FC2ブログ


2016年12月17日 (土) | Edit |
PCサーバ出荷台数世界1位(*)となったDell EMC、製品開発の方向性と戦略を語る
http://japan.zdnet.com/pickup/dellemc_server_201611/35092028/?tag=zrcol;TUspecial
「顧客の要望は常に変化している。それに、現在の顧客のワークロードは10年前のワークロードとは全く異なる。こうした状況の変化に合わせて製品を設計する必要があるのだ。また、業界ではサーバのRAS(Reliability 信頼性、Availability 可用性、Serviceability 保守性)にばかり焦点をあてているが、Dell EMCはこれだけでは十分でないと考えており、PARIS(Price Performance(価格)、Availability(可用性)、Reliability(信頼性)、Interoperability(相互運用性)、Serviceability(保守性))のすべてを考慮して製品を設計している」とPendekanti氏は話す。例えばDell EMCでは、ストレージとコンピュートを近づけるべきだと考えているという。データや分析に対するニーズが高まり、巨大なデータを蓄積するストレージがコンピュートと離れていてはシステムの速度が追いつかなくなるためだ。このトレンドをいち早く把握し、Dell EMCはストレージオプションが豊富なサーバを開発。第13世代のインテル® Xeon® プロセッサーを搭載したサーバ「PowerEdge R730xd」では、2ソケット2Uラックで100テラバイトものストレージ容量を提供している。Dell EMCは先端のサーバ設計について議論が行われるOCP (Open Compute Project)に加入しているが、そこでも、ストレージとコンピュートを近づけるシステム設計思想は一般的になりつつあるという
なるほど・・・、つーか、それほど斬新なアイディアでもない気がするんだけど。
いちベンダーとして、顧客にすべて自社製品を使ってもらいたいという思いがないわけではない。しかし、だからといってプロプライエタリな製品を開発して顧客を囲い込むのは「顧客のためにならない」とPendekanti氏はきっぱり言う
これは大事ですよね。今やすべてのベクトルがオープンソースへと向いていますからね。ゆくゆくはWindowsやmacOSに代わってオープンソースのOSが使われるようになると思います。
2016年12月17日 (土) | Edit |
ランサムウェア被害企業の多くは身代金を払っている--実態が調査で明らかに
http://japan.zdnet.com/article/35093829/
感染するとデータを暗号化して読めなくしてしまい、復号化する鍵と引き換えに身代金を要求するランサムウェアの攻撃は、2013年以来着実に増加している。実際、IBM Securityが新たに発表した調査によれば、現在は全SPAMメールの約40%にランサムウェアが含まれている状況だという。企業に対するランサムウェアを使った恐喝は急増している。これは、サイバー犯罪者が標的をあまり選別しなくなっていることと、より投機主義的になっていることが理由だという。FBIは被害者に身代金を支払わずに警察に通報するよう求めているが、IBM Securityの調査では、被害企業の70%近くがデータを取り戻すために身代金を払っている。それらの企業のうち、50%が1万ドル以上、20%は4万ドル以上の身代金を支払った。IBM Securityによれば、その結果2016年には10億ドル近い身代金がサイバー犯罪者に渡ったという
え、マジかよ。1000億円も稼いでるのか。すげーな。つーか、バックアップとか取ってなかったのだろうか。
2016年12月17日 (土) | Edit |
「dTV」が音楽ライブのVR配信を開始! チャレンジして見えた課題と今後の戦略とは
http://www.rbbtoday.com/article/2016/10/17/146092.html
エイベックス通信放送とドコモが展開する国内最大規模の映像配信プラットフォーム「dTV」が、夏に開催された音楽イベント「a-nation」のライブVR配信を14日にスタートした。スマホで360度映像の音楽ライブを手軽に楽しめるコンテンツが制作された背景を、エイベックス通信放送の取締役 村本理恵子氏にインタビューしながら、今後計画するVR映像の内容についてもいち早く訊ねることができた。このたび始まった「a-nation ライブVR」は、dTVが今夏から配信をはじめたオリジナルの視聴アプリ「dTV VR」で見られる映像コンテンツ(有料)。アプリのダウンロードは無料だが、iPhone、またはAndroidスマホのほか“ハコスコ”といったVRスコープが別途必要になる
いいねー、こういうのがどんどん広がってほしいぞ。ベビメタをVRで見られる日も遠くない!
2016年12月17日 (土) | Edit |
自転車用モバイル電動空気入れ「Smart Air Pump M1」、20日に発売
http://www.rbbtoday.com/article/2016/12/16/147994.html?topic_article_click=true
「Smart Air Pump M1」は、コンプレッサーとリチウムイオン電池を搭載しており、どこでも簡単に、自動でタイヤに空気を入れることが可能なアイテム。本体サイズは長さ 148.5 × 幅 77 × 高さ 26.5m、重量400グラムと小型・軽量で、持ち運びにも便利だ。スイッチを押すだけで、設定した空気圧まで自動的に注入できるほか、液晶ディスプレイで空気圧を4単位(PSI、BAR、KPA、kgf/cm2)で設定可能なため、初心者でも簡単に操作できる。設定した空気圧に達すると、自動で停止するため、多忙なビジネスパーソンでも通勤前に使いやすい。口金は米式、仏式、英式バルブに対応しており、自転車と同様にオートバイや自動車のタイヤの空気入れとしても使うことができる。「Smart Air Pump M1」はウェブサイト「B’s supply(ビーズサプライ)」にて20日発売で、価格は税抜11,500円となっている
これはいいなー。ホスイぞ。
2016年12月17日 (土) | Edit |
MSサーフェス、マックブックプロに圧勝
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO10683980V11C16A2000000/
MSは10月、デスクトップパソコン「サーフェススタジオ」やノートパソコン「サーフェスブック」、ダイヤル型入力デバイス「サーフェスダイヤル」などサーフェスシリーズの新製品を発売した。その翌日に、米アップルがノートパソコン「マックブックプロ」の3モデルを投入。MSはこれを逆手に取り、手持ちのマックブックの下取りでサーフェスの新製品を最大650ドル値引きするキャンペーンに乗り出した。狙いは単純だった。新型ウィンドウズPCで上位ノートパソコンの利用者を取り込もうとしたのだ。MSはキャンペーン開始に伴い「サーフェスシリーズの性能や持ち運びやすさ、多用途性に肩を並べるラインアップはない」と主張。「マックを持っているが、タッチスクリーン式の究極のノートパソコンを体験したいなら、サーフェスとマイクロソフトストアがお手伝いします」と述べた。あれから6週間。MSは「マックからサーフェスに乗り換える人がかつてないほど増えている」と述べ、マックブックの下取りキャンペーンは「過去最高の成果を上げた」と強調した。同社はサーフェスの売り上げや、下取りキャンペーンに応じた人の数など具体的な数字は一切公表していない。一方、多くの人がサーフェスに乗り換えている一因として、プロの間での新型マックブックプロへの「失望」を具体的に指摘した。MSは声明で「当社のマックブック下取りプログラムは過去最高の成果を上げた。サーフェスのイノベーションへの興奮と、特にプロの間での新型マックブックプロに対する失望が相まって、サーフェスに乗り換える人がますます増えている」と説明している
マジかよ。やっぱりもうアップルの神通力は失われたんだなー。新機軸はタッチバーのみ、便利なポートの削除は思ったよりダメージが大きいみたいですね。サードパーティが対応しないならタッチバーは宝の持ち腐れになりかねません。私は買うとしたら普通のファンクションキーのヤツにするかも。つーか、今のMacBook Proはいろんなポートがついてて便利なのでこれで十分なのだが。逆にプレミアがついたりして。
2016年12月17日 (土) | Edit |
AIが奪う仕事に未来の芽
http://www.nikkei.com/article/DGXKZO10549150S6A211C1X12000/
検索では、ただ単語を入れればよいというわけではない。複数の単語をどのように組み合わせればよいのか、検索ワードの候補が多すぎる場合はどのようにして絞り込むのか。思いのほかアタマを使うことになる。最適な解を出せるかどうかは、検索する人の知識や教養、人脈、得意分野などが影響する。ここに検索結果の精度における格差や違いが表れる。従来のテクノロジーの役割を大まかにいうと省力化であった。いわば人を支援していたのである。これからその役割が代替化や創造性などになってくると、それは支援ではなくいわば人間と一体化して価値を提供することになる。テクノロジーの役割が人間に近くなるほど、それを使いこなす人間の持つ経験や構想力、デザイン力、判断力、そしてヤル気や情熱といったものが重要になり、影響が大きくなる。もちろんAIに代替されてしまう仕事はあるだろう。だが、必ず人間にしかできない仕事は存在する。その品質を高めたり、人間だけができる新しい仕事を生み出したりすることも可能だ。そこが人の強みになるはずである。むしろAIに取って代わられるといわれている職業こそ、未来の職業を生み出すのかもしれない。   今はAIがブームになってもてはやされているが、そのうちに様々な問題が起きてAIへの批判が始まるかもしれない。そのとき、AIにはできない仕事をこなせる、ピカピカに磨かれた人間の存在感は大きくなる。大事なのは、やはり人間なのである
AIが奪っていく人間の仕事って機械であってもいいものですよね。たとえばレジ打ち。商品の合計額を正確に計算して梱包もしてくれるAIならそれでいいわけです。無機質に「ありがとうございました」って言われても平気である。そういう単純労働がAIに置き換わっていくのは仕方がないことだと思います。トラックやタクシーの運転手もそのたぐいでしょう。倉庫の棚卸し作業なんかもそう。仕事の絶対量が減少していくのだから人間があぶれるのではないかと私は単純に思うのだが。
2016年12月17日 (土) | Edit |
見た目はアナログ時計--スマホと連動、リモコンにもなる活動量計「MSIFIT PHASE」
http://japan.cnet.com/news/service/35093808/
Fossil Groupは12月15日、MISFITブランドの新ラインアップ「PHASE」(フェイズ)を12月22日より順次発売すると発表した。予約は12月15日より受け付ける。価格はラインアップによって異なるが、2万4000円または2万6000円(税別)。PHASEは、サイズ41mmのアナログな文字版デザインのアルミニウムケースを特徴とする活動量計だ。50m防水を備えるほか、コイン電池(CR2430)により、約4カ月~最長6カ月連続して使用可能だ。3軸加速度センサにより、活動量、睡眠時間や睡眠の質を自動でトラックし、ライフログを蓄積。健康管理や、生活リズムの改善に役立てられる。文字版の右側にある2つのボタンを操作して、1日の活動量の達成率を確認できる。たとえばその日の達成率を知りたい場合、ボタンを押すと達成率が50%の場合は6時を指す
スマートウォッチはすっかりこっちの方向になってしまいましたね。アナログ時計+スマート機能。アップルはいつまであのダサいウォッチを続ける気だろうか。
2016年12月17日 (土) | Edit |
Instagram、ユーザー数6億人を突破
http://japan.cnet.com/news/service/35093828/
Instagramのユーザー数が6億人を突破した。わずか6カ月の間に1億人の新規ユーザーを獲得している。「Snapchat」に似た「Instagram Stories」機能を追加して以後、ユーザー数が急激に増加した。Instagram Storiesは、写真や動画をまとめてスライドショー形式で表示可能で、共有してから24時間後に消滅する機能。この機能は大きな人気を集め、Instagramは10月、毎日1億件を超えるストーリーが視聴されているとしていた。
ツイッターがもう飽きられててミクシィ化しているところですが、このインスタグラムはこれからも伸びそうですね。フェイスブックももう限界なんじゅないかと思うんですけど、なかなかしぶといですね。
2016年12月17日 (土) | Edit |
WordPress、VRコンテンツに対応
http://japan.cnet.com/news/service/35093850/
仮想現実(VR)は、日々のオンライン体験への浸透を続けている。その最新の進歩が、ブログプラットフォームの「WordPress」だ。WordPressでは、自分のサイトにVRコンテンツや360度のコンテンツをアップロードして共有できるようになった。読者はそうしたコンテンツを自分のブラウザで閲覧できるほか、「VR」ボタンをクリックすると、対応するヘッドセットを使って、イメージ全体が3Dレンダリングされた壮観な全画面表示で閲覧できる。Wordpressはプレスリリースで、対応するヘッドセットとして「Google Cardboard」、サムスンの「Galaxy Gear VR」、「Google Daydream」、「Oculus Rift」、「HTC Vive」を挙げている。これまでも、シンプルなプラグインを利用すれば、WordPress上でVRコンテンツの共有や閲覧ができた。それでも、WordPressほどの大規模なプラットフォームがVRにネイティブ対応することで、360度のVRコンテンツがこれまでより多くの人の目に触れることになるのは間違いない。それがひいては、VRヘッドセットの需要増加につながる可能性もある
WordPressがVRに対応する意義ってなんだろう。まぁ、いいことですけど。VRコンテンツが急激に立ち上がりそうなのは確かですからね。
2016年12月17日 (土) | Edit |
AIビジネスの“カンブリア爆発”が始まる
http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1612/16/news023.html
同じデータベースの写真を人間にも見せて何が写っているのかを答えてもらったところ、中には犬や植物の種類など答えがよく分からないものが含まれているため、エラー率は5%だったという。画像認識においてもAIが人間を上回ったわけだ。AIが、人間を超える性能の「目」と人間並みの「耳」を持ったことになる。目と耳は五感の中でも最も学習に関連する感覚だ。目と耳を持ったAIは、これからいろいろな事象を、ものすごいスピードで学習していくことになるのだろう。遠い昔、カンブリア紀に生物の種類が爆発的に増えた時期がある。いわゆるカンブリア大爆発という現象だ。なぜこの時期に種が爆発的に増えたのか。諸説あるものの最も有力な説の1つが、生物が目を持ったことで周りの環境に順応しやすくなったからだという説だ。目を持ったことでカンブリア紀に生物が爆発的に増えたように、AI搭載の製品やサービスもこれから爆発的に増えるのではないかと思う(中略)つまりここ数年のAIの進化は、DeepMindが山の頂上を極め、NVIDIAが山の裾野を広げてきたわけだ。PC時代は、MicrosoftとIntelが時代をけん引し、モバイル時代は、AppleとGoogleが引っ張ってきた。AI時代は、DeepMindとNVIDIAが台頭するかもしれない
この記事は私の感じていることと完全に符合している。私が新しいアップル本社が負の遺産になりそうだと思うのはこういうことなのである。正に今年はAIブレーク前夜、来年あたりからいろんなサービスとしてのAIが雨後の竹の子のように出てくるはずだ。そして、PCやタブレットにもAI技術は確実に入ってくる。今のようにおバカなPCやタブレットではなくなるはずだ。ゲームにもAIが搭載されるようになるだろう。AIの台頭と時期を同じくしてロボットも高度化・一般化するだろう。なんだかワクワクしますよね。この記事は今年一番のAIまとめ記事。
2016年12月17日 (土) | Edit |
Amazon Prime Air、ドローンによる配達に見事成功...だが道のりはまだ険しい
http://news.livedoor.com/article/detail/12421244/
アマゾン利用者の多い都市生活者の元にドローンが配達してくれるようになるのは、まだかなり時間がかかりそうです。都市部はドローンの規制も厳しい傾向にあります。qzやfortuneを始め、米メディアも「都市部での実現はまだ数年かかりそうだ」「急速な普及には障害がある」と指摘しています。  それでも、それでもですよ。なんとも夢のある話じゃないですか。  実際の距離がどれくらいだったのか気になるものの、ベゾズ氏のTwitterによると「クリックから配送まで13分」しかかからなかったそうです。リチャードさんの住んでいる地域だと(ビデオから判断すると)、家を出てお店に買いに行くよりもずっと早いのではないでしょうか。人間の手作業が加わったのはリチャードさんが注文した商品を箱につめた時だけ。倉庫内の作業のロボット化も進んでいるアマゾンですから、ドローン配送も実現すると怖ろしいレベルの効率化が達成されそうです
これは早く実現してほしいですね。クルマの自動運転よりは断然現実味があると思います。宅配革命ですよね。