FC2ブログ


2015年03月20日 (金) | Edit |
米テレビ業界の苦境につけ込むアップル“ウェブテレビ”の皮算用
http://japan.zdnet.com/article/35061957/
テレビ局側でのこうした態度の変化の背景には、動画コンテンツの配信経路としてネットの比重が高まり、同時に若い世代にとって携帯通信端末が第1スクリーンになったことに伴って、これらの消費者と接点を失いつつあるテレビ局側の苦境がある。その苦境ぶりを物語る2つのエピソードを紹介する。(中略)「NBCの人気トークショー『Tonight Show Starring Jimmy Fallon』の場合、視聴者の約7割がオンラインに流れてしまい、そのほとんどをマネタイズできていない」というNBCUniversal最高経営責任者(CEO)Steve Burkeのコメントも紹介されている
これは日本でも起こりつつあり、Huluに続きNetfrixが秋から日本で始まる。テレビの地上波放送は急速に魅力を失っていくだろう。
HBO Nowが発表された翌日の3月10日には「ケーブルテレビの視聴率が昨年第3四半期には前年比10%低下、同第4四半期にも同9%低下した」「こうした流れは今年になっても止まらず、第1四半期の視聴率は前年比12%減に」といった記述を含む記事がWSJに出ていた
それは、テレビ局だけでなくケーブルテレビ局にとっても脅威だ。
この視聴率低下の主な要因とされているのが、Netflix、Amazon、Huluといった動画ストリーミング配信サービス(SVOD)勢の影響拡大で、Cabletelevision Advertising Bureau(CAB)という業界団体の内部では「視聴率低下の原因の約4割はSVODによるもの」といった可能性も取り沙汰されているという
今後数年でネットでのストリーミング視聴が急伸し、テレビ地上波はもとよりケーブルテレビ局も安穏としていられなくなるだろう。まさに今、「テレビの革新」が黒船のように近づいているのだ。
2015年03月20日 (金) | Edit |
OpenSSLのセキュリティパッチが公開、深刻度「高」含む12件の脆弱性を修正
http://japan.zdnet.com/article/35062033/
OpenSSLの最新バージョンが米国時間3月19日に公開され、2件の深刻度「高」の脆弱性を含む、12件の脆弱性が修正された。公開されたのは、バージョン1.0.2a、1.0.1m、1.0.0r、および0.9.8zf。 最も深刻なセキュリティホールは、バージョン1.0.2を利用しているサーバに影響があり、悪用されるとサービス妨害(DoS)攻撃を引き起こす。   もう1件の深刻度「高」の脆弱性は、当初は「低」に分類されていたが、調査の結果、輸出グレードのRSA暗号をサポートしているサーバが想定よりも多かったために、深刻度が引き上げられた。OpenSSLは最も普及しており、広く利用できるオープンソースツールキットの1つで、SSLとTLSを実装している。このソフトウェアは、Facebook、Google、Yahooを含む多くの有名なサービスや、政府のサイトなどでも利用されている。   OpenSSLプロジェクトに対する信頼は、最近話題になった一連のセキュリティホールが、このソフトウェアを利用している多くのサーバやウェブサイト、データベースの安全性を脅かしたことで揺らぎ、立て直しを迫られている
ということです。すぐにアップデートしましょう。今、CentOSでアップデートかけたけどまだパッケージが出てないみたい。
2015年03月20日 (金) | Edit |
「手のひらに象」の謎のスタートアップ、Magic Leapから拡張現実ゲームのデモビデオ
http://jp.techcrunch.com/2015/03/20/20150319watch-magic-leaps-video-of-seamless-augmented-reality-office-game-play/
手のひらで小さな象がダンスするイメージビデオが印象的な謎のスタートアップ、Magic Leapが新しいデモ映像を公開した。同社の開発する拡張現実ハードウェアを利用すればこういうことができるという予告編だ。その中には「オフィスで拡張現実シューティング」の短いデモも含まれている。ビデオは最初にメールなどのオフィス・アプリの拡張現実インタフェースを紹介した後、そのオフィスの中でシューティング・ゲームを始めてみせる。  ゲームのアートワークは映画ロード・オブ・ザ・リングにも参加したスタジオ、Weta Workshopが担当した。  このビデオでは最初にYouTubeとGmailのアプリが登場し、OSレベルでのメニュー・システムがデモされる。デモ実演者はYouTubeとGmailアプリを片付けた後、空中に3Dメニューを呼び出し、シューティング・ゲームをタップして選択する。すると各種のバーチャル・リアリティー武器が表示される。武器を構えて待つうちにタワーディフェンスに似たかたちで怪物が襲ってくる。ビジュアルはよく出来ているが、さすがに際立った個性はない
これは・・・!すごすぎる(絶句)。つーか、怖いくらいだ。
2015年03月20日 (金) | Edit |
見落とされているApple Payの本当の価値
http://jp.techcrunch.com/2015/03/20/what-apple-pay-really-means/
しかし、Apple Payには見落とされている大きな価値があると私は考えている。それはオンラインの非対面決済にある。レジ打ちの現場での対面決済ではなく、むしろ非対面の決済こそがApple Payの最大の活用の場となり、オンライン決済、ネット上の決済が革新的に変わっていくだろうと思う。そして、これは日本市場にとっても重要な意味を持つ。こういう問いを考えてみてほしい。「SuicaでECサイトの買い物ができますか?」と。(中略)Apple Payの発表はあっさりしたものだった。iPhone6/6 plusと、Apple Watchを前後に置いたApple Payの初お披露目の中、洋服屋のレジでの短い動画の後にティム・クックが”That’s it!”と声をあげた。短いのでもう一度と同じ動画を流して“It is so cool!”とレジでの決済の体験を革新するかのような紹介をしていた。  ティムが発表の中であんなに甲高い声を出したのはここだけだったので、ここがApple Payの最も本質となる部分であると誰もが認識したことだろう
iPhoneでの決済が世界中でディファクトスタンダードになっていくだろう。日本も東京五輪があるんだから早くApple Payに対応すべきだ。アップルの戦略は本当に緻密ですごいですよね。
2015年03月20日 (金) | Edit |
「Apple Watch無料プレゼント」うたう不審サイト複数確認、アクセスの3割が日本から
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150320_693770.html
トレンドマイクロ株式会社は20日、「Apple Watch」の発売に便乗した詐欺サイトを初めて確認したと発表した。Apple Watchの無料プレゼントをうたうもので、これらのサイトに名前やメールアドレスを入力すると、個人情報を窃取される可能性があるという。メールやSNSのメッセージによって誘導される例が見られ、中にはFacebookで特定数の利用者を招待することがプレゼントの条件になっているものもあったとしている。トレンドマイクロのセキュリティ技術基盤で確認した、これら不審サイトへのアクセスの内訳は、英国のIPアドレスからが最も多く48%を占めたが、これに次いで日本が29%だった。「日本語表示のサイトは確認されていない時点でのこの割合は、Apple Watchの話題に対する日本からの関心の高さを示していると言える」とトレンドマイクロでは指摘している

気をつけましょう。そうそううまい話はありません。
2015年03月20日 (金) | Edit |
Apple Watch、もしや北米でバカ売れ? iPhoneユーザーの4割が購入希望
http://www.gizmodo.jp/2015/03/apple_watch_iphone4.html
しかしながら、3月9日(米国時間)にアップルが開催した発表会の後、Ipsosグループが、米国に居住する18歳以上の男女2469人を対象にアンケート調査を実施。そのうち788人がiPhoneユーザーだったそうですが、実に39%のiPhoneユーザーがApple Watchを購入したいと回答しています! いよいよ発売日が決定し、その詳細が明らかになって、北米では一気にApple Watchの購買意欲が高まった様子ですよ~。 なお、現時点で米国内には1億人を超えるiPhoneユーザーが存在しており、もしも本当に4割がiPhoneを購入したとすれば? Apple Watchは発売直後から米国市場だけでも4000万台もの売行きを記録する可能性があることを意味しています。実際に購入するのが、その半分だったとしても、Apple Watchのスタートダッシュは驚くべき勢いになりそうですよね
たぶんバカ売れ。だって通常Ver1.0はスルーする私も買うつもりだもん。
2015年03月20日 (金) | Edit |
GYAO!アプリがChromecastとAndroid TVに正式対応
http://japan.cnet.com/entertainment/35062043/
GYAOは3月20日、映像配信サービスの「GYAO!」アプリがChromecastとAndroid TVに正式対応したと発表した。テレビなどの大画面でも視聴できるようになる。GYAO!は、ヤフーの子会社であるGYAOが運営する無料の映像配信サービス。PCで視聴できるほか、スマートフォンやタブレットから利用できるGYAO!アプリを提供している。今回対応したChormecastは、HDMI端子に差し込むタイプの小型メディアストリーミング端末。スマートフォンやタブレットなどから、動画、ゲームなどさまざまなアプリをテレビの大画面にキャストして視聴できる。一方Android TVは、グーグルが提供するテレビ向けのAndroidプラットフォーム。Android TVを搭載したメディアプレーヤーや今後発売されるAndroid TV搭載のテレビなどから使用可能だ
GYAO!ってまだあったんだ・・・。Apple TV買うかなー。
2015年03月20日 (金) | Edit |
みずほ銀行の店頭接客に「Pepper」試験導入へ
http://japan.cnet.com/sp/robot2014/35062048/
みずほ銀行とソフトバンクロボティクスは3月19日、ヒト型の感情認識ロボット「Pepper(ペッパー)」を、みずほ銀行の店舗で接客に活用していくことで合意したと発表した。2015年7月から一部の店舗にて試行を開始し、全国展開を視野に入れて導入店舗を拡大していくという。みずほ銀行は、次世代チャネルを起点とする新ビジネス創造やオムニチャネル化によるサービス向上といった目的のために進めている店頭体制変革の一環としてPepperを導入。店舗で稼働するPepperには同行専用のアプリを搭載し、金融関連情報やエンタテイメントなどを提供するという。また将来的には、Pepperと来店客とのコミュニケーション内容、顧客の既存取引情報、最新の金融情報を融合したOne to One対応、外国人顧客向けの多言語対応、コールセンターで活用を開始している人工知能技術と連携させたインタラクティブな応対など、ユニバーサルコンシェルジュとしての活用を展望しているとのこと
今後、人工知能は爆発的に発展しそうです。人工知能が人工知能を発展させる未来も来るらしく、人間より大幅に「賢い」人工知能に人間が征服されるシナリオの危険性が叫ばれています。まだ、今はかわいいもんですが、グーグルのゲームを学習する人工知能なんかを見ると、人間が太刀打ちできないことがよくわかります。
2015年03月20日 (金) | Edit |
富士通、SIMフリーのスマートフォン「ARROWS M01」を家電量販店などで販売開始
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/031901024/?top_tl1
富士通は2015年3月19日、SIMフリーのAndroidスマートフォン「ARROWS M01」を、全国の家電量販店など合計14社で3月21日から販売開始すると発表した。同社がスマートフォンを家電量販店経由で直販するのは今回が初めてとなる。価格はオープン、予想実売価格は3万円台後半。2014年11月に発表した機種で、これまでイオンリテール、ニフティ、フュージョン・コミュニケーションズといったMNVOサービス事業者で取り扱っていた。今回販路を拡大することで、ユーザーの選択肢が広がり、ニーズに合った回線プランを自由に選択できるようになったという
富士通の端末って尖ったデザインが多かった印象だがこれは無難なデザインになっていますね。角の丸みはiPhoneの比率にとてもよく似ています。

20150320-004
     ▲富士通「ARROWS M01」
2015年03月20日 (金) | Edit |
アップルウォッチ登場、スマートウォッチはどうなる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/031100043/031200005/?top_pu
2014年、スマートフォンやタブレットに続く新たなスマートデバイスとして、スマートウォッチというカテゴリーが大きく台頭した。同年6月にはグーグルがAndroid Wearを発表、9月にはアップルもApple Watchを披露するなど、スマートデバイスの両巨頭が相次いで参入したことで、ブレイクまでの道筋が見えたと思われた。だが、2015年2月に英Canalysが発表した市場調査によれば、2014年に出荷されたスマートウエアラブルデバイスは460万台、そのうちAndroid Wearはわずか72万台と小規模な数値となり、市場の立ち上がりの遅さが明らかとなった。   こうした状況下に起爆剤として期待されてきたのが、Apple Watchだ。販売台数が1000万台規模になると予測する調査機関もある。これが本当なら、2014年におけるウエアラブルデバイス全体の2倍、Android Wearの10倍以上に相当し、市場全体が一気に拡大することになる
Apple Watch以外は全部窓から投げ捨てたくなるものばかりだ。今巷にあふれているスマートウォッチはスマホがあれば必要ないものばかり。これでは、消費者は失望してしまうのも無理はない
2015年03月20日 (金) | Edit |
「炎上」VAIOスマホの真相 日本通信と同床異夢
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO84615460Q5A320C1000000/?dg=1
だが、発表後すぐに台湾の有名ODM(相手先ブランドによる設計・生産)メーカー広達電脳(クアンタ・コンピュータ)製で、ほぼ同等のモデルが手ごろな価格で台湾国内で販売済みなことが明らかになり「VAIOらしくない」とネットで“炎上”する騒ぎとなった(中略)VAIOフォンのデザインについてネット上で否定的な声が多いのは、三田社長の発言などの事前情報によって「VAIOへの期待感」が上がったことが大きいだろう。バイオとしては、様々な制約がある中で「VAIOらしさ」を出していこうと腐心していたようだが、やはり決して目新しいデザインとはいえない。日本で「デザインに特徴があるスマホ」といえばKDDIの「インフォバー」のような尖った端末を連想させるが、それに比べVAIOフォンは本当に普通過ぎた。この期待値と現実のギャップが炎上する原因になったのだろう
とはいうもののスマホのデザインはすでに固まってしまった感が強い。冒険をすめのも勇気が必要だろう。確かに「VAIO」のデザインとしては「おとなしすぎた」のだろう。もう少し高級感が欲しかったところだ。VAIO Zがよかっただけに期待が高すぎたということもあるかもしれない。
2015年03月20日 (金) | Edit |
タグ・ホイヤーも腕時計型端末 アップルウォッチに対抗
http://www.asahi.com/articles/ASH3N02FMH3MUCVL02P.html?iref=comtop_list_biz_n03
スイスの高級腕時計メーカー「タグ・ホイヤー」は19日、時計の見本市バーゼルワールドで、検索大手のグーグル、半導体世界最大手のインテルと提携し、腕時計型のデジタル端末を開発すると発表した。スイスの時計技術に、米シリコンバレーのソフトウェア技術を組み合わせて生かすという。 年内をめどに商品化をめざす方針で、詳細は10月に発表する予定。来月発売されるアップルの腕時計型端末「アップルウォッチ」に対抗する狙いとみられる
うかうかしてられない、といったところか。座して待つより攻めに出たということでしょう。果たして成功するか。
2015年03月20日 (金) | Edit |
放送後のTV番組、一部無料配信へ 10月から民放5社
http://www.asahi.com/articles/ASH3M5VPWH3MUCVL01F.html?iref=comtop_list_nat_n04
在京の民放キー局5社は、10月から放送後のテレビ番組の一部をインターネットで試験的に無料配信することを決めた。日本民間放送連盟の井上弘会長が19日、定例記者会見で明らかにした。ネットに番組を勝手に流す違法行為が横行していることや、番組を録画で見る「タイムシフト視聴」が広まり、テレビ番組の見方が多様化していることが背景にある。録画視聴はCMが飛ばされることも多い。共同サイトはCMを飛ばせない技術を導入し、広告収入を得て無料配信する予定だ。井上会長は「5局が共同でサービスし、一つのポータルから5局の番組に簡単にとべるようにしたい」と話す。パソコン、スマートフォン、タブレットで視聴できるようにするという
やっと民法も重い腰をあげたようですね。長くお茶の間の王様として我が世の春を謳歌してきた地上波放送だがその賞味期限はもうすぐ切れる。