FC2ブログ


2015年12月18日 (金) | Edit |
Linux機器を狙ったTCP 23番ポートへのアクセスが急増、機器を乗っ取ってボット化し、DDoS攻撃などの温床にも
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20151217_735845.html
警察庁は15日、インターネットに接続された組込Linux機器を標的とした攻撃を観測したとして注意を促した。TCP 23番ポートに対するアクセスが大きく増加しているという。同ポートへのアクセスは2014年以降、高い水準で推移しており、警察庁では以前にも同ポートへのアクセス増加に対して注意を促していた。TCP 23番ポートは、ネットワークに接続された機器を遠隔で操作するTelnetで利用されている。増加したアクセスの多くは、ルーター、ウェブカメラ、ネットワークストレージ、デジタルビデオレコーダーなどの、Linuxが組み込まれた機器が発信元であることが確認されている。これらの機器は、何らかの手法により攻撃者に乗っ取られ、攻撃の踏み台として悪用されているものとみられる。(中略)不正プログラムは、一般的なコンピューターで使用される「x86」ではなく、「ARM」「MIPS」「PowerPC」「SuperH」などのCPUで動作するLinuxに感染する。いずれも組込機器の多くで採用されているCPUであり、そうしたデバイスを標的にしているという
Linux組み込み端末ってたくさんあるからなー。よく考えるよね、こんなこと。
2015年12月18日 (金) | Edit |
伝説的ハッカーが自動運転カーをわずか1カ月で自作、すでに公道走行済み
http://gigazine.net/news/20151217-george-hotz-build-self-driving-car/
17歳にして世界で初めてiPhoneのSIMロックを解除し、その後も脱獄(ジェイルブレイク)界隈で名を上げ、プレイステーション3を誰よりも早くハッキングしてソニーに訴えられるなど、天才プログラマーにして伝説的なハッカーとして知られるジョージ・ホッツ氏が、なんと1カ月で市販車を改造し、自動運転カーに仕立て上げました。世界中の自動車メーカーやIT企業がこぞって参戦している自動運転カーの開発競争に天才がたった一人で殴り込みをかけるとこうなるようです。(中略)世界中の企業がやっきになって開発する自動運転モードを、たった一人で開発し、わずか1カ月でキャッチアップに成功したホッツ氏。テスラなどの企業から引く手あまたのホッツ氏ですが、あくまで自動運転カーの開発はAI開発の第一歩に過ぎず、「AI開発によって、心のこもった幸せなよりよい世界を作り出すのが目的」とのこと。現在、AIの開発に注力しているホッツ氏は今後25年でほぼすべての仕事をAIが担当することになると予想しており、「人間がする最後の仕事はAIプログラミングだろうね」と述べています
うーん、ただただすごいとしか・・・。すごい頭脳ですね。この人ならアップルやグーグルで高収入を得ることもできるだろうに。
2015年12月18日 (金) | Edit |
テックウインド、パソコンとキーボードを一体化した「キーボードPC」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/121604099/?top_tl1&rt=nocnt
テックウインドは、パソコンとキーボードを一体化したキーボード型デバイス「キーボードPC WP004」を2016年1月中旬に発売する(写真)。家庭やビジネスのほか、デジタルサイネージやPOS端末、教育現場、コールセンター向けの業務専用端末としての用途も想定した。価格は未定だが、2万円台で調整中。キーボードはフルサイズ86キー日本語配列で、パソコンにはWindows 10 Home(32bit版)をプリインストールした。製品の表面積が広く放熱性に優れるためファンレス設計を採用し、静音動作を可能にした。本体手前にタッチパッドを備え、マウスを別途用意しなくても本体のみで操作できる。インテルAtom Z3735Fプロセッサーと2GBメインメモリー、32GB eMMCを搭載。インタフェースはmicroSDカードスロット、USB 2.0が2個、HDMIとアナログRGBが各1系統、有線LANなど。本体色は「ホワイト」「ブラック」の2種類。本体寸法は幅287×高さ125×厚さ26.5mm、重さは約288g
そりゃそうだよなー、スティック型のPCが出る時代だものね。初期のPC-8001もこんな感じだったよなー、厚みは全然違うけど。
2015年12月18日 (金) | Edit |
富士通社長、他社とのPC事業統合「検討に値する」
http://www.asahi.com/articles/ASHDJ5KPBHDJULFA02T.html?iref=comtop_6_02
富士通の田中達也社長は16日、東芝などとのパソコン事業の統合について、「あらゆる選択肢を検討していく」と述べた。経営の効率化に向けて、パソコン事業を今年度末までに分社する方針を発表済みで、再編を軸に生き残りを模索するとみられる。報道各社のインタビューに答えた。パソコン事業では、不正会計問題を受けてリストラを進める東芝、ソニーから分社したVAIOと3社で統合する案が浮上している。田中氏は「今の段階では何も決まっていない」としたうえで、他社との統合には部品の調達コストの圧縮や生産設備の効率化といったメリットが見込めるとして、「検討に値する」と前向きな姿勢を見せた。富士通は、携帯電話事業も今年度末までに分社する方針。パソコン・携帯電話事業は2016年3月期に営業赤字への転落を見込む。分社化後の17年3月期には、他社との統合などをしなくても「(黒字化が)可能だと思っている」と述べた
富士通よ、お前もか・・・。PCはどうにももう利益がでなくなっちゃったんでしょうね。