FC2ブログ


2016年09月24日 (土) | Edit |
米アップル、英マクラーレン買収を検討か 英紙報道
http://www.asahi.com/articles/ASJ9Q2Q6TJ9QUHBI004.html?iref=comtop_list_biz_n03
米アップルが高級スポーツカーで知られる英自動車メーカー「マクラーレン・テクノロジー・グループ」の買収を検討している、と英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)が21日報じた。マクラーレンはこの報道を否定している。マクラーレンは高級スポーツカーや、ホンダと組むF1チームで知られる。FTによると、両社はこの数カ月協議を続けてきたとされ、買収額は10億~15億ポンド(約1330億~2千億円)程度とみられるが、アップルが戦略的出資だけをする可能性もあるという。報道について、マクラーレンの広報責任者は朝日新聞の取材に「アップルとはどのような形の出資についても協議していない」と否定した
えー、そっちへ行っちゃうのか。マクラーレンの技術で自動運転車を作るのかな・・・。アップルのクルマはスーパーカーになりそうですな。
2016年09月21日 (水) | Edit |
HDR対応に進化させた「PS4 Pro」は何がどう変わったのか?実機&デモプレイを見てきました
http://gigazine.net/news/20160916-playstation-4-pro-tgs2016/
こっちがHDRをオンにした状態。画面左上の雲を見ると、特に違いがわかりやすいです。SDRでは視認できなかった雲のテキスチャが、HDRではくっきりと見えるようになっています。画面の奥にある細かいものが見えることで奥行きを感じられ、広大な世界にいるのだという臨場感がバシバシ伝わってきました。(中略)FINAL FANTASY XVでチョコボに乗っているシーン。チョコボや草木の色がハッキリと表現されていて、かつ、画面のものすごく奥にある風景まで見えています。4K&HDR対応により、広い世界を探索していても「遠くの方にあるあれはなんだろうか?行ってみよう」となり、好奇心がガンガンくすぐられるわけです。(中略)今回PS4 Proのデモを体験してみてわかったのが、通常のPS4では見えていなかったものが見えるようになったという感じで、家庭用ゲーム機の進化に驚きを隠せませんでした。「ゲームの世界」と「自分の目で見ている現実世界」が近くなり、これまでのゲーム体験を1つ上のレベルに上げてくれます。ゲームをたまにしかプレイしないという人には小型化したPS4で十分かもしれませんが、ゲームを毎日プレイするような人にはPS Proはピッタリと言えそうです
これはもう買うしかないなー。でも4Kテレビがない。4Kディスプレイ買うかなー。
2016年09月21日 (水) | Edit |
ネット利用者は全員、NHK受信料を払う時代に? 経営委員長の発言真意めぐり論議
http://www.j-cast.com/2016/09/17278259.html
NHK経営委員会の石原進委員長が「公共放送を維持していくためには、ネット配信であっても何らかの受信料をいただく必要がある」などと話したことが、インターネットで波紋を呼んでいる。NHKの受信契約をめぐっては、2016年8月26日にさいたま地裁で、いわゆる「ワンセグ放送」の視聴者には受信契約を結ぶ義務はないとの判決が下りたが、この判決にNHKは控訴。9月6日には総務省がNHKに契約の実態調査を求めたが、NHKの籾井勝人会長が8日の定例会見で調査しない考えを示すなど、NHKの「強気」な姿勢が目立っている。NHKは現在、番組のテレビ放送とインターネット同時配信に試験的に取り組んでおり、災害時などの報道番組やスポーツ番組の一部などを配信している。石原経営委員長の発言は、9月13日に開かれた経営委員会後のブリーフィングでのこと。将来的に、NHKの番組をテレビ放送とインターネット配信で同時に見ることができるようにする方針を示したうえで話した
そもそも見ない自由があるべきだ。何を言ってるのかぜんぜん理解できない。地上波放送にまでB-CASでカギをかけといて、さらに見てもいないネット利用者から利用料とは意味がわからない。
2016年09月21日 (水) | Edit |
「iPhone7」で進む現金離れ 取引コスト軽減のメリットも
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20160917/dms1609171000003-n1.htm
現金取引は、銀行や小売店にとってコストが高い。現金を数えたり、運搬したり、さらには偽造にも対処しなければいけないからだ。国民総生産の0・5%程度が現金取引コストであるという研究もある。消費者にとっては、現金を持ち歩かないので気が楽だ。しかも、黴菌(ばいきん)がうようよしている紙幣やコインを触らないで済むのは精神衛生上もいい。もちろん、キャッシュレス化のデメリットとして、カード・電子決済を信用できないということもある。現金がないと威厳が保てないという人もいる。この種の人は給与は現金を詰めた封筒でもらう方が好みだろう。ちなみに脱税をもくろむ人もキャッシュレスが嫌いだ。カード・電子決済を信用できないというのは、歴史的経緯もあるが、個人レベルでは、店頭でのカード・電子決済使用が1人当たり年間100回を超えると、安心するようになるというデータもある。スイカなどに採用されている非接触型「フェリカ」は日本の独自技術で、読み取り装置は国内ではかなり普及している。世界共通モデル戦略を掲げるアップルがこれを採用したのは、2020年東京五輪も後押ししたのだろう
東京五輪を後押しというが、海外から来た選手はFelica仕様の店や交通機関は利用できない。ジョブズだったらFelicaに対応はしなかったと思う。日本がイヤでも世界標準のApple Payに対応するよう仕掛けたはずだ。私もそう思う。Appleが短絡的に日本の事情におもねったことで日本はまたガラパゴスへの道にハマり込んでしまった。
2016年09月21日 (水) | Edit |
Androidの危機が過去最大レベルに! ランサムウェアが前年比4倍に急増
http://news.livedoor.com/article/detail/12027918/
Android向けの法執行機関を偽装する「ポリスランサム」  トレンドマイクロ株式会社は15日、最新のモバイル脅威情報を公開した。現在、金銭を狙う攻撃として最も成功している「ランサムウェア」は、パソコンはもちろん、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末利用者へも範囲を拡大している。2016年8月のAndroid向けランサムウェアの全世界における検出数はおよそ 19万3000個で前月比2倍となっている。別の統計での検体数も、2016年8月は前年同期比4倍となり、驚異的な伸びでランサムウェアによる攻撃が増加していることが判明した。ランサムウェアの総数の内、日本国内の利用者からの検出は13.5%を占め、日本にも多くの脅威が流入している。その内容については、パソコン向けにはデータを人質にする「暗号化型」であり、Android向けは端末自体を使用不可にする「端末ロック型」が多いという。トレンドマイクロは、被害を避けるためには、Google Playや信頼できるサードパーティマーケットなどから正規アプリをインストールし、不審なファイルをインストールしないようにAndroid OSの設定で「提供元不明のアプリのインストールを許可する」を無効にしておくことを推奨している
これはヤバい!サムチョンのCMだけど、サムチョンは本当にヤバいけど、これも相当ヤバい。
2016年09月17日 (土) | Edit |
iPhone 7登場で高まる期待とがっかり点
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1056544/091300043/?P=6
個人的に最も残念に思うのが液晶だ。iPhoneは常に最高のデバイスであってほしい。だが液晶の解像度は、上位モデルのiPhone 7 PlusでさえフルHDにすぎない。サイズが小さいのは分かるが、iPhone 7が搭載する1334×750ピクセルのディスプレイは、さらに解像度が低い。輝度は625cd/m2へと向上しているとはいえ、それでもライバルには画質で大きく水をあけられている。両面エッジデザインによって持ちやすい大画面ディスプレイを実現しているGalaxy S7 edgeは、液晶ではなく解像度は2560×1440ピクセルの有機ELだ。並べて比べてから結論を出したいと思っているが、くっきり感や黒の締まり具合では勝てないと予想する。また、「Xperia」には4Kディスプレイモデルまで登場している。せっかく4Kビデオが撮影できるのだから、再生も4Kの表示を望むのが素直な気持ちだろう
いや、これ以上細かくても人間の目にはわからないと思うよ、この程度の面積では。それよりは他の部分に金かけてほしい。サムチョンとかは数字で勝負するしか能がないから数字にこだわるんですよ。
2016年09月17日 (土) | Edit |
サムスンの別機種が発火 カフェに煙が充満 英南部 サン紙報道
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20160916/ecn1609161101008-n1.htm
英紙サンは15日までに、英南部のカフェで女性が使用していた韓国サムスン電子のスマートフォン「ギャラクシーS7」が突然発火したと報じた。原因は不明で、同社はサン紙の取材に「調査中」と回答した。サムスン電子のホームページによるとS7は日本では未発売の機種。女性は約3カ月前に購入した。カフェで使っていたところ、スマホが膨張して発熱を始め、煙が立ち上って店内に充満した。女性は逃げて無事だった。同社のスマホを巡っては、日本未発売の「ギャラクシーノート7」で爆発が相次ぎバッテリーの欠陥が判明、同社はリコール(無料の回収・修理)を発表していた
「これはヤバい!!!」って本当にヤバいやんけ。サムチョンの端末なんか買うからこうなる。サムチョン轟沈の悪寒。ざまーみろ。
2016年09月17日 (土) | Edit |
大手財閥で次々綻び「これはヤバイ!」 サムスン、現代、ロッテ…
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160915/frn1609151140001-n1.htm
「前政権で太った財閥はいじめられる」のジンクスどおり、検察のロッテ追及はジワジワと続いている。「あれは日本の財閥だ」というのが韓国人の一般的な受け止めだから、同情の声は起きていない。そして、韓進(ハンジン)だ。大韓航空(KAL)が「ナッツ姫事件」以来、思わしくないところへ韓進海運の倒産だ。一応、「韓進海運はグループからは切り離し済み」という形になっているが、それでは“国民情緒法”が許さない。「ナッツ姫のパパ」は私財の一部を供出したが、焼け石に水だ。韓進海運の用船に積まれている貨物の陸揚げ遅延に伴う損害は、誰が補償するかが大きな問題になるだろう。国策銀行である産業銀行も輸出入銀行も、造船各社に対する融資を「正常債権だ」と強弁することで引当金を逃れており、実質はBIS基準を割っている。「正常だ」と強弁できない不良債権がもう一段、積み増されると…「これは本当にヤバイぞ」
ざまーみろ。というか、中国よりバ韓国が崩壊する方が早いかもですね。
2016年09月17日 (土) | Edit |
アップルストアに行列 東京・渋谷
http://mainichi.jp/articles/20160916/k00/00e/020/131000c
米アップルは16日、スマートフォン「アイフォーン(iPhone)」の新モデル「7」と「7プラス」を発売した。防水機能や非接触型の決済機能など日本市場で好まれる機能を初採用したのが特徴。アップル直営のアップルストア表参道店(東京都渋谷区)には販売開始前から長い行列ができた。並んでいた人たちは午前8時のオープンとともに店員とハイタッチしながら店内に入り、次々と新型アイフォーンを購入していた
まだ並ぶ人がいるんですね・・・。早くゲットしたからってどうってことないのに。
2016年09月17日 (土) | Edit |
仮想現実が主役 プレステ長い列…バイオハザード「別世界の感覚」
http://mainichi.jp/articles/20160916/ddm/008/020/121000c
20周年を迎えた今年は過去最多の614社が出展し、ゲームなど1523点が展示されている。そのうち注目のVR関連の展示は110点で、30社以上が体験コーナーなどを設置した。その中でも長い列ができたのが、ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のブースだ。10月には「プレイステーション(PS)VR」が発売予定だが、ファンらはゴーグル型端末を装着して発売前のソフトを楽しんだ。SIEのアンドリュー・ハウス社長は「VRはゲームに革命を起こすきっかけになる」と述べ、VRの将来性の高さを強調した。カプコンも来年1月に発売するPSVR対応「バイオハザード7 レジデント イービル」の体験コーナーを設置。ゴーグル型端末を装着し、バイオハザード7のゲーム世界を体験して絶叫する人たちが続出した。同社担当者は「自分自身がゲームの主人公になったような感覚になれるのがVRの魅力」と説明。セガも音楽ライブを体感できる「初音ミク VRフューチャーライブ」を展示するなど各社がPSVR対応ソフトを披露した
まぁ、ソフトが出そろうのに2~3年はかかるだろうから、来年あたりにゲットで遅くはないだろう。
2016年09月17日 (土) | Edit |
「日本ゲーム大賞2016」大賞は『Splatoon』、経済産業大臣賞には「ドラクエ」30周年プロジェクトチームが選出
http://news.livedoor.com/article/detail/12025974/
司会の伊集院は、「我々の世代は『最近の子は泥だらけにならないし、空き地でみんなと遊ばない、一人でゲームをプレイしいてる』と悪い言い方に使われてきたが、この『スプラトゥーン』はまた童心に戻って遊べる感覚。年齢・性別を越えて、本気で戦えて協力できる素晴らしいタイトル」と大絶賛した。今年の優秀賞に選出された計10タイトルは以下のとおり。  『ウィッチャー3 ワイルドハント』(PS4/Xbox ONE) 『Splatoon』(Wii U) 『妖怪ウォッチバスターズ 赤猫団/白犬隊』(3DS) 『METAL GEAR SOLID V THE PHANTOM PAIN』(PS3/PS4/Xbox 360/Xbox ONE/PC) 『スーパーマリオメーカー』(Wii U) 『モンスターハンタークロス』(3DS) 『Minecraft』(PS3/PS4/PS Vita/Xbox 360/Xbox ONE/PC/Mac/iOS/Android) 『Fallout 4』(PS4/Xbox ONE/PC) 『ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ』(PS3/PS4/PS Vita) 『DARK SOULS Ⅲ』(PS4/Xbox ONE/PC)
ウィッチャー3はおもしろいんだけど、宝箱の中身がショボいのが残念。レアな剣とか防具がランダムに出てくれば世界の隅々まで行って宝箱を開ける楽しみが増すのに。とてもよくできているゲームだけに残念。DiabloIIIをやり続けられるのはレアアイテムがやればやるほど揃えられるってところ。ウィッチャー3もそうなってたら本当にいいのに。
2016年09月17日 (土) | Edit |
ソニー「プレステVR」は何がすごいのか
http://blogos.com/article/190657/
家庭にVRゲームを普及させるには、ソフトがものをいいます。VRの中でなら、空を飛んだり、ゾンビたちと戦ったりすることがリアルにできます。そんなVRのすごさを実体験できるソフトがどれだけ出てくるか。記者会見では、お馴染みの「ファイナルファンタジー」や「バイオハザード」などのゲームだけでなく、音楽やドラマ、ドキュメンタリーなどのソフトが紹介されました。VRの用途は、ゲームには限りません。例えば、VRを痛みの緩和に役立てられるのではないかと、米国では医療現場におけるVR利用の実証実験が始まっています。  ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジアは13日、「プレステVR」の予約販売の受付を24日に再開すると発表しました。すでに6月と7月に予約を受け付けましたが、どちらも即日完売しています。  「プレステVR」は、ゲーム業界にとって、久々のヒットといっていいでしょうね
楽しみですなー。予約はもうあきらめた。来年でもいいから新しいPS4といっしょに買う。
2016年09月17日 (土) | Edit |
ストアに並んでもiPhone7のジェットブラックは購入できず―予約だけで完売
http://news.livedoor.com/article/detail/12023006/
いよいよ9月16日(金)に発売が迫ったiPhone7/7 Plusですが、新色のジェットブラックは予約だけで完売となり、Apple Storeでは当日販売されない可能性が浮上しました。Appleは新たに声明を発表し、予約の時点で「すべてのiPhone7 Plusと、iPhone7のジェットブラック」が売り切れ、当日店頭で入手できるモデルが、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラックのiPhone7であることを明らかにしました。ジェットブラックは、もともと32GBモデルが存在せず128/256GBのみの展開となるなど、他色に比べて限定生産である可能性が示唆されていましたが、新色ということもあり、消費者の間でもとりわけ人気が高いモデルです。日本でもオンラインストアでは予約開始からわずか30分で、iPhone7 Plusのジェットブラックの出荷予定日が11月にまでズレ込んでいます
どうしようかなー、ジェットブラック狙いで来年あたりに買い換えるかなー。それとも7sまで待つか。
2016年09月17日 (土) | Edit |
VR元年、競争過熱 触覚や脳波にも ゲームの祭典開幕
http://www.asahi.com/articles/ASJ9H4VDPJ9HULFA01G.html?iref=comtop_list_biz_n04
東京ゲームショウが15日、千葉市の幕張メッセで開幕した。今年はバーチャルリアリティー(VR、仮想現実)が注目を集め、会場のあちこちにある体験ブースに行列ができた。VRをより進化させる技術も次々と生まれている。襲ってくる人を避けるため、左右を注意深く見渡しながら廃虚の中をさまよう――。年明けにVR版が発売されるカプコンの人気ホラーアクションゲーム「バイオハザード」は、ゲームだとわかっていても恐怖で思わず目をつぶってしまうほどの迫力だ。今年の会場には初めてVRコーナーができ、来月発売の「プレイステーション(PS)VR」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント、SIE)など100機以上のVR端末が並んだ。体験した映像配信会社の男性技術者(33)は「映像は思った以上にきれいで、ゲームの世界に没頭できた」と語った。コンピューターゲームの表示は、平面に始まり、1990年代からは立体的な3D映像に進化してきたが、今年はいよいよ「VR元年」とされる。ソニー以外にも米フェイスブック傘下のオキュラス、台湾のHTCも専用端末を発売し、競争は激しい
いいなー、ソニーのVRはいつまでたっても予約できないお。
2016年09月16日 (金) | Edit |
HPが「独創的デザイン」のPC発売―なにかを連想させる?
http://internetcom.jp/201551/pavilion-wave-600
HPは独創的デザインの新型デスクトップPCとして「HP Pavilion Wave 600」の販売を日本でも始めた。ただ形状は何かを連想させると、海外ニュースサイトでは指摘する声もある。  米国の人気ニュースサイト「Mashable」はこの新型PCについて「HP's Pavilion Wave PC is like nothing you've seen before(Pavilion Waveは、あなたが今までに見た何ものにも似ていない)」と題したレビュー記事を公開した。  文中ではAppleのデスクトップPCである「Mac Pro」を思い出させる部分が少しあると、ごく控えめに指摘している。ほかの幾つかのサイトでもMac Proが脳裏を過ったという記者はちらほらいるようだ
そもそも現Mac Proはゴミ箱だし。あんなの机に置きたくない。昔のMac Proに戻してほしいぞ、ダウンサイジングして。
2016年09月16日 (金) | Edit |
Apple、自動運転車事業「Project Titan」を再考か?──New York Times報道
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1609/12/news075.html
米Appleが、自動運転車プロジェクトを部分的に終了し、数十人の関連従業員をレイオフしたと、米New York Timesが9月9日(現地時間)、この件について知らされた3人の情報筋の話として報じた。Appleが「Project Titan」というコードネームの下、自動運転車を開発しているといううわさは2015年2月ごろから浮上している。   ボブ・マンスフィールド氏  同社は過去2年間、このプロジェクトに多数の人材を投入してきたが難航しており、7月には故スティーブ・ジョブズ氏の信頼も篤かったボブ・マンスフィールド氏がトップになったという。4月には、同プロジェクトからBMWと独Daimlerが撤退したといううわさもあった。Appleは従業員に対し、このレイオフは自動車プロジェクトの“再起動”の一環だと説明したという。マンスフィールド氏の下で、同プロジェクトはその目的をオリジナルの自動運転車を設計・製造することから、自動運転技術の構築に変更したとい
アップル製のクルマは夢で終わりましたね。残念・・・というか手を広げるより本業でしっかりしてほしいものです。
2016年09月16日 (金) | Edit |
伝説のハッカー制作の「自動運転カー化キット」実機披露、予定通り2016年内に発売へ
http://gigazine.net/news/20160915-george-hotz-self-driving-car-kit/
伝説のハッカーとして知られるジョージ・ホッツ氏が普通の自動車を自動運転カーにアップグレードさせるキットを開発中ですが、TechCrunch Disrupt SF 2016でその実物のお披露目と、予定通り「2016年末までに発売開始予定」であることが明かされました。ジョージ・ホッツ氏は17歳のときに世界で初めてiPhoneのジェイルブレイク(脱獄)に成功するなど、いろいろな「伝説的」功績で知られているハッカー。2015年ごろから、自動運転カーにもその興味が向いていて、わずか1ヶ月で自動運転カーを自作しています。1ヶ月で自作したという件については、自動運転支援システムを導入しているテスラ・モーターズから個人レベルで開発を行うことは不可能だと疑問視する見解が示されましたが、ホッツ氏が普通の車を自動運転カーに変えられる仕組みを作り上げたのは本当のことでした
自動運転なんてまだまだ先だ、と私は思っているのだが、こういう天才的ハッカーが作ったものがブレークスルーを起こすことはないことはないかなー。
2016年09月16日 (金) | Edit |
「AIが人間に勝った」ではない、AlphaGo対局の本質
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/091200629/
この発言に強く同意したのが、筑波大学助教でメディアアーティストの落合陽一氏だ。同氏が囲碁の対局に近い話として紹介したのが、講師として参加したワークショップ。このワークショップでは、平均年齢が15歳の参加者たちが「あるジェスチャーを、デジタル・コミュニケーションを使って行動認識させるシステム」をわずか3日で作り上げた。これは「5年前まであれば修士論文で扱うレベルのもの」(落合氏)だという。落合氏によれば、これが可能になったのは、「あらゆるソースコードがコピーされ、クラウドサービスが小学生でも扱えるくらいに簡易になったおかげ」という。囲碁と共通するのは、ある個人の成果が、コンピュータおよび世界中の研究者で構成される集合体の力にあっという間に追い越されるということだ。矢野氏は、この事例を引き合いに出して、「AIが仕事を奪うのではない。むしろ、新しい対局を通じて500人の仕事を生み出している」とした。落合氏は、こうした状況下では「学び方が大きく変わりそうだ。ずっと学び続ける必要がある」と述べた
ただAIの可能性を見せつけたのはまちがいない。囲碁でAIが人間に勝つのはかなり先だと思っていたからである。こういうブレークスルーが起きるとその進歩はめざましくなるのは通例だ。だからとたんにAIが人間の仕事を奪うだとか、人間を超えた場合に制御がきかなくなるだとか騒ぎ始めたのだ。
2016年09月16日 (金) | Edit |
アップルは好きにした、日本人も好きにしろ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/091200661/?itp_pickup
日本で普及している非接触型ICカード技術「FeliCa」対応によって、東日本旅客鉄道(JR東日本)の電子マネー「Suica」が使える点にスポットが当たりがちだが、それはインパクトの一つの側面に過ぎない。NTTドコモ「iD」とジェーシービー(JCB)などの「QUICPay」の対応店舗なら、全国どこでもクレジットカードによる支払いが瞬時に完了する点も見逃せない。必要な操作はiPhoneやApple Watchを読み取り機にかざすだけだ。 財布からプラスチックカードを出して店員とやり取りする必要もなければ、パスコードの入力も不要。レシートをメールで送ってもらう形を選べば、超高速スピードでクレジットカード決済が可能になる。本来この利便性は、日本では電子マネーが担うはずだったのかもしれない。しかし流通側の都合でいくつも乱立し、使える店舗もまちまちでユニバーサル性がどんどん失われいている現状を踏まえると、Apple Payの方がすっきりした印象を受ける。一部報道によると、米グーグルもApple Pay対抗サービス「Android Pay」を準備中で、今秋にも国内投入する可能性があるという。最新決済サービスの両雄が並び立つならば、ほとんどのスマホ利用者がその恩恵にあずかれる。うまくすれば、英国で一般的なクレジットカード決済による買い物体験を、一気に抜き去るような環境をこの国に根付かせられるに違いない。個人的にはそんな期待を寄せている
日本では外圧でしか変われないという風土がある。地上波にB-CASのようなカギをかけているのもそうだし、ICカードもひとつになればいいのに乱立している状況だ。そんな国民性なので一気に抜き去るなんてことは夢想にすぎないと思うのだ。
2016年09月16日 (金) | Edit |
インフラ側から見たApple Pay日本導入、その驚きと残念なところ
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/090800626/
実はApple Pay上陸前の6~7月ごろ、9月にApple Payの国内ローンチが発表されるかは五分五分だと判断していた。前述のようなインフラ整備の問題もあるが、イシュア側の交渉にAppleが手間取っており、ギリギリまで予断を許さない状況にあると聞いていたからだ。 一方で、仮にAppleが見切り発車的に9月でのサービスインを発表すれば、交渉途上にあったイシュアや小売店でのNFC決済インフラ整備が一気に進み、ひいては2020年の東京五輪に向けたEMV対応や国内インフラでの外国人旅行客の受け入れに一石を投じるのではないかとの期待もあった。ゆえに、Appleが日本国内での使い勝手を優先してApple Payを日本国内仕様に一気に寄せてきた喜びもある半面、インフラ相乗りにとどまって国内のインフラ事情を大きく動かすきっかけにならなかったのは残念という感想を抱いている
そうなんだよねー、アップル側が妥協してFelicaに対応するなんて想像していなかった。国内のインフラを海外と合わせる動きにApple Payが貢献すればと期待していたからだ。まさかのFelica対応である。日本の状況はまたガラパゴスへの道を進むようだ。
2016年09月16日 (金) | Edit |
サラリーマン100人が「興味のある副業」ランキングのトップ3は?
http://news.livedoor.com/article/detail/12010285/
■1位:インターネット物販 そして、同調査で1位になっていたサラリーマンが大きな関心を寄せている副業は、38%が選んだ「インターネット物販」でした。  自分の手作りアイテムを販売したいという夢を抱いている男性はもちろん、何かのキッカケで物販できるルートが見つかればネット販売に踏み出そうとしている人もいそうです。  実店舗ではなくウェブで完結する販売ルートならば、妻にバレることなく副業が叶いそうな気もしますし、そんな理由も人気の背景にあるのでしょうか……。 いかがですか?  現代サラリーマンが関心を持つ副業は、始めるにあたって金銭的リスクが低いと同時に妻バレのリスクが低いものが並んでいるのは気のせいでしょうか
アフィはなかなか収入にならないですね。年間数万円程度。何かいい副業はないものか。
2016年09月09日 (金) | Edit |
「ドラクエ」作曲家・すぎやまこういち、ギネス世界記録に認定
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160906-00000012-flix-movi
人気ゲーム「ドラゴンクエスト」シリーズの楽曲を担当している作曲家・すぎやまこういちが、84歳292日で「The oldest videogame music composer(最高齢でゲーム音楽を作曲した作曲家)」(2016年1月28日時点)としてギネス世界記録に認定された。1931年4月11日に東京都で生まれたすぎやまは、大学卒業後に文化放送を経て1958年にフジテレビに入社。ディレクターとして「ザ・ヒットパレード」などの番組を手掛ける傍ら作曲家としての活動を開始した。代表曲は「亜麻色の髪の乙女」「恋のフーガ」など。すぎやまは現在開発中である「ドラクエ」シリーズの最新作「ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」でも作曲を務めている。また彼のギネス記録は、書籍「ギネス世界記録 2017」
ドラクエの成功はあの音楽にあるといっても過言ではないよなー。
2016年09月09日 (金) | Edit |
日本でも大ヒットへ、「投稿が消えるSNS」とは何なのか
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/082400070/083000006/?ref=nbptrn_top_new
ツイッターやフェイスブックに将来、取って代わるかもしれない……。それほどまでの勢いで急成長しているSNSアプリがある。「エフェメラルSNS」と呼ばれるアプリ「Snapchat(スナップチャット)」と「SNOW(スノー)」だ。エフェメラルとは「つかの間の」や「はかない」を意味する言葉。これはスナップチャットやスノーが持つ「投稿内容が一定時間たつと自動的に消える」という特徴から名付けられた(詳細は後述)。そのため、スナップチャットやスノーは「消えるSNS」とも呼ばれている。このSNSのスゴさとは何なのか? 若者はどう使っているのか? 他のSNSに本当に取って代わるのか? 日経トレンディネットでは全4回の記事で、日本でも大ヒットしつつある「消えるSNS」の全貌に迫る
ふーむ、こういうのが流行ってるのか・・・。ぜんぜん知らなかった。つーか、私は基本SNSきらいだからなー。
2016年09月09日 (金) | Edit |
ソフトバンク、ARMの買収完了…3・3兆円で
http://news.livedoor.com/article/detail/11979892/
ソフトバンクグループは5日、英半導体設計大手ARM(アーム)ホールディングスの買収手続きを完了し、完全子会社化したと発表した。買収額は約240億ポンド(約3・3兆円)に上り、日本企業による海外企業の買収としては過去最大となる。ARMはスマートフォンや自動車などに使われる半導体を設計し、半導体メーカーに販売している。スマホ向け半導体の9割超でARMの設計が使われているとされ、同分野で圧倒的な強さをもつ。ソフトバンクはARMの開発力を活用し、あらゆるモノをインターネットにつなぐ「IoT」事業を強化する方針だ
すごいですね、ソフトバンク。世界制覇めざしてるんだろうか。
2016年09月09日 (金) | Edit |
装着型ロボ、患者の歩行訓練に…保険診療始まる
http://www.yomiuri.co.jp/science/20160902-OYT1T50165.html?from=ytop_ylist
ベンチャー企業サイバーダイン(茨城県つくば市)は2日、国立病院機構新潟病院(新潟県柏崎市)と徳島病院(徳島県吉野川市)で、神経や筋疾患の難病を抱える患者に対し、歩行を助ける装着型ロボット「HALハル医療用」を使った保険診療が始まったと発表した。同社によると、HALが保険診療で活用されるのは初めて。HALは、筋ジストロフィーや筋萎縮性側索硬化症(ALS)など8疾患の患者の歩行訓練などに活用され、両病院にはS、M、Lの各サイズが1台ずつ貸し出されている。 同社によると、両病院は患者数が多い上、約2年前からHALを用いた治験を行うなど、患者へのHALの装着や医療現場での活用にノウハウがある。新潟病院ではシャルコー・マリー・トゥース病(CMT)の10歳代女性や、球脊髄性筋萎縮症(SBMA)の50歳代男性らの治療に役立てられるという。中島孝副院長は「治験を実施したところ、これまで有効な治療法がなかった8疾患の患者に歩行改善効果が認められた。新薬などと組み合わせる複合医療を行うことで、さらに高い治療効果が期待できる」と話した
こういうの早く市販してくれないかなー、50万円くらいで。
2016年09月09日 (金) | Edit |
人間の価値、答えより問いに ITが生む30年後の未来
http://www.asahi.com/articles/ASJ8S3FNZJ8SUPQJ001.html?iref=comtop_list_sci_n03
人工知能(AI)や仮想現実(VR)――進化の速度を上げる先端テクノロジーは、私たちをSFの世界に連れて行きそうだ。米シリコンバレーからITの最前線を30年以上見続ける編集者、ケヴィン・ケリーさんは「この変化はまだ始まったばかりだ」と語る。その目に、30年後の未来はどう見えるのか。――スティーブン・スピルバーグ監督がSF映画「マイノリティ・リポート」(2002年公開)をつくる時、舞台となった2054年の社会を予測するため、専門家の一人として呼ばれたそうですね。「監督は、未来の人々が朝食に何を食べ、どんな音楽をかけているか、具体的な暮らしを知りたがっていました。でも、私は『未来の風景は見た目ではほとんど変わりませんよ』と話したんです」 「変わるのは風景ではありません。未来社会では、AIがビルや自動車の中などいたるところで動いています。また、あらゆるものに半導体チップが埋め込まれ、ネットにつながっている。特殊なメガネを通せば、デジタル情報が現実の世界に投影され、二重写しで見えるでしょう。しかし、その風景を外から見ると、今と大して変わりがないんです」
囲碁でコンピューターが名人を負かして以来AIに注目が集まっていますね。近い将来AIパワーはインターネット上のサービスで提供されるようになるだろう。