FC2ブログ


2017年01月25日 (水) | Edit |
2030年、完全自動運転車は200万台に--矢野経済研究所予測
http://japan.zdnet.com/article/35095221/
矢野経済研究所が、自動運転システムの世界市場に関する調査結果を発表した。調査は2016年9月から11月にかけて、同社研究員が関連メーカーへヒアリングを実施し、文献調査を併用している。それによると、2030年における自動運転システムの世界搭載台数は、NHTSA定義のレベル2が2798万台、同レベル3が1786万7000台、レベル4が224万4400台に達すると予測している。自動運転の自動化の程度は、NHTSA(米国運輸省高速道路交通安全局)が設定した5段階(レベル0〜4)の分類が広く用いられており、今回の調査もこれをベースとした。全く自動化が行われていないレベル0に対し、運転を支援する自動ブレーキやオートクルーズコントロールなどの自動化がレベル1、操舵や加減速など複数の運転支援を実行する部分的な自動化がレベル2、全ての運転をシステムが担うものの緊急時に運転者の介入が必要な条件的自動化がレベル3、いかなる状況でも人間による操作が行われない完全自動運転がレベル4と定義している
私は断言する。完全自動運転車は黒歴史だ。レベル3まではすぐに到達できるだろう。だが、レベル4は非常にハードルが高いはずだ。これはいくらAIが発達しても到達できないと私は思うのだ。たとえば、99%安全ですよ、と言われてそんなクルマに乗るだろうか。あとの1%はクリアできないハードルだと思うのだ。たとえば、急に陥没した道路の穴を避けられるだろうか。警察官や道路作業員のジェスチャーを正確に判断できるだろうか。それはどだいムリだと思う。
2017年01月25日 (水) | Edit |
変革が加速するストレージ分野--2017年もさらなる飛躍の年に?
http://japan.zdnet.com/article/35095008/2/
オブジェクトストレージの設置コストは依然として高価であり続けるため、NASが消えて無くなったりはしないだろうが、RAIDベースのNASの衰退は2017年に始まるはずだ(中略)PCIe/NVMeを採用したSSDは、2017年の終わりまでにほとんどの高機能ノートPCで採用されるようになるだろう。PCIe/NVMe採用SSDを搭載したAppleの新型「MacBook Pro」はトラブルを抱えているかもしれないが、ストレージ性能は懸念とはなっていない。また、他の企業もPCIe/NVMeの波に乗ろうとするはずだ。 PCIe/NVMeを採用したSSDは読み書き性能が1秒あたり2Gバイトにも達するため、SATA SSDを圧倒する。またノートPCは仮想メモリシステムが強化され、より軽快に動作するようになるはずだ
私は家庭用のストレージをSSDで構築することにして、SynologyのNASを購入したところだ。ハードディスクという不安定なストレージにいくらデータを溜め込んでもムダだと思ったのだ。事実、私はシーゲートのミラーリングのハードディスクが一度に2台(1台壊れたことに気づかずとうとう2台壊れたのかもしれないが)一度に壊れて大量のデータを失った経験からハードディスクは信頼できない記憶媒体だと確信した。
2017年01月25日 (水) | Edit |
Amazonが仮想ダッシュボタンをウェブとモバイルに展開
http://jp.techcrunch.com/2017/01/21/20170120amazon-puts-virtual-dash-buttons-on-its-homepage/
ボタン自体は実質無料だ、最初の注文時にAmazonがボタン代を値引きしてくれるからだ。  しかし誰もが家の中にハードウェアをばら撒きたいと思うわけではない。こうした理由からこの新しいデジタルボタンが登場した。  このボタンに最初に気がついて報告したのはRecodeだった。それによれば、Amazonは最近購入したり頻繁に注文したアイテムに対するボタンを自動的に作ることも行う。  物理的なボタンとは異なり、プロダクト詳細ページで「Add to you Dash buttons」を押せば、Amazon Primeで購入可能な何千万種類ものプロダクトに対して、自分で仮想的なダッシュボタンを作ることができる。  また専用のダッシュボタン用のダッシュボード上で、不要なボタンを削除したり、更に追加を行ったりすることも可能だ。
なるほど、仮想ダッシュボタンか。攻めますなーアマゾン。
2017年01月25日 (水) | Edit |
昨年苦しみを味わったウェアラブル市場の課題
http://jp.techcrunch.com/2017/01/24/20170120wearables-have-got-some-work-to-do-this-year/
ハッキリとしていることは、何かが変わらなければならないということだ。Android Wear 2.0には現状を一手に好転させるほどの力があるようには思えないが、少なくともそのリリースをうけて新しいハードウェアが誕生するだろう。そしてメーカー側は市場のこれまでの動きからヒントを得なければならない。ユーザーが健康に関するデータに興味を持っているのは間違いなく、大手メーカーのインフラも既に整っている。  次世代のウェアラブルデバイスは、ユーザーに多くを約束せず、彼らの期待以上の結果を残さなければならない。消費者はどんな製品を買っても一晩で習慣は変えられないということに気づいているため、もしかしたら次のウェアラブルデバイスは、服に埋め込まれたものやハイブリッドスマートウォッチのように、ユーザーが必要なときにだけ使えて、それ以外のときは存在を感じさせないようなものがいいのかもしれない。  互いに似通ったスマートウォッチやスマートバンドの勢いが弱まりはじめたところで、2016年の苦境をバネに本当のイノベーションが生まれることを願っている
Apple Watchについて過大評価していた私たちは大きな失望を味わった。その失望の最たるものが機能もさることながら「電池」の持ち時間だろう。一度充電したら1週間は大丈夫、というくらいならまだよかったが、1日持てばいい方だというのだから、時計としてはナンセンスである。機能を絞って電池の持ち時間を長くさせるようにしないと売れないだろう。ただ、もう市場はスマートウォッチに失望してしまっていると思う。
2017年01月25日 (水) | Edit |
Elon Muskよ、自律飛行ドローンこそが未来の移動手段だ
http://jp.techcrunch.com/2017/01/24/20170122sorry-elon-driverless-passenger-drones-will-be-the-vehicular-disruption-of-the-future/
しかし自動運転車をスキップして自律飛行ドローンを採用することで、上記のような個人の問題だけでなく、社会的な課題も解決できる可能性があるのだ。  もしも自動運転車の代わりに、自律飛行ドローンで地上500メートルの高さに浮かべるとすれば、空中にドローンを停めて、いつでも好きな場所へ移動できるようになる。  一旦ここで一息ついて、私の意見に潜むバイアスを認識しておいてほしい。  私は車も好きだが、それ以上のドローン狂だ。私は自分が空を飛んでいるような気分になって、今まで見たこともないような景色を4Kで見るのが大好きだ。以前はDJI Phantom 3を使っていたが、その後4を購入し、今はMavicが到着するのを待っている(そして素晴らしいものは全てそうであるように、Mavicの到着はもちろん遅れている)。  しかしどうやらドローンに執着しているのは私だけではないようだ。Taboolaがアメリカのネットワークから抽出したデータによれば、人は1日に25万回もドローンに関する文章を読んでいる。  このあたりで話を元に戻すと、自律飛行ドローンの開発は、技術的には地上を走る自動運転車を開発するよりも簡単だ。というのも、自動運転車を開発するときには、歩行者や路面の悪い道路、突然あらわれるものなどを考慮しなければならない
いや、マジでそうかもしれないと思う。自動運転には90%安全ではダメで、あとの10%をクリアするのはAIであっても困難だろう。それに比べて、空中なら自動車ほどのハードルはないような気がする。
2017年01月25日 (水) | Edit |
Nintendo Switchは2020年末までに4,000万台販売と予測―海外調査会社
http://www.rbbtoday.com/article/2017/01/23/148782.html
海外リサーチ企業DFC Intelligenceのアナリストによる、任天堂の新ハード「Nintendo Switch」の販売数予測は、2020年末までに4,000万台であることが、複数の海外メディアを通して報告されています。DFC Intelligenceによれば、3月に出荷予定と考えられている200万台の「Nintendo Switch」とローンチタイトル群は同コンソールの立ち上がりに大きな影響を与える可能性があるとのことで、「需要が順調に推移し、2017年ホリデーセールのシーズンに向けて幅広いユーザー層を引きつけることができるかどうかが、大きな懸念点になるだろう」とのコメントを述べています
PS4が5,000万台、PS3が8,000万台なのに、スイッチが4,000万台とは・・・。そんなに売れるかな。
2017年01月25日 (水) | Edit |
ビル・ゲイツが「新しい形のテロリズムがやってくる」と警告
http://gigazine.net/news/20170123-bill-gates-warns-bio-terrorism/
現地時間2017年1月19日(木)に行われた世界経済フォーラムで、ビル・ゲイツ氏が新たな形のテロが近いうちにやってくることを警告しました。「新たなテロ」は国境を無意味にするものですが、国や人はまだテロと戦う準備ができていないとのこと。新しいタイプのテロリズムとは、バイオテロ、あるいは意図を持って伝染病を広げるテロのこと。「バイオテロが起こる確率を見積もるのは難しいが、潜在的な可能性は非常に高い」とゲイツ氏は語っており、今後起こる可能性のあるバイオテロに対抗する方法について、いますぐ議論を始める必要があると警告しました。  1月17日から行われていた世界経済フォーラムの前半で、ゲイツ氏は自然発生する病気と意図的に生み出された病気の両方の危険性について語っていました。自然発生するにしろ意図的に発生させられるにしろ、1万人が死亡する感染症がまん延する可能性があるとゲイツ氏は見ており、2月にミュンヘンで行われるカンファレスにて、これらの問題について議論する予定があるとのこと。  2016年10月に公開されたTelegraphの取材記事の中でも、ゲイツ氏は世界が「良い方向に移り変わっていると強く信じている」としながらも、懸念しなければいけない3つの「暗い雲」として、「生物兵器や核兵器を持つテロリストによってパンデミックがもたらされる危険」「人工知能などの技術が適切に使われない危険」「民主主義自体が崩壊する危険」について語っていました
サバイバーズの世界ですよねー、怖いですね。ウォーキングデッドの世界かも。ゾンビはないか。
2017年01月25日 (水) | Edit |
業界に痕跡を残して消えたメーカー イーサネットの普及に絶大な貢献をしたNovell
http://ascii.jp/elem/000/001/421/1421878/?topnew=8
1985年にNetWare 1.0、1986年にはNetWare 2.0が投入されているが、このNetWare 2.0はMS-DOS 3.1に対応した製品となっている。なぜこれが重要かというと、マイクロソフトはMS-DOS 3.1にネットワーク対応機能を入れており、NetWare 2.0はこのMS-DOSのネットワーク機能に対応した初のバージョンだからだ。ネットワーク機能といってもMS-DOSのレベルなのでそれほどたいしたものではなく、単にネットワークパスとして  \\server\drive\directory... という表記をサポートしたり、これにあわせて\\serverというパスが来たらそれはローカルでなくネットワークの先のリソースだと切り分ける、といった話だ。これらのクライアントソフトウェアとは別に、サーバー用ソフトウェアを含むネットワーク環境一式を提供するMicrosoft LAN Managerというパッケージソフトが用意され、そのLAN Managerで利用するNetBEUI(NetBIOS Extended User Interface)というプロトコルが用意された
そういえばあったなー。ノベルのネットウェアか。なつかしい。ただ、
以上のように、わが世の春を謳歌していたNovellだが、凋落も早かった。きっかけはWindows 95やWindows NTである。どちらも標準でTCP/IPもイーサネットもサポートし、ネットワーク経由でのファイル共有やプリンター共有、さらにはインターネットアクセスまで可能になったことで、NetWareなしでも同等のことができるようになってしまった。こうなると、誰もNetWareを買わなくなる
ということで消滅への道に至ったわけですね。イーサネットはいまや全世界を覆うネットワークとして大活躍しています。だれもその存在自体を語ることなく。
2017年01月25日 (水) | Edit |
“4K×3枚でゲーム”ならコレが最安!? TITAN X 2基の最強ゲーミングPC
http://ascii.jp/elem/000/001/416/1416280/?topnew=2
Cゲーマー垂涎、至高のゲーミングPCを考えたとき、まず真っ先に思い浮かぶのは最新ゲームも軽々と動かせる超ハイスペックマシンだろう。だが単に超高画質で動かせても面白くない。今なら断然4K液晶でのプレーを狙いたい。ちょっと前までは4Kゲーミングなんて夢のような話だったが、昨年登場したNVIDIAのフラッグシップGPU「TITAN X」なら可能だ。だがゲーマーの夢に終わりはない。このTITAN Xを2枚、SLI構成にした至高のゲーミングPCであれば、4Kディスプレー1枚どころか、3枚を横に連結したトリプルディスプレー環境でもゲームが遊べてしまうに違いない……そんなゲーマーの夢を叶えてくれるマシンがある。それが、G-Tuneの「MASTERPIECE i1710PA1-SP」だ。   税別66万9800円と確かに値は張るが、ゲーミングPCとしてはほぼ最強(税別84万9800円の最上位モデル「MASTERPIECE i1710PA1-SP2」が文句ナシの最強!)のスペックを備えたマシンが「しっかり組まれた状態で」手に入ると考えれば、むしろお買い得ではないだろうか!このMASTERPIECE i1710PA1-SPがいかなる実力を秘めているのか、早速レビューしてみたい
67万円て、ねーよwww。TITAN Xを2枚、SLI構成www。笑うしかない。
2017年01月25日 (水) | Edit |
OpenSSLの脆弱性「Heartbleed」、約20万のサーバやサービスでいまだに放置
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170124-00000032-zdn_ep-sci
2014年4月に発覚した「Heartbleed」と呼ばれるOpenSSLの重大な脆弱性について、2年近くたった今も、この脆弱性が修正されないまま放置されているサーバやサービスが約20万件に上ることが、Shodanの報告書で明らかになった。それによると、2017年1月22日の時点でHeartbleedの脆弱性(CVE-2014-0160)を検索したところ、19万9594件の検索結果が表示された。国別に見ると、米国を筆頭に韓国、中国、ドイツなどが多数を占めていた。ドメイン別ではAmazon AWSで使われている「amazonaws.com」が最多で、AWSでホスティングされているサーバの脆弱性が修正されないまま放置されている様子がうかがえる。サービス別ではHTTPS、製品別ではApache httpdが突出して多かった。Heartbleedの脆弱性は2014年4月に発覚し、同月公開された「OpenSSL 1.0.1g」で修正された。影響は極めて広範に及び、悪用されればパスワードや秘密鍵などの情報が簡単に盗まれてしまう恐れがあることから、セキュリティ機関などが対応を急ぐよう呼び掛けていた
cronで定期的にアップデートしてないのかな・・・。
2017年01月25日 (水) | Edit |
女性の半数に「うんざり感」が 「SNS断ち」発心する人も
http://www.j-cast.com/kaisha/2017/01/23288732.html
LINEやTwitter、Facebook、InstagramなどのSNSは、いまや多くの人にとって欠かせないツールであるが、いつでもどこでもチェックできる便利さゆえにかえって「SNS疲れ」を感じている人も多いようだ。女性のための転職サイト「@type」によると、「最近、SNSを見ていて『うんざり』したことはありますか?」という質問に、未婚女性の57.8%、既婚女性の52.5%が「ある」と答えた(転職サイト『女の転職@type』の20代~30代女性会員へのWebアンケート/2016年12月実施/有効回答者数333人)。     同調査に寄せられたコメントを見ると、  「SNSを開くと、必ず誰かの結婚式の写真が。つらい」  「『スノー(SNOW)』というアプリが流行っているようで、投稿される写真のほとんどがクマみたいなものや、リスみたいなものに加工された人たちの自撮り写真ばかり。最初はかわいいかなとも思ったが、ずっと見せられ続けるとやっぱり気持ち悪い」  「やたら胸の谷間をアピールする写真ばかりアップする人がいる。1日に何度もタイムラインに谷間が流れる」  「職場の人との飲み会風景をアップして、『お前ら最高』的な内容をやたら酔いしれた文体で投稿している人を見たとき」 など、これでもかと寄せられてくる投稿に食傷している様子が見てとれた
SNSってインターネットに咲いた徒花です。いずれ飽きられる。ミクシィがそれを証明している。ツイッターやフェイスブックはよく持っている方だと思う。ツイッターはもう破綻間近だろう。
2017年01月25日 (水) | Edit |
アップル、「iOS 10.2.1」をリリース--バグを修正
http://japan.cnet.com/news/service/35095424/?tag=as.latest
Appleは米国時間1月23日、「iPhone」「iPad」「iPod touch」を対象に「iOS 10.2.1」をリリースした。バグが修正などが中心となっている。 iOS 10.2.1は、iOS 10.2以来のアップデートとなる。iOS 10.2では、一部のユーザーに発生していたiPhoneが突然シャットダウンする問題をAppleが調査するための診断機能も追加されたとみられていた。アップデートは、iOS 10を搭載するすべてのiOS端末(iPhone 5以降のiPhone、第4世代以降のiPad、第6世代以降のiPod touch)を対象に、OTAでダウンロード可能だ(「設定」>「一般」>「ソフトウェアアップデート」)。これに加えて、「tvOS 10.1.1」と「macOS 10.2.13」もリリースされた。
さぁ、アップデートだ。