FC2ブログ


2016年05月07日 (土) | Edit |
一億総クリエーター時代 コンテンツ課金に商機
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO00273030Z20C16A4H56A00/
DeNA子会社のエブリスタ(東京・渋谷)が運営する投稿サイト「E★エブリスタ」はその一つだ。スマートフォン(スマホ)で気軽に読める作品の投稿をつのり、利用者に課金できる。集まった作品は200万点を超える。課金へと目立った動きを見せてはいないものの、サイト開設前から膨大な作品を集めて話題を呼んだ「カクヨム」のような有力投稿サイトも誕生している。いずれ、課金や掲載した作品の出版などを通じて多様な収益事業へと向かう可能性が高い。 ジャーナリズムの分野では、米国などでは事例が出てきている、読者に事前に拠出金を募るような「クラウドファンディング」型メディアもいずれ出てこよう。背景には、広告収入追求への疲労感がある。モバイル分野で広告市場の成長が期待されているが、その多くは、グーグル、フェイスブックといった超大手プラットフォームに集中している。また、記事のスムーズな表示を阻害する広告を、消費者があからさまに忌避するようになってきたこともある
こういうクリエーターとユーザーが一対一契約するようなシステムがいいですよね。カスラックみたいな寄生虫が間にいなくて。
2016年05月07日 (土) | Edit |
ディープネットワークで自動着色された映画「ローマの休日」予告編がすごいと評判
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/20160506_756065.html
白黒の映像をカラー化するニーズは、ニュース映像やドキュメンタリー、映画などで根強く存在しているわけだが、人力での作業となるため手間も予算もかかってしまうのが難点とされていた。こうした常識を覆す映像がYouTubeで公開されて注目を集めている。これは映画「ローマの休日」予告編をカラー化した映像で、ディープネットワーク技術を用いることで自動的にカラー映像を生成していることが特徴。元になっている技術はつい先日早稲田大学の研究チームが発表した「ディープネットワークを用いた大域特徴と局所特徴の学習による白黒写真の自動色付け」で、その時点では写真への自然な着色が話題になったわけだが、今回はさらに難易度の高い動画が対象でありながら、60年代のカラー映画風の映像を見事に実現している。専任のオペレーターなしでカラー変換を実現するこの技術を用いることで、過去のさまざまな映像が手軽にカラーで見られるようになる日も遠くはなさそうだ
これはすごい!白黒映画がカラーになるのか、胸熱だな。最近、夢の技術が現実になってますよねディープなんちゃらってすごい。
2016年05月07日 (土) | Edit |
ついにMacもメインストリーム? 世界の10台に1台のパソコンがMacへ…
http://www.gizmodo.jp/2016/05/mac_101mac.html
ところが、どういうわけか今年に入って、Macのシェアがグングンと上昇。ついに夢の2ケタ台のシェアを獲得する日も間近に迫ってきた感じですよ。ちなみにWindowsの各バージョン別に分析するならば、Windows XPのシェアは10.63%。まだ世界でWindows XPを使い続けている人と同じくらいの人数のMacユーザーが存在するようになったと考えると、やはりMacユーザーが以前より明らかに増えてきたのは事実ではないでしょうか?  なお、こうしたデータにもっとも頭を悩ませているのは、Microsoftかもしれません。無料のアップグレードを促しているのに、依然として圧倒的多数のユーザーは、Windows 7を使い続けることを選んでいるようです。先月末の時点でも、Windows 10ユーザーは全体の15.34%のみ。無料アップグレード期間が終了した後でも、こんな状況が続いてしまったりすれば、Microsoftにとって最大の危機がやってくるやもしれませんよ〜
どうしてでしょう。Windows 10への強制アップグレードでみんなMSに嫌気したのでしょうか。私はWindows 8を見て嫌悪というより憎悪を覚えて、Macへ移行しました。
2016年05月07日 (土) | Edit |
Siriをはるかに越えるAIを備えたSiri開発者らによる新音声認識システム「Viv」がまもなく公開へ
http://gigazine.net/news/20160506-siri-ai-viv/
Appleの音声アシスタント機能「Siri」の誕生に関わった開発者らにより、かねてより開発されていた新しい音声認識システム「Viv」がようやく完成し、まもなく発表されるものと見られています。Vivは「複合的な質問を理解する」「多くのアプリを実行可能」など、Siriをはるかに越えるAIを備えているとのこと。(中略)VivはKittlaus氏らが思い描いていた「Siriのなりたかった形」を実現したもので、多くの点でSiriよりも多様な機能を実行可能です。ワシントン・ポストによると、「職場近くのPizz’a Chicagoからピザを購入したい」と伝えると「トッピングはどうしますか?」と聞き返し、「トッピングはペパロニで」「半分はチーズ」「シーザーサラダも」という注文もちゃんと理解して、少し住所の認識に混乱が生じたものの、最終的にはオフィスまで注文通りのピザが届く、ということを実現したそうです。この時、電話や検索、アプリのダウンロードは不要だったとのこと。  このほかにも、Vivは「車を配車して」というとUberなどの選択肢を提示したり、デリバリーサービスのGrubhubや診察予約サービスのZocdoc、航空券予約サービスのSeatGuruなど多くのサード・パーティーアプリと連携してタスクを行ってくれます。  GoogleやFacebookはVivの買収を考えているそうですが、Vivエンジニアが買収に応じる意向は記事作成時点で伝えられていません
すごいですね。これってもうAIですよね。なんか時代の進み方が速くなったんじゃね?日本語対応の同時翻訳機を早く実現してほしいぞ。
2016年05月07日 (土) | Edit |
IBM、量子コンピュータを利用可能にするクラウドサービス開始
http://japan.cnet.com/news/service/35082159/
IBMは米国時間5月4日、ニューヨーク市郊外にある5量子ビットの量子コンピュータに誰でもアクセスできる新しいクラウドベースのサービスを開始した。1と0で情報を処理する通常のコンピュータと違って、量子コンピュータは、1と0を同時に処理する量子ビットを用いて処理を高速化するため強力だ。混乱を招くことも多いこの実験的技術の開発は、まだ初期段階にある。量子ビットが不安定という問題もあるため、今あるすべての量子コンピュータは、超低温下に置かれている。IBMの新サービスは、初めて量子コンピューティングを一般市民に提供するものとなる。これは、この技術は誰もが利用するのに十分なくらい成熟して安定しているとIBMが考えていることを示している。ニューヨーク州ヨークタウンハイツにある研究所に設置された量子コンピュータへのアクセスは、コンピュータプログラミングの基本を理解していれば、誰にとっても比較的簡単だ。IBMは、サービスの利用方法に関するチュートリアルを提供している。それでも、平均的な消費者がそれを大いに役立つと考える見込みは低い。とはいえ、研究者にとっては大事なサービスだ、とIBMは述べている
コンピューターパワーですらクラウドで提供される時代になるのだろうか。なんか昔のメインフレームをタイムシェアリングで使ってるイメージだな。
2016年05月07日 (土) | Edit |
古いノートPCを活用してミニサーバーを作ろう
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/041800089/042700007/?rt=nocnt
いまや自宅サーバーやNASを用いれば、個人でも大容量のHDDに大量のファイルを保存できる時代だ。だが、クラウドストレージの進化により、自宅でファイルを管理する必要性が徐々に薄れてきたことも事実である。今後は、写真や文書はもちろん、あらゆるファイルを無制限に保存するサービスが国内でも登場する可能性がある。 そこで筆者はクラウドの利用を前提に自宅サーバーを廃止し、代わりにキャッシュ管理やアップロードのためのミニサーバーを導入することにした。そこで目を付けたのが、古いノートPCだ。この記事は、自宅サーバーを廃してノートPCをベースにしたミニサーバーを構築するまでの体験記である
Mac Proを自宅サーバーにしているのだが、まったく使っていないのには困ったものだ。今や、動画はストリーミングで視聴できるし、サーバーに保存していてもミラーリング2台が突然吹っ飛ぶこともあったので安全とは言い難い(シーゲートだったのが不運か)。唯一、iOSとOS Xのダウンロードのキャッシュとして働いている(効いているのか不安だけど)。壮大な電気代の無駄である。さて、記事だが、今さらWindows 7をファイルサーバーなんてみっともないよ。Cent OSくらいで組めばいいのに。
2016年05月07日 (土) | Edit |
CM撤退の「ボンカレー」、ネット動画へ誘導強化の秘策
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO99341040W6A400C1000000/?dg=1
レトルトカレーの代名詞、大塚食品の「ボンカレー」は、2016年2月で発売から48年を数えるロングセラー商品。長年、テレビCMを放映してきたが、2013年に45周年を迎えて以降、テレビCMから撤退している。広告宣伝費を実に6割減らしたが、売り上げは微増で推移しているという。テレビCMに代わって取り組んだ動画広告が有効に機能した。同社製品部レトルト担当プロダクトマネジャーの垣内壮平氏は、「アンケート調査をすると、ボンカレーの認知率は9割を超えている。テレビCMは新商品を広くアピールするには向いているが、15秒や30秒では生活者にとってボンカレーがどういう存在でありたいか、メッセージを伝えることは難しい。そこで今までの広告宣伝スタイルを見直し、PR中心で進めていこうと方向転換を図った」と説明する。テレビCMに代わって活用したのが、YouTubeで公開する数分間の長尺動画だ。「ボンカレーは誰を救えるのか」を突き詰めた結果、共働き率が高まりながらも家事負担がなかなか軽減しないワーキングマザー(ワーママ)に訴えかける内容にした
テレビCMかから撤退か、いい動きだな。テレビなんてもう時代遅れの斜陽産業ですからね。だいたい、県域免許のせいでネットで流せないなんてダメ杉だろ。
2016年05月07日 (土) | Edit |
ウィンドウズ10有料に 7月末から1万9千円
http://this.kiji.is/101128565021212676?c=39546741839462401
米マイクロソフトは5日、インターネットを通じて無料提供している最新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ10」を7月30日以降は有料化すると発表した。日本法人によると、日本では1万9008円(税込み)で販売する。昨年7月29日に「ウィンドウズ7 SP1」などの利用者を対象に無料提供を開始。これまでは無料期間を延長するか、有料化するかを明確にしていなかった。価格の公表で、残り3カ月を切った無料期間中に「7」や「8」からの更新を促し、顧客を囲い込む狙いがあるとみられる。今回公表したのは主に個人向けの「ホーム」と呼ばれるエディションの価格
がっかりだな、MS。ナデラ氏になってから変わると思ったのは間違いだったようだ。依然としてホームとかプロフェッショナルとか分かれてるのか?いいかげんひとつにしろよ。
2016年05月07日 (土) | Edit |
スマホ漬けの子は、スマホ漬けの親のせいだ
http://blogos.com/article/174351/
子どものスマホ所持率が急激に高まってきました。小学生ですら半数近くが持ち始めています。理想は持たせないことなのかもしれないのですが、特に中高校生の子どもを持つ親にとっては、その選択肢自体が難しくなっているようです。中には部活動などの連絡網にSNSのグループメールを利用している場合もあり、親の方もそれを理由に所持を認めざるをえなくなり、折れている現状があります。保護者同士の連絡網として、または部活動の顧問が連絡網として積極的に利用しているということもあるようです。いじめの原因の筆頭にSNSを挙げて憂慮している学校側として、どうにも理解しがたい姿ですが、それぞれ事情があるのだと思います。よって本稿では「スマホを持つ前提」で話を進めていきます。ただ、スマホを持たせるにしても、わが子を「スマホ漬け」にしたい親などいません。親として、どのようにスマホと付き合っていくべきかを考えます
こういう論調ってテレビやゲーム機が出た時もあったでしょ。何か新しい物が出るたびにこういうこと言ってるのはナンセンスだ。
2016年05月07日 (土) | Edit |
AI活用しなければ…「就業人口735万人減」
http://news.livedoor.com/article/detail/11490421/
経済産業省は、人工知能(AI)などの先端技術を活用して成長を目指す「新産業構造ビジョン」の中間報告をまとめた。AIやビッグデータなどの技術を活用して国内産業を改革しなければ、2030年度までに就業人口が735万人減るとの試算を示し、対策が必要だと指摘している。報告書によると、特段の改革を行わない「現状放置シナリオ」では、国際的な産業競争力が低下し、30年度までの実質成長率は平均で0・8%にとどまると予想した。成長が見込めない産業を中心に雇用も失われ、就業人口が15年度の6334万人から735万人減るとした。低賃金労働者の割合も増える。一方、AIやロボットなどを生かした技術革新で、付加価値の高い産業への移行を進める「変革シナリオ」では、実質成長率が2・0%まで上昇する。就業人口の減少も161万人に抑えられると見込んだ
こういうのってアテにならんのだよなー。確かにAIに取り組まないと国の存亡にかかわるようになるのは確かだけど、AIに取り組んだからって就業人口の減少が抑えられるかはわからないよね。AIに取って代わられる職業がたくさんあるだろうし。株のトレーダーだってAIになるよね。
2016年05月07日 (土) | Edit |
Huluが2017年にテレビ放送を見られるライブストリーミングを開始へ
http://news.livedoor.com/article/detail/11489537/
ストリーミングサービス大手のHuluが、アメリカ国内の通常テレビ放送が見られるライブストリーミングサービスを提供することが明らかになりました。開始は2017年を目標としているとのこと。  これにより、テレビ用のアンテナがないなどの環境でも、インターネットさえあればテレビ放送を視聴できるようになります。利用料金は、月額40ドル(約4,300円)ほどとみられていますが、The VergeがHuluのMike Hopkins CEOに取材したところによると、正確な金額は未定。しかしThe New York Timesの報道によれば、同社の幹部数人はおおよそその価格帯になることを認めているとのこと。  そして、通常のテレビ放送とストリーミングサービスの最大の違いは、コマーシャルの有無。Huluは今後その点について検討を行ない、今年中に詳細を発表するとのことです。具体的にどんなチャンネルが含まれるのかは、まだ明確になっていません。ただ、Disneyや21st Century FoxはHuluの親会社であるため、入る可能性が高そうですね。世界的には、Netflixの一強時代が続くストリーミングサービス。挽回が必要なHuluですが、アメリカ視聴者の「テレビ離れ」は日本より進んでいるともいわれますので、はたして有効打となりますでしょうか
それ、いらないだろ。日本でもしやっても見ないよ、地上波放送なんて。まぁ、日本で実現する見込みはないよね。だって県域免許だから流せない。バカみたいでしょ、日本のテレビって。
2016年05月07日 (土) | Edit |
パソコンを使えない新入社員増 スマホネイティブの弊害
http://news.livedoor.com/article/detail/11490096/
新年度が始まって約1か月が経ち、今年の新入社員の様子がだんだんわかってきた。スマートフォンの普及率が約5割になった2012年4月に大学入学し、2016年3月に卒業して新社会人になった彼らは、キーボードとパソコンが苦手で、周囲を驚かせている。  「少し前から、スマホのフリック入力はできてもキーボードを使えない大学生がいるという話がネットでも話題でしたけれど、大げさに言っているだけだろうと思っていました。でも今年、本当にそういう若者がいるんだとわかりました。同じ部署に配属された新人が、びっくりするくらいメールを打つのが遅い。マウスの右クリックがわからないみたいで、パソコンそのものに慣れていません」
昨年頃からこういう話が出てましたね。スマホネイティブな世代だからなー。こういうのってデジタルデバイドって言わないんじゃね?スマホはおもいっきりデジタルだもん。