--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年10月31日 (土) | Edit |
GoogleがChrome OSをAndroidに統合する計画か、米メディアの報道
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/103003568/?top_tl1
米GoogleはWebアプリケーションの利用に特化したパソコンOS「Chrome OS」をモバイルOS「Android」に統合する計画だと、米Wall Street Journal(閲覧には有料登録が必要)が現地時間2015年10月29日に報じた。Wall Street Journalが複数の関係者から得た情報によると、Googleのエンジニアは約2年間、両OSの統合に取り組んでいるという。1つにまとめた新OSを2017年に正式発表する計画だが、来年、早期版を披露する見通し。Chrome OSが統合された新しいAndroidはパソコンでも稼働し、パソコンで「Google Play」のアプリケーションが使えるようになる。現在Chrome OSをベースにしているノートパソコン「Chromebook」は名称が変わることになる。現Google最高経営責任者(CEO)のSundar Pichai氏は、2013年3月の人事異動でChromeおよびApps担当責任者とAndroid担当責任者を兼務することになり、その際、両OSが統合されるのではないかとの噂が持ち上がった。当時Pichai氏は両OSの統合を否定したが、昨年、両OSの責任者にHiroshi Lockheimer氏を任命している
それは懸命な判断だ。AndoroidがPC用のOSとしても動くようになれば、おもしろいことになると思うぞ。
スポンサーサイト
2015年10月31日 (土) | Edit |
民放5社が本気で取り組んだ「TVer」は告知不足すぎ!? その使い勝手とネット上の反応は……
http://news.livedoor.com/article/detail/10763011/
続いて否定的な意見を拾ってみると、やはり集中したのが「見たい番組がない」。現在は各局10番組程度、合計50番組。今後番組数は増える予定とのことだが、バラエティー番組が中心で、特にアニメがショートアニメばかりというのも本サイト的に痛いところ。続いて、「CMがうざい」「各局のオンデマンドで充分」「登録は不要でも、フジとテレ東はそれぞれ、局専用の再生アプリが必要だぞ!気をつけろ!」といった声が上がっていた。 「TVer」の肯定・否定については、見たところほぼ互角ぐらいな感じだが、「こんなサービスがあったのを知らんかった」といった声や、「TVでCMやってないよな? 本気でやる気あるのかな」と告知不足を指摘する意見も。なお「もともとTV見ないし」「アニメがないなら見ない」「嫌なら見るなって言われたから見ない」と、そもそもTVに興味を示さない層もかなり多かった。どんな優れた箱を用意しても、見たくなる番組がないと、というのが共通した意見。『下町ロケット』のような番組をバンバン配信できれば、「TVer」の未来もきっと明るくなるだろう
つまりは、見たい番組がすでに地上波にはないということだ。これはコンテンツとして致命的だ。地上波テレビなんて食事をしながらニュースを見るなど、「ながら」視聴にしか耐えられない。PS4などでhuluやNetflixを見るときは、本気で見るモードになってる。そんなとき地上波番組のようなくだらないものはまず見ない。
2015年10月30日 (金) | Edit |
「Apple Pay」が米英以外にも拡大へ、American Expressとの提携で
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/102903551/?top_tl1
米American Expressは現地時間2015年10月27日、米Appleとモバイル決済サービスに関する提携を結んだことを明らかにした。両社の提携により、American Expressのカード会員は米英以外の国々でも「Apple Pay」を利用できるようになる。まずは年内に、カナダとオーストラリアで利用できるようにする。2016年にはスペイン、シンガポール、中国の香港に拡大する。Apple Payは、2014年10月に米国でサービスが開始され、2015年7月に英国でも提供が始まった。Appleの「iPhone」や「iPad」、「Apple Watch」を使って、小売店や飲食店などでの支払いや、アプリケーションを通じた商品購入などの決済が手軽に行える。今年4月には、「秋にカナダに導入する計画を立てている」と報じられていた
日本はFelicaにこだわっているので、またガラパゴス化するなー。
2015年10月30日 (金) | Edit |
360度カメラとしての完成形!? 長時間録画も可能になった人気爆発「THETA S」
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/20151028_727685.html
360度撮影ができる全天球カメラ、リコー「THETA」が初めて発売されたのは、2013年11月のことであった。その年の「CP+」でプロトタイプが発表されると同時に、商品化を切望する声が相次いだ。初代モデルはまさに好事家が買うような商品であったが、2014年10月に発売された「THETA m15」は価格もぐっと下がり、動画撮影も可能になった。また、同時期に「Kodak SP360」のような競合製品も発表されたことで、一気にブームを押し上げて行った。今年3月にはYouTubeが360度ムービーに対応、この9月にはFacebookも対応した。そんな中、日本では全天球カメラのスタンダード的な地位を確立してきたリコー「THETA」の新モデル、THETA Sが10月23日より発売された。すなわち先週の金曜日の発売であったわけだが、この土日、筆者のFacebookは新THETAの絵で埋め尽くされた
これはいいかも。
2015年10月30日 (金) | Edit |
進化したApple TVを試す。モダンOS化で劇的に使いやすく
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/rt/20151029_727983.html
こうした部分は、アップルが機器やOSの基盤整備を進めるだけでなく、パートナー企業と連携して整備する必要がある。整備にはまだ時間がかかるだろうが、逆に言えば、時間があれば解決できる問題でもある。こういった点も含め、Apple TVは「アメリカというVOD大国での、メディアプレーヤー決定版」という印象を受ける。VOD向けのデータやサービスが整備されたアメリカでは、日本以上に便利に感じるだろう。日本は昨年・今年がようやくVOD時代への入り口という印象で、その差は大きい。だが、このタイミングで良いプレーヤーが出たことは、テレビを買い換えずに安価にVODを楽しみたい人々にとって福音と言えるのは間違いない。日本の場合、VODだけでなく、放送由来のコンテンツが欲しくなる。だがそれこそ、「アプリプラットフォーム」なら追加も期待出来る部分だ。iOS向けにテレビアプリや見逃し配信アプリを提供している企業には、ぜひビジネスチャンスだと思い、積極的な対応を期待したいところだ
ポチりそうになったから困る。
2015年10月30日 (金) | Edit |
テレビがiPhoneに 新アップルTVを試した
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO93351010Y5A021C1000000/?df=4&dg=1
アップルTVをテレビにつなぐと、ユーチューブの動画コンテンツを「ながら視聴」することも可能になる。これまでは地上波の独壇場だった「ながら視聴」が、ユーチューブに取って代わられる日が来ようとしているのだ。そのときに見ているコンテンツがユーチューブなのか、ネットフリックスなのか、はたまたスポーツ系コンテンツなのかは人それぞれだろう。だが、「ながら視聴」の主役が地上波からアプリに代わる時代が来るのは間違いない。今後の注目は、日本のテレビ各局がアップルTV向けにアプリを配信してくるかどうかだ。つい最近、民放各社は「TVer」というパソコンやスマホ向けの見逃し配信サービスを始めたばかりだ。これにはテレビ離れが進みスマホばかりを見ている視聴者に対して、テレビ番組に回帰してもらいたい狙いがあるのだろう(中略)その一方で、もちろん視聴者にはアップルTV向けアプリで、いつでも好きなときに番組をテレビで見たいというニーズがあるのは間違いない。だが、既存のビジネスモデルを壊すきっかけにもなりかねないだけに、はたしてテレビ各局がアップルTVに対してどのような態度を示すのかは未知数だ。テレビ局が「テレビの未来」を考える上で、新アップルTVの登場は大きな踏み絵となりそうだ
地上波がテレビの中の魅力のないコンテンツのひとつに成り下がるのは時間の問題だ。視聴者はIT弱者のみという状況になるだろう。今までお茶の間の王様として君臨し続け、その栄光にあぐらをかいて、面白くもないバラエティ番組を垂れ流し続けている地上波放送に生き残る道はない。
2015年10月29日 (木) | Edit |
Windows 10好調で、日本の電機メーカーは波に乗れるのか
http://blogos.com/article/141329/
マイクロソフトが元気だ。Windows 10が好評な上、Windows 10 Mobile搭載のスマホを日本でも6社が製造。さらにSurfaceの新製品も大きな話題になっている。Windows 10の盛り上がりとともに、日本の電機メーカーも波に乗りたいところだが、状況はそう楽観的ではなさそうだ。 2015年下半期、マイクロソフトが元気だ。夏にリリースしたPC用OS「Windows 10」は、Windows 7/8/8.1ユーザーなら現在無料でアップデートできるということもあり、日に日にユーザー数が増えている。ユーザーインタフェースを急激に変更し「使いにくくなった」という声が多かったWindows 8に対し、Windows 10は動作の軽さもユーザーインタフェースも好評。筆者の身の回りでも、メインのPCをWindows 10に変えるユーザーが急速に増えている。10月14日には、VAIO、日本エイサー、トリニティの3社が「Windows 10 Mobile」を搭載したスマートフォンを開発中であることが発表された。事実上、Windowsスマートフォンは日本市場には存在しないも同然だったことを思えば、この秋、急にWindowsスマートフォンの話題が盛り上がり始めたのは非常に大きな変化だ
好調ですね、Windows10。もう少しこなれてくるともっとよくなると思う。久々にPC市場が活気づいてますね。やっぱり奇数バージョンは黒歴史ですね。
2015年10月29日 (木) | Edit |
人気の高齢者見守りサービス 離れて暮らす家族も安心
http://astand.asahi.com/webshinsho/asahipub/weeklyasahi/product/2015101900002.html?iref=comtop_btm
一人暮らしの高齢者らを、離れた場所にいる家族がスマートフォンなどで見守れるサービスが人気を集めている。内容は多種多様。弁当宅配のついでに安否を確認してくれたり、自宅に設置したセンサーで人の動きを感知してくれたりするサービスもある。「プライバシーが筒抜けになる」「監視されている気がする」といった声に配慮し、あえて機能を絞ったものもある。故郷の親は心配だけど、自分は仕事で忙しく、電話できる時刻には親は寝床――。そんな人にもおすすめだ。上手な選び方や使い方を紹介する
こういうのいいよね。ITはこういうことで活躍すべきです。
2015年10月27日 (火) | Edit |
蕎麦屋の看板も読めるように……“変体仮名”習得アプリ、早稲田大学とUCLAが開発
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151026_727386.html
早稲田大学文学学術院は、変体仮名の美しさを再発見し、読む能力をゲーム感覚で身に付けられるという無料iPhone/Androidアプリ「変体仮名あぷり」を近日中にリリースすると発表した。英語版「The Hentaigana App」も、共同開発者のカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)によって米国・欧州など向けに配信される。早稲田大学が所蔵する室町時代~近世の写本の中から変体仮名のサンプルを1文字ずつ抽出して素材として使用。変体仮名、字母(変体仮名の元となる漢字)、読み方を一問一答方式で学べるようにした。正答率が蓄積されて文字ごとの理解度を把握できるほか、苦手な文字を指定して集中的に練習する機能も備える。 早稲田大学によると、一部の研究者・専門家などを除き、多くの人々が明治以前に用いられていた変体仮名を読むことができないという。変体仮名あぷりにより、「日本文化に興味のある大学生・大学院生のみならず、古典の授業を受講している中高生、また日本美術、日本史、書道等々に関心を持つ一般の方に、日本の仮名文字の豊かさを再発見する機会を提供する」としている
日本人でも読めない日本語文字を機械が読んでくれるのか・・・。これで春画の文字も読めるようになるな。
2015年10月27日 (火) | Edit |
新「Apple TV」、アップルのオンラインストアで販売開始
http://japan.cnet.com/news/service/35072517/?tag=as.latest
新しい「Apple TV」が米国時間10月26日、Appleのオンラインストアで発売された。価格は、32Gバイト版が149ドル、64Gバイト版が199ドル(日本ではそれぞれ18400円、24800円)。前世代モデルも69ドル(8200円)で販売されている。Apple Storeによると、米国内では早ければ30日にも配送が開始するはずだという。(日本でも出荷予定日は3〜5営業日となっている)。Apple TVは、2012年以降初めて大幅に刷新されているが、かつてないほど多数の選択肢が消費者に与えられている市場に投入される。主に「iTunes」のメディアコンテンツを配信していたかつての製品から、「Netflix」や「Hulu Plus」「HBO GO」といったサービスを提供するものへと進化を遂げてきたが、現在ではAmazonやGoogle、Rokuが提供する製品との競争にも直面している。Appleは、大規模な開発者ベースから、Appleのプラットフォームに対応するアプリが多数生まれ、競争で優位に立てるようになることを期待している。新しいApple TVは、前世代のモデルと比べて処理性能が向上しているほか、アプリ開発者向けに初めてデバイスが公開されている。新しいコンテンツサービスと多数の「iOS」ゲームが「iPhone」や「iPad」からリビングルームに取り込まれ、一部のアプリやゲームは「ユニバーサル」になって、iPhone、iPad、Apple TVでシームレスに利用できるようになる見込みだ
さて、どうするかな。ヤフオクで落とすかな。
2015年10月24日 (土) | Edit |
Surface Pro 4はWindows 10を得て最良のタブレットに―仕事に使うならSurface Bookとさてどっち?
http://jp.techcrunch.com/2015/10/23/20151021hands-on-with-microsofts-new-surface-pro-4/
段階的な改良というのはそれぞれの製品を実際に使ってみないとなかなか実感できない。それでもSurface Pro 4が非常にすぐれたデバイスであることには変わりない。デスクトップマシンならSurface Bookのパワーが欲しいが、仕事で外に持ち歩くなら断然Pro 4だ。どちらも毎日の作業にすぐにでも欲しいところだ。  このタブレット、Pro 4はバッテリーが強力で、スクリーンは美しく、スタイラスペンのタッチは軽快だ。キーボードも良い。  現在のところ興味があるのは、Surface Bookがその強力なパワーでPro 4のシェアを侵食するかどうかだ。それとも両デバイスは全体としてSurfaceのシェア(と売上)を拡大するだろうか? 今後じっくり観察していきたいところだ
いい方向に行くと思うよ。それにしてもMacbook Proにそっくりだな。
2015年10月24日 (土) | Edit |

日本で260機種 ウィンドウズ、大量投入で巻き返し

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO92889310W5A011C1000000/
「今日からウィンドウズ10の第2章が始まる」――。日本マイクロソフトが14日に開催したイベントで、平野拓也社長は日本市場での反転攻勢を宣言した。ウィンドウズの既存ユーザーを対象に無償アップグレードを始めた7月29日からを第1章とし、いよいよパソコンやスマートフォン(スマホ)など「260機種以上」(平野氏)の搭載製品が店頭に登場するこれからを次なる章と位置づけて、本格的な巻き返しに出たい考えだ。イベントには、日本国内でウィンドウズ10搭載製品を販売するメーカー14社の幹部が集まり、ウィンドウズ10「第2章」の始まりに気炎を上げた
私もWindows10を使っているがなかなかいいと思う。Windows8で嫌気がさしてMacに移行した私だが、これならいい。もう少ししたらMac Proの筐体で爆速Windows PCを組みたいと思っている。
2015年10月24日 (土) | Edit |
Apple Payに対抗するWindows Payが登場へ
http://www.gizmodo.jp/2015/10/apple_paywindows_pay.html
次なるWindows 10の大型アップデートに?  iPhoneをかざすだけで支払いが完了してしまう「Apple Pay」の登場以来、モバイル決済市場での覇権をめぐる争いが激しくなってきました。Androidスマートフォンで「Android Pay」が導入されたかと思えば、サムスンだって「Samsung Pay」なる対抗馬を出してきて……。  どうやら、ここへ新たに「Windows Pay」ないしは「Windows Wallet」なるライバルが、マイクロソフトから投入されることになりそうですよ! すべてのWindows 10デバイスで、幅広くオンラインならびに店頭決済を手軽に利用可能な手段として確立されることになるんだとか。  実はマイクロソフトは、Windows Phone 8.1の時代から、まるでApple Payのような感覚で使えるWindows Walletの普及を目指したことがありました。さまざまな事情で、まったく利用が広がることはありませんでしたけど
まぁ、当然の流れだろうけど、遅いよMS。サムチョン版はどうなんでしょうね、さっぱり聞かないけど。日本は早くApple Payに対応すべきだ。日本でApple Payが使えなければ、東京五輪ではブーイングが起きるぞ。
2015年10月24日 (土) | Edit |
「Windows 10」、次期メジャーアップデートは11月か--「Edge」拡張機能には未対応の可能性
http://japan.cnet.com/news/service/35072383/
「Threshold 2」という開発コード名が付いた「Windows 10」向け次期メジャーアップデートが2015年の秋(もっと具体的に言えば11月)にリリースされるという噂は以前からあった。ネット番組「Windows Weekly」で筆者と共にホストを務めているPaul Thurrott氏の新たな報道に基づくと、この噂は正しかったようだ。Thurrott氏の情報筋によると、Threshold 2が11月にリリースされるのは間違いなく、Microsoftは正式に「Windows 10 Fall Update」と命名する予定だという(ただし、Microsoftは、ユーザーにWindows 10を「サービス」と考えてもらおうとしていることから、Windows 10 Fall Updateと言わずにただのWindows 10と呼ぶようパートナーなどに求める意向だ)。間もなく実施されるFall Updateは、通常の「Windows 10 Cumulative Update」(Windows 10向け累積アップデート)としてユーザーに提供され、その内容は「Windows Insider」プログラムに参加するテスターたちがこの数カ月間にわたって評価してきた新機能がほとんどだ。アップデートを適用後に再度アクティベートし直す必要はない、とThurrott氏は述べている。このアップデートは、製造工程向けリリース(RTM)版Windows 10(ビルド10240)以降を搭載していれば、どのデバイスでも利用できる
もうメジャーアップデートか。まぁ、10.1ということだろうか、最初のバージョンだったからバグ修正も多かったことだろう。
2015年10月24日 (土) | Edit |
ノートより小さくて軽いデスクトップPCの実力
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO93116350S5A021C1000000/?dg=1
デスクトップパソコンといえば、机の上や下に設置する大きな「箱」をイメージする人は多いだろう。しかし、そんなデスクトップパソコンはもう古い。サードウェーブデジノスの「DG-M01IW」は、文庫本サイズで350グラムと超小型だ。さらにバッテリーを内蔵しており、好きな場所に持ち歩いて利用できる。DG-M01IWは、超小型だがウィンドウズ10が動作する立派なパソコンである。CPUはインテルの省電力型CPU「アトム Z3735F」(動作周波数は1.33ギガヘルツ)、メモリーは2ギガバイト、ストレージ容量は32ギガバイトだ。発売は7月29日で、直販価格は2万1384円だ。   文庫本サイズといううたい文句はダテではない。本体の幅は11.6センチ、奥行きは15.2センチ、厚みはなんと15ミリだ。男性の手のひらに載るサイズで、しかも350グラムと非常に軽い。デスクトップパソコンといえば、コンパクトでもキューブタイプが主流。持ち歩くことなど想像できなかった人も多いだろう。しかし、DG-M01IWは、まさに「持ち歩けるサイズ」なのだ
アトムじゃなー。今頃はスティック型のPCもあるくらいだからこのくらいの小型PCは驚くに足りない。
2015年10月24日 (土) | Edit |
中国の人工知能研究が日本を一気に抜き去った理由
http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20151016-OYT8T50057.html?from=ytop_ymag_tmb
「東ロボ」がスタートした2011年は、ビッグデータ上の機械学習の威力を様々な形で私たちが目撃することになった年でもある。IBMのワトソンがクイズ番組「ジェパディ!」のチャンピオンを破ったのも、Googleの自動運転車がネバダ州で公道を走る許可を得たのもこの年である。2013年には日本で第2回電王戦が開催され、コンピューター将棋がトッププロ棋士を破った。こうして並べると、日本も人工知能で世界のトップを走っているという気がするが、実際はそうではない。アメリカだけでなく、既に中国も日本の前を走っている。技術の遅れが問題なのではない。機械学習の基礎となっているのは統計の理論である。統計だけで物事を当てようとなれば、必要なのは何を差し置いてもデータである。データが集まらなければ、コンピューターがどれほど早かろうが、並列計算の理論が発達しようが、いかんともしがたい。ところが、日本はビッグデータが極めて集まりにくい国なのである
検索エンジンでも同じことが言えます。日本のバカげた著作権法によりサーバーにデータが蓄積できなかったため開発しようがありませんでした。日本にはこうしたバカげた規制がたくさんあります。クルマひとつとっても、ハイブリッドが静かすぎるから音を出すようにする装置を義務付けたり、せっかくテレビがあるのに走行中は映らなくなっていたり。私は最近ドイツ車に乗ってるんですけど、そんなバカげた規制はまったくなく、走るときもテレビが映ります。日本は自分で自分の首を締めているんですよね。
2015年10月24日 (土) | Edit |
「ハロー、アイアムアンドロイド」 3カ国語で案内
http://www.asahi.com/articles/ASHBR5H8GHBRULFA02Q.html?iref=comtop_list_biz_n04
東芝が開発したアンドロイド(人型ロボット)の地平(ちひら)ジュンこさんが23日、東京都港区の商業施設「アクアシティお台場」に登場した。日英中の3カ国語で、外国人観光客らに観光やイベントの案内をする。 ジュンこさんは身長165センチ。昨年10月にデビューした、日本語を話すアンドロイドの地平アイこさんの妹で、26歳という設定。東京都の「おもてなし促進事業」の採択を受け、お台場周辺の案内をすることになった。「ハロー、アイアム、コミュニケーションアンドロイド」と自己紹介もする。来月にはクリスマスの衣装に着替える予定だ
こういうのって往々にして気持ち悪いんだよね。不気味の谷を渡りきれないから。ただ、音声認識の進歩で実用的にはなるだろう。
2015年10月24日 (土) | Edit |
アマゾンなど米IT大手3社増益 広告やクラウド好調
http://www.asahi.com/articles/ASHBR2SQ2HBRUHBI00D.html?iref=comtop_list_biz_n02
米IT大手3社が22日発表した2015年7~9月期決算によると、持ち株会社「アルファベット」に移行した旧グーグルと、ネット通販最大手アマゾンは増収増益、マイクロソフトは減収増益だった。アルファベットは再編後初めての決算発表。モバイル端末からの検索による広告収入などが好調で、純利益は前年同期比45%増の39億8千万ドル(約4800億円)、売上高は同13%増の186億7500万ドル(約2兆2400億円)だった。また、約51億ドルの自社株買いをすると発表した。アマゾンは、市場予測では純損益が赤字の見通しだったが、7900万ドル(約94億8千万円)の黒字を確保。利益率の高いクラウド事業の営業利益が北米のネット通販に並ぶほどになり、2四半期連続の黒字につながった
米IT企業はあいかわらず元気ですな。アップルは言わずもがなですね。
2015年10月08日 (木) | Edit |
新型iPhone6s なぜ日本人はこれほどありがたがるのか?
http://www.sankei.com/column/news/151004/clm1510040001-n1.html
日本は他の国々と違って、AndroidよりもiPhoneの人気が高い。このことから、よく日本人は「iPhone好き」と言われる。その理由はいろいろあると思う。最も美しい答えは、iPodやiPhone、Macなどのアップル製品のシンプルで洗練されたデザインが、審美眼に優れた日本のユーザーに受け入れられているから、というもの。筆者もある程度は、この答えを信じたい。加飾を嫌い、余計な要素を徹底的に排除しつつ、質を磨き上げたアップルのミニマリスティックなものづくりの姿勢。そこから生み出された製品の美しさは本来、誰よりも日本人にアピールするものだと思う
最近、ポルシェに乗って感じるのがアップル製品との類似性だ。ポルシェのデザインは機能美とともに完璧である。そして、必要なもの以外は、極限まで省略するという徹底ぶり。ポルシェがアップルに似ているのではなく、アップルがポルシェを真似たのだろう。ただ、ライトの「Auto」機能と「A/C」スイッチは欲しい。間欠ワイパーの調整は我慢する。
2015年10月08日 (木) | Edit |
VAIO、Windows 10をプリインストールしたVAIOシリーズ「VAIO Z」など発売へ
http://japan.cnet.com/news/service/35071550/?tag=as.latest
VAIOは10月6日、Windows 10をプリインストールした「VAIO Z」「VAIO Z Canvas」「VAIO Pro 13 | mk2」「VAIO Fit 15E | mk2」を順次発売すると発表した。VAIO Zは13.3型ワイドのハイスペックなノートPCだ。同社は「モンスターPC」と名付ける。ブラックとシルバーがラインアップしており、市場想定価格はVAIO OWNER MADEモデル・法人向けのカスタマイズモデルが約19万円~。そのほか、個人向け標準仕様モデルは市場想定価格が21万5280円~。12.4型モンスタータブレットのVAIO Z Canvasは、VAIO OWNER MADEモデルの市場想定価格が約25万円~、法人向けカスタマイズモデルが市場想定価格25.5万円~。そのほか、個人向け標準仕様モデルの市場想定価格は24万9800円となっている
モンスターなのはいいが、価格もそれなりにモンスターですな。
2015年10月07日 (水) | Edit |
Appleから開発者権限を取り上げられてアプリが消滅する原因となった第4世代「Apple TV」バラバラ分解レポート
http://gigazine.net/news/20151001-apple-tv-4-teardown/
新端末が発売される度にバラバラに分解して、部品や構造を公開しているiFixitが、2015年10月後半発売予定の「第4世代Apple TV」の分解レポートをアップしたところ、Appleから開発者権限を剥奪されてApp Storeからアプリが削除される事態に陥っています。第4世代Apple TVは未発売品ですが、端末のレビュー用としてApple本社からiFixitのもとに送られてきたもので、Appleは端末の分解を許可していなかったそうです。しかしiFixitは「分解は私たちのDNAに組み込まれた作業です。ガジェットを分解して部品を調べることが何よりも幸せなことです」と、リスクを冒してでも分解を強行。数日後に、Appleからメールが届き「分解行為はB2Bプログラムの意図する利用方法から外れており、製品のパフォーマンスを損なう可能性があり、デベロッパー用のApple製品使用規約を破った」ことを理由に、iFixitはデベロッパーアカウントの利用停止措置を受けることになります。デベロッパーアカウントにiFixitのiOSアプリがひもづけられていたため、App Storeでのアプリの配信が停止してしまったようです
iFixitに渡した時点で分解されないわけがないよね。いつもながらグッジョブ!iFixit。それにしてもさすがアップル製品、中身もよくできていますね。ただ、高さが1.5倍にもなったことはイマイチ感満載ですな。しかもApple TVでないとできないことってのがないわけなので買う価値はあまりありません。Apple Watchと同じ。なくてもかまわないデバイスです。
2015年10月07日 (水) | Edit |
5Wで動作する手のひらPC「サバ太郎 Type-N」が販売開始
http://ascii.jp/elem/000/001/058/1058375/
「サバ太郎 Type-N」は、サイズ68(W)×89.4(D)×28.5(H)mmという超小型のPC。購入時に選択可能なCPUは、TDP4.5W~7.Wの「Celeron N2830/2807」や「Atom E3800」シリーズで、ほかにDDR3 2GBもしくは4GBを選べる。   そのほか共通スペックとして、ストレージに16GB(64GBも可能)を搭載。ギガビット(Intel/I211)やUSB 2.0×2を備えるほか、グラフィック出力ポートとしてHDMIが用意される。システム全体の消費電力は5W~10WでACアダプターにより駆動する。価格は4万9900円(税抜)から。納期は10営業日となっている
CPUがAtomでしかもストレージは16GBなのに5万円は高いな。i7で128GBか価格が2万円なら検討する。
2015年10月07日 (水) | Edit |
ネットフリックス視聴 じわりはまった
http://www.asahi.com/articles/ASH9Y61BDH9YULFA032.html?iref=comtop_list_biz_f01
月650円で、好きなときに好きなだけ映画やドラマが見られる米国の動画配信サービス「ネットフリックス」。会員数は世界に6500万人。米国でレンタルビデオ店チェーンを廃業に追い込んだ「黒船」が9月初旬、日本でもサービスを始めた。1カ月の無料お試し期間に視聴してみた。利用をする前に、まずはネットフリックスのアプリをスマートフォンとタブレット端末にダウンロードし、自分のアカウントをつくった。無料期間が終わった後には、料金をきちんと引き落とすためか、クレジットカード番号なども入力する
日本のテレビの終わりの始まりですね。放送時間を待って視聴する時代はすでに終わった。
2015年10月02日 (金) | Edit |
アップル、「iOS 9.0.2」を公開--ロック画面のセキュリティ上の問題などに対応
http://japan.cnet.com/news/service/35071271/
Appleは米国時間9月30日、同社モバイルOSに対するアップデート「iOS 9.0.2」を公開した。同アップデートには以下のバグ修正および機能改善が含まれている。 「iOS 9」の押さえておきたい新機能--役立つ20のヒントを写真で見る Appのモバイルデータ通信の使用状況のオン/オフを切り替える設定の問題を修正 一部のユーザーで「iMessage」のアクティベーションができない問題を解決 「iCloudバックアップ」が手動バックアップ開始後に中断されることがある問題を解決 通知の受信時に画面が不適切な向きで表示されることがある問題を修正 「Podcast」の安定性を向上  また、同アップデートは、ロック画面におけるセキュリティ上の問題にも対応しているとAppleは述べている。この問題により、iOSデバイスに物理的なアクセスが可能な場合、ロック画面からロック解除せずとも写真や連絡先にアクセスできる可能性があった。この問題は、「iPhone 4s」以降、「iPod touch(第5世代)」以降、「iPad 2」以降に影響する
あら、こっちもアップデートがありますな。また、すべてのデバイスで更新しないと・・・。
2015年10月02日 (金) | Edit |
アップル、Mac用新OS「OS X El Capitan」配信開始
http://ascii.jp/elem/000/001/057/1057860/
アップルが、Mac用新OS「OS X El Capitan」(エル キャピタン)の配信を開始した。OS X El Capitanは、検索機能「Spotlight」やウィンドウ管理機能「Mission Control」の強化、ふたつのアプリを自動的に画面を分割する形で表示する「Split View」、Safariの「ページピン」機能などの使い勝手に関する強化と、パフォーマンス強化が目玉となっている。パフォーマンスについては、アプリ起動が1.4倍、アプリ切り替えおよびメール受信が2倍、PDF表示が4倍高速化されている。また、iOSで採用済みの描画技術「Metal for Mac」も採用。ゲーム用グラフィックスの描画が10倍高速化されるほか、Adobeによれば「AfterEffects」におけるエフェクトのレンダリングが8倍高速化されるという
うーん、やっぱりインストールしてみよう。
2015年10月01日 (木) | Edit |
Apple、「OS X El Capitan」の無償アップデートを明日より提供
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/093003102/?top_tl1
米Appleは現地時間2015年9月29日、次期パソコンOS「OS X El Capitan」(写真)の無償アップデート提供を9月30日(日本時間10月1日)に開始すると正式に発表した。Appleによれば、El Capitanは、2009年以降に発売されたすべての「Mac」パソコンで使用可能。2007年と2008年に発売された一部モデルにも対応する。「Mac App Store」を通じて無料アップデートを配信する。El Capitanでは「Spotlight」検索を強化し、会話するような言葉でファイルやドキュメントを見つけられる。2つのアプリケーションの画面をフルスクリーンで左右に並べる「Split View」機能を追加したほか、ウインドウ管理「Mission Control」や「Safari」ブラウザーなどの操作性を向上した。言語サポートも強化し、繁体字および簡体字中国語の5万字を視認性の高いフォントで用意する。日本語についても入力変換の高速化を図り、新たに4つのフォントを追加した
さてさて、どうしたものか・・・。すぐに不具合に対応したバージョンアップが出るに違いないのでしばらく待つかな。
2015年10月01日 (木) | Edit |
Windows 10の「Edgeブラウザー」で日本語入力ができなくなった!?
http://ascii.jp/elem/000/001/057/1057026/
ストアアプリや検索ウィンドー、Edgeブラウザーなどで、日本語が入力できなくなるというトラブルが報告されている。これは、Windows 7/8/1からWindows 10にアップグレードした環境で発生している、不具合だ。Edgeブラウザでは検索バーでもウェブページ内でも、日本語入力ができなくなる。タスクバーのアイコンには「IMEが無効です」と表示され、どうしようもない。ちなみに、Firefoxなどのブラウザーでは問題なく、日本語入力ができる。ジャストシステムのATOKやGoogle日本語入力などを利用しているユーザーが、Windows 10にアップグレードした場合はIMEをアンインストールしてから、再インストールする必要がある。面倒だが、マイクロソフトの公式ブログでオペレーティングシステム開発統括部が推奨している方法なので、仕方がない
Edgeなんか使わないから大丈夫。つーかさ、そういうのってありえないだろう。
2015年10月01日 (木) | Edit |
新型iPhone、発売後3日間で1300万台販売の新記録
http://www.cnn.co.jp/tech/35071121.html?tag=top;topStories
米アップルが25日に米国や日本などで発売した新型スマートフォンの「iPhone(アイフォーン)6s」と「6sプラス」は、販売台数が最初の3日間で1300万台に達し、最高記録を更新したことが分かった。 昨年発売した「6」と「6プラス」は直後の週末で1000万台の販売台数を記録していたが、今年はこれをさらに上回った。 ティム・クック最高経営責任者(CEO)は声明で「顧客の反応は上々だ」と述べた。画面を押す強さや長さを感知する「3Dタッチ」、静止画と同時に前後数秒の動画も撮影する「ライブフォト」といった機能が特に好評だという。 6sシリーズはさらに、本体に強度の高いアルミ合金を採用し、高速のプロセッサを搭載。カメラの解像度も上がっている。 10月9日にはさらに世界40カ国でも発売される予定だ
私は当面iPhone5sでいい。6シリーズは大きすぎる。
2015年10月01日 (木) | Edit |
スマホで外国人向けに災害情報、総務省が実験へ
http://www.yomiuri.co.jp/national/20150930-OYT1T50039.html?from=ytop_main6
総務省は、地方自治体が配信する災害情報を、国内に滞在中の外国人向けに、7か国語で伝えるスマートフォンのアプリ(ソフト)の実証実験を、早ければ12月から始める。災害時に備え、外国人に安心して滞在してもらう狙いがある。2016年4月から本格運用する。東京五輪・パラリンピックが開かれる20年には20か国語に対応する計画だ。アプリ運用に協力する自治体が地震や台風などの災害時に、避難所の場所や救援物資の支給状況などの情報を発信すると、被災地にいる外国人のスマホが位置情報機能を利用して受信し、それぞれの言語で読める仕組みだ。当初は日本語のほか、英語、中国語、韓国語、ポルトガル語、スペイン語、ベトナム語で配信する
そんなことより早くiPhoneの電子決済に対応しろ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。