--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016年08月31日 (水) | Edit |
「スマホ向け」放送うたった「NOTTV」 対応端末増えず4年で幕
http://www.j-cast.com/2016/08/28275667.html
日本初のスマートフォン向け放送「NOTTV」(ノッティーヴィー)が2016年6月末、放送を終了した。NTTドコモのグループ会社が2012年4月に放送を始めたが、わずか4年という短命に終わった。続々と登場する動画配信サービスとの競合や、対応端末数が伸び悩んだ末に「今後の事業継続が困難」と判断された。NOTTVは、アナログテレビ停波後に空いた周波数帯域を利用し、従来の放送のような「リアルタイム放送」と、番組を一時保存できる「蓄積型(シフトタイム)放送」の2種類の放送形態があった。そのうち3チャンネルあった「リアルタイム放送」では、TBSや日本テレビのCS局から番組供給を受けてニュース番組を24時間体制で流したり、毎日7時間の情報番組を独自制作したりすることが売りだった
日本初の動画サービスでイケてるのはAbemaTVくらいですよね。あとはhuluやNetflixに太刀打ちできない。
スポンサーサイト
2016年08月31日 (水) | Edit |
アマゾンが握るクラウドの未来
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H15_Z20C16A8FFB000/?n_cid=DF150220104320
クラウドサービスは値下げをしても収益性が高い。基本的なデータ保存や計算処理サービスだけでなく、分析からメール、検索、ワークフローまで、何百種類ものサービスや機能を提供するからだ。必要なソフトはすでに書かれているため、こうした新たな機能を追加する限界費用はゼロに近い。他社は苦戦している。HPはクラウド事業から撤退した。IBMは13年にクラウドサービスの米ソフトレイヤー・テクノロジーズを買収し、クラウド事業の中核に据えたが、まだ追いつけない。米グーグルも厳しく昨年、IT業界の有力者ダイアン・グリーン氏をクラウド部門のトップに起用した。米調査会社フォレスター・リサーチでは現在、AWSの背中に何とか届きそうなのはマイクロソフトのアジュールだけだとみている。この「クラウド戦争」はまだ終わってはいない。ガートナーの試算では16年、クラウドサービスに払われる金額は、世界全体のIT投資額3兆4000億ドルの6%に当たる約2050億ドルで、来年は2400億ドルに膨らむ見通しだ。最新の戦場がデータだ。事業者らは有用情報を取り出すだけでなく、そこで得た洞察を使って新たなサービスを始めたり既存サービスを改良したりするため、デジタル情報を猛烈な勢いで集めている。例えば、IBMは今年、医療関連データの分析会社、米トルーベン・ヘルス・アナリティクスの買収を発表した。同社は患者2億1500万人分のデータを持つ
アマゾンがその圧倒的なクラウドパワーで他社を圧倒しています。追随するのがMSとグーグル。パワーの点ではMSもグーグルも申し分ないだろう。さて、翻って日本はどうか、というと心もとない、というよりお寒い状況だ。楽天がクラウドらしきものを持っていそうだが、他は単にサーバーをインターネット上に置いて、それをクラウドと呼んでいるところが多い。自治体クラウドなんかたかだかそんなものだ。クラウドを持つものが世界を制する、というのは私がかねてから書いていることだ。さらに今後はクラウド+AIにシフトしていくだろう。
2016年08月31日 (水) | Edit |
新型iPhone披露か アップル、9月7日にイベント
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Z2J62J8ZUHBI00D.html?iref=comtop_8_03
米アップルは米現地時間9月7日朝、サンフランシスコ市内で新製品発表のイベントを開く。29日、メディアに向けて招待状を送った。例年どおり、「7日に会いましょう」とだけ書かれており、何の発表かは明らかにされていないが、新型のiPhone(アイフォーン)が披露されるとみられる。アップルはこのところiPhoneの販売不振が続いており、新しいiPhoneが起死回生につながるか、注目されている
最大の注目点は、Felicaに対応してるかどうか、ですね。
2016年08月30日 (火) | Edit |
JPEGを超える画像圧縮を人工知能で実現、Googleが手法を開発
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/14/481542/082600264/
そのうえで研究チームは、Googleが2015年にオープンソース化した機械学習システム「TensorFlow」を使って、実験的なニューラルネットワークのアーキテクチャーに対して100万ステップの学習を行い、そこから得た技術的な指標に基づいて、どの学習モデルで最善の圧縮結果が得られるかを探った。最終的には、研究チームのモデルは、平均でJPEGを上回る成果を残すことができた。同チームによると、次なる挑戦は、大きな画像を対象として、動画圧縮コーデックを基にした画像圧縮手法よりも優れた結果を実現することだ。こうした圧縮手法は、「デコード済みの部分を再利用するなどの技法を使っている」からだという。このような画像圧縮手法の例としては、ビデオコーデック「VP8」をベースとした画像フォーマット「WebP」がある
これが一般的になる日は来るのだろうか。
2016年08月30日 (火) | Edit |
512GBモデルでは最安クラスの2.5インチSSDがPATRIOTから発売
http://ascii.jp/elem/000/001/218/1218840/?topnew=5
PATRIOTからコストパフォーマンスに優れるSerial ATA対応の2.5インチSSD「Spark」シリーズの容量512GBモデル「PSK512GS25SSDR」が登場。パソコンショップアークで販売中だ。「Spark」シリーズは、コントローラーに最近流行りのPhison製、NANDフラッシュはTLCタイプを採用する2.5インチSSD。転送速度はシーケンシャルリード560MB/sec、同ライト545MB/sec、ランダムリード8万5000IOPS、同ライト7万5000IOPS、MTBFは200万時間というスペック。128GBと256GBモデルは今月上旬に発売されている。価格は1万2480円と、同容量帯のSSDとしては非常に安い
これでもいいかな。
2016年08月30日 (火) | Edit |
1TBで約4.6万円! PLEXTORの高速SSD「M8PeG」が27日販売解禁
http://ascii.jp/elem/000/001/218/1218797/?topnew=8
PLEXTORから、NVMe規格のPCI Express Gen3 x4対応M.2 SSD「M8PeG」シリーズが登場。27日(土)から販売がスタートする。1TBモデルで予価は4万6580円と非常に安い。「M8PeG」シリーズは、COMPUTEX TAIPEI 2016で公開されたPLEXTORの新型SSD。コントローラーにMarvell製チップ88SS1093、フラッシュメモリーにTOSHIBA製15nm Toggle MLCを採用する。発売されるのはPCI Express Gen3 x4対応のM.2 2280対応モデル。「効果的な冷却性能を発揮する」とうたうヒートシンクカバーを搭載するのが特徴だ。   容量ラインナップおよび基本スペックは、128GB「PX-128M8PeG-08」(シーケンシャルリード1600MB/sec、同ライト500MB/sec)、256GB「PX-256M8PeG-08」(シーケンシャルリード2000MB/sec、同ライト900MB/sec)、512GB「PX-512M8PeG-08」(シーケンシャルリード2300MB/sec、同ライト1300MB/sec)、1TB「PX-1TM8PeG-08」(シーケンシャルリード2500MB/sec、同ライト1400MB/sec)の4モデル。DRAMキャッシュは512MB LPDDR3で、1TBモデルのみ1024MB LPDDR3
新しいPCのSSDはこれにしようかな。1TBで5万円を切ったのはすごい。
2016年08月27日 (土) | Edit |
「PlayStation 4」国内300万台突破 ソフト1位は……
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/25/news099.html
ゲーム総合情報メディア「ファミ通」は8月25日、「PlayStation 4」(PS4)の国内推定累計販売台数が21日までに300万台を超えたと発表した。2014年2月の発売から2年半で達成した。昨年10月の値下げ以降、売れ行きが加速しているという。PS4向けソフトの累計販売本数1位は「メタルギアソリッドV ファントムペイン」、2位は「KNACK」、3位は「コールオブデューティ ブラックオプスIII」だった。PS 4用VR HMD「PlayStation VR」が10月に発売されるほか、「ペルソナ5」「ファイナルファンタジーXV」など人気シリーズの最新作も年内に投入予定。「今後さらなる販売台数の伸びが期待される」としている
PS4一人勝ち状態ですなー。VRはぜんぜん予約できないのでしばらく待つことにした。
2016年08月27日 (土) | Edit |
Mac OS X向け仮想マシンソフト最新版「Parallels Desktop 12 for Mac」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1016151.html
パラレルス株式会社は23日、Mac OS X向け仮想マシンソフトの最新バージョン「Parallels Desktop 12 for Mac」の国内販売を開始した。価格(税込)は8500円。バージョン10/11のユーザー向けのアップグレード版も5300円で提供される。新バージョンでは、前バージョンから最大90%高速化されているほか、仮想マシンのサスペンドが60%、Windowsのフォルダーパフォーマンスが最大25%高速化されたという。バッテリー駆動時間も最大10%向上する。また、現在ベータ版が提供されている「macOS Sierra」での動作を新たにサポート。macOS Sierraでストレージを最適化する新機能「Optimized Storage」にも対応する。このほか新バージョンでは、20の単機能ツールがまとめられた「Parallels Toolbox for Mac」も新たにバンドルされるほか、500GBのクラウドバックアップストレージを含む「Acronis True Image」の1年版サブスクリプションが付属する
私は9で止まってしまっている。サーバーはMac OSかLinuxでFA。
2016年08月27日 (土) | Edit |
CMSプラットフォームの最新バージョン「Movable Type 6.3」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1016347.html
シックス・アパート株式会社は24日、PHP 7とMySQL 5.7に対応したCMSプラットフォームの最新バージョン「Movable Type 6.3」の提供を開始した。Movable Typeは、個人から数万ページに及ぶ大規模サイトまで幅広く利用され、国内だけでも5万サイト以上に導入されているCMSプラットフォーム。最新バージョンのMovable Type 6.3では、PHP 5.6と比べて実行速度が2倍に向上した最新バージョンの「PHP 7」と、オープンソースデータベースの最新バージョン「MySQL 5.7」に対応した。また、画像ファイルのアップロード時に画質の変更を無効にする機能が追加されている。   Movable Type 6.3は、商用利用ができない個人向けの無償ライセンスのほか、オンプレミス環境向けのソフトウェア版(9万円)、プラグイン「ケータイキット for Movable Type」をセットにした「Movable Typeモバイルパック(15万円)」、ワークフロー機能とプラグイン「CheckRelease for Movable Type」を追加した「Movable Typeワークフローパック(13万円)」の各ライセンス(価格はいずれも税抜)で提供される。既存ユーザーは最新版へのアップデートが無償で行える
これってまだあったんだ・・・。最近ぜんぜん聞かなかったからなー。個人でやるならWord Pressがお手軽だと思うけど。
2016年08月27日 (土) | Edit |
プレイステーション3のソフトがPCで遊べるように!
http://www.gizmodo.jp/2016/08/playstation-now-coming-to-pc.html
遊べるソフトは400本以上!  ストリーミングでプレイステーションのゲームが遊べるストリーミングサービス、PlayStation NowがWindows PCに対応することになりました。これまではPS4やPS Vitaなど限られたデバイスからしかアクセスできなかったので、より幅広いユーザーが手軽に楽しめるようになりそうです。  DEN OF GEEK!が報じたこのニュースは、PlayStation.Blogにて発表されたもの。必要なPCのスペックは以下の通りです。  OS:ウィンドウズ 7 (SP1)または8.1または10 CPU:3.5 GHz Intel Core i3または3.8 GHz AMD A10またはそれ以上 ハードディスク容量:300 MBかそれ以上 RAM:2GBかそれ以上 サウンドカード USBポート  なお、接続は5Mbps以上の有線が望ましいとのことです。  そして、9月にはPCで遊ぶためのDualShock4用USBワイヤレスアダプターも発売されます。もし、PCとMACに「PS4リモートプレイ」がインストールされていれば、その操作も可能で、お値段は24.99ドルです。
えっ?マジかよ。
2016年08月27日 (土) | Edit |
iPhoneを買うなら9月まで待つべき理由を示した「iPhone 7(仮)」の8つの特徴
http://gigazine.net/news/20160824-dont-buy-iphone-august/
AppleはiPhoneの新モデルを毎年9月に発表しており、2016年は「iPhone 7」が登場すると見られています。9月を目前に控えた今、さまざまな次期新型iPhoneの情報が出てきているのですが、Apple製品のうわさやリーク情報を報じるニュースサイト・Mac Rumorsが、新しいiPhoneに搭載されることが予想されている8つの特徴をまとめたムービーを公開しています。新型iPhoneは毎年「9月」に発表されます。9月に登場すると見られる次期新型「iPhone 7」は8つの特徴を備えています。その1:今までになかった新色「ディープブルー」が追加される その2:iPhone 6から実装された「アンテナバンド」が薄くなる その3:カメラが大きくなり性能もアップ その4:ヘッドホンジャックがなくなってスッキリ その5:ホームボタンがプッシュ式ではなく感圧式3Dタッチボタンに変更 その6:ついに防水機能が施される その7:より高速なA10プロセッサも搭載
私はまだ5sなのだが、7をスルーできるだろうか。心配だ。でもどうせならFelicaに対応したものがいいなー。
2016年08月27日 (土) | Edit |
Linux誕生25周年--写真で振り返る25の重大イベント
http://japan.zdnet.com/article/35088048/
Linuxが8月25日、誕生25周年を迎えた。Linuxが産声を上げた日については諸説ある。実際のところ、Linus Torvalds氏さえも、誕生日にふさわしい日付が1991年に4つ存在していると考えている。とはいえLinuxが2016年で25周年を迎えるのは間違いない。以下は、その道のりにおけるさまざまな出来事だ。1991年:Linuxの誕生日は一般には、MINIX Usenetニュースグループ(comp.os.minix)にこのメッセージが投稿された1991年8月25日だと考えられている。Torvalds氏はこの新しい無償OSについて、「単なる趣味であり、386(486)ATのクローン機向けのGNUのような大がかりな、そしてプロフェッショナルなものではない」と書き記していた。当時のTorvalds氏は、その考えが大きく間違っていたことを知る由もなかった
いやー、Linuxがここまで成功を収めるとは20年前の私は思いもしなかった。でも今は、20年後のコンピューターのOSの主流はLinuxになると確信している。今やマイクロソフトでさえLinuxを使っているんだからね。
2016年08月27日 (土) | Edit |
iPhone直結! お手軽360度撮影ができる「Insta360 Nano」。箱がVRビューワーに!?
http://av.watch.impress.co.jp/docs/series/zooma/1016265.html
一方Insta360 Nanoは、iPhoneのLightning端子に直結する360度カメラだ。モニタリングやファイル転送は端子経由で行なえるので、手っ取り早いわけである。Amazon.co.jpなどで販売されており、価格は27,000円を切る程度だ。リコー「THETA S」と比較すると、実売ベースで1万円程度安い。今回はサンコーからお借りした。製品はiPhoneが入っているような、白く四角い箱に入っている。この箱、実は底面に2つのレンズが付いており、中身を全部取り出すと、ビューワーになる仕組みだ。これはあとで試してみよう。カメラ本体は、33×110×21mm(横×縦×厚さ)と、360度カメラとしてはかなり小型だ。レンズ部も含め、THETAよりも一回り小さい。見た目にあまり高級感はないが、重量も73gと軽量なので、ある意味見た目通りと言える
VRコンテンツづくりにはこういうカメラが必須ですね、さらにステレオの。
2016年08月27日 (土) | Edit |
iPhoneにフェリカ 「おサイフ」に現実味
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO06477580V20C16A8000000/?dg=1
9月に登場予定の新型iPhoneで、ついに日本発の非接触ICチップ技術「フェリカ(FeliCa)」に対応する可能性が高まった。もちろん米アップルからの正式な発言は何もないが、製品発表が近づくにつれ周辺からはフェリカ対応を予測させる発言が次々と飛び出している。JR東日本などの努力で、フェリカがモバイル決済の標準規格として採用されるメドもほぼ立ちつつあり、iPhoneで対応するための外堀は確実に埋まりつつある。(中略)当初は筆者も半信半疑だった「iPhoneにフェリカ搭載」説だが、その10日後にJR東日本からも裏付ける発言があった。7月14日に東京都内で開催されたNFCフォーラム日本支部のイベントでJR東日本の山田肇担当部長が基調講演に登壇。そのなかで「2017年4月以降、公共交通機関で利用されるGSMA対応グローバルモデルのNFC携帯端末はNFC-Fも実装されることになる」と語ったのだ。ここでいうGSMAとは世界の通信事業者を束ねる業界団体のことで、NFC-Fは実はフェリカのことを指す。GSMAとNFCフォーラムの間では、スマホを使って電車などの公共交通に乗ったり決済をしたりするための規格を統一しようとまい進している最中だ
えっ?そっちへ行っちゃうの?それはびっくりだ。つーか、これは今年最大のニュースになるかも。iPhoneで鉄道やバス、コンビニの決済ができる日が来るかも・・・すごく便利だ。
2016年08月27日 (土) | Edit |
「正義のハッカー」養成機関新設へ…年100人
http://news.livedoor.com/article/detail/11935864/
総務省はサイバー攻撃に対する日本独自の防御技術を蓄積するため、「正義のハッカー」を養成する機関を2017年度に新設する。日本はサイバーセキュリティーの分野で欧米に比べて人材が乏しいためで、年間で約100人の輩出を目指す。サイバー分野の専門家や起業家を増やし、自前のシステムで防御できる技術を磨く狙いがある。正義のハッカーとは、コンピューター技術に精通し、サイバー攻撃に対処できる人のことだ。総務省所管の国立研究開発法人、情報通信研究機構(NICT)内に「ナショナルサイバートレーニングセンター」(仮称)という養成機関を設立する。工業高等専門学校や大学などの学生を中心に25歳以下の若者を募り、1年かけて訓練する
こういうのって成功した試しがないよなー。日の丸検索エンジンみたいに。
2016年08月27日 (土) | Edit |
Apple、セキュリティ問題を修正したiOS 9.3.5をリリース
http://news.livedoor.com/article/detail/11935637/
Appleは26日未明、iOSデバイス向け基本ソフトiOS 9.3.5をリリースした。iOS 9.3.5の配信は、iPhoneおよびiPadの重要なセキュリティの問題を修正・改善することが目的である。「About the security content of iOS 9.3.5」には、その詳細として、アプリケーションがカーネルメモリを開示できる問題や同権限で任意のコードを実行できる問題および、悪意のあるWebサイトにアクセスした際、任意のコードが実行されてしまう問題について修正したとある。当該セキュリティ問題は、カナダのトロント大学に拠点を置くセキュリティ研究機関Citizen Labとモバイルセキュリティで著名なLookoutが、現地時間8月15日にAppleに指摘したもの。Appleは、本通知から約10日間でセキュリティパッチを施したことになる
あー、また全機種アップデートしなきゃ・・・。
2016年08月26日 (金) | Edit |
テスラ、EVで航続距離500キロ超 普及目安上回る
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM24H0S_U6A820C1EAF000/?dg=1&nf=1
米電気自動車(EV)メーカー、テスラモーターズは23日、航続距離がEVとして初めて500キロメートルを超えるセダン「モデルS」の新モデルを発売すると発表した。価格は13万4500ドル(約1350万円)から。独アウディなど欧州勢も航続距離約500キロメートルのEVの投入方針を表明しているが、実用化でテスラが先行する。蓄電容量を100キロワット時とした新モデルの航続距離は、従来の最高値より7%伸びて315マイル(米環境保護局基準、約505キロメートル)となった。一度完全に充電すれば、東京・大阪間を追加充電なしで走れる計算だ。米国では航続距離「300マイル(約480キロメートル)超え」がEV普及の一つの目安とされてきた。多目的スポーツ車(SUV)「モデルX」にも、航続距離を289マイル(約460キロメートル)まで伸ばしたモデルを加える。電池の大きさは変えずに、現行の蓄電池の素材の構成と配置で理論上の限界に近い性能を引き出したという。来年にも生産に入る予定の小型量産セダン「モデル3」向け蓄電池では、素材や構成を変えて性能を高める
これなら航続距離はガソリン車と遜色ないですね。でも高い・・・。ポルシェの新車がもう少しで買えちゃう。まぁ、ポルシェの値付けは高すぎるんですけど。
2016年08月26日 (金) | Edit |
『Gear VR』『HTC Vive』『PlayStation VR』勝ち残るのはどれだ?
http://news.livedoor.com/article/detail/11926158/
房野氏:先日、VRの話をうかがいましたが、今回はVRのビジネスやエコシステムについてお聞きしたいと思います。『HTC Vive』、『Oculus Rift』、『PlayStation VR』など色々ありますが、勝ち残りそうなのはどこでしょう。石川氏:PS VRと『HTC Vive』はかなり専門的。PS VRはゲームファンの気持ちさえ掴めばいいと思う。ゴーグルはコントローラの延長だと思うので、手堅いと思います。法人がアミューズメントパークでVRを導入するとか、いろんなものを組み合わせてやるなら、『HTC Vive』一択状態なので、こちらも手堅い。先日開催された「MWC上海」(上海行なわれるモバイル関連の展示会)でもVRフロアがありましたが、『HTC Vive』しかない状態でした。本格的なものは、そこそこ市場がある
今の状況はかつてのスマートウォッチとよく似ています。アップルがスマートウォッチを出すという噂が業界で流れて、各メーカーが我先にと適当なスマートウォッチを出しました。それを使ったユーザーは幻滅しましたが、本家アップルがApple Watchを市場に投入するや、一人勝ちの状態になりましたよね。VRではアップルがソニーに代わったと見るべきでしょう。本命はPS VRです、まちがいなく。
2016年08月26日 (金) | Edit |
無人の自動走行車レース、来年にも 人工知能の優劣競う
http://www.asahi.com/articles/ASJ8H7FM2J8HUTQP04B.html?iref=comtop_latestnews_03
自律走行する無人のレーシングカーで勝敗を競う、まったく新しいタイプの自動車レース「ロボレース」が来年にも始まる。今月初め、その車両の基礎になるデザインが発表された。ロボレースは同じ動力性能を持つ10台の電動レーシングカーで勝ち負けを争う。同じ車を配分された各チームが争うのは人工知能の優劣だ。レース前に自律走行するためのプログラムをそれぞれの車に組み込む。一般的なレーシングカーと同じぐらいの大きさの車は路面の状況、ライバル車の挙動などの情報をセンサーで感知し、状況の変化に対応して走る。レースはコースを周回して速さを競うものと、コース上にある障害物を避けて走る二つの成績を争う計画だ。車を提供するキネティック社のスフェルドロフ最高経営責任者は「将来的に市販車の安全走行の開発のスピードが上がることに貢献できればうれしい」とロボレースの意義を話す。ロボレースは、同じく電気で走るフォーミュラEのサポートレースとして開催される。3季目を迎えるフォーミュラEは10月に香港で開幕戦を迎える。ロボレースは11月にデモンストレーションを行い、来年にも実戦を始めたい考えだ
これは楽しそう(?)ですなー。こういうところで鍛えたAIが将来自動運転車に搭載されるんだろうか。まぁ、こういうレースをすることによって技術に磨きがかかりますよね。
2016年08月20日 (土) | Edit |
Microsoft、「PowerShell」をオープンソース化し、LinuxとOS X版を提供
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1608/19/news062.html
米Microsoftは8月18日(現地時間)、Windowsに標準で備わるシェル/スクリプト言語「PowerShell」をオープンソースで公開したと発表した。Linuxおよび米AppleのOS X版をGitHubからダウンロードできる。PowerShellは、.NET Framework上で構築されたタスクベースのコマンドラインシェル/スクリプト言語で、Windowsの管理の自動化などに利用できる。今回のオープンソース化により、LinuxとOS Xの管理の自動化も可能になる。同社はLinux向け「PowerShell Editor Service」も提供する。これにより、ユーザーは「VC Code」や「Sublime」など普段使っているエディタでPowerShellを使える。PowerSellはまた、「MicrosoftのOperations Management Suite(OMS)」との統合により、Azure、AWS(Amazon Web Services)、Windows Server、Linux、VMware、Google Cloud Platform、OpenStackなどのプラットフォームでアプリケーションやワークロードを管理できるようにする
へー、そうなんだ。いいことだよなー。できればWindows 2000とOffice 2000もオープンソース化してほしいぞ。
2016年08月20日 (土) | Edit |
アイ・オー、手持ちのテレビがタッチパネルに変わる外付けタッチモジュール「てれたっち」
http://japan.cnet.com/news/service/35087715/
アイ・オー・データ機器は、大型テレビや液晶ディスプレイに取り付けると、タッチパネルとして使用できる外付けタッチモジュール「てれたっち DA-TOUCH」(てれたっち)を発表した。発売は9月上旬。価格は9万2000円になる。46~80型の大画面テレビや液晶ディスプレイに対応し、ディスプレイなどの上部にネジを手で締めるだけで取り付けが可能。工具は不要だ。てれたっちには光学式センサを搭載し、専用ペンによる2点マルチタッチを実現。PCで専用の設定ソフトを起動し、大画面テレビに表示される内容に沿って設定するだけで、タッチパネルディスプレイとして使用できる。専用アプリ「白板ソフトプロ for てれたっち」付きモデル「DA-TOUCH/WB」(価格:9万8000円)ならば、手書きで文字などを自由に書き込むことも可能。デスクトップに表示されているものの上から自由に書き込みができ、ホワイトボードとしても使用できる
Windows8のタッチパネルがどうして忌み嫌われたのか理解していないらしい。iPhoneのガラスパネルにつく手脂のことだ。どうしてもそれがついてしまって汚らしい画面になってしまうのだ。それをテレビ画面でやろうとする発想はいかがなものだろうか。まちがいなく売れない。
2016年08月20日 (土) | Edit |
グーグルのビデオ通話アプリ「Duo」は試す価値あり--シンプルUIとノックノックの魅力
http://japan.cnet.com/news/commentary/35087598/
Googleの新アプリ「Google Duo」はシンプルなビデオ通話サービスだ。「Android」版と「iOS」版が米国で公開された(編集部注:日本ではAndroid版が8月19日に公開)。Duoは、Googleが2016年の「Google I/O」カンファレンスで発表した2つのコミュニケーションアプリの1つであり(もう1つは今後リリース予定のメッセージングアプリ「Allo」)、同社の4つのコミュニケーションアプリの1つでもある。ある意味で、DuoはAppleの「FaceTime」に対するGoogleの回答だ。Androidスマートフォン同士でも、Androidと「iPhone」間でも、1対1の通話を非常に簡単に実行することができる。通話を開始するには、発信する側と受ける側の両方がDuoアプリをダウンロードする必要があるが(一方FaceTimeは、対応するiPhoneに標準搭載されている)、それでも直観的に使えるアプリだ。Androidユーザーなら、どの友人とでもDuoを使ったビデオ通話を楽しめる可能性が高いが、iPhoneユーザーは同じようにiPhoneを持つ友人とDuoで話すことにそれほど魅力を感じないだろう。とはいえ、Androidユーザーとの通話に使うアプリとして人気になる可能性は確かにある
ふーむ、これってどうなんでしょう。SkypeがMSに取り込まれて終わってしまったので、これに期待するしかないのかなー。つーか、なぜ今リリース?
2016年08月20日 (土) | Edit |
次期「iPhone」、感圧式ホームボタン搭載か--新色「スペースブラック」も
http://japan.cnet.com/news/service/35087178/
Appleは、ホームボタンを感圧式のものに刷新する計画だという。Bloombergが米国時間8月8日、「本件に詳しい複数の情報筋」の話として報じた。新しいiPhoneには、押下することによって操作を起動する物理的なボタンの代わりに、非物理的なボタンが搭載される見込みだ。振動によって、ユーザーはタッチが感知されたことを知る。日本のブログサイトMacお宝鑑定団でも、7月下旬にホームボタン変更のうわさが報じられた。Bloombergの情報筋らは、広くうわさされているもう1つの機能についても再度言及している。「iPhone 7 Plus」とされる機種のデュアルカメラシステムだ。新型iPhoneのプロトタイプで写真を何枚か撮影した人によると、大型画面を搭載する「iPhone」にデュアルカメラが装備されれば、より鮮明で高画質の写真が撮影できるという。デュアルセンサによってそれぞれ撮影された写真が、1枚の画像に合成される。そうすることで、鮮明さを維持したまま写真を拡大することができ、低照度時でもシャープな画像が生成されると、前出の情報筋らは述べている。またBloombergによると、新型iPhoneではこれまでの3.5mmオーディオジャックが廃止されるという。これについてもうわさが流れていた。オーディオジャックがあった場所には2つ目のスピーカが搭載され、iPhoneに初めてステレオスピーカが装備されることになる。ユーザーは従来のジャックにオーディオケーブルを差し込む代わりに、ワイヤレスヘッドホンとスピーカ、または、Lightningポート対応のケーブルを使用することになる。既存のオーディオアクセサリがそのまま使用できるように、アダプタが提供される可能性が高い。最後に、iPhone 7には新色のスペースブラックが登場するという。9to5Macが8日、一連のリーク画像を根拠に報じている
欲しいとおもわせる端末になるでしょうか。なんか期待薄だなー。
2016年08月20日 (土) | Edit |
アップルが「Mac」をなかなかアップデートしない理由
http://japan.cnet.com/news/commentary/35087318/
AppleがなかなかMacをアップデートしない唯一の理由は、同社があえて頻繁にアップデートしない方針を採ったことにある。それでは、Appleはなぜそのような方針を採るのだろうか。まず、好調時と不調時を平均すると、Macの売れ行きはそこまでひどくない。PC市場が底を突いていることを考えれば、なおさらだ。Macの販売台数はここ12四半期、400万台~600万台の間で推移している。Appleはこの販売台数の水準に明らかに満足している。そして、Macラインアップを頻繁にアップデートしても、販売台数が急激に変わることはないと考えていることも明白だ。留意しておくべき要素はほかにもある。Appleがアップグレードの間隔を長くすればするほど、低下し続ける部品価格のおかげで、Macから得られる利益は大きくなる。1年前に発売されたプロセッサの価格は、今では大幅に下がっている。それは、同社が販売するMacの1台あたりの利益が拡大することを意味する。   そして、それはほとんどの部品に当てはまる。1つ1つの部品で増える利益は数セント程度かもしれないが、1四半期に何百万台ものMacが売れることを考えると、かなりの金額になる
そうなんだろうか。Mac Proなんか何年たっただろう。あのゴミ箱のデザインは変える気はないのだろうなー。
2016年08月20日 (土) | Edit |
“中国のアップル”Xiaomiは、なぜここまで「凋落」してしまったのか
http://news.livedoor.com/article/detail/11905904/
ところが、2015年6月から売り上げが徐々に落ち込みを見せ始めました。Foruneの発表によると、この年Xiaomiは780億元(約1,200億円)を売り上げたものの、2014年からは5%の増加にとどまりました。また、最終的な年間の売り上げは台数7,000万台となり、目標としていた1億台にも達しませんでした。 そして、2016年第2四半期になると、Xiaomiの「凋落」が目に見えて明らかとなります。(中略)しかし、Oppoが旗艦スマートフォン「R9」をリリースするにあたって、「ブランド大使」とでも言うべき有名人を使ったマーケティング手法を採るようになると一気に風向きが変わります。当初は広告費をかけていないことを誇っていたXiaomiも、最終的は他との違いをアピールするため、同じようにセレブを使って宣伝するようになります。これこそXiaomiが悪循環に陥いる原因になったと示唆するのは、調査企業IDCのアナリストXiaohan Tay氏です
つーかですね、模倣企業に明日はないということですよ。バ韓国企業にも当てはまります。
2016年08月20日 (土) | Edit |
最も腕時計に近いスマートウォッチ。ソニーの「wena wrist」をスマートウォッチ初心者が使ってみたら...
http://news.livedoor.com/article/detail/11905380/
短い期間でしたが、僕のスマートウォッチ初体験はワクワクの連続でした。そして、改めてwena wristのポリシー「テクノロジーをもっと自然に、身につけたい」ということが印象深く残りました。暮らしのサイクルをより便利にすることはもちろん、それまでのサイクルを変にじゃましたり、手間が格段に増えたり、ということもない。ヘッド部分に収まるアナログ時計が示すように、wena wristは「テクノロジー搭載の腕時計」としての立場を貫いています。本来の意味でのスマートウォッチが「腕時計型ウェアラブルコンピュータ」であることを考えると、その違いは大きいかもしれないですね。テクノロジーとライフスタイルをつなぐちょうどいい位置にwena wristは存在しているのかな、と思いました
Apple Watchよりぜんぜんかっこいいですね。
2016年08月20日 (土) | Edit |
iPhoneユーザーに朗報! KDDIの「auかんたん決済」がAppleでも利用可能に
http://news.livedoor.com/article/detail/11907260/
キャリアによるサービスではお馴染みの、商品代金などを携帯電話の利用料金とまとめて支払える「キャリア決済」。あれ、つい使いすぎちゃうほど便利ですよね。  このほど、KDDIとその子会社の沖縄セルラーは国内キャリアとしては初めて、App Store、Apple Music、iTunesおよびiBookが同社のキャリア決済である「auかんたん決済」に対応したことを発表しました!  これにより、購入したアプリ、音楽、書籍などの代金がauの携帯電話の利用料金と一括で決済できるようになります。利用方法は各ストアのアカウント設定画面で支払い方法を「キャリア決済」と選ぶだけ。これにより、auユーザーならiPhoneでの買い物までをひとつの請求書におさめられるわけです。  iPhoneユーザーの皆さんにはおなじみですが、これまで各ストアでの商品購入はクレジットカード払いか、iTunes Cardを利用する必要がありました。auかんたん決済のようなキャリア決済はクレジットカードと同じくスイスイと買い物ができてしまうので、使いすぎてしまうかも、という方は「ご利用限度額の設定」をしておきましょう
おお、これは便利そう。使ってみようかな。auやりますね。ソフトバンクより先を走ってる。つーかさ、日本も早くApple Payに対応してほしいぞ。
2016年08月19日 (金) | Edit |
回帰か、それとも後追いか。2017年iPhoneに「ガラス製筐体」のうわさ再び
http://news.livedoor.com/article/detail/11901721/
かっこいいiPhoneになるといいな。  実は今年のiPhoneよりも噂が多いんじゃないかと思える、2017年の新型iPhone。この新型iPhoneでは全面ガラスデザインや有機ELディスプレイの採用が噂されていますが、Nikkei Asian Reviewは台湾Foxconnが新型iPhoneのガラス製筐体を開発していると伝えています。  Foxconnといえば、iPhoneの主要組み立てメーカーとして有名です。さらに、同社はiPhone 6s Plus、iPhone SE、そして今年のiPhone 7 Plusの金属製筐体も製造します。iPhoneといえば、iPhone 4やiPhone 4sでは前面、背面の両方にガラス素材を用い、金属製のフレームを挟み込んだその美しさには定評がありました。しかしiPhone 5からは背面素材がほぼ金属製となり、iPhone 6からは丸みを帯びたものになりました。  背面素材を金属に変更したことで落下によるガラス割れの可能性は減りましたが、いまだに高級感のあるガラス製筐体を懐かしむ声があるのも確か。その意味で、Appleが来年の新型iPhoneでデザインを「回帰」させる可能性は十分にあります
もうやりつくした感はありますよね。私はまだ5s。7で機種変するか、来年まで待つか、悩ましい。
2016年08月16日 (火) | Edit |
PlayStation 4のOSがニューバージョンへ、マルチタスクでよりすっきりのユーザー体験、本物のコンピューターに近づく
http://jp.techcrunch.com/2016/08/16/20160815playstation-4s-new-beta-software-reduces-clutter-improves-multitasking/
PlayStation 4のオペレーティングシステムの4.00のベータが明日(米国時間8/16)、登録ユーザーに提供される。Sonyはその主な機能のプレビューを、みんなに見てもらいたいようだ。もっとも注目すべき機能は、ライブラリの編成を変えたことだ。またUIも改良され、ゲームプレイを続行している状態でShareやQuick Menusを使えるようになった。つまり、マルチタスク化だ。PS4 v 4.00ではフォルダも改良され、コンテンツをライブラリとローンチバーの両方でグループ化できるようになった。これでいろんなものを探すのが簡単になり、すっきりしたプレー経験が得られる。これまでは、初めて使うものを見つけようとすると、たいへんな作業にだった
おー、マルチタスク化するのか!って、それほどマルチで遊ぶわけじゃないからなー。
2016年08月16日 (火) | Edit |
サンワサプライ、据え置きタイプのiOS専用テレビチューナー
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/081202407/?top_tl1&rt=nocnt
サンワサプライは、据え置き型タイプのiOS専用テレビチューナー「iPhone・iPad専用テレビチューナー(フルセグ・地デジ・高画質・無線・WiFi/LTE/4G対応)STV100」を2016年8月10日に発売した。同社直販「サンワダイレクト」限定製品で、直販価格は1万4630円(税別)。無線LANルーターと有線LANケーブルで接続することで、無線LANを経由してiOSデバイスで高画質のフルセグテレビを視聴できる。地デジアンテナ端子(F型)と接続する据え置きタイプのため、一般的なポータブルタイプのチューナーと比べて安定した視聴が可能。専用アプリを使って視聴する。画面は縦・横両対応で、当日の番組一覧をチェックできる。自宅外からインターネット回線経由での視聴にも対応する。このほか、ネットワーク接続HDDを設定すれば、番組をHDDに録画できる。対応OSはiOS8.1以上。動作確認済み機種はiPhone 6s Plus/6s/6 Plus/6/SE/5s/5c/5、12.9/9.7インチiPad Pro、iPad Air 2/Air、iPad mini 4/3/2。本体寸法は幅116×奥行き100×高さ23mm、重さは約125g
たまーにiPadでTVを見たい時ってあるんですよねー(あれほど地上波をくさしておきながら)。ちょっと欲しいと思ったから困る。あやうくポチるところだった・・・orz。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。