--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年04月30日 (土) | Edit |
韓国サムスン電子、新型スマホ好調で11%増益 減益アップルと明暗 ウォン安も後押し
http://www.sankei.com/economy/news/160428/ecn1604280035-n1.html
韓国のサムスン電子が28日発表した2016年1~3月期連結決算は、本業のもうけを示す営業利益が前年同期比11・7%増の約6兆6800億ウォン(約6500億円)と大幅な増益となった。新型スマートフォン「ギャラクシー」の「S7」と「S7エッジ」の販売が好調だったITモバイル部門が、全体の業績をけん引した。今年に入ってから為替相場がウォン安ドル高に振れたこともプラスに寄与した。売上高は5・6%増の約49兆7800億ウォンだった。ITモバイル部門の営業利益は約4割増え、3兆8900億ウォンに上った。半導体は2兆6300億ウォン、家電部門は5100億ウォンの利益をそれぞれ上げた。聯合ニュースによると、サムスンの1~3月期の設備投資は、半導体とディスプレーを中心に4兆6千億ウォンとなった
あんなクソな端末がどうして売れるのか私にはわからない。ラウンドエッジだってどこが便利なのかさっぱりだ。
スポンサーサイト
2016年04月30日 (土) | Edit |
任天堂の次世代機「NX」、17年3月に発売へ Wii Uの今期販売計画は「80万台」
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1604/27/news123.html
任天堂は4月27日、次世代家庭用ゲーム機「NX」を2017年3月に国内外で発売すると発表した。   同社はNXについて詳細を明らかにしていないが、6月中旬に米国で開かれるゲーム見本市「E3」に合わせて情報が公開される可能性もある。故・岩田聡前社長は昨年5月、NXについて「新しいコンセプト」であり、「ニンテンドー3DSまたはWii Uを『単純に置き換える』という考え方はしていない」「ゲーム専用機の遊ばれ方は日本と海外では状況が分化してきており、どういうものを提案したら世界中のお客に受け入れていただけるだろうかということを考え、新しいコンセプトのゲーム機を出したい」などと説明していた。一方、据え置き型ゲーム機「Wii U」について、2016年度(2017年3月期)の販売見通しは80万台だと明らかにした。15年度の販売台数(326万台)から大幅減となる。Wii Uをめぐっては年内にも生産を終了するという一部報道があり、同社は「来期も販売を継続する予定」としていた
DSとWiiは大成功したが3DSやWii Uは失敗だった。NXがどんなものになるかによってニンテンドーの未来は変わる。それにしても来年の3月とは遅すぎるよね。
2016年04月30日 (土) | Edit |
7年連続の減収 「3DS」振るわず
http://mainichi.jp/articles/20160428/k00/00m/020/133000c
任天堂が27日発表した2016年3月期連結決算は、売上高が前期比8.2%減の5044億円と、7年連続の減収となった。主力の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」の販売が振るわなかった。記者会見した君島達己社長は、来年3月に新型ゲーム機「NX」を世界で発売すると発表し、苦戦が続くゲーム機で盛り返しを図る考えを示した。ダウンロード型ソフト販売などが伸び、本業のもうけを示す営業利益は同32.7%増の328億円となった。海外販売の比率が高く外貨建て資産が多いため、円高が悪材料となり、最終(当期)利益は同60.6%減の165億円にとどまった
DSの成功で目が見えなくなったニンテンドー。ユーザーが欲しがっているのはWii EX(高性能Wii)だっていうのがわからない。ケータイゲームに進出するなど変な動きをしています。
2016年04月30日 (土) | Edit |
マイクロソフト、Windows10無償アップグレード終了に向けて体験キャラバンなどを実施
http://news.livedoor.com/article/detail/11465518/
日本マイクロソフト株式会社は、2015年7月29日のWindows 10の提供開始から1年間限定で実施している、Windows 7/8.1ユーザーへの無償アップグレードが2016年7月29日に終了するのにともなって、より多くのユーザーに無償期間中に安心してアップグレードしてもらうための施策を開始した。一つ目の施策としては、Windows 10無償アップグレードに関するユーザーからの問い合わせに電話やオンライン チャットで答えるユーザーサポート窓口「Answer Desk サポート」の人員を拡充するとともに、2016年7月末まで、平日および土日に加えて祝日もサポートを提供する(祝日は電話のみ)。また、アップグレード前に確認すべき項目や、手順の詳細などを紹介している「Windows 10 アップグレードガイド」により、詳しくわかりやすい情報を掲載した。二つ目として、Windows 10の無償アップグレードが7月29日で終了することを告知するキャラバンカーが全国を走行するほか、全国10都市以上で展開する体験ブースにて、Windows 10の特長を最新デバイスでわかりやすく紹介し、アップグレードに関する質問に直接答える
MS必死だなwww。やればやるほどユーザーはアップグレードしなくなるってわからないのかなー。
2016年04月30日 (土) | Edit |
意外とアリ? YouTubeが飛ばせない6秒の広告動画を導入へ
http://news.livedoor.com/article/detail/11463020/
6秒間の動画と言えば、Vineが有名ですね。でも今後は、もっと新しい6秒間の動画を今後頻繁に目にすることになりそうです。YouTubeは6秒間の飛ばせない広告「バンパー広告」を5月から導入すると発表しました。これまでのYouTubeの広告では、5秒が経過したあとに、右下に登場する「広告をスキップ」をクリックすることで広告を飛ばせました。しかしこれでは、クリック操作を忘れると広告動画が流れ続けるというデメリットがあります。一方今回のバンパー広告は、6秒経ったらサクッと本編動画が開始されるという割りきったスタイルとなっています。個人的にはいちいちクリックしてスキップする広告よりも、尺の決まった短時間の広告のほうがストレスが少ないように感じます。パソコンの前では1クリックだって操作を減らしたいですし、動画を選択してからスキップボタンの出現を待つなんて、なんだか時間の無駄ですよね
なるほど・・・、6秒ならがまんするかってなりますかねー。
2016年04月30日 (土) | Edit |
アップル、次の一手は? ヒットなく13年ぶり減収減益
http://www.asahi.com/articles/ASJ4W3V95J4WUHBI014.html?iref=comtop_6_01
iPhone(アイフォーン)とiPadの主力製品が伸び悩む米アップルは、26日発表した2016年1~3月期決算が13年ぶりの減収減益になった。ティム・クック最高経営責任者(CEO)は電話会見で「技術と才能のある会社を探している」と語り、企業買収などを通じて新分野への投資を加速させる考えを改めて強調した。「厳しい四半期」という決算は、売上高が前年の同じ時期に比べて13%少ない505億5700万ドル(約5兆6100億円)。純利益も、22%少ない105億1600万ドル(約1兆1600億円)と苦戦した。日本以外のすべての地域で、売上高が前年を下回った。1年前、アップルは画面を大型化させたiPhone6のヒットで最高益を記録した。しかし、その後発売した「6s」や「SE」には大きな技術革新がなく、売り上げを後押ししてきた中国市場の伸び悩みも重なって、iPhoneの販売台数は、2007年の発売以来、初の前年割れになった。クック氏は、価格を抑えて発売したSEで「新しい客を開拓する」と述べ、成長鈍化は一時的なものと強調する。ただ、「iPhoneの落ち込みを補う製品が出ていない」(米アナリスト)といった懸念の声も聞こえてくる
ジョブズ亡き後、新しい変革が何一つ出せていないのだから周りの評価も厳しくならざるを得ない。今のところジョブズが残した遺産を食いつぶして生きながらえているだけだ。Apple Watch、Mac Pro、Mac Book、iPhone SEはいずれも駄作だ。iPadも左右のベゼルを狭くしたので持ちにくくなった。Mac Bookもキーボードの両端がなくなったのでデザイン的にすごく不安定に見える。Mac Proはゴミ箱だし。ジョブズがいたら到底許さなかったものばかりだ。結局、今のアップルがやっていることの本誌はジョブズのアイディアを速く、薄く、大きくしているだけなのである。Apple Watchが唯一時計の変革になるはずだったが、それとは程遠いものだった。Mac OSもiOSもフラット化したが前のデザインの方が私は好きだ。今のアップルは、ジョブズを追放した後のアップルに戻りつつありますね。まぁ、普通の大企業になってしまった、ということなのだろう。
2016年04月28日 (木) | Edit |
iPhone 7はタッチ式ホームボタンと防水防塵ありの充実アップデートに?
http://www.gizmodo.jp/2016/04/iphone7-rumours.html
今年のも大きく変わる?  最近は来年2017年に登場すると見られる新型iPhoneの噂を見かけるようになりましたが、その前に今年出るであろう新型のiPhone、iPhone 7も楽しみになってきています。台湾紙のDigiTimesによると、iPhone 7は防水防塵に対応しタッチ式ホームボタンを搭載するというのです。  将来のiPhoneが防水仕様になるという噂は以前からありました。また、iPhone 6sがかなり水かぶりに強い構造になっていたことも、Appleが防水技術に興味を持っていることを裏付けていると言えます。さらに今回の情報のように防塵機能が搭載されれば、レジャーでもトレッキングでも今よりはハードに使えるiPhoneになるかもしれません。ヘタって効きが悪くなることもあったiPhoneのホームボタンも、タッチ式になれば、故障しにくくなることは容易に想像できます。  以前から噂されていたヘッドホンジャックの廃止やアンテナ線の位置変更だけでなく、徐々に具体的な機能強化の内容が噂されだしたiPhone 7。防水機能だけでも搭載してくれれば、シャツのポケットからトイレにボチャン!という悲劇から逃れられるので大歓迎なんですけどね〜
ということです。7sまで待とう。
2016年04月28日 (木) | Edit |
僕がApple Watchを1年でヤメた本当の理由
http://www.gizmodo.jp/2016/04/apple_watch1_2.html
そもそもApple Watchでしかできない、すごく便利なことというのはなかったというのが正直な感想ですね。すべてiPhoneがあったら事足りるではありませんか。あっ、確かにApple Watch向けのアプリはありますよ。けれど、ほとんどがiPhoneアプリの仕様を、ちょっとばかりいじっただけというレベルのものばかりですよね。(中略)要はすべてが遅いんです。たとえば、Twitterの最新ツイートの読み込みまでに15秒はかかったりします。ポケットからiPhoneを取り出してチェックするまでに5秒しかかからない場合だってあるのに。おまけに、Apple Watchは画面が小さいので、1度に1つのツイートしか表示されません。遅いうえに情報量が少ない。だったら、速くて大画面で大量の情報を一瞬でチェックできるiPhoneにするでしょう?  時間をチェックするだけならば問題ないと思いたいところですけど、これがどっこい、腕を上げると表示してくれる画面が、必ずしも常にオンになってくれるわけではありませんでした。腕を上げてApple Watchを眺めてみる。なにも画面に表示されない。この瞬間ほどバカっぽいことはありゃしませんよ〜
最初、Apple Watchは健康にフォーカスするという噂でしたが、できることってそんなになかった。毎日ユーザーの健康状態を記録してクラウドに蓄積し、的確なアドバイスをしてくれる夢の様な健康管理ガジェットを思い描いていたのが、出たのは他のスマートウォッチよりちょっとだけクールなものだった。がっかりもいいところだ。私もApple Watch 3が出るまで買わない。
2016年04月28日 (木) | Edit |
AIがJASRAC会長になる日
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/042100545/?top_tl1
そのJASRAC会長に人工知能(AI)が就任する可能性はあるだろうか。そんな荒唐無稽な――、と思うかもしれない。では、「自身は作詞作曲のセンスのかけらもないが、AIを駆使して人々に愛されるミリオンセラーを連発した人」はどうだろう。今後のAIの進化次第では、あながち夢物語とも言い切れないのではなかろうか。そんなことをふと想像するきっかけとなる出来事があった。政府の中長期的な知財戦略を検討し、その方向性を打ち出す役割を担う知的財産戦略本部。いくつかある分科会の一つである「次世代知財システム検討委員会」が2016年4月、興味深い報告書をまとめた。人工知能(AI)によって生成される音楽や絵画、小説、デザインなど(以下、AI創作物)に対し、何らかの形で法的に保護する枠組みを検討するよう提言したのだ
うーん、その前にJASRAC関係なくなるんじゃね?利用者が直接著作者に支払えるようになったらこんな中抜き組織不要だよね。つーか、クラウドあるんだからグーグルがやろうとすればできるだろ。クラウド使用料1%くらいで。
2016年04月28日 (木) | Edit |
「もうAIを使わないと生き残れない」、楽天の森執行役員
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/042601240/?top_tl1&rt=nocnt
楽天 執行役員、楽天技術研究所 代表の森正弥氏は2016年4月26日、東京・目黒の目黒雅叙園で開催した「イノベーターズ・オープン・フォーラム」(日経BP社 日経ITイノベーターズ主催)で、「ビッグデータ、AI、IoT 『個別化』後の人工知能活用の世界」と題して講演した。森正弥氏は、日経ITイノベーターズのエグゼクティブメンバー(幹事会員)を務めている。楽天は、機械学習をはじめとする人工知能(AI)技術の事業応用に最も熱心な国内企業の一つである。世界5カ所に研究開発拠点を構え、深層学習(ディープラーニング)を含めた機械学習に精通した人材を集めている。森氏は講演の冒頭で「もう、AIを使わないと(企業は)生き残れない。この10年で、世界は変わってしまった」と語った。 「世界の変化」とは、誰もがスマートフォンを持ち、いつでもどこでも多様な情報を活用できるようになった結果、個人のニーズが恐ろしく多様化したことだ。地域、年代、性別、所得といった属性では、個人の嗜好を図ることができなくなった
そうかもしれませんね。AIを使っている会社と人間の感覚に頼っている会社じゃもう太刀打ちできないと思うよ。
2016年04月28日 (木) | Edit |
AbemaTV、視聴数ランキング発表。1位「とある魔術の禁書目録」などアニメが上位
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20160426_755260.html
発表された番組視聴数ランキングは、放送開始1時間の視聴数を集計したもの。1位の「とある魔術の禁書目録」(一挙放送前半#1~12)は、放送開始1時間で10万を超える視聴があった。4位は「Fate/stay night」(週末一挙放送後半#13~24)、5位と6位には、「メジャー第1シリーズ」(見逃し配信 #11~15、#6~10)、8位と9位には、「クレヨンしんちゃん」(#1~5)がランクインするなど、アニメ作品が上位に入った。アニメ以外のジャンルでは、2位「AbemaSPECIALチャンネル」のレギュラー番組「妄想マンデー」(#2)や、3位「AbemaNewsチャンネル」で配信された「AbemaNews開局スペシャル スマホで“朝生”」などの生放送番組が人気となった。AbemaTVは、サイバーエージェントとテレビ朝日が共同で“無料で楽しめるインターネットテレビ局”として展開し、スマートフォンやPCなどで視聴可能。オリジナルの生放送コンテンツや、ニュース、音楽、スポーツ、アニメなど約20チャンネルを用意する。4月11日に本開局し、開始から1週間で1日の総視聴数は1,000万を突破している
すげー、私の予想に反して結構受けてるみたいですね。無料というのがいいのかなー。無料ならちょっと見てみようかなー。
2016年04月28日 (木) | Edit |
米アップル iPhone、初の販売減
http://mainichi.jp/articles/20160427/k00/00e/020/178000c
米IT大手アップルは26日、2016年1〜3月期決算を発表し、スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の世界販売台数が前年同期比16%減の5119万3千台と、07年の発売開始以来、初めて減少したと明らかにした。スマホの世界的な普及で需要が弱くなった。アイフォーンの販売減が響き、売上高は13%減の505億5700万ドル(約5兆6千億円)と13年ぶりの減収になった。純利益は22%減の105億1600万ドルだった。
私はかつてこのブログで、「アップルは、ジョブズの遺産を食いつぶしながら4年は大丈夫だろう」と書いたことがある。ジョブズが亡くなったのは2011年なので5年経ったので私の予言よりは永く持っている。もはやアップルが出す製品にははっきり言って魅力がなくなってしまった。しかも製品展開が広がりすぎていてかつてのアップルの失敗を繰り返している。あのバカでかい社屋が負のモニュメントになるのだろうか。やはりジョブズという天才がいなくなった穴はあまりにも大きい。
2016年04月27日 (水) | Edit |
マイクロソフトがBash、PowerShell、DockerでサーバGUIに終止符を打つ理由
http://japan.zdnet.com/article/35081652/
Windowsは、BashとPowerShellという2つの広く普及したリモート管理プラットフォームを手に入れた。サーバGUIに終止符を打つときが来たのだ。 サーバGUIの終焉は、サーバ管理にGUIが使用されなくなるという意味ではない。GUIの実行環境は、デスクトップ、ノートPC、モバイル端末に移行するだろう。近い将来に実現されるこうしたテクノロジの一部は、Microsoftの管理ツール「System Center」ですでに採用されている。System Centerの「Virtual Machine Manager」を使用すれば、簡単なマウス操作だけで仮想インフラストラクチャを構築し、仮想ネットワーク上で実行される一連の仮想サーバを構成できる。この管理GUIの裏では、マウスで簡単に操作できる管理サービスをPowerShellやBashのスクリプトに変換するために、極めて特殊なツール群が実行されている。仮想マシンを構築するためのマウス操作が、プロセスの自動化に必要なスクリプトのオーサリング作業に変換されるのだ。スクリプトの作成が完了したら、後はそのスクリプトをエディタにコピーするだけで、明示的なマシン名が変数に変換され、反復利用可能な汎用コマンドレットが作成される
そうか・・・そういう方向なのか。サーバーでメモリを食うGUIを動かす意味はないからなー。その理由はというと、
Microsoftが、今になってこうした方針転換を推し進めている理由は何だろうか。恐らく最大の理由はAzureであり、全地球規模のクラウド運用に伴う課題の解決である。数百万という数の物理サーバと仮想サーバをGUIのマウス操作で一つずつ構築するのは、現実的ではない。そのような環境を構築するためには、巨大なインフラストラクチャとアプリケーションの管理に耐えるスクリプトとサービスを作成し、あらゆる操作を自動化する必要がある。PowerShellを使用すれば、Windows Management APIに対応したスクリプトを作成し、並列稼働する膨大な数のサーバ上で、各種のコマンドを迅速に実行できる。これが、Microsoftが実現を目指しているシナリオである
ということです。クラウド管理にGUIは必要ないということですね。
2016年04月27日 (水) | Edit |
今こそCOBOLを学ぶべき理由
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/16/042000033/042000001/?top_tl1
「今から30年前、私が大学生だった頃、COBOLは死の宣告を受けていた。しかし、COBOLは今でも達者で、今でも実によい言語だ」 そう語るのは、ノーステキサス大学で情報システムを専門とするLeon Kappelman教授だ。誕生から半世紀が過ぎたプログラミング言語COBOLが今でも達者だというのは、確かに教授の言うとおりに思える。銀行や保険会社といった企業では、COBOLで書かれた数千億行のコードが現役で動いている。ビジネス上の取引のほとんどは、今でもどこかでCOBOLの処理が使われている。だが、現在もCOBOLを教えている大学はほとんどない。したがって、経験豊富なCOBOL開発者の年齢層は急速に上がっている。定年が迫るCOBOL開発者が増える中、COBOLの技能を持つプログラマーが不足することは必至の情勢だ
なるほど・・・、逆転の発想か・・・。でも最先端にはいられないよなー。メインフレームのお守りなんて楽しくはなさそうだ。
2016年04月26日 (火) | Edit |
楽天・Amazonがテスラに駆逐される日
http://agora-web.jp/archives/2018736.html
そこでは人に積極的にモノに関わってもらう強い動機付けが必要になります。人は面倒くさがり屋だから、そんなに都合良く動いてくれない。馬(消費者)を水飲み場(ものとのインターフェース)に連れて行くにはどうすればいいか。「快適さ、便利さ、格好よさ」という新しいライススタイルを訴求することが一番手っ取り早い。こうしてテスラはシステムの販売を通じて、「顧客にインターネット連携機械を動かせる」ことに世界で初めて成功、一番乗りでインターネット2.0の世界に飛び込んだのだと私は思うのです。これは明らかに今までのインターネット発展段階とは一線を画すものです。一方で楽天・アマゾンは未だにインターネット1.0の世界に生きている。できるだけ多くの商品をかき集めて倉庫に押し込んで、データサーバーを世界中にばらまいて、それを必死に配達して廻っている、それを延々と拡大しているラットゲームのように思えるのです。規模の効率化で生産性は上がっていくけれど、限界効用は低減していく。だから、いずれ頭打ちになる。CO2は増える。外部不経済性が増す。こんなの 持続可能なのかと思っていると、そこに突然2.0の世界のプレーヤーが現れて、思いもつかないやり方で凌駕する。そんな気がしてならないのです
楽天はどうだか知らないがアマゾンがそうそうなくなるとは思えない。それは、小売だけじゃなくクラウド事業で儲けているからだ。むしろそっちの方が本業になりつつある。クラウドを持つものが世界を制する時代だ。この先AIサービスが大きな比重を占めてくるだろうが、それも強力なクラウドのパワーがないと成立しない。この分野でもアマゾンは成功するかもしれない。ひるがえってテスラは、(今のところは)電気自動車の会社にすぎずクラウドは持っていない。トヨタを打ち負かすことはあってもアマゾンを駆逐することは到底ないだろう。だがテスラの強みは、イノベーションになんの躊躇もないことだろう。既存自動車メーカーは、既存技術に拘泥するあまり、破壊的なイノベーションに背を向けがちだ。たとえばクルマがインターネットにつながることすら未だに実現できていない。クルマほどインターネットにつながって便利なものはないはずなのに、である。そこが私はテスラが10年後にはトヨタを抜いて世界一の自動車メーカーになるだろうと思う所以なのである。
2016年04月26日 (火) | Edit |
Firebird 3.0登場
http://news.mynavi.jp/news/2016/04/23/031/
Firebirdプロジェクトは4月19日(ドイツ時間)、「Firebird: Firebird 3.0 is released」において、リレーショナルデータベース「Firebird」の最新版となる「Firebird 3.0」の公開を伝えた。「Firebird 3.0」はサーバ・アーキテクチャの統合とマルチコア/スレッドハードウェア・プラットフォームにおける性能の向上を目的としたリリースで、これまでよりも高い性能が期待できる。これ以外にも性能を向上させるための新しい戦略の採用、クエリの最適化、モニタリングおよびスケーラビリティの向上、セキュリティ機能の向上、SQLサポート機能の向上(論理データ型の導入)などが実施されている。WindowsおよびLinux向けのバイナリ・パッケージが公開されているほか、Mac OS X向けのバイナリ・パッケージも追加で提供される予定になっている。Firebirdはオープンソース・ソフトウェアとして開発が進められているリレーショナルデータベース。WindowsおよびMac OS X、Linuxをはじめ、UNIX系のオペレーティングシステムで動作する。もともとBorlandが開発していたリレーショナルデータベース「InterBase」のオープンソース版から派生したプロジェクト
なかなか性能的にはいいそうですね。選択肢が増えるのはいいことです。かえすがえすもMySQLがオラクルに買収されたのがくやしいですね。
2016年04月26日 (火) | Edit |
スマホがキャッシュカードになるATM―日立が披露
http://internetcom.jp/200627/smartphone-atm-hitachi
スマートフォンをキャッシュカードとして使える現金自動預払機(ATM)の実物を、日立製作所が披露した。2016年度中に銀行などに登場する、かもしれない。「日立モバイル型キャッシュカードサービス」という名称。2015年末に発表になり、話題になっていた。モバイル決済などで使う「NFC」技術の応用だ。NFC対応のAndroidスマートフォンに必要な情報を登録しておくと、ATMにかざすだけで現金の引き出しなどができる。あらかじめスマートフォンの画面で、いくら引き出すか、などを決めておけるので、ATMの前ではめんどうな操作を省ける。すばやく手続きが済ませられ、順番待ちの解消にもつながると、日立は見込んでいる。  また既存のATMに、NFCの読み取り装置を追加する方式なので、機械をまるごと入れ替える必要はない。さらに指紋や静脈で本人確認をする「生体認証」とも併用できる
なるほど!NFCか。iPhone SEを買う理由がひとつあった。けどなー、まだ使えるところ少ないしなー。
2016年04月26日 (火) | Edit |
もう何なの自然界、賢すぎ。ホタルの構造を真似たLEDライトが60%明るくなる
http://www.gizmodo.jp/2016/04/copy-firefly-lantern-led60.html
虫さん、テクノロジーに貢献しまくり。韓国科学技術院の研究チームはナノ構造のレンズを表面につけたLEDライトを開発しました。研究チームがホタルの発光部位を調べていたところ、表面にタイル状の構造が存在しており、それが周囲の大気とホタルの身体の屈折率の差を小さくしていることを発見しました。それによって発光がより強くなっているということです。  そのタイル状の構造をポリマーを利用してナノレベルで再現し、それを通常のLEDライトに装着したことで今回のホタル式LEDライトが開発されました。実験を行なった結果、開発したもののうち緑色のLEDライトはなんと同じエネルギーで60パーセント増の光を発することができたとか。研究の結果は科学誌Nano Lettersで発表されています。研究チームは、この技術を使ってディスプレイなどを製造することで、さらなる省エネ製品を作ることができると考えているようです
なんだバ韓国の研究か、感心して損した。
2016年04月26日 (火) | Edit |
日テレで43万件の個人情報流出--攻撃に使われた「OSコマンドインジェクション」とは?
http://japan.cnet.com/news/service/35081677/
日本テレビ放送網は4月21日、同社のウェブサイトから最大で43万件の情報漏えいがあった可能性があると公表した。日本テレビでは、4月20日16時ごろにサーバの負荷が急上昇していることを発見。調査の結果、「OSコマンドインジェクション」と呼ばれる攻撃により、同日13時ごろに最初の不正アクセスがあったことを確認した。また、17時ごろにデータベース内にあった非公開情報がコピーされていたことが発覚。「おしゃれイズム」など15の番組に関する意見募集フォーム、プレゼント応募フォームに登録した約43万件の個人情報が流出した可能性があるとしている。流出した可能性のある個人情報は、氏名、住所、電話番号、メールアドレスなどで、クレジットカードに関連する情報は含まれていない。また、21日未明までにデータを安全な保存場所に移動。現時点では新たな流出は確認されていないという
ひところSQLインジェクションが流行ってましたが最近はOSコマンドを使ったものがあるんですね。
トレンドマイクロによれば、OSコマンドインジェクションは、特定のアプリケーションやシステムに依存する脆弱性というよりは、構築したウェブサイト側で独自に実装したツールや設定により引き起こされるケースが多いという
この場合は、DB管理用のプログラムに脆弱性があったみたいですね。bashにもあるくらいだから潜在的にはたくさんあるんだろうなー。頭のいいヤツがいるもんですね。
2016年04月26日 (火) | Edit |
AIブームの光と影を描く 『AIの衝撃 人工知能は人類の敵か』小林雅一著
http://www.sankei.com/life/news/160423/lif1604230016-n1.html
コンピューターの囲碁ソフトが世界のトップ棋士を破り、自動運転車をめぐるニュースも増えてきた。そんな人工知能(AI)の可能性を、ITの専門家が解き明かす。発売は昨年3月だが、ブームにも乗って9刷3万部に達した。パソコンの基本ソフトやモバイル技術など、日本メーカーには技術革新の波に乗り遅れてきた苦い記憶がある。〈今から30年後に、現在を振り返ったとき、まさに当時のパソコンやインターネットに匹敵する技術が、今の「AI」と「次世代ロボット」〉。自ら学んで賢くなる「ディープラーニング(深層学習)」技術をはじめとするAIの進化は、ネット上の膨大な情報を使った新たなビジネスを生み、少子化による人手不足を解消する可能性がある。一方で、雇用破壊による軋轢(あつれき)が予想されるし、技術が悪用される懸念も拭えない。功罪を押さえつつ、劇的な進化の背景にある脳科学の蓄積も説き起こす
今年になってAIがかなり注目されるようになりましたね。ホーキング博士でさえ、AIに警鐘をならしていますから、あながちAIによって人類は滅ぼされる日が来るかもしれません。博士が予想したのは2014年のこと、まだグーグルのAIがトップ棋士を打ち負かす1年以上も前だから、その言葉の重みは傾聴に値するだろう。よく言われることだが、AIに「地球温暖化を防げ」と命令したら、AIは真っ先に人間を滅ぼすだろう、というのは真実味がありますよね。特に、早晩AIは自分の力で自分自身を書き換えもっと高性能にする力を持つようになるだろう。そうなれば、知能の暴走が始まる。人間に勝ち目はない。まぁ、太陽が赤色巨星になるころには確実に地球はなくなるからなー。つーか、そのうち、ネットの書き込みもAIがやるようになって相手がAIなのか、人間なのかわからなくなるでしょうね。昔の人工無能がナツカシス。
2016年04月26日 (火) | Edit |
グーグル、OSめぐり独禁法違反の疑い EUが告知
http://www.cnn.co.jp/tech/35081655.html?tag=top;topStories
欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会はこのほど、米グーグルが携帯端末市場での支配的な立場を乱用してスマートフォンメーカーや携帯通信業者に制限を加えており、独占禁止法に違反している可能性があると明らかにした。 グーグルは最大で世界の年間売上高の10%にあたる70億ドル(約7700億円)の罰金を課される可能性がある。 グーグルの基本ソフト(OS)アンドロイドは、携帯端末において高いシェアを占めている。特に欧州では人気が高く、スマートフォンとタブレットの市場の80%を占めている。 欧州委によれば、グーグルはアンドロイドの搭載を認める代わりに、スマートフォンメーカーに対して11のグーグル製アプリをインストールして販売するよう要求しているという。 マルグレーテ・ベステアー欧州委員(競争担当)は「これまでの捜査に基づき、グーグルの行為は消費者のアプリやサービスに対する幅広い選択権を否定し、他社の技術革新を阻害するもので、EUの独占禁止ルールに違反していると考えられる」と説明した。 これに対しグーグルの顧問弁護士は「アンドロイドが競争にも消費者にとっても役に立つことを示していく」と述べた。 グーグルの検索アプリやメール、地図アプリやユーチューブのアプリは、スマートフォンによるデータ通信の大きな部分を占めるとともに、グーグルに多額の広告収入をもたらしている
さらに今後、AIによる収入が入ってくるだろう(まのだ少し先になりそうだが)。バケモノ会社になりそうですね。
2016年04月23日 (土) | Edit |
Ubuntu Linux 16.04 LTSがリリース
http://japan.zdnet.com/article/35081613/
多くのUbuntuユーザーが「Ubuntu 16.04」のリリースを待ち望んでいたが、それももう終わりだ。米国時間4月21日、CanonicalはUbuntuの最新バージョンを公開した。この新バージョンで注目される新機能は、新しいパッケージフォーマットである「snap」と、最新のコンテナハイパーバイザ「LXD 2.0」だ。これらの機能を歓迎するデスクトップユーザーもいるだろうが、これらはエンタープライズ組織を主なターゲットとしている。このUbuntuには、現在議論を呼んでいる機能である「ZFS」も追加された。Free Software Foundation(FSF)は、ライセンスに問題があるとしてZFSとLinuxを組み合わせることに異議を唱えているが、Canonicalは今回の最新リリースにZFSを含めた。ZFSはボリュームマネージャとファイルシステムの組み合わせであり、効率的なスナップショット取得、コピーオンライトクローニング、継続的なデータの完全性チェック、自動的なファイルシステムの修復、データ圧縮などの機能を持っている。ZFSはクラウドやサーバでよく利用されている。Ubuntuに採用された新しいストレージシステムはほかにもある。Ubuntu 16.04では、「CephFS」もサポートされた。CephFSはビッグデータやクラスタコンピューティングエンタープライズストレージでよく利用される分散ファイルシステムだ。また今回のリリースも、PC以外のルーツを持つシステムでUbuntuを利用できる。Ubuntu 16.04は、IBMのメインフレームでも利用可能だ
極悪インターフェースUnityは健在なんだろうなー。どうせMATEがあるからいいけど。
2016年04月23日 (土) | Edit |
日本テレビ、番組観覧者など43万件の個人情報漏えい--OSの命令文を不正操作
http://japan.zdnet.com/article/35081605/
日本テレビは4月21日、同社ウェブサイトへの不正アクセスで保有する個人情報のうち約43万件が流出した恐れがあると発表した。漏えいした情報の91%が「天才!志村どうぶつ園」「人生が変わる1分間の深イイ話」といった、日本テレビ番組のスタジオ観覧者の個人情報であり、残りが関連会社のものという。4月20日13時ごろ、日本テレビウェブサイトに、ソフトウェアの脆弱性を利用した不正アクセスがあることが発覚。氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの情報漏えいが発生した恐れがある範囲を特定した。ログ解析の結果、攻撃手法はOSに対する命令文を紛れ込ませて不正操作する「OSコマンドインジェクション」と判明したという。21日未明までに当該ソフトウェアを削除し、データを別の安全な保存場所に移動させるなど、新たな情報流出を防止する対策を実施したと説明
どうしようもないなー、テレビ局。こういうのがhuluを運用してるんだからね・・・。
2016年04月23日 (土) | Edit |
VR/ARハードウエアの世界市場、2016年の出荷台数は1000万台に
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/110601779/042200589/?top_tl1
米IDCが現地時間2016年4月21日に公表したVR(仮想現実)とAR(拡張現実)のハードウエア製品市場に関するリポートによると、これらを合わせた今年(2016年)の出荷台数は1000万台に達する見通し。このうちVRは、韓国Samsung Electronics、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)、台湾HTC(宏達国際電子)、米Oculus VRといった主要メーカーの製品が市場をけん引し、今年の出荷台数は960万台、売上高は約23億ドルに達する見通し。一方ARハードウエアの出荷台数は40万台にとどまるが、こちらは今後数年かけて成長し、2020年には両者を合わせた出荷台数が1億1000万台を超えるとIDCは予測している。IDCはVR/AR用ハードウエア製品を3つのカテゴリーに分類している。1つは、スマートフォンを組み込み、その画面をディスプレーとして使用する「スクリーンレス・ビューワー」で、Samsungの「Gear VR」がこれに当たる。2つ目はパソコンやゲーム機などと接続して使う「テザード・ヘッドマウントディスプレー(HMD)」で、Oculus Riftなどがその代表的な製品。3つ目は本体にプロセッシング性能を備える「スタンドアロンHMD」で、こちらは米Microsoftの「HoloLens」がある
これによってユーザー体験がガラリと変わりますよね。まさに革命。私は初期ロットには手を出さない主義だが待ってられない。速攻で予約する。
2016年04月23日 (土) | Edit |
MSの上を行くグーグルのアンドロイド戦術
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO99930660R20C16A4000000/?n_cid=DF150220104320
グーグルは軽量級のマイクロソフトだ。携帯電話がアンドロイドで動作するように同社が影響を振るったやり方は、2000年代初めにデスクトップ型パソコンの独占拡大を図ったマイクロソフトの力ずくのアプローチよりも巧妙で計算されている。マイクロソフトが搭載したいものを「ウィンドウズ」に詰め込むことですべてのライバルを撃退する権利を主張したのに対し、グーグルは一定の選択肢を残した。グーグルのアンドロイド戦略はずる賢さの傑作であり、ビジネススクールのケーススタディーに適している――攻撃しているように見えずに前進する方法という材料だ。グーグルのエリック・シュミット会長は2011年、米上院の委員会で、アンドロイドは「モバイル市場の全段階で競争を促進する」と繰り返し主張した。ところが、どういうわけか、グーグルが市場をしっかり掌握する結果になった。グーグルがいかにこれをやったのか検証する価値があるだろう。つまり、アンドロイドがどうやって昨年の世界スマートフォン市場の81%を握ることになり、検索などのグーグル製アプリ(応用ソフト)が欧州のアンドロイド携帯の大半に搭載されたのか、ということだ。かなりの偉業だが、EUの競争政策を担当するマルグレーテ・ベステアー欧州委員は、それを可能にした取引を細かく検証すべきだ
アンドロイドのカーネルはLinuxですから、今のChrome OSじゃなくてデスクトップ版のアンドロイド出したら世界制覇ができると思うんだけどなー。みんなWindowsに嫌気が差してる今ならベストタイミングだと思うぞ。
2016年04月23日 (土) | Edit |
米マイクロソフト純利益25%減 1~3月、PCと携帯不振
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN22H16_S6A420C1000000/?dg=1&nf=1
米マイクロソフト(MS)が21日発表した2016年1~3月期決算は、純利益が前年同期比25%減の37億5600万ドル(約4100億円)だった。パソコン(PC)市場の縮小に伴い、基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」のライセンス収入が減少したほか、縮小を決めた携帯電話端末事業の不振も響いた。売上高は6%減の205億3100万ドル。1株利益は0.47ドル(前年同期は0.61ドル)だった。売上高、1株利益とも市場予想を下回った。株価は21日の時間外取引で一時、同日終値比の下落幅が5%を超えた。ウィンドウズと端末事業を主体とする「モア・パーソナル・コンピューティング」部門の売上高は1%増の94億5800万ドル。検索連動型広告やゲーム事業は好調だったが、ウィンドウズのライセンス収入が26%減と大きく落ち込んだ。米調査会社IDCによると、1~3月期のPCの世界出荷台数は12%減の6060万台だった。ノキア(フィンランド)から買収した携帯電話端末事業は47%の減収。スマートフォン「ルミア」の販売台数は230万台と74%減った。一方で自社開発のタブレット「サーフェス」は好調を維持した。同事業の売上高は11億1100万ドルと56%の増収だった。成長戦略の柱と位置づけるクラウドは順調に伸びた。「アジュール」を中心とする「インテリジェント・クラウド」部門の売上高は3%増の60億9600万ドル。クラウド関連の売上高は年換算で100億ドルを突破した。サティア・ナデラ最高経営責任者(CEO)は18年6月期までに200億ドルに引き上げる目標に向けて「順調に進んでいる」とした。
3月のWindows10強制アップグレードは響くでしょうね。あれで一気にWindows10は嫌気されましたねー。Windows10でもユーザー体験を無視する変更がたくさんなされているのは本当にイヤですね。デスクトップにショートカットを作る方法も変わってたりします。いいかげんにしろよ、マイクロソフト。ナデラ氏に代わってよくなるかと思ったけど性根は変わっていませんね。
2016年04月23日 (土) | Edit |
VRとの相性も抜群、画質向上で魅力増す「THETA S」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/041800257/?ref=nbptrn_top_bunya
全天球写真や動画が手軽に撮影できるリコーの個性派デジカメ「THETA」(シータ)の売れ行きが好調だ。THETAは、2013年11月に初代モデルが登場し、2014年11月には動画撮影に対応した「THETA m15」(以下、m15)を追加。だが、m15が登場しても「知る人ぞ知る存在のマニア向けカメラ」という印象があった。転機になったのが、2015年10月下旬に「THETA S」(以下、S)を発売したこと。画質や撮影性能の向上が評価されてSNSなどで話題となり、より多くの人に知れ渡る存在となった。あまりの人気で発売直後から品切れが続いていたが、ようやく在庫が潤沢になってきた。「Oculus Rift」や「PlayStation VR」(PSVR)など、今年相次いで登場するVRヘッドマウントディスプレイを使えば全天球写真や動画が大迫力で楽しめることも、THETAシリーズの注目度を高める要因になっている
これいいなー。PSVRが出たらスタビライザーといっしょに買いたい。
2016年04月23日 (土) | Edit |
デジタル教科書解禁へ 文科省、20年度の導入めざす
http://www.asahi.com/articles/ASJ4L76R0J4LUTIL073.html?iref=comtop_list_edu_n01
小中高校で使われる教科書について、文部科学省はデジタル化を解禁する方針を固めた。紙をデジタルにすることで、音声や動画機能を持つ補助教材と一体で学べる利点があるという。2020年度からの導入をめざす。22日、有識者会議に案として示す。紙の教科書と同じ内容の電子データを「デジタル教科書」とし、タブレットやパソコン端末などを使って授業を受ける。デジタル化することで、文字を拡大して色をつけたり、一部を切り出して保存したりできる。文字が見にくいなど障害のある子どもたちが使いやすい教科書とするのも目的の一つだ。デジタルの補助教材と組み合わせることで、英語の発音を聞いたり、立体の断面図や人体内の食べ物の動きを動画で見たりできるのも大きな利点とされる。インターネットに接続し、わからないことをその場で調べることも可能だ。こうした「追加機能」は国の検定対象とせず、各市町村の教育委員会などの判断で教科書会社が追加する形にする
タブレットが世に出てから何年経ってるんだよ。おせーよ。
2016年04月22日 (金) | Edit |
日本のIT大手4社が“メインフレームのモダナイゼーション”に取り組む理由
http://japan.zdnet.com/article/35081544/
モダナイゼーションWGの活動内容としては、現行の踏襲を前提に期間とコストを決定してしまうモダナイゼーションの事例に共通の課題を分析・整理し、システム再構築に共通する課題を克服して、モダナイゼーションに取り組むベースとなるシステムの構築を可能とすることを目指すとしている。そのうえで、再構築時に陥りやすい問題を踏まえたリスクをユーザー企業とITベンダーの間で共有し、システム化計画を作るための手引きとして、レガシーシステムに代表される難易度の高い再構築時にいかにアプローチすべきかを示すガイドラインを2017年1月をめどに作成し、IPA/SECのホームページなどで公開する考えだ。日本の大手企業が利用する基幹系システムでは、依然としてレガシーなメインフレームが全体の2割程度を占めているとも言われる。これをどのようにモダナイズし、新たなプラットフォーム上へ刷新していくかという課題は、昨今の“企業のデジタル化”の動きと照らし合わせると喫緊の対応が求められている。果たして、日本のIT大手4社がユーザー企業とともに取り組み始めたメイフレームのモダナイゼーションは思惑通り成果を上げることができるかどうか、注目しておきたい
ミッションクリティカルな業務にはまだメインフレームとその枯れたプログラムが動いているんですね。普通はとっくにC/Sに移行してるんでしょうけど。20年前はまだC/Sを業務用に使うとか言うとバカにされてましたからね。メインフレームからするとパソコンなんか「おもちゃ」だと。今やローカルクラウドを使う時代だよねー。
2016年04月22日 (金) | Edit |
BMWとダイムラー、Apple Car交渉を中止
http://jp.techcrunch.com/2016/04/21/20160420bmw-and-daimler-abandon-apple-car-talks/
もしAppleが本当に自動車を作っているとしたら、それはUltimate Driving Machine™ではない。BMWとDaimlerは、Appleとの自動車協業に関する交渉を中止した。Handelsblattが報じた。  リーダーシップとオーナーシップの行方を巡って、交渉は決裂した(BMWとは昨年、最近Daimlerと)と、ドイツ紙の情報源は伝えた ― そしてわれわれがAppleについて知っていることを踏まえれば、それはいかにもありそうな行き詰まりの原因である。車をメーカーのサービスではなく、Appleのサービスと密に統合するというアイデアは自動車メーカーをいら立たせた。もちろん自動車ブランドは、世界で最も強力に守られ、宣伝されているものの一つである。Appleがフィアットの製造現場担当役員をスカウト、すでに電気自動車の製造ラインを構築中か?Appleの新規採用者には、カーインテリア、変速機、新型車、自動車安全性の専門家までいた  Apple Car構想にまつわる噂は一年ほど前から渦巻いており、最近の雇用も十分以上に暗示している。しかし、それが自動車そのものなのか、自動車メーカーとの協業なのか、あるいはもっと控え目なcarOSの既存システムとの統合のようなことなのかは、誰の意見も一致していない。それでも一つ、全員が確信していることがある。数百人の社員が取り組んでいるプロジェクトは、遊びではない
アップルはどこへ向かっているのだろうか。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。