FC2ブログ


2016年12月14日 (水) | Edit |
究極のクラウド化: デベロッパーのコンピューターをクラウド上から提供するSixaがシードで$3.5Mを調達
http://jp.techcrunch.com/2016/12/10/20161209sixa-secures-3-5m-as-it-launches-its-cloud-computer-for-developers/
TandemのパートナーDoug Renertはこう語る: “非公開ベータのときからすでに数千ものデベロッパーがこのサービスに群がり、本物の需要があることが伺われた。今回の資金でSixaは歩幅が大きくなり、その需要に迅速に対応できる。ほかにも、世界的に広がるデベロッパーコミュニティをサポートでき、ハードウェアが一台もなくても強力なコンピューターに簡単にアクセスできることを、訴求していけるだろう”。  同社が提供するクラウドコンピューターの上ではWindowsが動き、その十分なパワーを月額49ドルまたは1時間49セントで利用できる。また同社には、デザイナーやゲーマー向けの、ハイエンドのグラフィクスカードと大容量のRAMを備えた‘機種’もある。そしてWebブラウザーから仮想デスクトップに容易にアクセスでき、USB機器にアクセスするためのアプリケーションも提供される。  これまでの、仮想マシンの最大の問題点は、レイテンシー(遅延)だった。マウスを動かすとその結果が半秒後に画面に現れるようでは、コンピューターがまるでメンタルな迷路のように見えてくる。Sixaは自分側で生ずるレイテンシーを11ミリ秒に押さえている。それにISPが提供するインターネットアクセスのスピードと、データセンターからの物理的距離を加味したものが、ユーザーが実際に体験するレイテンシーだ。  Sixaの協同ファウンダーでCEOの Mykola Minchenkoは語る: “クラウド上でPCを使うことからレイテンシーを取り除き、そこに、つねに最新のハードウェアとソフトウェアを使える利便性を加えた”
で、クライアントはどうすんの?スマホでいいってこと?うーむ、よくわからん。月額5千円って安いの?10ヵ月使ったらそこそこのPCが買えるけど。Sixaって検索してもこの記事しかないなー。
2016年12月14日 (水) | Edit |
電源なしでいつまでも音を拾い続けるVesperの超長寿命超低電力マイクロフォンが$15Mの資金を獲得
http://jp.techcrunch.com/2016/12/10/20161209vesper-grabs-15m-to-build-a-durable-low-power-mic-that-listens-forever/
ミシガン大学がその誕生に部分的に関与しているVesperの技術は、自力で常時onのマイクロフォンだが、しかしそのためには、信じられないほど低電力のドローで人間の声の周波数特性をシークしている。すなわち同社のVM1010マイクロフォンが声を検知するときは、起動したシステムが音声中のキーワードの有無を判定する。そしてたとえば“OK Google”というキーワードを聞き取ったらデバイスはフル稼働になり、デジタルアシスタントが質問に応じられるようになる。以上すべてが、数ミリ秒内で生起する。同社によると、この技術によってマイクロフォンの待ち受け電池消費量が従来の1/100程度に減少する。  デジタルアシスタントやモバイルデバイス、防犯盗聴装置などは分かりやすい用例だが、Vesper自身は、IoTやインターネット接続車など用の、さまざまな専用MEMSマイクロフォンへの応用を、展望している
スマートウォッチもこういう技術を利用して、1回の充電で1週間くらい持つようにしてほしいですね。
2016年12月14日 (水) | Edit |
タブレットやスマホをPOSレジにーーAirレジの利用アカウント数が25万5000を突破
http://jp.techcrunch.com/2016/12/12/airregi-tablet-register/
最近ショップやカフェに行った時、店員がタブレットでレジ対応をしているのを見かけたことはないだろうか?リクルートライフスタイルは、こうしたタブレットやスマホで利用可能なPOSレジアプリ「Airレジ」を提供している。Airレジは2013年11月からサービスをローンチし、3周年を迎えた。本日リクルートライフスタイルは「Airレジ カンファレンス2016」を開催し、Airレジのこれまでの実績と今後の拡大戦略について発表した。店舗でPOSレジシステムを導入しようとすると通常、数十万円の初期投資が必要となる。これは新しく店舗を開店しようと考える個人事業主にとって大きな負担となっていた。Airレジは、初期投資も月額費用もかからない無料のPOSレジシステムのアプリだ。2013年11月にローンチして以来、小売店や飲食店、美容院やイベント会場など25万5000以上のアカウント利用があると、リクルートライフスタイルの執行役員大宮英紀氏は説明する
案外というか、レジってITで変革するのが早そうですよね。アマゾンみたいにひとっ飛びではいかないと思いますけど、スマホを使ったものってすぐにでもできそうです。っていうのがこれですかね。
2016年12月14日 (水) | Edit |
Microsoft Surfaceの11月の売上は新記録―MacBookへの失望も一因
http://jp.techcrunch.com/2016/12/13/20161212surface-sales/
Microsoftによれば、Surfaceのセールスはきわめて好調で、11月の販売台数ベースは過去最高を記録したという(この台数にはSurface Hubホワイトボードは含まれない)。Surfaceがクリスマス商戦を前にして早くも成功を収めた大きな原因はもちろん新しいSurface Bookの売り出しやSurface Studioの発表にある。画面が自由に動くオールインワン式のStudioはここ数ヶ月で発表された中でもっともエキサイティングな消費者向けハードウェアの一つだった。予約受け付け分の出荷は先月末から始まっている。もちろんAppleもMicrosoftと同時期にノートパソコンの(久々の)アップデートを行った。10月下旬に公開されたファンクションキーをリボン状のタッチパネルで置き換えるMacBook ProのTouch Barについては好き嫌いがはっきり分かれたようだ。フィル・シラーはアップデートの直後、Appleの「オンライン・ストアは新しいMacbook ProについてこれまでのどのProよりも多い注文を受けている」とプレス向けに述べた。そうではあっても、icrosoftはSurfaceceの成功の原因の一つがAppleファンの不満にあると知れば満悦を隠せないだろう。今日のブログ記事でMicrosoftは最高650ドルの割引という多少どぎつい買い替えプログラムのプロモーションをしている〔日本のMicrosoftの買い替えプログラムはこれとは異なるようだ〕
へー、売れてるのか・・・。どういうときに選択肢になるんだろう。タブレットにもノートにもなるパソコンが欲しい時?まぁ、私には関係ないからどうでもいいけど。新しいMacBook Proが期待はずれなのは仕方がないと思います。もう完成度高いからね。タッチバーにしてもサードパーティが対応しないと意味がないので、普通のファンクションキーでいいという向きがあるのは当然ですよね。
2016年12月14日 (水) | Edit |
Appleの新しい「TV」アプリがApple TV、iPhone、iPadで一般公開
http://jp.techcrunch.com/2016/12/13/20161212apples-new-tv-app-goes-live-on-apple-tv-iphone-and-ipad/
Appleの新しいTVアプリが全ユーザーに公開された。iOSとtvOSのアップデートで今日から利用できる。このアプリは今秋初めて紹介されたもので、Apple TV、iPhone、およびiPadのユーザーは、様々な端末にインストールしたアプリを横断して、同一の環境でテレビ番組や映画を見ることができる。お気に入りの番組や、各アプリでの検索、おすすめ等の履歴も共有されるほか、自分のiTunesライブラリやiTunesストアにもアクセスできる。中央集約型アプリというアイデアは、スマートフォンをはじめ、様々な〈つながっている〉端末でテレビを見られる、ストリーミングヒデオの普及とともに生まれた。アプリの種類の多さから来るばらばらの体験にユーザーは不満を募らせてきた ― 有料テレビを見るには端末ごとに個人認証が必要になるだけでなく、お気に入りの番組や映画がどのネットワークアプリに入っているのかを思いだすのも大変。Appleが “TV” と名付けたこの新アプリは、Apple TV、iPhone、iPadで簡単にビデオが見られるユーザー体験を提供する。アプリを横断して幅広いコンテンツ群を利用できるNetflix風のフロントエンドという位置づけだ。しかし残念ながら、主要ストリーミングサービスのコンテンツはまだTVアプリで利用できない ― Netflixも。現在は主要なサービスではなく、個々のテレビネットワークのアプリケーションを横断してコンテンツを集めることに焦点を当てているようだ。それでもHuluとHBOにはスタート当初から対応している
毎度ながらアップルの初期リリース版は「使えない」ですな。つーか、それぞれのアプリで見れば済むんじゃね?的な「不便」を解消するのが目的なんだろうが、載ってるサービスが少なければ意味がないわけで。まぁ、今後に期待ですな。なし崩し的に黒歴史になる可能性もあるよね。
2016年12月14日 (水) | Edit |
Google Chrome、Flashに代わるHTML5のデフォルト化を開始、一部サイトから段階的に、来年10月には全サイトで
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1034610.html
米Googleは9日、ユーザーが使用を許可したウェブサイト以外ではAdobe Flash Playerを無効にする「HTML5 By Default」のGoogle Chromeにおける修正ロードマップを発表した。今後数日間のうちに少数のユーザーを対象に一部サイトで開始し、その後、段階的に対象のユーザーおよびサイトを拡大。2017年10月には全サイトをHTML5 By Defaultとする。Flashに代わりHTML5を利用できるウェブサイトではHTML5を優先的に表示し、Flashを使う必要があるウェブサイトでは初回表示時にFlashの実行を許可する画面を表示する。2016年8月時点の発表では、12月リリース予定のChrome 55で設定を有効化するとしていた。しかし、12月1日にChrome 55をリリースした際に、延期を発表していた。今回の発表によれば、Chrome 55ユーザーの1%だけに対して、今後数日間でHTML5のデフォルト設定を有効とする。また、8日にリリースされたChrome 56ベータ版では、ユーザーの50%でHTMLデフォルトの設定が有効化される。ただし、これらの設定は「Site Engagement Index(SEI)」が1以下のウェブサイトのみが対象となる
Flash死亡宣告ですな。他のブラウザも追随するでしょうね。
2016年12月14日 (水) | Edit |
Android Payが日本でもスタート。楽天Edy提携でマックでもファミマでも!
http://www.gizmodo.jp/2016/12/android-pay-japan-start.html
Androidスマホでもピピッと支払い。iOS端末では10月より決済サービス「Apple Pay」の国内提供が始まっていますが、Google(グーグル)だって黙ってはいません。同社は本日12月13日より、国内向けにデジタルウォレット「Android Pay」の提供を開始すると発表しました!Android Payは、楽天Edyと提携することでカフェや自動販売機でコーヒーやジュースを買ったり、ポイントカードとして利用したりできます。これまでも、おサイフケータイに対応した端末ではこのような光景はおなじみでしたが、Androidの標準機能でピピッと支払えるのは好感触です
ということです。Ferica対応なのだろうか>端末が。え?アンドロイドはFerica当たり前?え?そういうことじゃない?
2016年12月14日 (水) | Edit |
Appleがサムスンの決済アプリ「Samsung Pay Mini」のAppStore登録を拒絶
http://gigazine.net/news/20161213-apple-reject-samsung-pay-mini/
Samsungのモバイル決済アプリ「Samsung Pay Mini」について、AppleがApp Storeへの登録を拒否しました。Samsung Pay Miniは、Samsungがリリースを予定しているモバイル決済アプリで、すでにリリースされている決済アプリ「Samsung Pay」が磁気式カードリーダーを使った実店舗での決済目的であるのに対して、Samsung Pay Miniはオンラインショッピングでの決済を目的としています。すでに韓国国内でのテストは完了しているとのこと。AppleがSamsung Pay MiniのApp Store登録を認めない詳しい理由は記事作成時点では不明。しかし、ETNewsによると、SamsungはiOS版Samsung Pay Miniのストア登録の再申請を断念し、世界シェアで85%という寡占状態にあるAndroid版アプリの完成・リリースにリソースを集中させる方針だとのこと。Appleがライバル企業のSamsungによる決済アプリを拒絶したことは、Apple Payの競合排除が理由ではないかとの指摘もあり、波紋を広げそうです
いや、フツーに使いたくないだろ。スマホが炎上するのもゴメンだが、口座がカラになるのはなおごめんだ。
2016年12月14日 (水) | Edit |
「Skype Translator」が固定電話や携帯電話への通話でも利用可能に--「Skype」のプレビュー版で
http://japan.cnet.com/news/service/35093604/
Microsoftは米国時間12月8日、「Skype Translator」を、「Skype」を利用していないユーザーの固定電話や携帯電話との会話でも利用可能にすると発表した。Skype Translatorはこれまで、Skype同士の通話でしか利用できなかった。この機能を試用するには 「Windows Insider Program」に参加している必要がある。また、「Windows 10」搭載PC上に最新の「Skype Preview」をインストールしておくとともに、「Skype Credits」を保有している、あるいは月額プランに加入している必要もある
日本語対応マダー?
2016年12月14日 (水) | Edit |
Linuxカーネルに3件の深刻な脆弱性--早急にパッチの適用を
http://japan.zdnet.com/article/35093541/
最新の脆弱性3件にはCVE-2016-8655とCVE-2016-6480、CVE-2016-6828という共通脆弱性識別子が割り当てられている。3件のうちで最も深刻なのはCVE-2016-8655だ。この脆弱性が悪用されると、ローカルユーザー(仮想環境やクラウド環境でLinuxインスタンスを使用するリモートユーザーも含まれる)によるシステムのクラッシュや、管理者権限での任意のコードの実行が可能になる。この脆弱性は、ハッカーであり、セキュリティ研究者でもあるPhilip Pettersson氏によって発見された。これを悪用すれば、Linuxカーネルのpacket_set_ring関数内で競合状態を発生させることができる。競合状態は、システムが1つ1つの処理を、それぞれの完了を待って順番に実行していくのではなく、複数の処理を同時に実行しようとした際に発生する。CVE-2016-8655を悪用するにはまず、ローカルユーザーとして、ネットワークネームスペース上でCAP_NET_RAW権限を備えたAF_PACKETソケットを生成できなければならない。すべてのディストリビューションではないものの、多くのLinuxディストリビューションでは、権限のないネームスペースを用いてこういったことが実現できる。Pettersson氏は、権限のないネームスペースは「これまでに発見されてきたセキュリティ脆弱性のことを考えると、すべてのLinuxディストリビューションにおいてデフォルトで無効化されるべき」理由があると確信している。この攻撃の影響を受けるOSには、「Debian」や「Fedora」「Red Hat Enterprise Linux(RHEL)7」「Ubuntu」の最新バージョンも含まれている
ということですのでパッチ当てをお忘れなく。つーか、よくこんなの見つけますよね。すげー。
2016年12月14日 (水) | Edit |
アップルのツンデレな未来と付き合うのも楽じゃない
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/watcher/14/334361/120600736/
アップルは今年、立て続けに発表した2つの新製品で過去と決別した。「iPhone 7/7 Plus」ではイヤホン端子を廃止、「MacBook Pro」では逆にイヤホン端子こそ残したものの、インタフェース類はUSB Type-Cと同じコネクター形状のThunderbolt 3端子を2ないし4つに集約。これまでのMacBook Proが備えてきたUSB-Type AやHDMI、Thunderbolt 2(Mini DisplayPortと同形状)にSDカードスロット、MagSafe電源端子といった入出力部をきれいさっぱり取り去った(図1)。いずれも事前の噂でささやかれてはいたが、実際に登場するとやはりインパクトは大きかった。代わりに、iPhoneでは耐水・防塵機能やスピーカーのステレオ化を、MacBook Proでは先代よりよりもさらに薄く、軽くなったボディーを手に入れたものの、ユーザーの間では賛否両論。もちろん、長い目で見れば、進む方向はこちらだろうと思えるのだが、それでも「今このタイミングで本当に無くすか?」と戸惑ったユーザーは少なくないだろう
それって今に始まったことではないし。私が中古で買った15' MacBook Pro RetinaモデルはLAN端子すらない。だからネットワークの診断とかには使えないので、別途普通の15' MacBook Proも持っている。古くはフロッピードライブを取り去ったこともあったからね。DOS/V機じゃまだまだフロッピーを使う場面があったのに。時代の3歩先を行くアップルなんですよ。それなりに割り切らないと。
2016年12月14日 (水) | Edit |
タブレット導入率が大幅に拡大、ソフトバンクがトップを維持
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/120500289/120500002/?itp_pickup
タブレット端末の導入率は66.2%だった(図1)。2015年調査の47.0%から19.2ポイントも上昇した。ただ、スマートフォンと同様、「導入の具体的な予定がある」(0.5%)や「導入を検討中」(10.7%)は1割強にとどまり、潜在顧客には行き渡った感がある。今後は伸びが鈍化する可能性が高い。スマートフォンとタブレット端末の両方を導入済みとした企業は44.3%(253件)に達した。タブレット端末の導入台数は平均で236台。2015年調査の132台から1.8倍も伸びた。ただ、回答の分布を見ると、「10台以上、50台未満」が126件と多く、「10台未満」が103件、「50台以上、100台未満」が49件と続く(図2)。「追加導入の予定台数」も平均で197台という結果が出たが、「10台以上、50台未満」が47件、「10台未満」が37件と、50台未満が全体の4割強を占めた。スマートフォンと同様、一部の大規模導入が平均を押し上げている
予想以上に導入が進んでますね。というか具体的な用途は何なのだろうか。メールやグループウェアだろうか。メールにしても読むだけならいいけど発信となるとキーボードがないiPadでは御免被りたい。
2016年12月14日 (水) | Edit |
Appleが「iOS 10.2」を公開、新絵文字や米国向けTVアプリを追加
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/121303710/?itp_pickup&rt=nocnt
米Appleは現地時間2016年12月12日、モバイルOSの最新アップデート「iOS 10.2」を公開した。各種のセキュリティに関する問題を修正したほか、新しい絵文字を多数追加し、米国では新たに「TV」アプリケーションを実装した。新しいTVアプリケーションは、「iTunes」からレンタルまたは購入した映画やテレビ番組と、他のビデオアプリケーションのコンテンツへの一元的なアクセスを提供する。途中まで見た映画やテレビ番組を確認して続きから視聴したり、おすすめの新作映画やテレビドラマを手軽に見つけて入手したりできる。米TechCrunchの報道によると、「Netflix」など一部の主要なビデオアプリケーションのコンテンツにはアクセスできないが、「Hulu」「HBO」アプリケーションには対応している。また、複数の有料テレビサービスにアクセスできるシングルサインオン機能も備えており、「Dish」「DirecTV」「Sling TV」などをサポートしている。絵文字は、細部もきれいに見えるようデザインを変更し、さまざまな職業、表情やジェスチャー、スポーツ、食べ物、動物を100種類以上追加した
ということです。さっそくアップデートだ。
2016年12月14日 (水) | Edit |
教育現場向けのITデバイス、GoogleがAppleを抜く
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/idg/16/120700097/120700001/
CIO.comの系列企業である米市場調査会社IDCによると、米国では、幼稚園~高校(K-12)の教室向けに販売されたコンピューティングデバイスの出荷台数は、2015年は約1090万台に達した。IDCのリサーチディレクター、Linn Huang氏によると、このうちGoogleのChrome OSデバイスとAndroidデバイスは合計約550万台、AppleのiOSデバイスとmacOSデバイスは合計約290万台だった。さらに細かく内訳を見ると、GoogleのChrome OSデバイス(主にChromebook)は約526万台、Androidデバイスは約25万6000台。AppleのiOSデバイス(主にiPad)は約210万台、Macは約80万6000台だった。幼稚園~高校の教室への導入が特に多かったデバイスが、GoogleのChromebookとAppleのiPadだったことが、教育市場へのアプローチにおける両社の最大の違いを浮き彫りにしているとBaker氏は言う。米IT系調査会社Jackdawの創業者で主席アナリストのJan Dawson氏は次のように話す。「Appleはどうしても、ほぼ全面的にハードウエアに軸足を置くことになる。一方Googleは、ハードウエアとサービスの組み合わせという色合いがはるかに濃い。Googleのアプリケーションは、教室でのコラボレーションで標準的存在としての座を急速に獲得した。生徒向けにGoogleのメールサービスを導入している学校も多い」
この分野でもグーグルが台頭してきましたね。Chrome OSのパソコンが浸透しているということでしょうか。個人的には興味はないものの大量導入するにはコストのかからないChrome OSパソコンが向いているんでしょうかね。グーグルが本格的なデスクトップOSを出したらいいのにと思うのは私だけだろうか。
2016年12月14日 (水) | Edit |
ポケモンGOに「第2世代」追加 再活性化狙う
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHD13H02_T11C16A2000000/?dg=1
人気スマートフォン(スマホ)ゲーム「ポケモンGO」に13日、ポケットモンスターシリーズ第2作に当たる「ポケットモンスター金・銀」に登場したポケモンが追加された。従来は第1作のポケモンで構成されていた。ゲーム内に登場するポケモンを増やすことで、ユーザーを再び活性化する狙いがありそうだ。 ホームページ上で開発チームから発表された。ポケモンは今後数カ月にわたって追加されていくという。第1弾としてピチューやトゲピーなど「ポケモン金・銀」から登場したポケモンが新たに加わった。ゲーム内の「タマゴ」をふ化させることで手に入る。また29日までの期間限定でサンタクロースのような赤い帽子をかぶったピカチュウも登場する。ポケモンGOは7月に米国で配信を開始し、11月時点でダウンロード数が6億を突破する大ヒットになった。人気はゲーム専用機向けのポケモンにも波及。11月に発売された携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」向けのポケモン最新作は初回の出荷本数が1000万本を超え3DS向けソフトとしては過去最高となった。ポケモンGO自体の人気は低下傾向にある。米調査会社アップアニーによると、12日時点でポケモンGOは米アップルの日本向けアップストアのゲームのセールスランキングで10位。米国でも5位前後と一時に比べると低位にある
一度飽きられたゲームの人気は再燃しないのが定説だろう。よっぽど新機軸があれば別だろうけど。私はまだ4回しか起動していない。5匹くらい捕まえた。それで終わりである。そういえばPS4版SkyrimというRPGを2時間くらいやってみたけど、ダメだったなー。おもしろくなる前にX軸のリバースがないので操作がむずいので断念。Y軸のリバースはあるのにどうしてX軸はないのだろう。困ったものだ。つーか、ゲームエンジンがなんか古臭いのは気のせいだろうか。足が地についていない感じ、すべってる。HDリメイクなのでしかたないのかな。最近のウイッチャーとかドラゴンエイジに比べるとすごく古臭い。Fallout 4もx軸リバースがないのでダメかも。しかたがないのだ、それに慣れちゃってて体に染み付いてるので。
2016年12月14日 (水) | Edit |
有名腕時計メーカーが作ったスマートウォッチが面白い
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/102400631/?ref=nbptrn_top_new
フォッシル・グループは1984年に米国・テキサス州ダラスで創業した比較的若い腕時計メーカーだ。1989年には、スチール缶に腕時計を入れて販売する「TIN CAN(ティン・カン)」をスタートし、その斬新さで注目を浴びた。時刻を確認する役割を携帯電話に奪われた腕時計をファッションアイテムとして演出してきた功労者でもある。今回もフォッシルは得意の演出によって、スマートウォッチをファッションアイテム化しようとしている。これに成功すれば、アナログ腕時計かデジタル腕時計か製品のデザインを選ぶような感覚で、店頭のスマートウォッチを手に取る時代が来るのかもしれない。筆者は「Fossil Q」シリーズを使ってみて、特にハイブリッドスマートウォッチに強い期待を抱いた。音声コマンドや文字盤変更は利用できないが、アナログ腕時計なのに通知やスマホの遠隔操作が行えることは魅力的。毎晩の充電が不要となる点も大きい。今後、こうした洗練されたデザインのブランド時計が次々に出てくれば、スマートウォッチの選び方もまた変わってくるかもしれない
スマートウォッチは、これなら買う!ってものがないですよね、正直。Apple WatchのようにOSが見えなくてもいいと思うんです。で、世の中の振り子がこういうクラシックな時計+スマート機能に振れてきているんですよね。そして、一番重要なのが充電のタイミングだと思います。最低1週間は持続してほしい。だから、メールなど余計な機能はなくていい。アナログ時刻+振動アラーム+健康機能くらいで十分いいと思う。これで、体温発電で半永久的に動くとかだったら買う。体温発電で振動はムリか・・・。