FC2ブログ


2016年11月26日 (土) | Edit |
なんとサムスンが世界のスマホランキングから消えた
http://blogos.com/article/199478/
調査会社ストラテジー・アナリスティック社が、目を疑いたくなるようなスマートフォンの世界ランキングを発表しています。2016年第3四半期の上位各社の営業利益の結果です。アップルが91%のシェアで群を抜いてトップだというのはいつものことですが、なんと常に第2位にいたサムスンが消えてしまったのです。アップルに続いているのはHuawei、VIVO,OPPOの中国勢で、サムスンは「その他」に埋没してしまっています。ノート7発火問題が響いた結果でしょうが、思った以上に打撃が大きかったとうことではないでしょうか。しかし、別の調査会社 Canaccord Genuityによる営業利益の推移をごらんください。いやサムスンはもっと前からスマートフォンのビジネスで利益を落としはじめていたのです。サムスンの営業利益は2013年をピークに、低下してきています。サムスンが利益を大きく落とした原因は、ノート7発火問題だけではなく、中国勢との競合が激しくなってきた結果だろうということです。だから焦って、品質管理を疎かにしてまでも新製品リリースを急ぎ、問題を起こしたのではないかという疑いが浮上してきます。出荷数量で見れば、サムスンもアップルも減少傾向です。サムスンはトップを維持しているとはいえ、2016年第3四半期はアップルも中国勢も数量を伸ばしているなかで、サムスンだけが数量を落としています
「これはヤバい!!」って自分のことだったのかwww。まだやってますね、あのバカげたCM。なんか惨めすぎて笑えますけど。
2016年11月26日 (土) | Edit |
「普通のサイト」で広告を見ても感染―カード情報を流出させる「Svpeng.q」
http://internetcom.jp/201835/svpeng-q
怪しいメールの添付ファイルを開かず、アダルトサイトに近寄らず、非公式のストアからアプリケーションをダウンロードしなくても、マルウエア(悪意あるアプリ)などに感染する恐れがある。どこにでもある普通のWebサイトの広告が媒介になっているという。  こうした報告をまとめたのはセキュリティ企業のカスペルスキー。31万8,000人が使っているAndroidスマートフォンやタブレットが、「Google AdSense」の広告を通じてマルウエアの一種、トロイの木馬「Svpeng.q」の攻撃に遭ったという。Google AdSenseは、世界最大の広告ネットワーク。さまざまなWebサイトがこれを利用して広告を掲載している。Svpeng.qの一件は、サイバー犯罪者がGoogle AdSenseにマルウエアを紛れ込ませるのに成功した例だ。バナーと呼ぶ宣伝画像に、難読化したスクリプトを組み合わせた。通常であれば、サイトを閲覧するのに使うアプリ「Chrome」がマルウエアを察知し、警告を表示するはずだが、今回は特別な方法でSvpeng.qを分割してダウンロードさせ、巧みに監視を回避した。ただしダウンロードしただけではまだ働かず、スマートフォンやタブレットの持ち主が手ずからインストールを行う必要がある。このためSvpeng.qは画面に表示する名前をAndroid_update_6.apkやInstagram.apkとして欺こうとし、実際かなりの成功を収めているという
ますます巧妙になっていますなー。その情熱をもっとクールなことに使ってはどうだろう。
2016年11月26日 (土) | Edit |
MacBook ProとSurface Book、ベンチマークテストの結果は?
http://www.gizmodo.jp/2016/11/macbook_pro_vs_surface_book.html
次のベンチマークテストは、フォトグラファーやクリエイターが最も愛するソフトウェア、Photoshop。  24枚のRAW画像ファイルを一括処理してみました。その結果、MacBook Proのクアッドコア「6700 HQ Core i7Skylake」プロセッサーは、Surface Bookのデュアルコア「6600U Core i7 Skylake」プロセッサーに比べて優れていることが判明。MacBookでのバッチ処理はわずか49秒で完了、一方Surface Bookは、66秒かかりました。  さらに、MacBook Proのクアッドコアプロセッサーは、ブラウザのベンチマークでも勝っていました。ブラウザ上で多くの作業を行なうため、WebXPRTでベンチマークテストを実行。画像のレンダリング、大量の計算処理、DNAシーケンスの分析などを実施しました。Photoshopのテストと同様、MacBook ProのほうはWebXPRTでスコア449というスピードを記録しました。Surface Bookのスコア395も決して遅くはありませんが、こちらもMacBook Proの方が優れているという結果に。3つのベンチマークテストのうち、2つはMacBook Proに軍配が上がるという結果になりました。つまり、MacBook Proのアップデートを辛抱強くまっていたクリエイターは、その待ち時間が無駄ではなかったということです
ということは、最速Skylakeを使ったHackintoshが作れるようになったということなのだろうか。第7世代が発売されてSkylakeがもう少し安くなったら作ってみよう。
2016年11月26日 (土) | Edit |
東プレが「REALFORCE RGB」発売、発光色を変えられるゲーム向けキーボード
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/112403497/
東プレは2016年11月24日、PC用キーボードの新製品「REALFORCE RGB」を12月9日に発売すると発表した。PCゲーム市場向けの製品で、キー入力が有効になる深さを3段階から選べるほか、キーごとに色を設定して光らせられる。価格は2万8800円(税別)。また、同社として初めてPCゲームのプレーヤーチームとスポンサー契約を結んだことを明らかにした。「REALFORCE」シリーズは、PC向けキーボードの定番製品の一つ。「静電容量無接点方式」と呼ばれるスイッチを採用しており、耐久性の高さやキータッチの良さを売りにしている。日本語配列や英語配列、テンキーの有無などで様々なバリエーションがある。REALFORCE RGBは、104キーと呼ばれる英語配列に音量調整などの4個の特殊キーを加えた108キーレイアウトを採用。キーの列ごとに段差がある「ステップスカルプチャー」、複数キーの同時入力に対応した「Nキーロールオーバー」など従来のREALFORCEシリーズの特徴はそのままに、PCゲームプレーヤー向けの機能を実装した
え?そっちへ行っちゃうの?つーか、Mac用キーボード出してくれ、絶対買うから。