FC2ブログ


2016年08月31日 (水) | Edit |
「スマホ向け」放送うたった「NOTTV」 対応端末増えず4年で幕
http://www.j-cast.com/2016/08/28275667.html
日本初のスマートフォン向け放送「NOTTV」(ノッティーヴィー)が2016年6月末、放送を終了した。NTTドコモのグループ会社が2012年4月に放送を始めたが、わずか4年という短命に終わった。続々と登場する動画配信サービスとの競合や、対応端末数が伸び悩んだ末に「今後の事業継続が困難」と判断された。NOTTVは、アナログテレビ停波後に空いた周波数帯域を利用し、従来の放送のような「リアルタイム放送」と、番組を一時保存できる「蓄積型(シフトタイム)放送」の2種類の放送形態があった。そのうち3チャンネルあった「リアルタイム放送」では、TBSや日本テレビのCS局から番組供給を受けてニュース番組を24時間体制で流したり、毎日7時間の情報番組を独自制作したりすることが売りだった
日本初の動画サービスでイケてるのはAbemaTVくらいですよね。あとはhuluやNetflixに太刀打ちできない。
2016年08月31日 (水) | Edit |
アマゾンが握るクラウドの未来
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM29H15_Z20C16A8FFB000/?n_cid=DF150220104320
クラウドサービスは値下げをしても収益性が高い。基本的なデータ保存や計算処理サービスだけでなく、分析からメール、検索、ワークフローまで、何百種類ものサービスや機能を提供するからだ。必要なソフトはすでに書かれているため、こうした新たな機能を追加する限界費用はゼロに近い。他社は苦戦している。HPはクラウド事業から撤退した。IBMは13年にクラウドサービスの米ソフトレイヤー・テクノロジーズを買収し、クラウド事業の中核に据えたが、まだ追いつけない。米グーグルも厳しく昨年、IT業界の有力者ダイアン・グリーン氏をクラウド部門のトップに起用した。米調査会社フォレスター・リサーチでは現在、AWSの背中に何とか届きそうなのはマイクロソフトのアジュールだけだとみている。この「クラウド戦争」はまだ終わってはいない。ガートナーの試算では16年、クラウドサービスに払われる金額は、世界全体のIT投資額3兆4000億ドルの6%に当たる約2050億ドルで、来年は2400億ドルに膨らむ見通しだ。最新の戦場がデータだ。事業者らは有用情報を取り出すだけでなく、そこで得た洞察を使って新たなサービスを始めたり既存サービスを改良したりするため、デジタル情報を猛烈な勢いで集めている。例えば、IBMは今年、医療関連データの分析会社、米トルーベン・ヘルス・アナリティクスの買収を発表した。同社は患者2億1500万人分のデータを持つ
アマゾンがその圧倒的なクラウドパワーで他社を圧倒しています。追随するのがMSとグーグル。パワーの点ではMSもグーグルも申し分ないだろう。さて、翻って日本はどうか、というと心もとない、というよりお寒い状況だ。楽天がクラウドらしきものを持っていそうだが、他は単にサーバーをインターネット上に置いて、それをクラウドと呼んでいるところが多い。自治体クラウドなんかたかだかそんなものだ。クラウドを持つものが世界を制する、というのは私がかねてから書いていることだ。さらに今後はクラウド+AIにシフトしていくだろう。
2016年08月31日 (水) | Edit |
新型iPhone披露か アップル、9月7日にイベント
http://www.asahi.com/articles/ASJ8Z2J62J8ZUHBI00D.html?iref=comtop_8_03
米アップルは米現地時間9月7日朝、サンフランシスコ市内で新製品発表のイベントを開く。29日、メディアに向けて招待状を送った。例年どおり、「7日に会いましょう」とだけ書かれており、何の発表かは明らかにされていないが、新型のiPhone(アイフォーン)が披露されるとみられる。アップルはこのところiPhoneの販売不振が続いており、新しいiPhoneが起死回生につながるか、注目されている
最大の注目点は、Felicaに対応してるかどうか、ですね。