FC2ブログ


2017年02月14日 (火) | Edit |
マウスコンピューター、第7世代Core i7搭載のクリエイター向け17.3型ノートPC
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/17/021000452/?ST=pc&itp_list_theme
マウスコンピューターは2017年2月10日、クリエイター向けPCブランド「DAIV(ダイブ)」から17.3型ノートPC「DAIV-NG7610」シリーズを発表した。デスクトップ向け第7世代Core i7プロセッサと最新グラフィックス、Adobe RGB比100%の発色性を持つ液晶パネルを搭載した。受注を開始しており、直販価格(税別)は31万9800円から。既存の17.3型「DAIV-NG7600」シリーズをリニューアルしたモデルで、デスクトップ向けの第7世代Core i7-7700/7700Kを搭載した。グラフィックスもデスクトップ用と同等の性能を持つGeForce GTX 1080を採用。液晶解像度は4K-UHD(3840×2160)。工場出荷時に1台1台の色域を測定した「色域出荷データシート」を同こんする
すごいスペックですなー。マウス元気ですね。PC不況と言われる中マウスだけが元気なのはなぜでしょうか。
2017年02月14日 (火) | Edit |
完全自動運転車の公道実証実験が可能に!
http://www.rbbtoday.com/article/2017/02/10/149228.html
国土交通省は、完全自動運転車の公道実証実験を可能とするため、ハンドルやアクセル・ブレーキペダルなどの保安基準を緩和できるように道路運送車両の保安基準を改正する。  「官民ITS構想・ロードマップ2016」では、2017年を目途に限定地域での無人自動走行移動サービスの公道実証実験を想定しており、これを可能とするため環境を整備する。  具体的には、ドライバーが無人の完全自動運転車の公道実証を、安全、円滑に実施するための環境を整備するため、走行ルートの限定や緊急停止ボタンの設置などの安全確保措置をとることを前提に、地方運輸局長が認めた場合、操縦装置、かじ取り装置についての基準を緩和できることする
それより超小型EVを行動走れるようにしろよ。いつになったら買えるようになるんだろう。
2017年02月14日 (火) | Edit |
AMD「Ryzen」の価格リーク、IntelハイエンドCPUを圧倒する低価格の可能性
http://gigazine.net/news/20170210-amd-ryzen-price/
この情報によると、ハイエンドモデルの「Ryzen R7 1800X(YD180XBCAEWOF)」はTDP 95Wで北米での価格は490.29ドル(約5万6000円)。部品番号末尾が「WOF」なので、AMDの慣例に従うとCPUクーラーはないモデルと予想できます。同じくCPUクーラーレスの「Ryzen R7 1700X(YD170XBCAEWOF)」はTDP 95Wで381.72ドル(約4万3000円)。そして注目すべきなのは、8コアのR7シリーズにはTDDP 65Wの「Ryzen R7 1700(YD1700BBAEBOX)」が用意されているところ。北米価格は316.59ドル(約3万6000円)となっています。なお、型番末尾の「X」はOCに対応したアンロックモデルになる可能性が高そうです。2016年末のRyzen発表会で「Intel Core i7 6900K(8コア/16スレッド)と同等の性能を95Wで実現する」という説明がありましたが、ハイエンドモデル「R7 1800X」が490ドルならば、北米価格999ドル(約11万円)のIntel Core i7 6900Kの半額で、同等以上の性能を持つ可能性があります。なお、記事作成時点では、ShopBLTのRyzenページは依然として閲覧可能です
うーむ、AMDが久々に本気を出しましたか。これは検討する価値がありそうですね。
2017年02月14日 (火) | Edit |
ゲームに没入するための機能満載! 大人気のゲーミング座椅子
http://ascii.jp/elem/000/001/432/1432358/?series=5
ゲームに没入するための機能が満載したゲーミングチェア座椅子「Bauhutte ゲーミング座椅子 LOC-01-BK」が再入荷しました。「Bauhutte ゲーミング座椅子 LOC-01-BK」は、座椅子とゲーミングチェアのメリットを掛け合わせたロースタイルのゲーミングチェアです。バケットシートデザイン、フルフラットリクライニング、ポケットコイルクッション、キャスター機能など、真にゲームに没入するための機能が満載。また、レースゲームをレーシングカーに近い姿勢でプレイできる、組み立て不要ですぐ使える、狭い部屋でも導入しやすい、といった従来のゲーミングチェアにはない独自のメリットも多数あります。背もたれ内部に合板を入れることで、ゲーミングチェアに必要な「長時間のプレイでも体勢がズレにくい安定感」が得られます。従来型ゲーミングチェアに比べ、柔らかく弾力性のある座り心地が特徴。「パフッ」とお尻が沈み込みますよ!
VR買ったらこういうのでレーシングゲームがしたいぞ。
2017年02月14日 (火) | Edit |
グーグルの人工知能、今度は「モザイク画像の被写体を特定」する
http://www.sankei.com/wired/news/170210/wir1702100001-n1.html
グーグルの研究チームは、人間には何が写っているかほとんど認識できないような人の顔や部屋を写した低解像度の画像から、元の画像を推測・再現する人工知能システムを開発した。防犯などに応用できる可能性がある。右は元画像。左は低解像度の画像。中央は、AIが低解像度の画像から何が写っているかを推測・再現した画像。IMAGE COURTESY OF GOOGLE BRAIN  グーグルが開発した2種類の人工知能(AI)は、ピクセルの粗い低画質の画像から、かなり鮮明な元の写真を再現することができる。 グーグルのAI開発チーム「Google Brain」のコンピューター科学者たちは、今回の研究成果で、写真の解像度を上げられるだけでなく、その処理中に「欠けている細部」を埋められることも示した。研究論文「Pixel Recursive Super Resolution」によると、グーグルの研究者たちは、有名人の顔写真や寝室の写真を使ってシステムをトレーニングしたという
えー、これほんとうかなー、と思うほどすごい。低解像度の画像から犯人の鮮明写真ができあがることになる。