FC2ブログ


2016年11月22日 (火) | Edit |
セキュリティカメラがWi-Fiネットワークに接続してから98秒後にマルウェアに感染した
http://jp.techcrunch.com/2016/11/19/20161118this-security-camera-was-infected-by-malware-in-98-seconds-after-it-was-plugged-in/
これは、物のインターネット(Internet of Things, IoT)と呼ばれているものの、お粗末な現状を示す好例だ: Robert Stephensが、Wi-Fiで接続されるセキュリティカメラを彼のネットワークにつないだら、それは、それから98秒後に侵された。  経験豊富な技術者であるStephensは、当然、最初からセキュリティ対策を講じていた。ネットワークのそのほかのメンバーとカメラは壁で隔てられ、レート制限によりDDoS攻撃にやられないようにしていた。彼はそのトラフィックを注意深くモニタし、ほかの人たちもよくするように、デバイスを乗っ取ろうとするやつがいないか、見守った。しかし、セキュリティの専門家ですら予想しなかったと思うが、2分弱でそれは起きた。[据え付けを終わったカメラは自分のバイナリを動かし、そして今では明白に侵入されている。] [実は、最初の侵入は据え付けから98秒後に起きている。]  そのカメラはWi-Fiに接続されてから98秒後に、デフォルトのログインとパスワードを知っていたMiraiのようなワームにやられた。そのワーム(の先発エージェント)は、自分の新しい家のスペックを調べ、本隊をデバイス上にダウンロードし、そして、Stephensが事前にロックしていなかったら、ありとあらゆる悪行を働いただろう
こういうのが踏み台になるんだろうな。一瞬でroot盗られてやんの。
2016年11月22日 (火) | Edit |
チェコ発、トップシェアの無料ウイルス対策ソフト
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO09548680V11C16A1H56A00/
チェコのアバストソフトウエアは、世界で最も普及するウイルス対策ソフトを提供する、日本では知られざる世界最大手企業だ。期限を定めずいつまでも無料で使い続けることができ、SNS(交流サイト)の口コミ効果を使いシェアを広げた。主要市場の中では開拓が遅れている日本でも攻略法を練っている。米IT(情報技術)企業のオプスワットが実施したウイルス対策ソフトの利用調査によると、アバストの世界シェアは2015年1月時点で21%。米マイクロソフトの19%を抑えて首位に立つ。アバストのウイルス対策ソフトはパソコンとスマートフォン向けがあり、どちらもインターネットを通じて無料でダウンロードできる。無料版のソフトで利用者を増やし、機能が充実した有料版への移行を促す「フリーミアム」と呼ばれるビジネスモデルを採用する。今年9月には同じく無料でウイルス対策ソフトを提供するオランダのAVGテクノロジーズの買収を完了し、シェアは単純合計で30%に達した。情報セキュリティー大手のトレンドマイクロや米シマンテックなども無料のウイルス対策ソフトを提供しているが、これらはあくまでも体験版。一定期間を過ぎると有料版に移行しないと使えなくなる。一方でアバストのソフトはいつまでも無料で使い続けられる
マイクロソフトのセキュリティエッセンシャルズでお茶を濁していたけど、これにしようかな。
2016年11月22日 (火) | Edit |
Linux向けSQL Serverのパブリックプレビューが公開
http://cloud.watch.impress.co.jp/docs/news/1030539.html
米Microsoftは16日(米国時間)、現在は「SQL Server vNext」と呼ばれているSQL Serverの次期バージョンにおいて、Linux OS向けのパブリックプレビュー版を公開した。Red Hat Enterprise Linux(RHEL) 7.2とUbuntu 16.04向けが公開されており、SUSE Linux Enterprise Server v12 SP2向けにも提供される予定。なお、LinuxやWindows、macOS上のDocker環境向けも用意されている。Microsoftでは、インメモリOLTP。インメモリカラムストア、透過的なデータ暗号化、常時暗号化、列レベルセキュリティなどの主要機能は、すべてLinux版でも利用できると説明している
Linuxでプロプライエタリなデータベースサーバーを使うことの意味ってあるんだろうか、ということは置いといておいくら万円なんでしょうね。
2016年11月22日 (火) | Edit |
究極のエコ! 体温のみで動くスマートウォッチが新登場
http://www.gizmodo.jp/2016/11/smart-watch-work-body-temperature.html
これぞ、スマートウォッチの理想型?  「Apple Watch」や「Android Wear」を搭載した多彩なモデルで、スマートウォッチ市場は賑わいを見せてもいるようですが、爆発的に普及するまでにはいたっていません。大きな要因の1つは、腕時計なのに、まるでスマートフォンみたいに頻繁に充電しないと使えない煩雑さにあるといわれてきました。ところが、このほどMatrix Industriesが発表した「PowerWatch」は、ボタン電池もリチウムイオン電池も一切装備されていません。まるで映画「マトリックス」を連想させる社名のメーカーからリリースされるとだけあって、なんとPowerWatchの動力源は人間の体温のみ! 生きている人間が腕に装着している限り、その体温だけで動くスマートウォッチに仕上がっていますよ〜。もとよりMatrix Industriesは、物体の温度差を利用して発電するシステムの開発に携わってきました。メタルボディの文字盤表面のベゼル部分と、常に温かい体温が腕から伝わる文字盤裏面の装着部の間には、温度差が生まれ続けます。この温度差を電圧に変換することで、PowerWatchを動作させるバッテリーが誕生すると説明されています
これは欲しいぞ。来年の7月発売だそうです。価格は169.99ドルですって。1万9千円程度らしい。やっぱりこういう時計じゃないと「変革」にはならんだろう>アップル。
2016年11月22日 (火) | Edit |
人工知能、今度は「格闘ゲーム」で人間を上回る
http://www.sankei.com/wired/news/161116/wir1611160002-n1.html
イスラエルの研究チームが、人工知能に「スーパーマリオ」をはじめスーパーファミコンのさまざまなゲームを学習させた。対戦格闘ゲーム「モータルコンバット」では、AI同士に競わせて学習させることにより、AIは人間の成績を上回ったという。ゲームは、人工知能(AI)をトレーニングする際の理想的なプラットフォームになる。グーグル傘下のDeepMindが開発するAIシステム「DQN」はすでに、アタリのヴィデオゲーム49本をマスター(日本語版記事)し、その半数以上で人間に匹敵、ときには上回るスコアを記録した。1984年のアタリのゲーム「Montezuma’s Revenge」については、たった4回の試行で解くことができるまでになっている。さらにDeepMindは現在、リアルタイムストラテジーの「スタークラフト2」に照準を合わせている
うーん、どんどん成長しているAIてせすな。シンギュラリティはここ数年で起きるかもですね。
2016年11月22日 (火) | Edit |
中国格安スマホが個人情報を無断収集 上海にメッセージや通話履歴など自動送信
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20161118/frn1611181530005-n1.htm
中国企業が開発に関わったスマートフォン用の「ファームウエア」が、利用者に無断でテキストメッセージの内容などの個人情報を収集していたことが16日までに分かった。被害規模は不明だが、米紙ニューヨーク・タイムズは「世界中の格安スマホの利用者が大きな影響を受けている」と指摘している。同紙によると、ファームウエアは基本ソフト「アンドロイド」が搭載されたスマホ向けで、上海を拠点とする「上海アドアップス・テクノロジー」が開発した。米政府は、広告目的の情報収集か中国政府による諜報活動かは定かでないと説明している。米セキュリティー企業クリプトワイヤーが15日に発表した報告書によると、米BLU社の格安スマホに搭載されたファームウエアが、利用者の同意なしに個人情報を上海にあるアドアップスのサーバーに送信していた。スマホを自動アップデートするプログラムが組み込まれており、1~3日に1回のペースでテキストメッセージの全文や電話帳、通話履歴などを収集していたという。ニューヨーク・タイムズによると、アドアップスは中国、日本、インド、台湾に拠点を持ち、中国の華為技術(ファーウェイ)や中興通訊(ZTE)のスマホなど、端末7億台にファームウエアを提供している。米国土安全保障省は「政府の担当部署や民間の関連企業とともに適切な対応を検討している」という
中国製のスマホを買うということはこういうリスクもいっしょに買ってるということ。