FC2ブログ


2015年11月11日 (水) | Edit |
新しいApple TVレビュー:もう少し待ってもいいかも?
http://www.gizmodo.jp/2015/11/new_apple_tv_review.html
新しいApple TVが発売されて1週間強。値段も機能も一新された新Apple TVのギズモード・ジャパン編集長の感想は先日お届けしましたが、米GizmodoのAdam Clark Estes記者による辛口レビューもお届けしましょう。 セットトップボックスを手に入れてから、テレビを見るという体験のすべてが変わりました。これまで多くのセットトップボックス型のストリームガジェットを試してきましたが、アップルの「コンテンツ囲い込み」型は避けてきました。でも今回の新しいApple TVのアップグレードが素晴らしそうだったので、手に入れてみました。1週間使ってみた感想ですが、まだいい製品であるという確信を持つことができません。もちろん新しいApple TVは美しく、クパチーノから生まれたほかのハードウェア同様、素晴らしいガジェットだと思います。速くて、エレガントなデザイン。App Storeは安心感がある。でも、いいプロダクトであるとは思えません。少なくても、いまのところは。
そうなんですよね、NetflixとかhuluならPS4で十分だし、アプリが使いたいというのもそんなにないし。もえ少し待つべきかな。
2015年11月11日 (水) | Edit |
サムスン、お膝元韓国でシェア急落? 「iPhone 6」の発売以降、アップルが躍進
http://www.j-cast.com/2015/11/09250112.html
韓国のスマートフォン市場に異変が起きている。サムスン電子のシェアが急落しているようなのだ。 「Galaxy」シリーズの大ヒットでサムスンはここ数年、高級スマホ市場で米アップルを抑えて快走を続けてきた。しかし先行きは厳しく、「お膝元」の韓国でもいよいよ窮地に追い込まれてきた。米調査会社のIDCが2015年10月28日に発表した15年第3四半期(7~9月)の世界スマートフォン出荷台数によると、全世界での出荷台数は3億5520万台で、前年同期に比べ6.8%増えた。メーカー別でみると、韓国のサムスン電子が前年同期比6.1%増の8450万台と市場シェアで首位をキープ。ただ、シェアは23.8%と前年同期よりも0.1ポイント下がった。一方、シェアを高めたのが米アップル。9月に発売された新機種「iPhone 6s」と「iPhone 6s Plus」の発売3日間の販売台数が1300万台に達するなど好調で、7~9月の出荷台数は4800万台、前年同期比で22.2%と大幅に増えた。シェアも前年同期よりも1.7ポイント高い13.5%に達した。これを猛追するのが、中国のファーウェイ。世界販売台数は2650万台。シェアは前年同期から2.5ポイント上がり、7.5%に達した。中国のシャオミを抜き、シェア3位に返り咲いた
絶好調だったシャオミも減速ですかね。シャオミは、iPhoneの丸パクリだからなー。
2015年11月11日 (水) | Edit |
次期iPhoneに4インチモデル登場か アナリスト予想
http://www.cnn.co.jp/tech/35073185.html?tag=cbox;tech
米アップルが来年発売するとみられているスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の次期モデルに「7」と「7プラス」に加えて、画面の小さい4インチモデルも登場するとの予測が出ている。 これまでもいくつもの予測を当ててきたKGIセキュリティーズのアナリスト、ミンチ・クオ氏によれば、アップルは4インチ画面の新型iPhoneを2016年前半にも発売する可能性がある。クオ氏はメモの中で、「4インチのiPhoneに対する需要は依然として存在しており、アップルがこの製品ラインを更新すると見ている」と指摘した。 アップルが14年に発売した「6」と「6プラス」の画面の大きさはそれぞれ4.7インチと5.5インチ。一部の消費者から、大きすぎて片手で扱いにくいとか、ポケットに入れにくいなどの不満が出ていた。 13年に発売された「5s」は画面が4インチだが、来年にも販売停止となるとみられている
それを待っていた。6は大きすぎる。だから、私はいまだに5sだ。
2015年11月11日 (水) | Edit |
悲報…Win7販売終了で駆け込み需要
http://news.livedoor.com/article/detail/10812249/
Microsoftが10月に更新した同社製品OSのライフサイクル一覧表(英語版)によると、「Windows 7 Professional」と「Windows 8.1」搭載のPCは2016年10月31日に販売を終了する。また、「Windows 8」搭載のPCは、「Windows 7 Professional」よりも早い2016年6月30日に販売を終了するとしている。「Windows 7 Professional」は2009年10月22日、「Windows 8」は2012年10月26日、「Windows 8.1」は2013年10月18日にそれぞれ一般提供を開始。Windows8シリーズはそれまでと異なり、“タッチ操作”を利用する設計になっていた。ただ、この操作方法は大不評で、発売後もあえてWindows 7搭載のPCを買い求める人も少なくなかったという。そして今年7月29日、最新OS「Windows 10」が提供開始。高性能であることがウリだったものの、ユーザーの賛否は二分。対応していないソフトやアプリも多いうえ、OSアップデートが勝手にされるという報告もあり、不満を訴える声もあった
Windows10になってだいぶよくなったけど、Windows7でいい気がしますよね。