームしてるが快適だ。あの華麗なグラフィックがグリグリ動くのはちょっと信じられない感動があります。
2015年03月11日 (水) | Edit |
Swatch共同開発者「Apple Watch到来でスイス時計業界に氷河期が来る」
http://news.livedoor.com/article/detail/9874184/
Apple Watchの詳細な発表を受け、80年代にSwatchの開発に貢献したElmar Mock氏が「アップルは瞬く間に成功を収めるだろう」とコメントしています。Bloombergがインタビュー記事を掲載しました。現在はコンサルティング会社Creaholicに勤めるMock氏はApple Watchについて、年間200万から300万個は売れるだろうとの予測を述べ、「アップルはスイスにおける伝統的な腕時計業界と職に多大なプレッシャーを与えるだろう」と語っています。Tissot、TAG Heuer、Montblancといったスイスの有名ブランドも、スマートウォッチ市場への参入を表明していますが、業界全体がアップルの脅威を過小評価しているというのが、Mock氏の意見です。「500フランから1,000フラン(約6万~12万円)の価格帯の時計は本当に危険だ。われわれは氷河期を迎えるだろう」
危機感を持つのは当然でしょうね。Apple Watchは単なる時計でありませんから。ただ、高級時計は脅威にはならないかもしれません。
2015年03月11日 (水) | Edit |
アップルウォッチ速攻レビュー マックブックは薄さ追求
http://www.asahi.com/articles/ASH3B6613H3BUEHF01M.html?iref=comtop_pickup_03
一方で、「デジタルガジェット」の常識から逸脱していること、スマートウォッチの価値が定まっていないことが、アップルウォッチの評価を難しくしている、とも言えます。   確かにアップルウォッチは他のスマートウォッチより快適なのですが、健康促進やメール、電話の通知など、いま提示されているアプリケーションだけでは、「スマホのほかに数万円の機器を腕につけたい」と思うモチベーションが生まれにくい状況にあります。そして、発展途上でもあるデジタル機器が「時計の価格帯」で売られることにもジレンマがあります。高価な時計は数年から数十年と大事に使う場合が多いですが、進化する家電であるデジタルガジェットの商品寿命は、そこまで長くありません。時計のつもりで買った製品がどのくらい長く使えるのか……という不安も出てくるでしょう
そうなんですよね、デジタルガジェットという性格から1年後にはさらに薄くデザインも洗練されてくるはず。そうしてみると、Ver1.0を買うかどうかとても迷うところですね。
もう一つの新製品である「MacBook」(写真6)は、ある意味、アップルウォッチより魅力がわかりやすい製品です。「薄くて軽くてかっこいいノートパソコン」なのですから。920グラム、最厚部1.31センチ、12インチ高解像度ディスプレー搭載のノート型、というスペックは、世界最高、とまでは言えないものの、商品として十分に競争力を持ちます
薄くて軽い、これはいいことだけど非力です。そしてキーボードが本体いっぱいぎりぎりまでありますが、このことがデザイン上すごく不安定に見えてしまっています。どうしてアイヴはこんなデザインにしたのでしょうか。私は少し重くても、MacBook AirやMacBook Proのデザインの方が安定しているので好きですね(もちろんパワーがあることも)。MacBookはキーボード付きの12インチiPadとして見た場合には魅力的ではありますが、私には必要ないものです。