FC2ブログ


2015年11月04日 (水) | Edit |
ネットリテラシーを問う「ネット常識度」調査、日本は最下位 最高得点はドイツ
http://www.j-cast.com/2015/10/30249397.html
ウイルス対策ソフトなどを開発するカスペルスキーは2015年10月29日、ウェブサイトやSNS閲覧、ファイルダウンロードなど危険をはらむネット上の状況についての対応(ネットリテラシー)を問う「ネット常識力調査」を世界16か国の18歳以上のネットユーザー1万8000人に実施、その結果を発表した。日本は、マレーシアと並び最下位となった。 テストは、危険をはらむ様々な状況に対する29の設問と、その対応が書かれた回答が用意された。各選択肢には、安全度に応じた点数が割り当てられる。満点は150点で、テスト終了後、得点と4段階の判定結果が表示される。最高得点はドイツの100点で、平均点は95点。日本は92点だった。例えば、フィッシングサイトに関する問題では偽のページと本物のページを区別できるか確認するため、通常のアドレスと異なるアドレスを含む4つのサンプルを用意。その中で本物のページを選択できたのは24%だった
どうしてこうリテラシーが低いのだろう。PCを使わない若者が増えたせい?
2015年11月04日 (水) | Edit |
米アップルの7~9月期、純利益31%増 iPhone好調
http://www.cnn.co.jp/tech/35072704.html?tag=cbox;tech
米アップルが発表した2015年7~9月期決算は、純利益が前年同期比31%増の111億ドル(約1兆3400億円)、売上高が同22%増の515億ドル(約6兆2100億円)だった。「iPhone(アイフォーン)」の販売が好調だった。 消費者は高額なiPhoneへの出費を続けているようだ。アップルの顧客が7~9月期にiPhoneに費やした金額は平均670ドルで、1年前より67ドル増加した。 iPhoneの販売台数は22%増の4800万台。パソコン「マック」の販売も3%増の570万台となり、過去最高を記録した。 タブレット端末「iPad(アイパッド)」の販売台数は20%減と1000万台を割り込んだ。 中国市場はアップルにとって、北米に次ぐ第2の市場だが、ここでの販売も好調で、売上高は99%増とほぼ倍増した。アップルは中国市場が将来、売上高でトップに立つ可能性もあると見ている。 アップルのクック最高経営責任者(CEO)は、iPhoneの需要が依然として堅調で成長の余地が残されていると強調。グーグルのOS「アンドロイド」を搭載した端末からiPhoneへの乗り換えも過去最高だったという
絶好調ですな、アップル。あのでかいiPhoneはいらないなー。私は当分5sでいい。