FC2ブログ


2016年03月10日 (木) | Edit |
「コンピューターは愛情学び人間を超える」 発明家の未来予想
http://www.cnn.co.jp/tech/35079230.html?tag=cbox;tech
怖くなるほど正確な未来予想で知られる米発明家のレイ・カーツワイル氏が、コンピューターは2029年までに愛情や人格を身に着けて、人間並みか、恐らく人間を上回る知能を習得するだろうと予測した。 カーツワイル氏はニューヨークで7日、天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏と人工知能(AI)や未来の技術について対談。「コンピューターが人間並みの知能を身に着けるといっても、論理的知能のことを言っているわけではない」「コンピューターは人を笑わせたり、愛情を表現するようになる。それこそ人間の知能の最先端だ」と語った。 コンピューターがいつかノーベル賞を受賞するような小説を書くようになり、「人を人たらしめている側面さえ奪う」のかとタイソン氏が問いかけると、「我々はその知能を組み合わせる」とカーツワイル氏。 人は脳内の細胞ほどの大きさのナノボットを使ってインターネットに接続し、「マトリックス」の映画のように、スキルをダウンロードするようになるとカーツワイル氏は予想する。遺伝子をコンピューターのコードのように編集して病気を治療する未来も描いて見せた
そんな未来はやだなー。ただコンピューターやロボットが人間の仕事を奪っていくのは確かですよね。
2016年03月10日 (木) | Edit |
謎に包まれた5.8インチiPhone、曲面ディスプレイを搭載か
http://news.livedoor.com/article/detail/11273569/
突然降って湧いたかのように現れた「5.8インチiPhone登場説」ですが、これまでにアップルが取得した特許などから、曲面ディスプレイになるのではないかとの指摘が出ています。すでにお伝えしたとおり、サプライヤーの情報に詳しい台湾メディアDigiTimesが報じたところによると、アップルは2017~2018年の間に有機EL(OLED)ディスプレイを搭載した5.8インチiPhoneを出すつもりがあるとのことです。これを受けて早速、同スマートフォンが一体どのようなものになるのか、観測が登場しています。ニュースサイトDisplayMateのRay Soneira氏は、アップルがサムスンのGalaxy S7 Edgeのような曲面ディスプレイを採用するのではないかと見ています。曲面ディスプレイとフレキシブルな素材であるOLEDとは相性がいいとされており、アップルは曲面部位を利用してツールバーやアプリを起動したり、ボリュームバーや写真撮影ボタンをバーチャル表示したりすることなどを考えているのでは、と同氏は特許から指摘します
やめろ。サムチョンが鬼の首取ったように「ほら、また世界がついてきた」とかいい高に決まってるからね。