FC2ブログ


2015年03月25日 (水) | Edit |
フルーク・ネットワークス、軽量ポケットサイズのネットワーク・テスター
http://pc.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/032300524/
フルーク・ネットワークスは2015年3月23日、軽量ポケットサイズのネットワーク・テスター「LinkSprinter(リンク・スプリンター)」シリーズを同日発売したと発表した。専門知識のない企業ユーザーでも簡単にネットワークの接続性を検証できるという。標準希望価格(税別)は2万4500円から。RJ45端子を搭載し、ギガビットイーサネットまでの有線LANをチェックできるテスター。ゼロタッチ機能により、何も操作しなくても10秒間でネットワークの接続性を検証し、LEDの色分けで結果を表示する。付属サービスの「Link-Live クラウド・サービス」を利用すればより詳細なテスト結果を確認でき、問題の特定や文書化、保存、是正作業などに活用できるという。単3形乾電池2個で動作する。本体寸法は奥行き11.07×幅4.06×厚さ3.25cm、重さ約113~116g。基本モデルの「LinkSprinter 100」は、PoE電圧のソリシテーション(802.3af)、速度/デュプレックス、DHCPサーバー、DNSサーバー、最寄のスイッチ(VLAN、ポート、名前、モデル、アドレス)、ゲートウェイをチェックできる
これはよさげですね。ちょっとお高いですけど。

20150325-001
     ▲フルークネットワークス LINKSPRINTER モデル 100
2015年03月25日 (水) | Edit |
Android OSに脆弱性、アプリインストールを乗っ取る恐れ
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/25/news047.html
米GoogleのAndroid OSに、一見安全に見えるAndroidアプリケーションがインストールの過程で改ざんされたりマルウェアに入れ替えられたりする恐れのある脆弱性が発見され、米セキュリティ機関のUS-CERTが3月24日に注意を呼び掛けた。この脆弱性はセキュリティ企業のPalo Alto Networksが同日のブログで明らかにしたもので、同社は「Androidインストーラ乗っ取り」と命名。2015年3月現在でAndroidユーザーの49.5%が影響を受けると推定している。Palo Alto Networksによると、攻撃者がこの問題を悪用すれば、Android APKのインストールプロセスを乗っ取ることが可能になる。例えば正規の「Angry Birds」をインストールしようとしたユーザーが、マルウェアを仕込んだ別のアプリをインストールさせられ、知らないうちにデータにアクセスされたり盗まれたりする恐れがあるという。脆弱性はAndroid 2.3、4.0.3~4.0.4、4.1.x、4.2.xで悪用できることを確認したほか、Android 4.3も影響を受ける可能性があるとしている。Android 4.4以降で問題が修正された
ということです。アンドロイドの人、気をつけましょう。
2015年03月25日 (水) | Edit |
Gmailにメール内電子請求書決済サービス追加か──re/code報道
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1503/25/news048.html
米Googleが、GmailおよびInboxで請求書の受信・支払い手続きを可能にする新サービスを準備中であると、米re/codeが3月24日(現地時間)、独自に入手したというGoogleの社内文書に基いて画像付きで報じた。このサービスは「Pony Express」と呼ばれており(コードネームの可能性もある)、文書によると第4四半期(10~12月)に提供開始の見込みという。サービスにサインインするには、ユーザーは住所、氏名、社会保障番号、運転免許証番号などの本人確認のための情報と、クレジットカードあるいはデビットカード、または銀行口座の情報を入力する必要がある
へー、そうなのか。
2015年03月25日 (水) | Edit |
ロボットが身近にあるときに僕らがどう変わっていくのか?
http://www.gizmodo.jp/2015/03/pepper-mirai.html
昨年の発表されたものよりCPUのコアが増えていたり、センサーが良いものになっていたり、ファンが増えていたり、「Pepper」が機械としての機能が追加されていくことは今後もあると思います。ただ一般販売された時に、「Pepper」自身の進化よりも、ロボットが身近にある状況になったときに僕らがどう変わっていくのかに興味がありますね。  ロボットというと、小さい頃に漫画や映画、アニメで接してきた自分なりのロボット像が皆さんにあると思うんです。で、そのロボットが横にある。どう接すればよいのか、イメージ通りなのか、想像と違うのか、そういうことに自分が気付くんです。初めて「Pepper」に触れる人を見るとき、どういった反応なのかがとても興味深いですね
今年が人型ロボットの元年になるんですかね。今後人工知能が劇的に進歩するらしいが、ロボットが普通に会話できたり、家事をしたりすることが可能になるかもですね。
2015年03月25日 (水) | Edit |
バックライト搭載Apple Wireless Keyboardがもうすぐくる?
http://www.gizmodo.jp/2015/03/apple_wireless_keyboard.html
上の画像を見ると、キーボード中央部にMacユーザーならお馴染みの画面の明るさを変更するキーが見えますね。また、CDのイジェクトボタンも電源ボタンに変更されています。イジェクトボタンは超ごくたまに役立つんですが、普通なら電源ボタンのほうがずっと役に立ちますよね。これはユーザーも納得の改良となりそうです。  ただし、オンラインストアではキーボードの説明は一切変更されませんでした。つまり、新型キーボードらしき画像だけが突如登場したんです。オンラインストアの中の人の操作ミスってことなんでしょうか? また、もしかすると従来の乾電池式からバッテリー式に変更されているのかもしれません
つーかですね、このキーボードかっこいいんだけど使いづらい。
2015年03月25日 (水) | Edit |
終わってなんかいなかった!グーグル・グラス市販化に向けて邁進中
http://www.gizmodo.jp/2015/03/post_16781.html
グーグルのCEOエリック・シュミット氏はWall Street Journalに対して、これら一連の動きは全て一般販売に向けての動きだと述べました。もう研究対象でないのでグーグルXから卒業し、グーグルが買収したNest社のCEOトニー・フェデル氏の管轄下に置いたとのこと。よく考えてみると、このトニー・フェデル氏はグーグルにとっては非常に重要な人物。フェデル氏は、初期のiPhoneデザインにも携わった元アップルのiPod担当シニア・バイス・プレジデントで「次期ラリー・ペイジ」とも言われる人物。彼を獲得するためにNest社を買収したと言われるほどです。そのフェデル氏の管轄下に入れたプロジェクトなわけですから、力の入ったプロジェクトだと言われても納得ですね
そういうことなのか。これって盗撮機能がなければ社会に受け入れられると思うんだけどなー。
2015年03月25日 (水) | Edit |
レノボも新発売…Windows Phoneが盛り上がってきたぞ!
http://www.gizmodo.jp/2015/03/windows_phone_9.html
ちなみに上の写真は、レノボが、インテルのAtom Z2580プロセッサーを採用して発売したことで話題になった、Androidスマートフォンの「K900」です。金属ボディのスリムデザインによる高級な質感から、海外で好調な売行きを記録する人気モデルにもなったんだとか。そんなレノボが全力で手がけてくるWindows Phoneのデザインには期待したいところですね。いずれにせよ、このところにわかにWindows Phoneが各地で盛り上がってきているのは大いに楽しみです。WinHECの会場では、中国最大のスマートフォンメーカーとなるXiaomi(小米科技)も、Windows Phoneの開発パートナーとして名乗りをあげていました。こちらは、AndroidスマートフォンにWindows 10ベースのROMをフラッシュできてしまう斬新なアプローチに興味をそそられますけど、Windows Phoneの新モデルを発売する展開すら予想されます。まだまだこの流れには他社も追随してくるかもしれませんよね
AndroidとiOSの牙城に食い込むのは相当大変だと思うが・・・。タイルをやめてAndroidのようなアイコン方式にしたらそこそこ売れると思うんだけど。
2015年03月25日 (水) | Edit |
MacBookの変革、次はテレビか?--Appleニュース一気読み
http://japan.cnet.com/digital_sp/apple_weekly/35062204/
これまでもテレビへの取り組みについて伝えられてきたApple。いよいよ2015年に、大きな変化に向けた動きが始まるかもしれない。3月9日のメディアイベントで、AppleはApple TVやiOSデバイスでテレビドラマを視聴購読できるサービス「HBO Now」を披露し、独占的に提供することを発表した。HBOに続き、その他のチャンネルも、Apple TV向けに有料サービスを提供すると見られており、本格的に、月額100ドル以上のケーブルテレビサービスからの置き換えが始まるかもしれない。米国で暮らしている実感からすると、ドラマとスポーツ中継は有力チャンネルになるのではないかと思う。チャンネルがそろってきたら、Appleが複数のチャンネルを束ねたバンドルサービスを提供してもいいだろう。同時に、6月にApple TVの新型がリリースされるという情報が流れてきた。珍しいことに、情報の発信源はBuzzFeedだ。A8対応、おなじみの3色展開、より小型化したメタリックなデザイン、Siriに対応するリモコンなど、スペックは予測の範囲内だが、すなわち現実的な線といえるだろう
テレビ業界にとってもケーブルテレビ業界にとっても大きなできごとになりそうです。今、時計業界が戦々恐々としている状況だが、秋にはテレビ業界もそうなるということか。地上波放送は、5年後にはネット弱者のみのサービスになるのだろうか。
2015年03月25日 (水) | Edit |
マイクロソフトが海賊版を認める?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/509445/031900175/?top_tl1
正規のライセンスではない海賊版のWindowsについても、中国では無償でのアップグレードを認めると、複数のメディアが伝えたというのです。正規版のWindowsについて発売後1年間は無償でのアップグレードを認めるという話は少し前の日記にも書きましたが、海賊版になれば話は別です(関連記事:Windows無償化をあのCIOはどう思うのか)。記事では、中国でのWindowsユーザーを囲い込み、サービスやコンテンツなどによる収益を拡大させるのが目的ではないか、と指摘しています。方針を大転換し、海賊版の利用者を認めてまで新興国市場での拡大にかける――。改めてマイクロソフトの凄味を感じています
アップグレードできるんだけど、海賊版は非正規Windowsのままということらしいです。
2015年03月25日 (水) | Edit |
「Apple Watch」の出荷数が半減の恐れ、台湾紙が報じる
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/032501067/?top_nhl
米Appleが4月に発売する「Apple Watch」は製造上の問題を抱えており、当初の出荷個数が半減する可能性があると、複数の米メディア(BGR、AppleInsider、Cult of Macなど)が現地時間2015年3月23日に、台湾United Daily News(聯合報)の記事を引用して伝えた。それによると、Appleは1カ月の出荷個数について当初、250万~300万個を目標としていた。だが同社はこの目標個数を125万~150万個に引き下げたという。United Daily Newsは、Apple Watchは製造工程において2つの問題に直面していると伝えている。1つはOLEDディスプレイ。Apple WatchのOLEDディスプレイは現在LG Displayが供給しているが、その歩留まり率が30~40%と、低い水準にとどまっているという
ということは発売当初は入手困難になるかもですね。
2015年03月25日 (水) | Edit |
クリエイティブな作業を11インチのMacBook Airでまかなえるか?
http://news.livedoor.com/article/detail/9928154/
しかし、実際に11インチモデルと比較してみると、13インチのMacBook Airは大きすぎるように感じられました。私は、どんなカバンにも入る使い勝手の良いラップトップが欲しかったのです。そういうわけで、結局購入したのは11インチのMacBook Airでした。(中略)スクリーンのサイズにはすぐ慣れました。またデバイスの速度が期待をはるかに上回ることにも気づきました。実際、PC版オンラインゲームの『World of Warcraft』も、専用のGPUを搭載していた以前の2011年の15インチモデルと比較してサクサク動きます(中略)ファーストインプレッションをまとめると、あまり我慢する点もなく作業ができる上に、軽くて持ち運びやすいMacBook Airは最高だと思います
私は11インチの画面にはとてもする気になれない。もう老眼だということもあり大画面でないと無理。
2015年03月25日 (水) | Edit |
「GALAXY」が日本で売れない理由・・・「韓国製品は冷遇を受けている」と日本の大学教授=韓国メディア
http://news.livedoor.com/article/detail/9927252/
韓国メディアの韓国経済は23日、「(韓国サムスン電子のスマートフォンである)“GALAXY”が日本で売れない理由」というタイトルで記事を掲載し、日本の横浜市立大学のクック・ジュンホ教授が何故日本で売れないのかを分析した記事を掲載した。クック教授は「日本ではGALAXYは“5等”」と述べ、現在の日本市場において、「韓国製品はくやしいほど冷遇を受けている」と指摘。また、クック教授は韓国国家の“品格”が現在の日本では「プライドまでズタズタにされている状態」であると指摘。「日本で韓国国家の”品格”のイメージはプレミアがついているどころかマイナスに近い状態だ」と述べた。クック教授によれば、これは政治家の軽挙妄動が原因であり、目に見えないが経済損失につながっていくと主張
政治家の軽挙妄動が原因とかではなく単に他の端末より魅力的な要素がなく、あえてバ韓国製にする必要がないだけである。さらに最近の嫌韓も響いているだろう。
2015年03月25日 (水) | Edit |
自動運転で旅する日 「ナイトライダー」から30年
http://www.asahi.com/articles/ASH3M6TYZH3MULFA03P.html?iref=comtop_6_01
「キット、今日はおしゃべりだな」   「自動運転中は、回路がスムーズなんですよ」   車が人と話し、時には無人で走る。1980年代に放映され人気だった米テレビドラマ「ナイトライダー」の一場面だ。犯罪捜査員のパートナーとして事件を解決するのは、「キット」と名付けられた高度な人工知能(AI)をもつスポーツカー。当時、子どもから大人まで、夢のような未来の車に熱中した。あれからおよそ30年がたつ。未来の車は、もう夢ではなくなった。米シリコンバレーは、IT企業が集積する街として知られる。今、日米欧の自動車メーカーが研究所を相次いでつくっている。ここで、車の「自動運転技術」の開発を目指す
ちょっと前まで自動運転車については私は懐疑的だった。最近では実現できるのではないかと思うようになった。人工知能の爆発的発達が予想されるようになったからだ。あのグーグルのゲームを学習する人工知能を見て以来、考えが変わった。