FC2ブログ


2017年01月27日 (金) | Edit |
善戦する「AirPods」が決定付けたワイヤレスオーディオ市場
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/16/082600184/012300029/?ST=pc&P=2
米調査会社のSlice Intelligenceは、ワイヤレスヘッドホン市場において、AirPodsの販売シェアが26%だったと発表した(関連記事:Appleの「AirPods」、ワイヤレスヘッドホンのオンライン販売で首位に)。AirPods発売後のシェアが急減したのは「Beats」(アップル子会社の米ビーツ・エレクトロニクス)、「Plantronics」「Jaybird」「LG」の4社。一方で「Bose」や「Sony」のシェアは増加に転じている。ただ、このデータへの反論もある。Sliceのデータは、米国の消費者420万人のオンラインセールスに関わる電子メールを元にしており、全ての販売データを反映するものではない。米国の小売店とオンラインセールスを含む分析を提供するNPD Groupによると、アップルの販売台数シェアは2%、売上高のシェアは3%に留まるとする記事も出ている。この記事によれば、依然として好調なのはBeatsで、25%の販売台数シェアと46%の売上高シェアを獲得している。他のメーカーについてはそれぞれ、Boseが8%と19%、LGは10%と7%、Sonyは7%と6%という結果を報告している
すごい売れ行きですね。AirPodsがこんなに受け入れられるとは思ってもみなかった。
AirPodsが供給不足による不完全さがありながらも成功していることで、ワイヤレスオーディオ市場は、3ブランドが主導する次のステージへと移ったと考えられる
所詮ワイヤレスオーディオの音質についてはハイエンドとは別物ですから、そういう意味では棲み分けが進むのでしょうね。ワイヤレスイヤホン・ヘッドフォンはApple,Beats,Boseの3社ですかね。私はゼンハイザーも捨てがたいと思うのだが。
2017年01月27日 (金) | Edit |
2017年新発売のChromebookはすべて最初からAndroidアプリをサポート、Google Play Storeをいきなり利用できる
http://jp.techcrunch.com/2017/01/24/20170123all-chromebooks-launching-in-2017-will-be-compatible-with-android-apps/
2017年に新発売されるChromebookはすべて、最初からAndroidアプリをサポートしている。そのためのアップデートは要らない。Chromebookのホームを開くと、そこからただちにGoogle Play Storeにアクセスできる。GoogleにはAndroidアプリを動かせるChromebookのリストがかねてからあるが、このニュースは、そこのたった1行のテキストで告知された: “2017年にローンチするすべてのChromebookと下のリストにあるChromebookは今後、Androidアプリを使える”。昨年GoogleはやっとChromebookとAndroidアプリの互換性を実現したが、これまでは一部の機種に限られていたので、買うときは、Google Play Storeをサポートしている機種を調べる必要があった。今度からはその面倒がなくなり、新機種のChromebookを買えばAndroidアプリはインストールするだけで使える。Androidアプリはとても多いから、Chromebookの魅力が途端に大きくなる。Play StoreにアクセスできるChromebookは、WindowsやmacOS並の広大深遠なエコシステムの一員になる
うーん、コレジャナイOSなんだよねー。
2017年01月27日 (金) | Edit |
Raspberry Piでロスレスオーディオを再生できるようになるJustBoom DACが発売
http://jp.techcrunch.com/2017/01/24/20170123go-tell-neil-young-that-he-can-use-the-justboom-dac-to-play-back-his-audio-on-a-raspberry-pi/
これは驚き、JustBoomのおかげでロスレスオーディオが身近なものになった。それはRaspberry Piの拡張基板(hat)の集合(hats)で*、コンピューターにつなぐと高忠実度オーディオの再生や増幅ができる。この24ドルの“hats”の構成は、ロスレスDAC、小型アンプ、そしてCOAXと光オーディオによるハイレゾオーディオの出力だ。〔*: hat, 参考記事。〕  Neil Youngみたいに究極の高忠実度にこだわる人は、少なくともこの三つの低価格ソリューションがあれば、ロスレスの音楽ファイルをあまり苦労せずに再生できる。裸の基板を持ち歩くのはありえないから、ケースを買うか3Dプリントで自作するとよい。こいつをPono〔Wikipedia〕にするには、どうするか? たぶん必要なのは、電源とLiPoバッテリー、何らかのスクリーン、そしてポータブルにするための入力システムだ。デスクの上だけで頑張るつもりなら、スクリーンレスのキットがある。Raspberry Piの知識も、もちろん必要だ
ロスレスオーディオがなんなのかよくわからんのだが・・・。ぐぐった。「ロスレス形式は可逆圧縮形式とも言われ、音質の劣化がないのが特長です」とのことです。つまり圧縮していないのですな。そもそもCDの音がダメなわけでそれをロスレスにしても意味がないと私は思うのである。
2017年01月27日 (金) | Edit |
ソフトウェアテスティングの自動化ツール「Tricentis」がInsight Venturesから1億6500万ドルを調達
http://jp.techcrunch.com/2017/01/25/20170123insight-ventures-invests-165-million-in-automated-testing-startup-tricentis/
企業の開発チーム向けにソフトウェアテスティングの自動化ツールを提供するTricentisは本日、Insight Venture Partnersから大量の資金を調達した ― 正確にいえば、1億6500万ドルだ。同時に、Insightのマネージング・ディレクターであるMike TriplettがTricentisの取締役に就任することも明らかになった。  従来のソフトウェア開発の現場では、プロダクトを市場に送り出すまでに数カ月もの時間がかかっていた。ソフトウェア・テスティングを行うためには、フロントエンドのインターフェイスからバックエンドのコネクターにいたるまで、プログラムの隅々をテストするためのスクリプトを書かなければならない。しかし、ソフトウェアの中身が変更されると過去のスクリプトをそのまま利用することはできず、多大な時間をかけ、マニュアルで修復作業を行う必要がある。今よりも物事がゆっくりと進んでいた過去の時代は、それで上手く行っていた。しかし、これまでよりも頻繁にプログラムのアップデートが行なわれるようになり、それに適した素早いソリューションが必要とされている。そこでTricentsの出番だ。Tricentis CEOのSandeep Johriは、同社のサービスについてこう説明する。「私たちが行うのは、GUIとAPIの両方を対象にしたアプリケーションのスキャンです。それによって、コードの内容をネイティブに解釈していきます。私たちはそのアプリケーションがビジネスの文脈でどのように機能するかを解釈し、理解して、テスティングの土台を構築していきます。その後、.NET、HTML、Javaなど、想定されるものすべてに対してテストを行います」。プログラムがアップデートされたら、再度スキャンをし直すだけでいい
こういうのこそAIがやるべきですよね。ソフトウェアのバグ探しとか。
2017年01月27日 (金) | Edit |
Office互換ソフト「ThinkFree office NEO」、ソースネクストが販売、PDF編集やテンプレートに対応
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/1040733.html
ソースネクスト株式会社は25日、韓国Hancomが開発したOffice互換ソフトの新バージョン「ThinkFree office NEO」のダウンロード版を発売した。価格は3990円(税別)。パッケージ版は3月3日に発売する。対応OSはWindows 10/8.1/7。新バージョンでは、PDFファイルのレイアウトを保持したまま読み込み、各Officeソフトで編集できるようになった。また、ファイルにパスワードも設定できる。Office 2016/2013/2010/2007/2003の各ファイル形式に対応するほか、人、動物、植物、食べ物など68カテゴリー、1200種類以上のクリップアートを収録。ツールバーやメニューのカスタマイズも可能だ。さらに、無料で利用できるオンラインサービス「Netffice24」との連携も従来通り可能で、ファイルの閲覧や編集がウェブブラウザーやスマートフォンアプリから行える
なかなかよさげですね。キングソフトよりいい感じ。つーか、Office 2000がオープンソースになればいいのに。
2017年01月27日 (金) | Edit |
無料で28チャンネル見放題。一部無料でオンデマンド視聴も可能な「AbemaTV」
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/column/trendsv/1040587.html
海外ドラマや趣味の専門チャンネルのある放送に興味はあるけれど、サービスに加入したり専用の機器を設置したりするのは面倒、と思っている方は、「AbemaTV」はいかがでしょうか。「AbemaTV(アベマティーヴィー)」は、サイバーエージェントとテレビ朝日の共同出資で作られたインターネットテレビ局です。2016年3月1日に12チャンネル限定で先行配信開始し、同年4月11日に本開局。11月2日には視聴アプリが1000万ダウンロードを達成しました。番組表に従って専門チャンネルを並行配信しており、イメージとしては、アンテナなど専用の受信機を使うと、いろんなチャンネルが見られるようになる放送サービスのインターネット版です。ただし、視聴に会員登録は一切不要で、番組表に従って視聴するだけなら無料。パソコンのウェブブラウザーや、スマートフォン、タブレットのアプリなど、どこでも好きなところで楽しめるのが大きな特徴です。海外ドラマなどには字幕が入っていますが、通常の番組に字幕機能はなく、地上波、BS、CSは視聴できません。また、ダウンロードしての再生や、海外からのアクセスもできません。   ちなみに、サイバーエージェントといえば「Ameba(アメーバ)ブログ」が有名ですが、このインターネットテレビ局の名前は「アメーバ」ではなく「アベマ」ですのでご注意ください
いまさらのAbemaTVの紹介記事ですが、私は期待してるんですよね、これ。地上波テレビを打ち負かす第一弾ネットTVとして。
2017年01月27日 (金) | Edit |
AIの進化で訪れる「最後の審判の日」に向けて生き残りの準備を進めるシリコンバレーのビリオネアたち
http://gigazine.net/news/20170125-prepper/
SNSサイト「LinkdIn」の共同設立者であるリード・ホフマン氏によると、シリコンバレーでpreppersムーブメントが興っている原因は、進化の著しいAI(人工知能)による大きな社会の変化に備えるためのものとのこと。すでに相当な進化が進んでいるAIですが、今後進化のペースがさらに速まり、人間の能力を超えてしまうシンギュラリティー(技術的特異点)が訪れると、今の人間の知能では到底考えもつかないような社会の姿が訪れるとも予測されています。実際にはどのような変化が訪れるのか、現時点では誰も正確に予測することはできませんが、世界がシンギュラリティーに達することはほぼ間違いないとみられています。preppersは、そんな社会の到来を見据え、どのような変化が起こっても安全に暮らせるための環境作りを着々と進めているようです
ふーむ、ちょっと先走りすぎじゃないのか。まだAIはかわいいものだ。あと10年はシンギュラリティは起こらないと思う。20年後はわからないけど。
2017年01月27日 (金) | Edit |
世界的にPC市場が縮む中、ゲーミングPC市場は3兆円を超え急速に成長中
http://gigazine.net/news/20170125-gaming-pc-market-growing/
スマートフォン市場の成長とともにPC市場が世界的に低迷する中で、ゲームプレイを目的とした「ゲーミングPC」の市場が急成長していることが明らかになっています。Jon Peddie Research(JPR)が、2016年のゲーミングPC市場の規模を発表しました。この調査では、ゲームプレイにフォーカスしたPCを「ゲーミングPC」として、ゲーミングPC本体だけでなく、ゲーム用途でデザインされたマウスやキーボード、オーディオシステムなどもゲーミングPC市場の製品として計上しています。また、ゲーミングPC本体にはメーカーが販売する市販品だけでなく、ユーザーがカスタムオーダーできるBTOやユーザー自身で組み立てる「自作PC」も含まれており、さらには換装するグラフィックボードなどのハードウェアも含まれています。2015年に全世界で246億ドル(2兆8000億円)だったゲーミングPC市場は、2016年には303億ドル(約約3兆5000億円)に成長。JPRは2016年のゲーミング市場を261億ドル(約3兆円)と予想していたこともあり、「ゲーミングPC市場の拡大ペースは予想以上」と述べています
うーん、PCでゲームとか今さらなんだが・・・。でも、Mac Proの筐体で超弩級PCを組みたいという欲求から逃れられそうもない。困ったことだ。
2017年01月27日 (金) | Edit |
グーグル、「Raspberry Pi」向けAIツールを提供へ
http://japan.cnet.com/news/service/35095490/
Googleは2017年内に、超小型コンピュータ「Raspberry Pi」向けに人工知能(AI)と機械学習ツールを提供する計画だ。Raspberry Pi財団は、「2017年にはGoogleが颯爽と登場する予定だ。同社は開発者コミュニティーに対して素晴らしい計画を用意している」と発表した。 同財団によると、広告からクラウドコンピューティングまで幅広く手掛けるGoogleは、2017年に一連のスマートなツールを提供する予定だという。「Googleの一連のAIおよび機械学習技術によって、開発者はこれまで以上に強力なプロジェクトを構築できるようになるだろう」(同財団)。Googleは、機械学習、モノのインターネット(IoT)、ウェアラブル、ロボティクス、ホームオートメーションといった多様な分野のツールを開発している。どのようなツールを提供すべきかを把握するため、Raspberry Piの愛好者にアンケート調査への協力を呼びかけている。この調査で質問の対象となっている分野は、顔認識、感情認識、音声テキスト変換のほか、自然言語処理や評判分析もある
へー、ラズパイにAIツールか・・・。おもしろそう。
2017年01月27日 (金) | Edit |
LGの次期スマートフォン「G6」とされる画像が公開
http://japan.cnet.com/news/service/35095494/
LGの次期フラッグシップAndroidスマートフォン「LG G6」のものと思われる画像が、初めて公開されたようだ。G6は、2017年2月にバルセロナで開催されるMobile World Congress 2017で初披露されるとみられている。The Vergeが入手した画像を見ると、G6の角は丸く、ベゼルは極小になるようだ。G6はLGにとって、サムスンに狙いを定めた渾身の一撃となるだろう。サムスンは今なお、「Galaxy Note7」がバッテリの不具合による爆発事故でリコールされた問題の余波を受けている。そこでAndroidスマートフォンメーカー各社は、Galaxy Note7でつまずいたサムスンの隙に入り込もうと、派手な売り込みを繰り広げてきた。Androidをメーカーに提供する立場のGoogleまでもが、自社製スマートフォン「Pixel」で参戦している。LGはまた、Appleが「iPhone 7」で廃止したイヤホンジャックを残すことにしたようだと、The Vergeの記事は伝えている
相も変わらずデザインはiPhoneのパクリから脱していない。少しは独自のデザインをしたらどうだ>朝鮮人。
2017年01月27日 (金) | Edit |
きっかけは猫--捜し物を一発で見つけるスマートアクセサリ「Wistiki」
http://japan.cnet.com/news/service/35095486/
鍵、財布から猫まで――見つからない探し物を、一発で探し出せるアイテムが仏Wistiki(ウィスティキ)から「Wistiki」として登場した。Wistikiは、リュサト三兄弟が創設した仏のスタートアップ企業。いつもどこかに隠れてしまう飼い猫を見つけるためのアイテムとして開発したという。飼い猫の名前であった「Wistiki」がそのまま社名になっている。本体は長方形のキーホルダーのような「Voila!(ヴォワラ!)」とメダル型の「aha!(アッハ)」をラインアップ。日本では美貴本が輸入代理店となり、家電量販店やAmazon、オンラインショップなどで販売する。1月24日から順次国内で予約を開始。いずれも税別価格は5980円になる。スマートフォンやタブレットとBluetooth接続し、専用アプリ「WISTIKI BY STARCK」からWistikiにアクセスすれば、オリジナル呼び出しベルが鳴る仕組み。Bluetoothの通信が途切れるとスマートフォンにメッセージが表示されるほか、マップ上で位置がわかるGPS表示にも対応する
これはいいかも。でも1個6千円は高い。千円くらいだったら買うかも。
2017年01月27日 (金) | Edit |
なぜマイナポータルはJava必須なのか、開発者側の理屈でユーザー体験がおざなりに
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/012400785/?P=6
だが現状の体制のままでは、JPKIのユーザー体験は高まりそうもない。インストール作業を減らす方策の一つとして、JPKIを組み込んだネイティブアプリの開発がある。だが、SDKを開発する側のJ-LISは、開発工数の削減のため、Mac OS版SDKの開発に手をつけていない。同じくJPKIを利用するe-Taxやマイナポータルなどの公共サービスも、アプリのバージョン管理など保守コストをかけるのを嫌い、J-LISが提供する利用者クライアントソフトに頼っている。つまり、J-LISと、JPKI利用団体の双方が、開発、運用、保守コストの最適化を目指した結果、官民各所からソフトをバラバラにインストールする必要があるなど、ユーザー目線から見ると極めてハードルが高いシステムになってしまったとみることができる。総務省はマイナンバーカードの導入と利用推進のため、2016年度予算で189億円を確保。同カードを使ってポイントプログラムも企画している。その一方、マイナンバーカードの最も重要な使い道であるマイナポータルなど、公共サービスのユーザー体験がおざなりになっているとすれば、笑い話では済まされない。政府が本気でカードの普及を目指すなら、総務省、国税庁、国交省、J-LISといった関係組織が組織横断の会議体を作り、カード利用のユーザー体験を高めるために必要な予算を差配する、などの思い切った改革が必要になりそうだ
いやーひどいもんですよね。これで利用してくれっていうんだから。結局住基カードの二の舞いになりそうですよね。
2017年01月27日 (金) | Edit |
日本で「生産性が上がる新型ブラウザー」がひそかに人気
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/011600733/?ref=nbptrn_top_new
調べ物をする、ニュースを閲覧する、メールやTwitterなどSNSのクライアントとして活用する……。さまざまな用途で用いられるChromeやInternet Explorer、Safariなどのウェブブラウザーは、パソコンにインストールされているソフトウエアの中で、ユーザーが最も多くの時間、接しているものだろう。ただ、それだけ多くの時間を費やしながらも、ブラウザーの使い勝手や作業の効率性について考える人は少ない。もしかすると不都合を感じても「どのブラウザーを選んでもそう変わらない」と思っている人もいるかもしれない。そんな人の「もう1つの選択肢」となるべきブラウザーがある。それは2016年4月にリリースされたChrome互換のブラウザー「Vivaldi(ビバルディ)」である。ビバルディを開発したVivaldi Technologiesは、元「Opera」ブラウザーを開発していたオペラ・ソフトウエアの元CEOのヨン・フォン・テッツナー氏と冨田龍起氏によって起業された会社だ。このブラウザー、全世界で400万〜500万ダウンロードされているが、実は日本のユーザーが最も多くなっているという。なぜだろうか?
私はもともとOperaファンだった。そのOperaの開発方針がおかしくなってしまったの仕方なくChromeに乗り換えたんだけど、元のOperaに近いこのVivaldiにはVer1.0になる前から期待していた。現在バージョンは1.6なのでそこそこ使えるようになったみたい。よければChromeから乗り換える。