FC2ブログ


2016年12月28日 (水) | Edit |
人工知能は職を奪わない--AIは「空気がよめない」
http://japan.zdnet.com/article/35094036/
この記述を見て、筆者は、前職で経理部門が発行するExcel形式のフォーマットが毎年変更され、その対応に四苦八苦した経験を思い出した。確かに、フォーマットの変更への対応は、人間にとっては単純作業かもしれないが、機械にとっては、そう易しい問題ではない。AIは「まったく空気がよめない」のだ。もちろん、フォーマットの変更をチェックするプログラムを書き下すことはできる。そうすると、その「フォーマットの変更をチェックするプログラム」に書かれていない変更があった場合(行の変更だけではなく、項目の追加など)には、その「『フォーマットの変更をチェックするプログラム』の変更をチェックするプログラム」を新たに書く必要があり、それすらも変更する場合は、という、堂々巡りが発生する。このように、「弱い人工知能」は、人間の「作業」を減らすことはあっても、人間の「職業」を減らすことにはならないのである。勿論、「今まで三人でやっていた作業を一人でできるように効率化する」というような状況は、現状既に起きている   しかし、その分、作業効率化のためのシステムを作る作業や、そのシステムをメンテナンスする作業など、新たな作業は常に生まれており、「弱い人工知能」によって、「職業」自体がなくなるということは決してないというのが私の結論だ
そう、みんなそう思っていた、コンピューターの知識が少しばかりある私でさえも。あのAIがプロ棋士を打ち負かすまでは。AIのことを人工無能と呼んでいたことすらあるのに、その人工無能がプロ棋士を打ち負かしたというのだから、これはもう人工有能である。この記事の筆者はその変化を無視しようとしているかのようだ。いままでのパソコンは本当に無能だった。人間がコマンドを打ち込まない限り何もできないバカな箱だった。それも今後はかなり変わってくるのではないだろうか。
2016年12月28日 (水) | Edit |
カラーイラストが自由自在、人工知能を用いて線画に自動着色する技術がネットで話題に
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1037012.html
今年ネットで話題になった技術のひとつに、人工知能を使って白黒写真を自動的にカラー化する早稲田大学理工学術院の研究があるが、この年の瀬にまたしてもすごい技術が登場してネットで話題になっている。これは、着色されていない線画のイラストを読み込ませると、自動的に色を塗ってくれるという技術で、線画と着色済みの画像のデータを人工知能に学習させることで、違和感のない着色を行うというもの。写真と違って濃淡のヒントがないため、基準となる色をペンツールで各エリアに置いていく必要があるが、逆にそれによって自由な塗り分けを可能としていることが特徴。紹介ページに掲載されているサンプルは、とても自動着色されたとは思えないレベルのイラストばかりで、本職の絵師の中にも試したいとつぶやく人もちらほら。いまのところウェブサービス化ならびにソフト化は実現していないが、今後の展開に期待したいところだ
これもすげー。高レベル着色ですなー。人間の子どもより確実に上。AI恐るべし。
2016年12月28日 (水) | Edit |
後ろに回るとキャラを背後から見られる、透明スクリーンへの両面投影ムービーがすごいと評判
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/yajiuma/1037013.html
スクリーンに投影された映像といえば、一方向からしか見えないのが普通だが、前から見るとキャラの正面が、後ろから見るとキャラの背面が見えるという、両面投影を実現させた映像がニコ動にアップされて話題になっている。ニコニコ技術部を中心に活動するサークル「ポリッドスクリーン」の手によるもので、透明スクリーンに投影されている映像を前から後ろへと回り込んで見ると、それまで正面から観ていたキャラの姿を後ろから鑑賞できるというもの。動画は2分ほどあるがまったく仕組みがわからず、コメント欄でも「これ、何だかんだ大発明だよね?」「どうなってんの?w」「誰かマジレスしてくれさっぱり仕組みがわからん」「しれっとやってる影がいい感じ」などと絶賛するコメントが相次いでいる。今回の動画はいわば完成動画ということで、仕組みの解説やメイキングなど、さらなる情報の公開を期待したいところだ
これ、すげーな。どういう仕組なんだろう。影とかどうやってんの?
2016年12月28日 (水) | Edit |
通信を監視して外部からの攻撃を遮断 トレンドマイクロ「ウイルスバスター for Home Network」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/shimizu/1036587.html
ARPテーブルは、PCなどの通信機器が保持しているMACアドレスとIPアドレスの対応表だ。この表によって、通信先のIPアドレスに対応するMACアドレスを判断し、宛先としてデータを送信する。 ポイントは、赤で囲った部分だ。192.168.1.1は、もともとはルーターのIPアドレスで、デフォルトゲートウェイとしてすべての通信の出先として設定されているものだ。このMACアドレスが、ウイルスバスター for Home Networkの設置前(上)と設置後(下)で変わっているのが確認できるだろう。これによって、本来、デフォルトゲートウェイとなっているルーターの宛の通信が、強制的にウイルスバスター for Home Networkへと向けられるわけだ。もちろん、そのままではインターネットに接続できないため、ウイルスバスター for Home Networkで通信をチェック後、受け取った通信を本来のルーターへと転送することになる。このしくみによって、2つのポートを使って、物理的にWANとLANの間に設置する必要がなくなるわけだ。なかなかの力業で、興味本位で会社のネットワークにつなごうものなら、ちょっとした騒ぎになりかねないが、このおかげで設置や初期設定はとてつもなく楽になっている
ほー、なるほどそういうカラクリですか。しかし、年間利用料というのが別途必要というのは導入に大きなネックになるでしょうね。しかも6480円というのは高い。私は当初投資だけで使えるんなら考えたけど、年間利用料がかかるのでスルーですね。
2016年12月28日 (水) | Edit |
仮想現実に移住しました!! VRが変えた僕の人生
http://www.gizmodo.jp/2016/12/life-is-vrtiful.html
2016年はVR元年、つまりVRの始まりの年でした。Oculus Rift、HTC Vive、PlayStation VRと主要なVR製品が発売され話題になりましたが、まだまだ始まりにすぎません。重要なのはVRが発売されたことではなくて、VRでどんな体験をするかだと思うんです。冒険家になれるかもしれないし、ヒーローになれるかもしれない、逆に女子校生にだってなれるかもしれません。今年はまだ役者が揃っただけ。来年はこの役者たちとともにどんな体験をするかの選択肢が増える年になるのではないでしょうか。  確かにまだVRを生活に取り入れるには、値段の高さやコンテンツの少なさなどのハードルがあるとは思います。しかしVRがゲームだけでなく、音楽、映画など、さまざまな形での活用が広く認知されることで、今後このハードルはどんどん下がっていくでしょう。VRはあなたに力、そして人生を与えます。いまは全く興味がないという方でもこれだけは忘れないで下さい。  「VRはいつでもあなたを受け入れてくれる」  現実世界の皆さん、いつか仮想現実でお会いできることを楽しみにしています
うーん、セカンドライフ臭がしますな。つーか、「女子校生にだってなれる」ってところにちょっと魅力が。そうかその手があったか、という・・・。いやー、技術革新はやっぱりエロが牽引するのですよ、いつの時代でも。
2016年12月28日 (水) | Edit |
ティム・クックが話す。iPhoneの陰で…この先、Macは消えていくのか?
http://www.gizmodo.jp/2016/12/timcook_told_worker_about_apple.html
その憂き目を見ているのは、デスクトップのMacでしょう。昨年に「iMac」こそ新モデルが出されましたが、低価格帯の「Mac mini」は、2014年を最後に刷新されていません。もっともハイエンドなユーザー向けの「Mac Pro」にいたっては、すでに3年以上も新モデルが発表されていないのです。Appleは、せめてものMacBookのみを残して、デスクトップは消えゆく運命にあったりするのでしょうか?  しかし今回、CEOのティム・クックが自ら、こんなふうにAppleの社員へ語ったことが、TechCrunchの報道によって明らかにされました。  一部のメディアでは、我が社がデスクトップに注力する気があるのかをめぐって、さまざまな憶測が流されてきた。もし我々の開発チームに疑問を持っているようなら、ここではっきりと語らせてほしい。今後のロードマップには、優れたデスクトップのラインナップが予定されており、なんら心配する必要などない。 ただしこの声明のなかで、同氏はiMacについてだけしか語らず、Mac miniやMac Proには一切触れられませんでした。やはり今後はiMacくらいしか新モデルは発売されないのかな? かえって懸念は深まるばかりという反響もあるようです。  いまもAppleの社内には、Macをこよなく愛する社員たちが大勢いることに疑問の余地はありません。しかしながら、MacBookにしろ、iMacにしろ、明らかに以前よりは新モデルが投入されるサイクルが延び延びになってきているのも事実でしょう。すぐにAppleがMacを見限るだなんてことはないでしょうけど、パワフルな最新のMacを早く使いたいユーザーにとっては、ややストレスも溜まる状況が当面は続いていきそうです…
ゴミ箱Mac Proなんかもう性能は陳腐化していますからねー。iMacもずっと更新されていないですよね。リソースが割かれていないのは見え見えです。旧Mac Proの筐体は美しいのでWindowsマシンにできるから持っててもいいですけど。ただ、さすがに2006年や2008年モデルは骨董品ですね、CPU換装しても遅い。2009年モデルさえmacOSの対象外になってしまいましたし。速攻でWindows PCパーツ入れて爆速マシンにすべきですね。といってもそれを使うシチュエーションがないんですよねー。macOSで動くゲームは少ないし、かといってWindows 10を入れるのもイヤだし。Linuxマシンにしてもいいのだけどそれだってゲームタイトルは皆無ですからね<ゲームしかないのかよ・・・。つーか。ゲームだったらPS4 ProでFAだし。NetflixやHuluもPS4でFA。Apple TVの出る幕はなし。うーむ、自宅でのPCの使い道について検討しないと・・・。
2016年12月28日 (水) | Edit |
スマートウォッチは消えていく? Apple WatchとPebbleの苦戦からみえる未来とは
http://www.gizmodo.jp/2016/12/smart-wathc-2016-apple-watch-pebble.html
なぜPebbleの失敗が手痛いのかというと、あのほかのスマートウォッチでは真似できなかった優れた機能でさえ、市場に受け入れられなかったという事実でしょう。白黒の電子ペーパーディスプレイを採用したPebbleは、充電なしでも1週間使い続けられるスマートウォッチの発売を続けてきました。多くのユーザーが、あの充電がわずらわしいと敬遠してきた、まさにスマートウォッチ最大の弱点を改良したにもかかわらず、結局は事業が成り立たない苦境へと追い込まれてしまったわけなんですよね。やっぱりスマートウォッチって、わざわざスマートフォンと別個に持ち歩かなければならない存在意義が乏しいのでしょう。スマートフォンにはできないけれど、スマートウォッチがあるからこそできることが少なすぎるのです。本当にApple Watchがなければ体験できないワクワク感さえあれば、充電の面倒だって苦にはならないでしょうし、多少の不便を忍んででも使いたくなる理由がいっぱいに〜。そんなスマートウォッチの未来図が定まるまで、まだまだ来年も市場の盛り下がりが続いていきそうな予感でしょうか
Apple Watch登場時には百万円を超えるバージョンもあった気がしますが、あのころの喧騒が嘘みたいですね。世の中にはスマートウォッチに対する落胆と失望が定着した感があります。Apple Watchが更新されましたがいよいよ失望が確定的になりましたよね。たぶんこれは黒歴史になるんでしょうね。
2016年12月28日 (水) | Edit |
2017年はAIが大いに飛躍--「実験は終わり、ソリューションへ」
http://japan.cnet.com/news/commentary/35093996/
心しておこう。人工知能(AI)は思いもよらない分野で活用されるようになる。   2016年は、Google、Facebook、Apple、Microsoftといったテクノロジ企業が、AIを利用する製品やサービスを次々に発表した。2017年には、他の業界もこぞってAIを導入するようになるだろう。人工知能という言葉が登場してから60年になるが、それ以来ずっと、実現しそうでいつまでたっても実現しない存在のように思われてきた。だが、新しいハードウェアやソフトウェア、サービス、専門技術の出現で、ようやく現実のものとなった。もちろん、各社ともAIを動かすには人間の頭脳の力がまだまだ必要となるだろうが。(中略)AIは2016年に特に大きな注目を集めたトレンドであり、その注目度は今後も高まっていく一方だろう。皆さんもすでにAIに触れているはずだ。スパムメールのブロックも、デジタル写真の整理も、口頭のテキストメッセージの書き起こしも、AIがやっている。2017年には、デジタル機器にとどまらず、ビジネスの主流にまで広がっていくだろう。「実験の年は終わり、ソリューションの年になるだろう」。IBMの最高イノベーション責任者であるBernie Meyerson氏はこう述べている
AI as a Serviceとして今のクラウドのようなカタチで普及していくのではないだろうか。APIが公開されてプログラムの中で使用されるかもしれない。ありとあらゆるところにAIパワーが浸透してくるはずだ。
2016年12月28日 (水) | Edit |
仕事の47%はAIに奪われ、格差は拡大する 米政府報告書
http://www.sankei.com/wired/news/161227/wir1612270001-n1.html
この報告書は、オートメーション化普及率を予測するにあたって、二つの異なる試算を引用している。まず、経済協力開発機構(OECD)の研究者は楽観的な見方をしていて、仕事に関連するいくつかのタスクが自動化され、多くの仕事の内容が変化はするだろうが、完全になくなることはないと考えている。今後10~20年の間で存亡の危機にさらされる仕事は全体の9パーセントに過ぎないと彼らは見積もっている。  しかし、オックスフォード大学のカール・ベネディクト・フレイやマイケル・A・オズボーンによる別の分析によると、AIの専門家たちに対してオートメーション化によってなくなりそうな仕事を分類するよう依頼したところ、米国内の仕事の47パーセントが危機に瀕すると判明したという。この研究によると、「時給が20ドル以下の仕事」の83パーセントはAIが優勢になるが、「時給40ドル以上の仕事」ではその割合は4パーセントとされている。研究者たちが答えられない重要な質問がある。それは、オートメーション化による失業を、雇用拡大が吸収できるのかという点だ。米国では以前から、事業の規模縮小や閉鎖によって、各四半期に仕事の6パーセントがなくなってきたが、別の分野の雇用拡大でそれを相殺してきた
今までもオートメーションの技術革新によって自動車工場などでのロボットが進出し人間を排除してきたが、AIの台頭はそういうレベルではなくなる。社会のあらゆるところにAIは進出してくるだろう。人類がかつて経験したことがない大きな変革がすぐそこまで来ているということである。コンビニのレジの人間は危ういし、タクシーや長距離トラックの運転手も危ういだろう。ホテルのフロントの人たちも危ない。コールセンターの人たちも同様だ。そういう人たちは今後どこに活路を見出していくのだろうか。どこかで吸収されるとはとても思えない人数がそこにはある。
2016年12月28日 (水) | Edit |
“VR元年”、何が起こったのか?
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/122200708/?ref=nbptrn_top_new
各種メディアでVRの話題を多く見かける年だったが、VRは本当に立ち上がったのか? 一過性のブームで終わったりせず、今後定着するのか? 今年1年の出来事を振り返りつつ、検証する。PS VRが話題を集めたのは、その価格の安さ。既に発売されていたOculus RiftやHTC ViveといったHMDは本格的なゲームが楽しめるものの価格は10万円クラスで、ゲームを楽しむには、15~20万円クラスのハイスペックなパソコンも必要になる。ゼロからそろえると25万円前後が必要だ。その点、PS VRは5万円以下で、遊ぶのに必要なPlayStation 4と合わせて8万円ほどからだった。このため即完売し、発売から2カ月以上たった現在も品切れ状態が続いている。ただ、いくら「安い」といっても、「VRを試してみたい」というだけでこの金額を出せる人は多くないだろう
10月発売で12月になっても手に入らないなんて・・・。通常こういうのはアーリーアダプタが飛びつくくらいなのでそんなに売れないはずなのだが、普通の人たちまで飛びついたということだろう。VRは今年が元年、来年以降ソフトも充実してくるはず。3年もすれば次期バージョンのハードが出るだろう。その頃が本当の普及期だと思う。それまで待てないくらい魅力的だ。アミューズメントは自宅に設置できないレーシングマシンとか大画面とかで息を吹き返すかもですね。あー、生きている間にこんな技術革新を体験できるとは幸せだ。まだVR買えてないけど。
2016年12月28日 (水) | Edit |
アマゾンの「格安タブレット」が今年の驚きだった
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/122000704/?P=3
2016年9月9日に発売されたAmazon Fire HD 8(直販価格は税込み1万2980円、アマゾンプライム会員は4000円引き)は、他社の追従を許さないコストパフォーマンスが画期的なタブレットだ。Fireタブレットには8980円(アマゾンプライム会員は4980円)とさらに安価な7インチサイズの「Amazon Fire」が発売されているが、Amazon Fire HD 8は50%増量した1.5GBのメモリー(RAM)を搭載しているおかげで処理速度が大幅に向上。ブラウジング、カジュアルゲーム、動画視聴、読書などの用途であれば、ほとんどストレスなく利用できる。7インチより4000円高価だが、Amazon Fire HD 8のほうがオススメだ。実用十分なスピードで動作し、また映画鑑賞時にも不満を感じることのないビジュアル・オーディオ品質を備えたタブレットをプライム会員向けに約9000円で提供できるのは、アプリ、動画、書籍コンテンツなども販売しているアマゾンだからこそできること。非会員は1万2980円だがそれでも十分すぎるほど安い。クリエイティブワークに使用するタブレットであれば、デジタイザースタイラスなどに対応したそれなりのスペックの製品を選ぶべきだ。しかし、コンテンツ鑑賞用途に限るのであれば、Amazon Fire HD 8がリリースされた現在、ほかのタブレットを購入する理由はないと言っても過言ではない
作画とかしないのならこれで十分ですよね、安いし。ただ、私的にはタブレットはiPad Airで間に合っているからいらない。
2016年12月28日 (水) | Edit |
PC用キーボード、売れ筋は2万円の東プレ「REALFORCE」
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/1005565/122600062/?ref=nbptrn_top_new
一番人気となっていたのは東プレの「REALFORCE 108UH-S」だ。柔らかい入力感のある静電容量無接点方式スイッチを採用したREALFORCEシリーズ自体、プログラマーなどタイピング量の多い人に厚く支持されており、なかでも最近は静音性の高いこのモデルの売れ行きが目立っているとのことだ。  「机がズラッと並んでいる環境でも周囲を気にせずにしっかりとタイピングできるということで、職場にマイキーボードを持ち込みたいという人によく売れています。型番の指名買いよりも、REALFORCEのほかのラインアップと比較したうえで選ぶというパターンが多いかもしれません」   耐久性の高さにも定評があり、4~5年スパンで現行機種を買いに来る人も多いとか。「自宅用とオフィス用で2台購入するという方もまれにいらっしゃいますが、メインの一台を手に入れて大切に使い続けるというスタイルが多いのではと思います」
まぁ、これは当然ですね。これ以上のキーボードは見たことがない。これはおすすめする。私は自宅のPCは全部これです。Mac Proもこれ。Macのキーボードっておしゃれだけど実用性がないですよね。マウスもそう。
2016年12月28日 (水) | Edit |
2016年、現実になった「未来」まとめ
http://news.livedoor.com/article/detail/12467575/
2016年3月、Google傘下のDeepMindが開発した囲碁AI「AlphaGo」が人類に勝利しました。  世界最強棋士のイ・セドル九段と5度にわたって対局を行ない、4対1でAlphaGoが勝ち越す結果に。それまで囲碁はまだまだ人間が有利で、AIは棋士に勝てないと言われていたにもかかわらず、です。  対局後、イ・セドル九段は「AlphaGoとの対局の後、伝統的な考え方に少し疑問を抱きました。学ぶことがまた増えましたね」と話しました。このイ・セドル九段の敗北は、機械は人間の知能レベルにすぐに追いついてくること、そして人間の領域にAIの力が浸食されてきているという看過できない事実を思い知らされました。(中略)2016年はVR元年。それまで完全没入型のバーチャル・リアリティーのヘッドセッドは手を出しにくい価格でしたが、Oculus RiftやHTC Vive、Playstation VRなど、今年は一般消費者もVRヘッドセットが買えるようになり、VRコンテンツも揃い始めてきました。来年はますますVRが加速していくでしょう
いやー、今年はAIに始まりVRで終わるという年でしたねー。PS4 VRはまだ入手不可の状態が続いています。来年には手に入るでしょうか。
2016年12月28日 (水) | Edit |
次期iPhoneの呼び名は「フェラーリ」 アップル社内資料で判明
http://news.livedoor.com/article/detail/12468608/
公開された内部資料は、既に報道されているiPhone 8の噂を裏付けるものとなっている。アップルは来年D20、 D21、D22と内部で呼ばれる3端末をリリースする(iPhone 7と 7 Plusの場合はそれぞれD10、D20との名前で開発が進められた)。資料によるとアップルは3機種のうちのハイエンドモデルをフェラーリと名付けたという。初代iPhoneの場合はアップル社内で”プロジェクトパープル”と呼ばれていた。  韓国紙Korean HeraldやフォーブスのJohn Kang記者のリポートによると、このフェラーリと呼ばれる端末は、サムスン製の曲面ディスプレイを採用するという(しかし、筆者が最近、韓国LG本社を取材した際には、LG側もアップルと交渉中であると述べていた)。  このモデルはまた、iPhone 7 Plusよりも小さく、流線型のボディになる。リーク資料によるとフェラーリには、ロジックボードが2つに分割されたマザーボードが搭載され、従来よりもサイズの小型化に成功したという。  その結果、フェラーリではホームボタンはディスプレイ内に埋め込まれる形になる。アップルのリーク情報の正確さで知られるKGI証券のミンチー・クオも、次期iPhoneからはホームボタンが消え、フロント部分は全面ガラス製で指紋認証機能を備えると述べていた。また筐体の側面にもタッチセンサーが搭載されるとしている
iPhone7がつなぎのモデルだったということでしょうか。通常なら来年はiPhone7sが出る年ですからね。「フェラーリ」とはどういう意味ですかね。バカ速い、という意味か、ボディのカタチが流線型なのでそうなのか、不明ですね。
2016年12月28日 (水) | Edit |
アップルの2016年を振り返る--「iPhone」失速からトランプ騒動まで
http://japan.cnet.com/news/commentary/35094273/3/
では、私はなぜMicrosoftがAppleを出し抜いたと考えるのだろうか? Appleがイノベーションの方法を知っているのは疑いの余地がないことだが、プロユーザーを見失ったように感じるからだ。「より薄く、より軽く、より少ないポートに」という方針は、これまでわれわれがAppleに期待してきたこととは合致するが、プロユーザーが求める機能ではない。同様に、Touch Barはもちろん革新的ではあるし、Appleはこの新機能をウェブサイトと製品の外箱でも宣伝しているが、これもまた、プロユーザーが求めるものではない。一方Microsoftは、Surface StudioでPCのフォームファクタをより便利になるよう少し改善し、クリエイター層を狙った高機能を詰め込んだ。実際、私の知る多くのプロデザイナーは、手持ちの高価なペン対応ディスプレイ(27インチのCintiq製ペンディスプレイは2299ドルする上、これに接続するためのPCが別途必要だ)を28インチのSurface Studioに置き換えられるだろう。その際、手持ちの周辺機器やハードウェアは一切アップグレードする必要がない
あのゴミ箱Mac ProとiMacはずっと更新されていないからね。今回リリースされたMacBook Proも時間がたてばあのタッチバーすら不要に思われてくるから不思議だ。すすむべき道を見失っているように見える。