FC2ブログ


2016年12月24日 (土) | Edit |
クックCEO、Macの継続を強調「素晴らしいデスクトップが登場する」
http://news.livedoor.com/article/detail/12442112/
近年、PC市場におけるデスクトップの比重が低下、AppleでもMacのアップグレードサイクルの速度は遅くなっています。一部ではAppleはデスクトップ事業を捨てるのではないかという憶測も飛び交っているほどです。 しかしティム・クック最高経営責任者(CEO)の社内向け掲示板Apple Webへの書き込みは、この噂を完全に否定するものでした。(中略)「デスクトップは極めて重要です。デスクトップはノートブックに比べ、より高いパフォーマンスを持つという点で優れています。スクリーンの大きさ、メモリとストレージ容量、多様な入出力、高速なパフォーマンスなど。デスクトップが重要な理由は多種多様で、デスクトップがないと困る、という人々もいます。現世代のiMacは過去最高のデスクトップであり、美しいRetina 5Kディスプレイは世界最高のディスプレイです。メディアのなかにはわれわれがデスクトップに真剣に取り組んでいるのかを疑問視する声もあります。われわれのチーム内でも同じような疑問があるとしたら、ここではっきりさせておきましょう。ロードマップには素晴らしいデスクトップが含まれています。心配は無用です」
よかったよかった。Macは存続するようです。でも使わないんだよなー。
2016年12月24日 (土) | Edit |
家庭内のネット機器全てを守る黒い箱
http://www.asahi.com/articles/ASJDG2H1YJDGUEHF001.html?iref=comtop_list_sci_f01
ウイルスバスター for Home Network(以下、ウイルスバスターHN)は、ホームネットワーク(家庭内LAN)上の通信を監視し、危険なものを検知、遮断する機能を持つネットワーク機器です。主に、デジタルテレビ、ルーター、ウェブカメラ、ゲーム機やネット対応テレビなど、インターネット通信機能を持つIoT機器を守ることを想定しています。これらはパソコンなどと違ってセキュリティー対策ソフトをインストールできないからで、攻撃の命令や不正なプログラムが外部から入る前に遮断しようというわけです。大きな特徴は、ブロードバンドルーターとLANケーブルで接続して電源を入れるだけで使えるところ。いたってシンプルです。通常、このような機器を利用する際には、ブロードバンドルーターとブロードバンド回線の間、あるいはブロードバンドルーターと家庭内LANの各機器との中間に置いて、両者を隔てる「関所」のように接続することが多いです。ただ、これだと機器の配線をやり直さなくてはならず、設置は面倒です。でも、ウイルスバスターHNは、ブロードバンドルーターのLAN端子に接続するだけで接続完了。LAN端子に空きがない場合を除けば、他の機器の配線は一切変更する必要がありません。とても手軽です
お手軽だけど、どうやって遮断するんだろう。WANとルーターの間にあるんだったらわかるけど。
2016年12月24日 (土) | Edit |
無線LAN機器、出荷停止 サイバー攻撃に悪用の恐れ
http://www.asahi.com/articles/ASJDN5GJ5JDNUUPI00C.html?iref=comtop_8_03
ネットにつながる家電など「IoT」機器を経由した新手のサイバー攻撃に悪用される恐れがあるとして、パソコン周辺機器メーカーのプリンストン(東京)は20日までに、同社の無線LAN製品の出荷を停止した。21日午後にも発表する。出荷を停止したのは「ワイヤレスモバイルストレージ デジ蔵」。有線LANを無線で使えるようにしたり、スマホのデータを保存できたりする機能がある。2014年4月に発売され、国内全体で約1万5千台出荷されているという。出荷済み製品の利用者に対しては、感染を防ぐ修正プログラムを配布するまでネットに直接つながないよう呼びかける。 サイバーセキュリティーに詳しい横浜国立大大学院の吉岡克成准教授らの調査で判明し、朝日新聞社を通じて同社に調査結果を伝えたところ、同社でも感染リスクを確認したという
ルーターとかファームウェアのアップデートとかそうそうしませんからね。ネットワークカメラなんかもそうですよね。