--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015年12月26日 (土) | Edit |
次期iPhone、来春発売か 中国サイトに「証拠写真」
http://www.cnn.co.jp/tech/35075464.html?tag=cbox;tech
中国のテクノロジー情報サイト「マイドライバーズ・ドットコム」がアップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の次期モデルの発売時期を示すとみられる画像を掲載し、話題になっている。 画像には、中国最大の携帯電話会社「中国移動」が来年の販売計画についてプレゼンした際のものとみられる図が写っている。図には「4月以降」「未来のアップルiPhone7c」との文字が確認できる。 CNNMoneyでは、この画像が本物かどうかの確認はできていない。 これまでにもアップルが、新しいiPhoneを来年春に発売するとのうわさは出ていた。 うわさに火をつけたのは、KGIセキュリティーズのアナリスト、ミンチ・クオ氏が、画面サイズが4インチの新型iPhoneが来年発売されると予想したことだ。 クオ氏の予想では。来年末までにアップルは、新しい小型iPhoneを2000万~3000万台出荷するという。 アップルは2012年から13年にかけて、画面サイズが4インチのiPhoneを発売。このサイズは扱いやすいといまだに人気だ
私は5sのままだ。電話であるかぎりこのサイズは譲れない。4インチ版が出れば即買い換える。
スポンサーサイト
2015年12月25日 (金) | Edit |
Windows上のFirefoxユーザはプラグインなしでNetflixを見られるようになった
http://jp.techcrunch.com/2015/12/18/20151217html5-netflix-on-firefox/
みなさまは、MicrosoftにFlashに対抗するSilverlightというものがあったことを、まだおぼえておられるだろうか? Microsoft自身がかなり前に放棄したから、今の人は知らないかもしれない。でも、FirefoxブラウザでNetflixを見るためにはSilverlightが必要、という年月は長かった。しかし今日(米国時間12/17)からは、Windows上のFirefoxで、プラグインのインストール一切不要でNetflixを見られる。  今それは、Firefoxの最新バージョンを32ビットと64ビットのWindowsで使う場合のみだが、FirefoxとNetflix両者によると、OS XとLinuxのサポートは来年になるそうだ。  非常に長期にわたってMozillaは、FirefoxにDRMソリューションを組み込むことを拒否してきた。それがなければ、NetflixはビデオをHTML5のプレーヤーで再生できない。しかし今年になってからMozillaは実用性重視を決断し、Adobeらと協働してDRMありのコンテンツをFirefoxで見られるようにした
こうやってどんどん外堀が埋められていくのですなー。テレビってすでにモニターに過ぎませんよね。B-CASで誰も見もしないテレビ番組をがんじがらめに守っている今のテレビ屋たちの様は、まるで誰も来ない遊園地の警備をガチガチにしているような滑稽を感じます。
2015年12月25日 (金) | Edit |
iOSアプリの収益ランキングにNetflixが初めてトップ10入り
http://jp.techcrunch.com/2015/12/18/20151217netflix-just-scored-a-spot-as-one-of-the-top-10-grossing-apps-worldwide/
今年の秋、iTunesアプリストアの分析結果から、最も収益のある動画ストリーミングアプリはケーブルテレビを止めた人向けのテレビアプリHBO NOWだということが分かった。今回は、それにNetflixが加わった。App Annieが本日発表したレポートによると、アプリ内でのサブスクリプションのオプションを加わえたことでNetflixのiTunes経由の収益が急伸した。11月には、世界で最も収益の高いアプリランキングの第9位に入った。(このランキングにゲームは含まれていない)  このランキングには、他のストリーミングサービスも多く入っている。Spotify (1位)、Pandora (3位)、HBO NOW (4位)、中国のiQIYI (7位)とHulu (8位)だ。  最近までアプリ内購入を提供していなかったため、これまでNetflixがこのリストに乗ることはなかった。それが9月に変わり、NetflixはiPhoneやiPadのアプリ内からサインアップを受け付けるようになった
これからもっとNetflixは普及するでしょうね。地上波テレビを駆逐する日も近いことでしょう。地上波テレビを見ているのは、情弱層のみということになるだろう。
2015年12月25日 (金) | Edit |
Googleが空飛ぶ風力発電機「Makani」を本格始動か
http://gigazine.net/news/20151219-google-energy-kite/
Googleは2013年に1500万ドル(約18億2500万円)でクリーンエネルギー企業の「Makani」を買収しており、Googleの秘密研究機関「Google X」の下で空飛ぶ風力発電機「エナジーカイト」の開発を行っています。そんなMakaniのプロジェクトを本格始動するためか、Google Xがここ数カ月にわたってMakaniのプロジェクトに必要な30人以上の求人を行っていることが報じられています。Makaniが開発中のエネルギーカイトは小型の航空機のようなデザインで、高度100メートルで発電する従来のタービンよりも高い高度250メートルで稼働するとのこと。高度が高い分、さらに強い風圧を利用することができ、高高度で得られる風力は、テザーでつながれたカイトがぐるぐる飛行することで、さらに効率的な風力発電を可能にするという航空力学を組み合わせた発電機になっています。(中略)MakaniのGoogle+ページには最近の試作機の写真などが掲載されており、現段階で従来の風力タービンによる発電機よりも90%も少ない素材で、50%も多い発電量を実現できるレベルに達しているとのこと。600kWの発電機は手で持てるレベルではなく、かなり巨大化していますが、それでも従来の風力タービンに比べると非常に小型。世界のクリーンエネルギーのうち、風力が占める割合はわずか3%とのことなので、実現すれば風力発電のシェアをGoogleが手にすることになるのかもしれません
大型の風力発電機は今後負の遺産になる可能性が高いですね。グーグルはいろんなことに挑戦し、革新を起こそうとしています。それがコンピューター分野のみならず、ということなのだからすごいと思います。
2015年12月19日 (土) | Edit |
新しいApple TV自腹レビュー これがあればテレビ生活が変わるのか?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/121100058/
Apple TV 4用のゲームアプリは、現時点では大味なアクションゲームが多い。じっくり楽しむRPGのようなものは少ないように見える。ただ、筆者が偶然見つけた「デラクエスト」というゲームは、懐かしい感じのするRPGだ。早速、iPadで遊ぶために持っていたゲームパッド「SteelSeries Stratus」で遊んでいる。Apple TV 4はMFi認証を受けたゲームパッドを接続して、家庭用ゲーム機のようにコントローラーとして利用できる。MFiとは「Made For iPhone/iPad/iPod」のことで、アップルが自社製品での利用を認めているという証。筆者のSteel Series Stratusも、MFi認証を受けていて、将来登場するApple TVでは使えるようになると思っていたら、その通りになった。ゲームパッドでデラクエストを遊ぶと、気分はファミコン!最近は、携帯ゲーム機ぐらいでしか遊んでいなかったのだけど、テレビにかじりついて家庭用ゲームで遊んでいた子どものときの感覚がよみがえってきた。ゲームパッドもSiri Remoteと同じで、Bluetooth接続。Apple TV 4の高い処理速度のおかげもあって、スムーズに操作できる。Siri Remoteでも十分に操作できるが、ゲームパッドを1つ持っていると、ゲームの楽しさが格段にアップするはずだ
どうしよう、買うかなー。つーか、この記事のせいでポチッたった・・・orz
2015年12月18日 (金) | Edit |
Linux機器を狙ったTCP 23番ポートへのアクセスが急増、機器を乗っ取ってボット化し、DDoS攻撃などの温床にも
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151217_735845.html
警察庁は15日、インターネットに接続された組込Linux機器を標的とした攻撃を観測したとして注意を促した。TCP 23番ポートに対するアクセスが大きく増加しているという。同ポートへのアクセスは2014年以降、高い水準で推移しており、警察庁では以前にも同ポートへのアクセス増加に対して注意を促していた。TCP 23番ポートは、ネットワークに接続された機器を遠隔で操作するTelnetで利用されている。増加したアクセスの多くは、ルーター、ウェブカメラ、ネットワークストレージ、デジタルビデオレコーダーなどの、Linuxが組み込まれた機器が発信元であることが確認されている。これらの機器は、何らかの手法により攻撃者に乗っ取られ、攻撃の踏み台として悪用されているものとみられる。(中略)不正プログラムは、一般的なコンピューターで使用される「x86」ではなく、「ARM」「MIPS」「PowerPC」「SuperH」などのCPUで動作するLinuxに感染する。いずれも組込機器の多くで採用されているCPUであり、そうしたデバイスを標的にしているという
Linux組み込み端末ってたくさんあるからなー。よく考えるよね、こんなこと。
2015年12月18日 (金) | Edit |
伝説的ハッカーが自動運転カーをわずか1カ月で自作、すでに公道走行済み
http://gigazine.net/news/20151217-george-hotz-build-self-driving-car/
17歳にして世界で初めてiPhoneのSIMロックを解除し、その後も脱獄(ジェイルブレイク)界隈で名を上げ、プレイステーション3を誰よりも早くハッキングしてソニーに訴えられるなど、天才プログラマーにして伝説的なハッカーとして知られるジョージ・ホッツ氏が、なんと1カ月で市販車を改造し、自動運転カーに仕立て上げました。世界中の自動車メーカーやIT企業がこぞって参戦している自動運転カーの開発競争に天才がたった一人で殴り込みをかけるとこうなるようです。(中略)世界中の企業がやっきになって開発する自動運転モードを、たった一人で開発し、わずか1カ月でキャッチアップに成功したホッツ氏。テスラなどの企業から引く手あまたのホッツ氏ですが、あくまで自動運転カーの開発はAI開発の第一歩に過ぎず、「AI開発によって、心のこもった幸せなよりよい世界を作り出すのが目的」とのこと。現在、AIの開発に注力しているホッツ氏は今後25年でほぼすべての仕事をAIが担当することになると予想しており、「人間がする最後の仕事はAIプログラミングだろうね」と述べています
うーん、ただただすごいとしか・・・。すごい頭脳ですね。この人ならアップルやグーグルで高収入を得ることもできるだろうに。
2015年12月18日 (金) | Edit |
テックウインド、パソコンとキーボードを一体化した「キーボードPC」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/121604099/?top_tl1&rt=nocnt
テックウインドは、パソコンとキーボードを一体化したキーボード型デバイス「キーボードPC WP004」を2016年1月中旬に発売する(写真)。家庭やビジネスのほか、デジタルサイネージやPOS端末、教育現場、コールセンター向けの業務専用端末としての用途も想定した。価格は未定だが、2万円台で調整中。キーボードはフルサイズ86キー日本語配列で、パソコンにはWindows 10 Home(32bit版)をプリインストールした。製品の表面積が広く放熱性に優れるためファンレス設計を採用し、静音動作を可能にした。本体手前にタッチパッドを備え、マウスを別途用意しなくても本体のみで操作できる。インテルAtom Z3735Fプロセッサーと2GBメインメモリー、32GB eMMCを搭載。インタフェースはmicroSDカードスロット、USB 2.0が2個、HDMIとアナログRGBが各1系統、有線LANなど。本体色は「ホワイト」「ブラック」の2種類。本体寸法は幅287×高さ125×厚さ26.5mm、重さは約288g
そりゃそうだよなー、スティック型のPCが出る時代だものね。初期のPC-8001もこんな感じだったよなー、厚みは全然違うけど。
2015年12月18日 (金) | Edit |
富士通社長、他社とのPC事業統合「検討に値する」
http://www.asahi.com/articles/ASHDJ5KPBHDJULFA02T.html?iref=comtop_6_02
富士通の田中達也社長は16日、東芝などとのパソコン事業の統合について、「あらゆる選択肢を検討していく」と述べた。経営の効率化に向けて、パソコン事業を今年度末までに分社する方針を発表済みで、再編を軸に生き残りを模索するとみられる。報道各社のインタビューに答えた。パソコン事業では、不正会計問題を受けてリストラを進める東芝、ソニーから分社したVAIOと3社で統合する案が浮上している。田中氏は「今の段階では何も決まっていない」としたうえで、他社との統合には部品の調達コストの圧縮や生産設備の効率化といったメリットが見込めるとして、「検討に値する」と前向きな姿勢を見せた。富士通は、携帯電話事業も今年度末までに分社する方針。パソコン・携帯電話事業は2016年3月期に営業赤字への転落を見込む。分社化後の17年3月期には、他社との統合などをしなくても「(黒字化が)可能だと思っている」と述べた
富士通よ、お前もか・・・。PCはどうにももう利益がでなくなっちゃったんでしょうね。
2015年12月17日 (木) | Edit |
中国はインターネットの敵 ネット会議欠席を 国境なき記者団
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20151215/frn1512151905010-n1.htm
国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」は15日までに、中国浙江省で16~18日に開催される国際会議「世界インターネット大会」について、各国の参加者らにボイコットするよう呼び掛ける声明を発表した。中国のネット検閲などに対しては欧米諸国から厳しい批判が上がっている。会議には中国側の姿勢を正当化する狙いがあるとみられており、昨年に続いて今回で2回目。習近平国家主席が開幕式で演説する。同組織は声明で「(自由な情報のやりとりを認めない)中国は世界有数の『インターネットの敵』。出席者は、中国の検閲制度に加担したことになる」と訴えている。会議には、ロシアのメドベージェフ首相やカザフスタン、タジキスタンの首相、国際機関やネット専門家ら約2千人の参加が予定されている
中国で世界インターネット大会なんてへそが茶を沸かすレベルですね。グレートファイアーウォールの中でインターネット大会www。まるで井戸の中で、世界の海大会だな。
2015年12月17日 (木) | Edit |
1回の充電で1週間使えるスマホ「OUKITEL K6000」が1万円台に、6000mAhの大容量バッテリー搭載
http://news.livedoor.com/article/detail/10957397/
一般的な大容量バッテリー搭載スマホの2倍にあたる6000mAhという、ちょっとしたモバイルバッテリー並みの電池を搭載したスマホ「OUKITEL K6000」が格安で販売されています。詳細は以下から。これが「OUKITEL K6000」本体。5.5インチHD(1280×720)液晶やMTK6735(1.0GHz、クアッドコア)、2GB RAM/16GB ROMを備えたAndroid 5.1スマホで、12月15日19:00現在、1万5138円で販売されています。画面占有率は80%。2.5Dの曲面ディスプレイによって、角張っていないのが特徴です。そして「OUKITEL K6000」の最も大きなポイントが、前述した6000mAhバッテリー。1度の充電で最大10日間駆動できるとしているため、ライトユーザーなら週に1度充電するだけで済みそうです。しかもこれだけ大容量のバッテリーを備えているにもかかわらず、本体の薄さは9.5mm。モバイルバッテリーを別途持ち歩くよりも遙かにコンパクトです。さらに9V/2Aの急速充電に対応しており、5分の充電で2時間の通話が可能に
なんかこれでいい気がする・・・。ただ技適マークがないというのはどうなんでしょうね。メーカー名がOUKITELなんですね。つーか、中華なんだ・・・orz。どうりでiPhoneのパクリっぽいと思った。(゚⊿゚)イラネ
2015年12月16日 (水) | Edit |
国内初、ネットつなぎ実証
http://www.47news.jp/movie/general_national/post_13390/
国産乗用車にインターネットと接続する機器を取り付けると、スマートフォンを使いネット経由で車をハッキング(乗っ取り)して遠隔操作できることが14日、広島市立大大学院の井上博之准教授(情報工学)の実験で明らかになった。井上准教授によると、日本車がハッキング可能と分かったのは国内初
マジかよ・・・。クルマはレガシィなヤツが一番ですね。
2015年12月16日 (水) | Edit |
みんなNetflix見るのに忙しくて、違法コピーとかやってるヒマないらしい
http://news.livedoor.com/article/detail/10949884/
ストリーミング、ストリーミング、あんどストリーミング。  日本ではまだまだこれからという雰囲気があるNetflixやHuluなどのストリーミング動画配信サービスですが、本家アメリカではかなり勢力が広がっています。アメリカで夜間のインターネット利用の70%はストリーミング動画サービス。この影響で死に絶えているのが…違法コピー、海賊版です。もちろん、これはいいニュースです。  ブロードバンドサービスを提供するSandvine社のアンケート結果によりますと、Netflixがダウンストリームトラフィックの37%をしめています。次いで、YouTubeの18%、Amazon Videoの3%、iTunesの2.8%となっています。ストリーミング市場のネットトラフィックは、過去5年で約2倍に増えています
NetflixやhuluがあればDVDのレンタルやネットからの違法ダウンロードってもうぜんぜん意味がありませんね。
2015年12月15日 (火) | Edit |
Appleストアに1990ドルでDevialet Phantom登場―インプロージョン・スピーカーは恐るべきHi-Fi
http://jp.techcrunch.com/2015/12/09/20151208apple-devialet-phantom/
Devialet Phantomスピーカーはきわめて音質が良く強力で、デザインも美しい。そこで全米トップ14箇所のAppleストアがこのスピーカーを販売することになった。750ワット、99dBというモンスター、Phantomは1990ドル、さらにパワフルな 3000ワット、105dbのPhantom Silverは2390となる。  raveのレビューによればスピーカーの内部には1フィート(30センチ )の仕切壁が仕込まれて内破(インプロージョン)が起こるのを防いでいる。これが小さなボディーからものすごい低音とシャープな高音を産み出すという。Phantomが販売されるAppleストアでは2本ないし4本のスピーカーがデモ用に用意され、iPhoneに接続されているので、消費者は自分で実際に音を聞くことができる
これってすごい音らしいですね。一度聴いてみたいものです。
2015年12月15日 (火) | Edit |
Apple TVの登録アプリ、早くも2600本―最大のジャンルはゲーム
http://jp.techcrunch.com/2015/12/11/20151210apple-tv-now-has-over-2600-apps-largest-category-is-games/
今日(米国時間12/10)発表された最新レポートによれば、スタートしてからわずか1月と少しでApple TVのApp Storeは、すでに2624本のアプリが登録されているという。このペースで新規登録が続けば1月後に5000本、来年初頭に1万本の大台に乗ることも十分可能なようだ。  このデータを収集したのはApple TVのアプリ・モニターのパイオニアのひとつ、appFiguresだ。発表されたレポートにはカテゴリー別の内訳も掲載されている。予想されたことながら、もっとも人気の高いカテゴリーはゲームだった。登録本数は1002本で全アプリの38%を占める。appFiguresによれば、ゲームとエンタテイメントという当初からのカテゴリーに加えて、Appleがストアのオープン後に追加したカテゴリーでは教育、ライフスタイル、音楽、健康とフィットネス、写真、ニュースとスポーツが人気が高い。一見して奇妙に思えるのはユーティリティ、音楽、写真分野の登録本数がニュースとスポーツより多いことだ。今後サブカテゴリーが設けられば事情はもう少しはっきりしてくるのだろう
ということです。Apple TVもう少し待つかな・・・。
2015年12月15日 (火) | Edit |
au涙目? Firefox OS搭載スマホの打ち切りをMozillaが発表…
http://www.gizmodo.jp/2015/12/au_firefox_os.html
また1世代だけで終わってしまった……。 iPhoneでもAndroidでもないスマートフォン。周囲の人と同じでは嫌なギークユーザーには、グッとくる言葉かもしれませんよね。おまけに渋いスケルトンボディーで、HTML5やJavascriptでウェブベースのアプリが開発できるとくれば、大いに心をそそられてしまいそうです。そんな楽しみが満載な、異色のFirefox OSを搭載するスマートフォンを、日本で初めてauが発売してから1年余り。世界では低価格のスマホに採用されるべく、Firefox OSの普及が目指されてはいたのですが~。  このほどMozillaのConnected Devices部門で副社長を務めるAri Jaaksi氏は、Twitter上で、こんな発表を行ないましたよ。Mozillaが今後、Firefox OSを搭載する携帯電話をキャリアから提供することはない。しかしながら、引き続きスマートフォン上でのウェブエクスペリエンス向上に注力していくつもりだ。  Firefox OSの頓挫には、さまざまな要因があるようですけど、同氏はウェブアプリのパフォーマンスが、思ったほどよくなかったことを認めているようです
こうなることは目に見えていたよなー。そういえばサムチョンが採用した、なんだっけか、名前も思い出せない、あ、そうそうTizenだ。あれってどうなったんだろうね。
2015年12月15日 (火) | Edit |
vvvウイルスは日本を狙ったもの? - ESETが″バラマキ型攻撃″の注意喚起
http://news.livedoor.com/article/detail/10942774/
12月9日に、ネットで突如話題となった「vvvウイルス」について、トレンドマイクロは「必ずしも日本を狙ったものではない」とのブログ記事を公開した。一方で別のセキュリティベンダーのESETは11日に「国内で増加中」として注意喚起を行った。検出名はESETが「FileCoder.FJ(別名:CryptoWall 4)」、トレンドマイクロが「CrypTesla(別名:TeslaCrypt)」と異なっているが、どちらもファイルを暗号化して拡張子を「.vvv」に書き換える特徴を持つ。なお、正確に言えば、ESETが検出したものは、このランサムウェアをダウンロードするための「マルウェア」となる。 同社によると、メールでランサムウェアをばらまく「バラマキ型」攻撃のキャンペーンが確認されており、請求書に偽装したメールの添付ファイルにランサムウェアをダウンロードして実行させる仕組みがあったという
これって最近騒がれていますね。注意しましょう。つーか、ウィルス対策ソフトは必須です。つーか、Windows10には、標準でWindows Defenderが搭載されているのでおそらく大丈夫だと思います。
2015年12月09日 (水) | Edit |
Appleのマップアプリ、iPhoneではGoogleマップの3倍以上の利用者
http://news.livedoor.com/article/detail/10927487/
アップルがiOS6と共に初めてマップアプリを公開した際には、探したい地点の情報が間違っていたり、交通情報が抜けていたりなど、地図情報が不正確で多くの非難を浴びました。   このため、多くのユーザーはマップアプリの不具合によりiOS6へのアップデートを躊躇し、GoogleがiOS向けマップアプリを提供すると29%ものユーザーがダウンロードすることになりました。  Googleマップの3倍のユーザーが利用 その後3年が経過し、アップルのマップアプリを利用するiPhoneユーザーは、Googleマップの3倍以上であるとアップルがアメリカのAP通信に語ったようです。   アップルのマップアプリはSiriやメールなどのように、iPhoneやiPadに標準で搭載されているマッピングソリューションであるため、多くの利用者を獲得しています。しかし、AP通信によりますと、以前の問題でマップアプリの利用を止めていたかなりの数のユーザーも、再び利用し始めていると指摘しています
マジかよ、今度使ってみるお。
2015年12月05日 (土) | Edit |
バナー広告表示すると感染…PCウイルス新手口
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151203-OYT1T50185.html?from=ytop_main5
不正なインターネット広告を見ただけのパソコンをウイルスに感染させる手口のサイバー攻撃が急増していることがわかった。専門家は「常にOSやソフトを最新版に更新し、脆弱ぜいじゃく性を放置しないことが必須」と呼びかけている。情報セキュリティー会社のトレンドマイクロによると、従来の不正広告による攻撃は、利用者が広告をクリックすると攻撃サイトに誘導される手口だった。しかし、今年7月以降、不正プログラムが仕込まれたバナー広告が正規のサイトに表示されただけで、攻撃サイトとの通信が発生する手口が急増。こうした不正広告が、国内3700以上のブログサイトや企業サイトなどでランダムに表示されていたとみられる。利用者のパソコンには正規サイトが表示されたままで、不正広告も通常の広告と見分けがつかない。気付かないうちにウイルスを送り込まれ、パソコン側に脆弱性があると突然画面がロックされるなどし、解除の代わりに金銭を支払うよう脅されることもあるとい
怖いですね、こういうの。Windows Updateはきっちりしておきましょう。つーか、最近はWindows Updateそのものに不具合がある場合があるから困ります。
2015年12月01日 (火) | Edit |
宇宙旅行が大きく近づいた―ジェフ・ベゾスのBlue Originロケットが垂直着陸に成功
http://jp.techcrunch.com/2015/11/25/20151124jeff-bezos-space-program-successfully-lands-a-rocket/
ジェフ・ベゾスが創立した宇宙旅行会社Blue Originのロケットが垂直発射、垂直着陸に世界で初めて成功した。ベゾスはこの記念碑的な達成をTwitterで報じ、インターネットはこのニュースに沸き返った。世界でも使用済みロケットというのは珍しい存在だ。制御された着陸は恐ろしく難しい。しかし成功してしまえば簡単に見える。ビデオで確認して欲しい。New Shepardと呼ばれるBlue Originのロケットは宇宙(正確には準衛星軌道)に達し、最高高度は32万9839フィート(100.5km)を記録した。その後ロケットは西テキサスのベゾスの宇宙基地に垂直に着陸することに成功し
歴史的な一歩ですね。すばらしい。これって燃料さえ詰め替えれば何度でも行けるわけか。
2015年12月01日 (火) | Edit |
たった5ドルの超小型コンピュータ「Raspberry Pi Zero」登場
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1511/26/news117.html
1GHz動作のARM11コアによるBroadcom BCM2835、512Mバイトメモリ、microSDメモリーカードスロット、mini-HDMIポート、microUSBポート、拡張端子などを搭載。サイズは65×30×5ミリと、Raspberry Piとしては最小だ。従来のRaspberry Piと同様、ScratchやMinecraftといったアプリケーションが動作するとしている。Raspberry Piは安価な超小型コンピュータとして登場(Raspberry Pi A+は現在、日本では2620円)したが、「それでも途上国ではコンピュータは多くの人々にとってぜいたく品」。価格がネックになり、Raspberry Piに手が届かない多くの人々がいるとして低価格化に取り組んだという
メモリが512Mバイトか・・・。Windows98くらいだったら動く?
2015年12月01日 (火) | Edit |
白熱灯と蛍光灯、2020年までに生産&輸入禁止に!
http://www.gizmodo.jp/2015/11/2020light.html
すでに2012年には白熱灯の国内生産が終了していますが、蛍光灯もですか...。朝日新聞デジタルの報道によると、政府は来年度にも省エネ法を改定。2020年にはLEDと同等の省エネを実現できない白熱灯と蛍光灯の国内生産および海外からの輸入を禁止する見込みです。となると2020年以降、白熱灯と蛍光灯が切れたときはLEDを用いることになります。電球型は比較的購入しやすくなりましたが、長細い直管形や丸形のLEDはまだまだ高価。あと5年でどれだけ量産効果による市販価格の下落が見込めるのか。ちょっと怖いものがあります。  いやまてよ? もしかしたらLED級の低消費電力性能を持つ蛍光灯が開発されるというブレイクスルーが起きる? Hf蛍光管、CCFL蛍光管に変わる省エネ蛍光灯が登場するかも?そしてLEDも、ジェイク ダイソン ライトのような高効率製品がもっと増えて切磋琢磨し続ける?そう考えると未来は明るい気がします。灯なだけに
すげーな、生産禁止かよ・・・。
2015年12月01日 (火) | Edit |
一時中断されていたWindows 10初の大型アップデートがようやく再配布開始
http://gigazine.net/news/20151125-microsoft-restart-version1511/
Windows 10初のメジャーアップデート「Version 1511」はリリース後、しばらくしてWindows UpdateからもMedia Cration Tool(MCT)からも配信が取り下げられるという事態に陥っていましたが、2015年11月24日からWindows Updateであらためてアップデートファイルの提供が再開されました。なお、バージョン1511にアップデートできなかった人だけでなく、すでにアップデートを終えた人も再度、一部の更新プログラムをインストールすることが必要なようです。Microsoftのサポートページによると、11月の更新プログラム(Version 1511)を適用したごく少数のユーザーに、アドバタイズID、バックグラウンドアプリ、SmartScreenフィルター、デバイスとの同期の一部の設定が保持されなくなるという不具合が生じていたとのこと。どうやらこのトラブルを解消するプログラムが提供されるまで、一時的にVersion 1511の提供を中断していたようです
どうりでできないと思った。別に急がないけど。
2015年12月01日 (火) | Edit |
2016年はOpenStack普及元年なるか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/112300424/?top_pu&rt=nocnt
既に1カ月近く前になるが、筆者は10月27日から東京・品川のホテルで開催されたOpenStack Summit Tokyoに参加した。OpenStack Summitは、OpenStack Foundationが世界各地で半年に一度開催しているイベントで、今回初めて日本が開催地となった。世界中から開発者やユーザー、関連製品・サービスを提供するベンダーなどが一同に集い、OpenStackのプロジェクト方針や最新技術、ユーザー事例などの情報が交わされた。筆者はオープンソースソフトウエア(OSS)プロジェクトのグローバルイベントに参加するのは初めてだったが、話には聞いていたもののOpenStack Summitの盛況ぶりには驚いた。56カ国から5000人を超える参加者であふれた会場のホテルはOpenStack一色。参加者の多くが外国人で、さながら海外でのカンファレンスに参加しているようだった。カンファレンスに参加してその盛り上がりを目の当たりにするとともに、ユーザーや関連ベンダーの最新情報に数多く触れ、筆者は国内でのOpenStackの採用が、今後いよいよ加速し始めるのではないかと感じた。2015年を1カ月以上残して少し気が早いかもしれないが、2016年はOpenStackの普及元年になるのではないかと思う
いよいよ来ますかね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。