FC2ブログ


2015年07月24日 (金) | Edit |
“Linuxの父”トーバルズ氏、Gmailのスパムフィルター新機能に怒る 「3分の1以上は必要なメールだった」
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1507/22/news087.html
Linuxカーネルの開発者として知られる“Linuxの父”ことリーナス・トーバルズ氏が、米GoogleのGmailに苦言を呈しているようだ。米Wall Street Journal(WSJ)などがそんな話を伝えている。WSJによると、Gmailでは7月半ばごろから、トーバルズ氏宛ての正当なメールをスパムメールとして分類するようになっていた。それに気付いた彼がおかしいと思って調べてみたところ、迷惑メールボックスに振り分けられていた約3000通のメールのうち30%超(1190通)は、Linuxカーネル開発者たちのメーリングリストを含む“必要なメール”だったという。   トーバルズ氏は「Gmailがどんなメールを迷惑メールとして判定して破棄しているのか知らないが、率直に言ってひどすぎる。とても受け入れられたものじゃない。Googleがここ数日でGmailに加えた変更は完全におかしい」と自身のGoogle+でも批判している
スパムフィルターなんていらないのに。私にはスパムは1通も来ないよ。
2015年07月24日 (金) | Edit |
ウェブサイトのデザイン変更が腹立つ理由
http://www.gizmodo.jp/2015/07/website_redesign.html
大手オンライン出前サービスが数週間前に劇的なリデザインを行って以来、多くの人がそう思っています。何一つとして以前と同じ場所にないのです。新しいインターフェイスの巨大なエレメントは、旧デザインに比べるととっちらかった独房のようです。 まだ技術的に未発達だった時代のウェブデザインへの先祖帰りのように、検索結果はページ化されるようになってしまいました。18ページ? マジで言ってんの? 更に、リデザインによって以前は一切無かった場所にバグが散見されるようになりました。オーダーができなかったり、位置情報の取得に失敗したり、様々なエラーがユーザーにより報告されています。  Seamlessは本気です。しかも最高技術責任者は、新しいデザインの正当性を裏付ける証拠があるとまで私に語ってくれました。もしかして本当の問題は、インターネットの伝統芸、「企業がデザイン大幅変更したら大騒ぎ」にあるのでしょうか?かも知れません。でも止められないんですよね
そうそう、これはWEBサイトだけではなくOSやアプリケーションソフトウェアにも言えることなのですよ。マイクロソフトとUbuntuが陥った罠はこのことなんですね。だからユーザーから総スカンを食ってしまったのです。
2015年07月24日 (金) | Edit |
LibreOffice、MS Officeとの競合はいかに(後)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/15/071400055/071400002/?top_tl1
Microsoftは、Officeスイートのうち、UI(ユーザーインタフェース)などの部分について、その分野でトップクラスの人材を採用して研究開発に投入するような資金も確保できる。オープンソースプロジェクトにはそのような余裕はない。だが、Meeks氏はその点はあまり心配していない。「Microsoftが加えたデザイン変更の中でも、驚嘆のさらに上を行く最高傑作の1つが、Officeアシスタントの「Clippy」(日本語版ではイルカの「カイル」)の導入だ。これは大失敗だった。UIデザイナーのことを悪く言うつもりはないが、大勢のコントリビューターで構成されたコミュニティがあることは有益だ。なぜなら、UIデザイナーが取り入れる変更は、必ずしも万人の賛同を得られるとは限らないからだ。それに、Microsoftのリボンインタフェースを見てほしい。人々が不満の声を上げている」   毎日使う製品のUIは、少しずつ変化していく方が利用者に好まれるとMeeks氏は言う。それはオープンソースのモデルが大の得意とするところだと同氏は話す。「我々のイテレーションは迅速で、きわめて俊敏に動いている。そして、うまく前進していると自分達では考えている」
マイクロソフトの失敗はユーザー体験を軽視し過ぎたことだ。ひとつはWindows8で採用したインターフェースでもうひとつがOfficeで採用した「リボン」だ。いずれも今まで慣れていたインターフェースからがらりと変えてしまって、今までのユーザー体験がちっとも活かせなくなってしまったのだ。これはアップルがユーザー体験を非常に大切にしているのとは対極の動きだ。だから私は今でもWindows7とOffice2000で十分満足している。どこにどの機能があるのかすぐにわかるからだ。リボンインターフェースのOfficeは私はイライラしてとても使えない。同じ失敗をしたのがUnityを採用したUbuntuだ。
2015年07月24日 (金) | Edit |
今度出てくるWindows 10、使いたいですか?
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/072200327/?top_pu
現役のWindows 7/8搭載PCをタダでアップグレードできて、実用的な速度で動きそうなWindows 10。過去、評判の良くなかったバージョンの次に出てくるバージョンは長く使われる傾向にあったことを考えると、Windows 10は人気が出てもおかしくない。しかし、どうも今回のWindows 10は、市場だけでなく業界も全体的に冷めている気がする。筆者は1997年からPC関連の媒体に携わってきたので、Windows 98、98 SE、2000、Me、XP、Vista、7、8、それぞれの発売日前後には取材をしたり、記事を執筆したりしてきた(写真)。PCの勢いが昔とは比べものにならないほど落ちていることはもちろん理解している。何しろ、雑誌や媒体がすっかり消えてしまっているからだ
もうWindowsである必要はないのではないか。まぁ、初心者や高齢者にはサポートがあるOSを使った方がいいだろうが、私はLinuxでいいと思っている。どうせPhotoshopやOffice 2000はWineで動かせばいいし、不便だとは思わない。ただ、サポートがあるのでやはり一台にはインストールしたいと思っている。Windows8があまりにも不評だったのでWindows7機から買い替えを控えていた人たちが一斉にアップグレードや買い替えをするだろうから、今年の夏以降、PC市場は活況を呈するだろう。